-ヨーロッパ-

五ヶ月ほど走りました。
ルートは↓
ピクチャ 2.png
日記を順番に読む奇特な人はこちらの2009年5月27日から→
旧ブログ「爆写 世界放浪が面白いほどわかるヅラ」の国別「ヨーロッパ」はこちら↓
アルバニア
エストニア
オーストリア
クロアチア/ドブロブニク
コソボ
スウェーデン
スロバキア
スロベニア
セルビア
チェコ
デンマーク
ドイツ
ノルウェー/スヴァールバル諸島/スピッツベルゲン島/ロングイェールビーン
ハンガリー/ブダペスト
フィンランド
ブルガリア
ボスニア・ヘルツェゴビナ
ポーランド
マケドニア
モンテネグロ
ラトビア
リトアニア
ルーマニア

posted by 44と書いてyoshiと読みます。 | Jul 23, 2010

アルバニア エストニア オーストリア クロアチア コソボ スウェーデン スロバキア スロベニア スヴァールバル諸島/スピッツベルゲン島/ロングイェールビーン セルビア チェコ デンマーク ドイツ ドブロブニク ノルウェー ハンガリー ブダペスト フィンランド ブルガリア ボスニア・ヘルツェゴビナ ポーランド マケドニア モンテネグロ ヨーロッパ ラトビア リトアニア ルーマニア 国、地域別

トラックバック用URL

カミーノ・デ・サンティアゴ友の会」、「閑古鳥旅行社 - サンティアゴ・デ・コンポステーラ巡礼」その他先人のブログを読んで、メモしてます。

ボクらのコースは、フランスのル・ピュイ(Le Puy-en-Velay)から、スペインのゴール、サンティアゴ・デ・コンポステーラ(Santiago de Compostela)まで。

巡礼は、サンティアゴに辿り着く事ことよりも、その途上で何を考えるかが重要である。

何を考えよう…。
英単語を覚えられないだろうか?

この辺の映画を観ておきたかった。
・『星の旅人たち』
・『サン・ジャックへの道』

●フランス側ル・ピュイの道(GR65)は、約800キロで32日間。地図的には、

http://www.chemindecompostelle.com/Selection/CarteFrance.html

北の道を歩きます。http://www.chemindecompostelle.com/Selection/CarteFrance.html

このサイトには宿泊施設とか詳しいけど、フランス語だからお役に立ちません。 
・Le Puy-en-Velayから、Ostabat-Asmeまでの世界遺産リスト
ル・ピュイの道の巡礼ルートの世界遺産の地図(7カ所)
・日本語で描かれた地図と各地点の距離は、「前略、道の上より」に詳しい

フランス人の道(スペイン国内のルートなのに、この呼び名はややこしい)
・・日本語で描かれた地図と各地点の距離は、「前略、道の上より」に詳しい


より大きな地図で サンティアゴ巡礼路(フランス人の道) を表示

ピレネー越えから始まるサン・ジャン・ピエ・デ・ポー(Saint-Jean-Pied-de Port)からゴールまで歩いて、800キロ39日間。

より大きな地図で Karte: Mein Camino von Konstanz nach Santiago de Compostela を表示

全行程を合計すると、71日間(目標)。
途中、仕事するから無理だと思うけど、ま、一応目標ね。

●用意するもの(ついうっかり忘れそうなもの)
ゴミ袋(雨対策。荷物をビニールの中へ入れる)
寝袋
サンダル(フィリピンで安いのを購入)
ヘッドライト
雨合羽

●覚え書き
・公衆トイレがない(トイレットペーパー必須)
・食事はバールやレストランでメヌー(MENU)という定食
・郵便局留め(Lista de Correos)で、荷物を郵送できる(預かってくれる期間は30日。重量は20㎏まで。大きさは、縦+横+高さ<200㎝(一辺100㎝以内)。
・自炊したいけど、荷物を増やしたくない(晩飯はスパゲティに缶詰だね)。
・スペイン語では、Wifiをウィフィーと呼ぶ(他の国でも、ごくまれに聞く)。
・プリペイド式の携帯電話を購入。リチャージは、recargo(レカルゴ)と呼ぶ。
・Los ArcosのアルベルゲかBarに、きょうこさんという女性がいる。
・イラッチェという町で、ワインが無料で飲める

●フランス側のメモ
・商店等は、日曜日は午前中のみの営業。月曜日は全休である事が多い。
・ランチタイムとして14時から16時くらいまで
・「ル・ピュイ・アン・ヴレ」のカテドラル(大聖堂)から出発(ル・ピュイの道はGR65/GRは「グランド・ランドニー(Grand Randonnee)」の略)毎朝7時から巡礼者の為のミサあり
・「ル・ピュイの道」及びフランス国内に散在するサンティアゴ巡礼に関するモニュメントの一部、「フランスのサンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼路」は世界遺産
・「ル・ピュイの道」には、七箇所の区間が世界遺産
・4月下旬は、寒い。
・巡礼手帳「クレアンシャル(スペイン語ではクレデンシャル)」は、ル・ピュイのカテドラルで購入
・ホタテ貝(「コキ」。ル・ピュイのカテドラルで購入)
・巡礼のスタンプは、「MAIRIE(マイリー)」という所でもらう
・地図の名前は、「ミャンミャン・ドードー(Miam-Miam Dodo)」
・宿泊は、ジット(Gite)と呼ばれる簡易宿
・ジット・コミュナル(Gite Communal)は、公営ジット
(公営は素泊まりのみで10~15ユーロ。私営は、素泊まりの場合で15~20ユーロ、二食付きの場合は30~40ユーロ)
・赤白マークがフランスにおける巡礼路の証
★覚えたいフランス語
・サヴァ?(元気?)/サヴァ・ビエン!(超元気!)
・食べ物を買いたい。スーパーはどこですか?
・宿を予約してくれませんか?
・エピスリー(雑貨屋)
・EAU POTABLE(オー・ポタブル/飲み水)
・オーベルジュ・ド・ジュネス(ユースホステル)
・ヴァン・ド・イシ(ここのワイン)
・コンプレ(満室)
・ジュヌ・コンプランパ・フランセ(フランス語は分かりません)
・タンポン・シルブプレ(Tampon S’il vous plait、スタンプお願いします)

●スペイン側の覚え書き
・ブエン・カミーノ(良い巡礼を)
・フィステーラ岬はスペインの最西端。そこで服を燃やして生まれ変わりを体現すべし
・13時〜16時くらいまで、シエスタがある。
・「サヴァ?(元気?)」/「サヴァ・ビエン!(超元気!)」
・サン・ジャンでは、シタデル通りのジャン・ジャック門近くにある巡礼事務所へ。巡礼手帳と巡礼路の情報を入入手。
・巡礼手帳「クレデンシャル(Credencial)」
・郵便局から荷物を日本に送る(40ユーロ)。
・バルは、パンや雑貨も売ってる
・コンプレ(Complet)
・ブエン・プロヴェチ(良いお食事を)
・スペインの巡礼宿は、アルベルゲ(Albergue)

●「フランスのサンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼路」で世界遺産登録されているリスト 

●「フィステーラの道」は、「前略、道の上より」に詳しい

●ルピュイまでの行き方「CAMINO | 日本カミーノ・デ・サンティアゴ友の会」より

目 的 地
(出発地)
 ル・ピュイLe Puy 
出 発 地
(目的地)
 パリ/シャルル・ド・ゴール
 Charle de Gaulle空港(CDG)
経 路

 バス(AirFranceバス)
 パリ/リヨンLyon駅


 フランス国鉄(SNCF)
 サンテ・ティエンヌSt-Etienne駅
 またはリヨンLyon駅


 フランス国鉄(SNCF)
 ル・ピュイ駅

 

備 考  St-Etienne または Lyon で乗換えが必要

 

posted by 44と書いてyoshiと読みます。 | Apr 26, 2013

未分類 スペイン巡礼/サンティアゴ・デ・コンポステラ巡礼路 スペイン フランス ヨーロッパ

トラックバック用URL

ヒースロー空港からフランスのトゥールーズへ。
トゥールーズのイミグレは、入国カードはないし、出国チケットをチェックすることもない。
意外にザルな入国審査。
そう言えば、イギリスのイミグレでも出国チケットを確認されず。
預け荷物は、23kgと20.3kg。
手荷物は、二つあわせて20kgくらい。

ぷちエロいこのブログ「旅々、沈々。」の縁結びで、一面識もないのに、図々しくもYちゃんとムッシューJP夫妻に迎えに来てもらいました。
お初にお目にかかります。
流れ者の猿夫婦、YOSHIとYUKOにてございます。
生国と発しますは、道産子。以下、略。
田園を突き抜け、彼らの瀟洒な家へ。
緩やかな傾斜地なのが、羨ましい。
東に広がる森。
生憎の曇り空だけど、ピレネー山脈の山裾、サンルームから野生の鹿。
ご近所の牛すら、なにやらお洒落感が漂ってて、さすがフランス
ご当地ワインからご当地チーズまで、いろいろご馳走になってます。
薬師丸ひろ子に似たYちゃんは、二、三行では説明できないほどの一風変わった人生行路を歩んでまして、旦那のムッシューJPの経歴もまた、ボクの人生の50倍以上濃いです。
100倍かもしれません。

それにしてもサンルーフって奴は、すごくいい。
さやさやと揺れる緑、木立の隙間。
迷惑なモグラ。

フランスは、最高のスタートを切りました。

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ ババナジュースとベーコンサンドウィチ。Yukoはパンケーキと紅茶。13.2ポンド(1,996円)
  • 昼→ サラダと各種チーズ
  • 夜→ キッシュ

スペイン巡礼/サンティアゴ・デ・コンポステラ巡礼路 フランス ヨーロッパ 国、地域別

トラックバック用URL

お便り

  • ユーコさんの友だちのともこです。
    ヨシさん、ユーコさん、ふたりが揃ってなんだか安心しました。私もいつか行きたいと思っている(まだあきらめてないぞ)スペイン巡礼のブログレポート、心から楽しみにしています。写真もたくさんのっけてね♡

    • ともこさん
      久しぶりのYUKOでした。
      っていうか、相変わらずのYUKOでしたよ。

      巡礼レポート頑張ります!
      写真、盛りだくさんでイキマス!
      巡礼、諦めないでね。

  • とうとう、スタートですね。

    私たち、巡礼路2回目の時に、トゥールースに泊まりました。
    アルルからの巡礼路の途中でした。
    エタップホテルに泊まり、近所で中華料理を食べましたよ。
    カタリ派のゆかりの地です。
    ミディ運河もありますね。

    イギリス、やはり物価高いですねー、びっくりです。
    フランス、野菜もおいしいし、工夫次第では、安く過ごせます。
    お昼は、バゲットとチーズとかで充分でした。
    歩いている人たちは、よくバナナ食べてたな。

    荷物、軽くなるといいですね。

    プラバンの俳句?
    「トゥールース 昼飯食うなら 中国城」
    中華デリの店に何回か行ってたのを思い出したそうです。

    あー、また行きたいです。
    ブログアップ、楽しみにしてます。

    • アティモダさん、フランスのチーズは最高です。
      サラミもたまらん。
      パテっていう奴も美味すぎます!
      巡礼の食事が、楽しみになってきました。
      胃袋が盛り上がってきました!

      「トゥールース 昼飯食うなら 中国城」。
      行きます!
      必ず!

      今の心配事は、スマートフォンでネットに繋がらないこと!
      さっぱりわからんのです。

  • はじめまして。元バイクオーバーランダーのDONといいます。ブログ楽しませていただいています。60’Sの94~95年組やったりもします。結構見た目によらずあの家も丈夫ですね。聞いたとこによると元は病院か診療所?みたいな場所やったらしいです。

    もうご存知かもしれないですがこんな無料ホームステイのシステムあります。
    http://www.jej.jp/ps/index.html

    エスペラント語ってやつ絡みです

    またおじゃまさせていただきます

    • はじめまして、DONさん。
      60’sの先輩ですね。
      あの家、まだまだ住めますよ。
      物置とか、綺麗に片付けました。

      「パスポルタ・セルヴォ」って、知らなかったです。
      ちょっと研究してみます。
      なんでエスペラント語なんですかね。

      DONさん、またお邪魔してください。
      よろしくです。

血がしたたるワンダフルに柔らかいお肉。Laslades/フランス二泊目130502

  • Laslades邸
  • Internet@ Laslades邸のWi-Fiを借りました

ここは朝もやが立ち上る、ピレネー山脈の山裾。
朝っぱらから、寝ぼけながらも神々しいボクらです。
昇天する日も、そう遠くないのかもしれません。

三面採光のサンルームで、森に癒されながら少々仕事。
草を食む野生の鹿。
シアトル土産のピーナッツバターに感動するYuko。
スペイン巡礼「サンティアゴ・デ・コンポステーラ」に挑戦するため、リヨンまでの航空券を購入(50ユーロ/6,491円)。

聖母マリアが現れたとかいう霊言あらたかな地、ルルドへドライブ(に、連れてってもらいました)。
「ルルドの泉」で有名なカトリック教会の巡礼地です。

P5030202

昔の生活風景ですね。老夫婦なのに、赤ちゃん。孫なのか、恥かきっ子なのか?ま、どうでもいいけど、そういうところが気になってしかたがない。

 

雨のルルド。

雨のルルド。

 

ボクらの為に鐘が鳴らん。

ボクらの為に鐘が鳴らん。

 

P5030204

この窓から狙撃したのだろうか。

YちゃんとムッシューJPの捨て身の協力で、SIMカードとWi-Fiルーターを購入できました。
詳細は控えるけど、フランス人の協力なくしては不可能な所業です。

SIMカードを装填されたスマートフォンとWi-Fiルーター。

SIMカードを装填されたスマートフォンとWi-Fiルーター。なぜかスマートフォンでデータ通信ができないのが、悩み。

ディナーは、仔羊の骨付きもも肉のロースト「ジゴダニョー」。
皆さんご存知ですかね、ジゴダニョー。
ゆっくり読むと、こひつじのほねつきものにくのろおすとおー、です。
ムッシューJPの好みの焼き加減は、まだまだ生っぽくて艶っぽくて紅い奴です。
じわじわーっと染出る肉汁。
血がしたたるワンダフルに柔らかいお肉。
肉っていう奴は、ちょっと猟奇的なくらいが美味いね。
サイコーに美味かった。
ちくしょー、フランスめーっ、って感じです。

フランスの失業者と厚い手当て。
アフリカからの移民と子だくさん。
日本と似て非なる社会保障。

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ フランスパン。Yukoは、ピーナッツバターに感動してた
  • 昼→ キノコのリゾット
  • 夜→ 仔羊の骨付きもも肉のロースト「ジゴダニョー」

フランス ヨーロッパ 国、地域別 Laslades

トラックバック用URL

スネ毛は命取りになるムッシュー。Laslades/フランス三泊目130503

  • Laslades邸
  • Internet@ 宿の無料Wi-Fi

昨日買ったSFR(←フランスの通信会社)のルーターのテスト。
バッチGOOD! 問題なし。
次にスマートフォンのテストをしたら、どういうわけかデータ通信ができない!
よくよく調べたら、天気が悪いからか、電波が飛んでなかったです。

巡礼の荷造り。
約60kgの荷物から、18kgを厳選します。
パンツとかシャツは、二枚ずつです。
Yukoの荷物は、約7キロ。

P5030228
バックパックの繕いもの。

ネットで、トゥルース空港からリヨンまでの電車(ローヌエクスプレス)を購入(27ユーロ/3,505円/二人分)。
リヨンからル・ピュイまでの電車(SNCF)のチケットを購入(47.6ユーロ/6,179円/二人分)。
チケットは、BANKカードでないと購入できず。
楽天のデビットカードじゃないと買えなかった。
なんでなんだよ三木谷!

Yukoが、ムッシューJPのスネの毛を処理しました。
溶けたロウを足に塗ってバリッと引っ張る、最新的だけどプリミティブな脱毛法です。
アスリートにとって、スネ毛は命取りになるそうです。
白ウサギのように赤く染まるムッシューJPのモモとスネ。
脱毛風景を冷やかしながら鮭を焼く、Yちゃん。

 

カラスミの粉末。パスタに使います。

カラスミの粉末。パスタに使います。

 

名も知らぬ、虫に似たパスタ。

名も知らぬ、虫に似たパスタ。イケルよ。

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ パンとピーナッツバター
  • 昼→ カラスミのパスタ。おかわり。昨夜のキッシュ
  • 夜→ 鮭とご飯。食べ過ぎました

スペイン巡礼/サンティアゴ・デ・コンポステラ巡礼路 フランス ヨーロッパ 国、地域別 Laslades

トラックバック用URL