-スコットランド-

Lovely thanks! 築130年の古民家。ロンドン→エディンバラ→グラスゴー/イギリス130808

  • ダンバートンのSarahとRaymundの家
  • Internet@ Wi-Fiを借りました

電車でスコットランドへ移動。

P8082693

ロンドンのキングスクロス駅。ハリーポッターで有名になったプラットフォーム。壁に食い込んだショッピングカートがない!

まずは、首都エディンバラ。
八月のエディンバラは、フェスティバル。
ユニークな大道芸人と、若手パフォーマーの歌と踊り。
なかなか魅力的な祭りでした。

P8082697

何をしたいのか、ナニを表現しているのか、おじさんにはさっぱりわからない。

 

P8082698

意味不明。

P8082696

P8082699

コスプレも楽しい。

 

P8082701

こういうパフォーマンスが路上にいっぱい。

 

P8082702

歩行者天国は、観光客だらけ。

 

P8082703

鬼太郎のお母さん。

 

P8082706

お姉さん、美人!
好みじゃないけれど。

 

P8082708

なんか演劇でもするらしいんですが、よくわかりません。

 

P8082714

実はですね、豚が好きなのですよ、密かに。

 

 

P8082717

彼こそが、スコットランド人だ。
写真のお礼として、いくばくかの心付けをお支払いしました。
ありがとう。
おじさん、あなた素敵ですよ。
おじさんより

 

P8082718

透明人間です。
これ、真似れるよね、簡単に。
仮装パーティがあれば、これで逝きます。

 

足の指を触ると、何かいいことがあるのだろうか。

足の指を触ると、何かいいことがあるのだろうか。

 

P8082723

お城。
入場料が16ポンドもしたので、眺めるだけ。

 

P8082726

エディンバラの町並み。
けっこう素晴らしい。

 

P8082732

この大道芸人は、もしかしたら日本人だったかもしれない。

 

 

P8082735

不気味なところがよかったのに、カメラを構えたらお茶目になった。


P8082715

鋭いゴシック建築。


P8082720

ライオンなんかいないくせに、旗にライオン。


P8082722

そうとう混雑してますが、けっこう楽しい。


P8082727

一時、雨。

P8082731

スペイン巡礼で知り合ったスコットランド人カップル、SarahとRaymundの家へ。
晩飯をご馳走になり、彼の1,000枚にのぼる巡礼写真を見て笑い、暖かなベッドに寝ました。
築130年の素敵な家です。
明日、ウエスト・ハイランド・ウェイを歩き始めると言ったら、そんなに早く出発するなよ、寂しいじゃないかと心優しく説得され、はい、もう一泊させてくださいと頭を下げました。
こんなどこの猿の骨ともわからぬ、英語の不自由な東洋人を歓待してくれて、感謝の謝の字も書ききれません(←意味不明)。
Lovely Thanks!

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ カフェ:クロワッサン、full english breakfast pot、紅茶(5.5ユーロ)
  • 昼→ カフェ:ハンバーガー、コーラ
  • 夜→ SarahとRaymundの家庭料理

国、地域別 イギリス スコットランド エディンバラ グラスゴー

トラックバック用URL

意外に発明王国。グラスゴー(ダンバートン)二泊目/スコットランド130809

  • ダンバートンのSarahとRaymundの家
  • Internet@ Wi-Fiを借りました

スペイン巡礼で知り合ったSarahとRaymundの家に厄介になっているわけです。
Raymundが、ドライブに連れてってくれました。
かたじけないっす。

P8092746

英国最大の淡水湖、ロッホ・ローモンド(Loch Lomonde)。
観光名所です。

 

P8092749

ラス村(LUSS)。
煙突の先から丸い煙突。

 

P8092752

どの家もガーデニングに命をかけているようです。

 

P8092753

テレビを発明したベアード、だと思われます。
プレートを外されていたので、確認できず。

 

P8092755

スコットランド人の発明といえば、蒸気機関車を発明したワット、電話を発明したベル。
他には、自転車、マーマレード、抗生物質ペニシリン、クロロフォルム。
意外にも発明王国。

 

P8092762

煙突の数だけ暖炉がある、のかもしれません。

 

P8092765

スコットランドの旗。
これ以外に、ライオン印の旗もあります。

 

P8092766

Dumbarton城から見下ろす。
右手より、バイキングやイギリス人やらが、占領にやってきた。

 

P8092769

火薬庫。
金属の火花を防ぐため、ドアの鍵とかは銅製。

 

P8092771

Dumbarton城から見下ろした。
手前の四角い芝生は、ボーウリング場。
日本のボウリングとは、全然違うものです。

 

P8092773

ダンバートンの教会。
と思いきや、会員制のBar。
ここで一杯呑みました。

P8092774

朝、スコットランドの朝食の定番のひとつ「ブラックプディング」を頂きました。
豚のレバー、ラード、穀物、豚の血を腸詰めにしたソーセージです。
アルゼンチンで食べたモルシージョ(血入りのソーセージ)より、遥かにソフトな味わい。
晩飯では、羊の内臓を羊の胃袋に詰めて茹でたスコットランドの伝統料理ハギス (Haggis) を試す。
正直、ブラックプディングとの違いがあまりよくわからなかったです。

夕方、教会の中にある会員制のBarでビールを一杯。
SarahとRaymundの友達が話しかけてくれたけれど、ナニを言っているのかさっぱりわからん。

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ 卵焼き、ベーコン、ブラックプディング
  • 昼→ サンドイッチ
  • 夜→ サーモン、ハム、チキンのトマト煮

国、地域別 イギリス スコットランド グラスゴー

トラックバック用URL

お便り

  • 本場のハギス食べてみたいです。やっぱ合うのはビールですかね?それともスコッチですか?

  • し、醤油とご飯。

  • わ、わかります。

ウエスト・ハイランド・ウェイ(West Highland Way)トレッキング初日。Balmaha→Inversnad/スコットランド130810

  • Bunk House テントを借りて14ポンド
  • Internet@ 宿の無料Wi-Fi

今日は、25.5km歩きました。
6時間40分


より大きな地図で 2013/08/10 8:37 を表示

SarahとRaymundから、モスキートネット(二組)、ジャケット(ゴアテックス)、ポール(スティックのこと)を借りて、ランチボックスを作ってもらい、Balmahaというところまで送ってもらいました。

Raymundが順路を確認中。右に立ってるポールが、West Highland Wayの印です。

Raymundが順路を確認中。右に立ってるポールが、West Highland Wayの印です。

 

Sarahの作ってくれたランチボックス。ボクらは、水すら持っていなかったのですよ、実は。

Sarahの作ってくれたランチボックス。ボクらは、水すら持っていなかったのですよ、実は。

何から何まで、本当にもうっ、って感じでお世話になっています。
ちなみにボクらが挑戦するWest Highland Wayの本当のスタート地点は、Milngavieという町なんですが、日程的に一日足りないので、ショートカット。

晴れ。
英国最大の淡水湖、ロッホ・ローモンド(Loch Lomonde)湖沿いを歩く。

雲を見ると、気分が暗くなる。

雲を見ると、気分が暗くなる。

真新しい靴なので、くるぶしに違和感あり。
ブサイクな音を立てて飛び立つ、鴨。

Sarahの用意してくれたリンゴとオレンジを食べて、休憩。
13km歩いて昼食。
鴨が、すり寄ってきます。

休憩中は、必ず靴下を脱ぎます。

休憩中は、必ず靴下を脱ぎます。

雨。
対岸は霧。
ポンチョを着たら快晴。
ポンチョを脱いだら、雨。

黒いウンコに群がるブルーメタリックの蠅。
フランスでもよく見た黒くて小さな糞。
誰の糞なのだろう。
匂いを嗅いでないので、さっぱりわからん。
ま、嗅いでもわからんけれど。

P8102797

誰かの慰霊碑。

 

P8102801

足を滑らせたら、死。
それは嘘。

 

P8102806

今日の一杯。

 

夕方、かなり冷たい雨。
予約した宿「Bunk House」が見つからない。
電話をしたら、迎えにきてくれました。
今宵は、宿のテントを借りてキャンプ。
Pop-up テントは、一秒で開く。
すごく便利だけど、翌日収納できなかったです。
しかも、翌朝エライ目に遭いました。

P8112808

組み立て一秒。収納不可能。

 

P8102780

毛の長い牛。ハイランドカウ。
なんかピントがあってないね。

 

P8102785

湖沿いを歩く。
意外に険しい。

宿の従業員のひとりは、昔NOVAの先生だったそうです。
彼の名は、大阪ジョー。
 

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ ソーセージ二種
  • 昼→ Sarahの作ってくれたランチボックス。サンドイッチ、チーズ、みかん、リンゴ
  • 夜→ 宿のレストラン:パスタ、鮭、カルボナーラ、サラダ 紅茶、ビール(34ユーロ)

アジア ヨーロッパ イギリス スコットランド ウエスト・ハイランド・ウエイ

トラックバック用URL

お便り

  • 8月のスコットランド、肌寒いよね。
    ポップアップテント・・ふふふ、コツさえわかれば簡単なのさ。

  • ぎたさん、ポップアップテントのたたみ方って、こうやって、あーやって、ぐいってな感じなんだよね。
    たぶん…

  • ヨシさん、こんにちわ!
    10月にスコットランドに以降かと情報集めてたらたどり着きました。
    やっぱ寒いんですかね、というか寒いの大好きです。

    ではでは。

  • ぐ、スコットランドは寒いっちゃー寒いね。
    10月は、けっこう冷えるでしょ。
    ウエストハイランドウェイを歩くの、ぐ?
    エベレストのベースキャンプや、巡礼に比べたら、もの足りないよ、たぶん。
    ぼくらは、アコンカグア行けるかね?

  • よしさん

    アコンカグアですか?
    行けるかもですが、エベレスト街道の10倍はキツいですよ。
    ラストの一日だけ、一歩が100mダッシュに匹敵する感じです。
    ツアーなら挑戦してもよいかもですね。
    僕は歩荷からすべて自分でやったので、そんな感じです。

    また、コメントありがとうございます。
    いまさら誤植発見。恥ずかしいな〜。
    ウェストハイランドウェイは検討中、優先順位は低し。
    時間ないとレンタカーでまわるつもりなんで、
    他にもっとできることがあるような気がします。

    そのあたりではグレンコー周辺をトレッキングしようかと。
    基本は登山なんでベン・ネビス他何個か山登りとスカイ島には
    行きたいかなと考えています。

    あとはモルト巡礼。アイラ島とスペイサイドには絶対に行きたいですね。
    旅程は3週間ほど考えています。

    あんまり情報ないので、ほとほと困っている感じです。

  • Gooooooonaiくん
    そーかー、アコンカグアは、エベレスト街道の10倍はキツいのかー。
    っていうか、エベレスト街道は全然平気だよね。
    山を登ってる気がしなかったもんね。
    うーむ。
    悩む。

今日は、24.9km歩きました(合計50.4km)。
7時間20分


より大きな地図で ウェスト・ハイランド・ウェイ を表示

朝方、寝袋にくるまっているけれど、背中が寒い。
モンベル(mont-bell)の3度の寝袋って、北国では辛いのですよ。
外は、物悲しい雨。
テント内を見渡せば、規則正しいリズムで雨漏りしてました。
フライシートがないから、ま、想定内といえば想定内。
ショックと言えば、ショック。
昨日、一秒でセッティングできたPop-upテントですが、畳み方がわかりません。
Yukoがけっこう頑張ったのですが、とうとう専用袋に収納できず、宿のお姉さんに謝りました。

P8112810

ムルガイ(Milngavie)から、フォートウィリアム(Fort William)まで。
全長153km。

ウエスト・ハイランド・ウェイの名物虫、蚊より小さい Midge を発見。
虫さされが恐いけれど、半ズボンでトレッキング。

Yukoが地図を丹念に眺めて、今日は山道じゃないから楽勝と言い切りましたが、完全に外れ。
湖沿いのルートは、想像以上に細かいアップダウンの繰り返し。
足場は、小さな岩や太い根がはびこる細道。
歩き難くてたまらん。

P8112819

狭くて急な道。
雨で滑る。

 

P8112820

雨は、スコットランドの名産。
避けては通れません。

 

P8112827

牧場の柵を乗り越えること、しばしば。

 

P8112831

ボクの着ているジャケットは、Raymundから借りたもの。
半ズボンは、スペイン巡礼中に購入。
靴は先日、ロンドンで買ったばかり。
Yukoのポンチョは、一昨日購入。

 

P8112835

牧草地なのか、ただの雑草なのか。

 

P8112823

あちこちに小さな滝。

 

P8112824

英国最大の淡水湖、ロッホ・ローモンド(Loch Lomonde)

 

P8112828

湖は、長さ39キロ、幅が8キロ。
先史時代に作られた人工島がいくつかあるそうですよ。

晴れたと思ったら、雨
対岸の列車(ハイランド・レイルウェイ)の音。
緑色の地味なバックパックを背負った、フランス軍の若者が行く。
雨。

今日の宿は、狭い屋根裏部屋風と言えなくもないけれど、きれいで快適。
洗面所でパンツと靴下を洗ったら、ここで洗濯するなの張り紙を発見。
宿のオヤジの英語が、スコットランド訛りの早口で、さっぱりわからん。
この村は、携帯が通じない。

 

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ 宿の朝食:トースト、ハム、チーズ
  • 昼→ カフェ:ハンバーガー、コーラ、バガスと芋
  • 夜→ カフェ:チキンバーガー、ビール。Yukoがチキンと水

ヨーロッパ 国、地域別 イギリス スコットランド ウエスト・ハイランド・ウエイ

トラックバック用URL

今日は、23.4km歩きました(合計73.8km)。
7時間


より大きな地図で West Highland Way を表示

Midgeというブヨみたいな極小の虫に襲われてます。
Yukoは、モスキートネットを頭に冠っているにもかかわらず、顔を50カ所以上刺されました。
虫ごとネットを冠ってるんじゃないですかね。
拙者の足も、靴下から半ズボンまでのスネ、及びその周囲が血に染まっておりまして、掻き過ぎてチンコが腫れるほど痒いのです。
ほどほどにね。

P8122865

鳥よ、鳥よ、鳥たちよ。
ま、一匹しかいないわけですが。
ナニを言いたいかと言えば、意外に杉田かおるが好きです。
今からでも遅くはありません、友達になりたいものです。

 

P8122863

あの山を越えるのだろうか。

 

P8122860

このあたりで、フランス軍の青年たちと立ち話。

 

P8122858

登れば、下る。

 

P8122857

どこまで道は続くのじゃ。

 

P8122851

スペイン巡礼より、味のある標識。

 

P8122841

Yukoの使っているスティックは、Sarahから借りたものです。

 

P8122847

牧場の柵に芽吹いた。

 

P8122848

えーと、ヤギでしたっけ?
羊さんでしたっけ?

 

P8122850

雨さえ振らなけりゃ、楽勝。

 

P8122855

ゲートを閉めろ、と書いてあります。

 

青空を運ぶ雲。
宿飯は、スコットランドの定番朝食。
ベーコン、卵、ソーセージ、豆、非常に豪華。

毎朝会う娘さん二人組み。
いい歳こいた私ですが、気の利いた挨拶のひとつもできません。

勾配の激しい十メートルおきのアップダウン。
二時間後、カフェで休憩。
メールチェック。
朝追い越した娘さん2人組が隣のテーブルに座ったので、どこの国の人?って訊いて、フランス人と答えたら、ダコー(了解!)と応えようと手ぐすね引いて質問したら、想定外のドイツ人なり。
何も言えず、口ごもる拙者。軽く涙目。
13時25分に食べた昼食のハンバーガーは、どんな事があっても絶対食中毒を出さないぞといった意気込みが前面に出た、よく焼き。
カリカリでクログロで、味はパサパサ。

実は、今晩の宿を確保できませんでして、どこもかしこも満室なのです。
で、どうしたかというと、ダンバートンに住む SarahとRaymund が、わざわざテントを運んで来てくれました。
海より深く感謝。
SarahとRaymund の献身的な協力のもと、Orchy川の畔に彼らから借りたテントを設営し、マットを敷き、設営完了。
温かいお湯が入った魔法瓶、明日用のランチボックスと果物とお菓子を頂戴し、心身ともに温もりでいっぱいです。
SarahとRaymund は優しすぎます。
号泣する準備も整いました。
例え今晩Orchy川が氾濫して、ボクらが土左衛門と化したとしても、悔いはありますまい。

P8122867

SarahとRaymund に借りたテント。
テントを運ばないでキャンプできるんだから、ぼくら果報者です。

 

P8122868

暮れ行くOrchy川。

 

「Bridge of Orchy Hotel」で、ネット。

P8132873

右が、Bridge of Orchy Hotel。

シドニーから来た男性二人は、カフェで読書中。
彼らのテントは、あんたたちホモじゃないのってくらい、小さいです。
あの狭いテントじゃ、うっかりキスしてしまいそうな勢いです。
カフェで歯を磨いて放尿し、寝ます。
外は寒い。

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ 宿飯:ベーコン、卵、ソーセージ、豆。Yukoは果物セット
  • 昼→ カフェ:ハンバーガー。Yukoは、ベイクドポテトwithサワークリーム、ベーコンビッツ
  • 夜→ カフェ:ハンバーガー、シーフードパイ、スコットランドのビール

ヨーロッパ 国、地域別 イギリス スコットランド ウエスト・ハイランド・ウエイ

トラックバック用URL