Lovely thanks! 築130年の古民家。ロンドン→エディンバラ→グラスゴー/イギリス130808

  • ダンバートンのSarahとRaymundの家
  • Internet@ Wi-Fiを借りました

電車でスコットランドへ移動。

P8082693

ロンドンのキングスクロス駅。ハリーポッターで有名になったプラットフォーム。壁に食い込んだショッピングカートがない!

まずは、首都エディンバラ。
八月のエディンバラは、フェスティバル。
ユニークな大道芸人と、若手パフォーマーの歌と踊り。
なかなか魅力的な祭りでした。

P8082697

何をしたいのか、ナニを表現しているのか、おじさんにはさっぱりわからない。

 

P8082698

意味不明。

P8082696

P8082699

コスプレも楽しい。

 

P8082701

こういうパフォーマンスが路上にいっぱい。

 

P8082702

歩行者天国は、観光客だらけ。

 

P8082703

鬼太郎のお母さん。

 

P8082706

お姉さん、美人!
好みじゃないけれど。

 

P8082708

なんか演劇でもするらしいんですが、よくわかりません。

 

P8082714

実はですね、豚が好きなのですよ、密かに。

 

 

P8082717

彼こそが、スコットランド人だ。
写真のお礼として、いくばくかの心付けをお支払いしました。
ありがとう。
おじさん、あなた素敵ですよ。
おじさんより

 

P8082718

透明人間です。
これ、真似れるよね、簡単に。
仮装パーティがあれば、これで逝きます。

 

足の指を触ると、何かいいことがあるのだろうか。

足の指を触ると、何かいいことがあるのだろうか。

 

P8082723

お城。
入場料が16ポンドもしたので、眺めるだけ。

 

P8082726

エディンバラの町並み。
けっこう素晴らしい。

 

P8082732

この大道芸人は、もしかしたら日本人だったかもしれない。

 

 

P8082735

不気味なところがよかったのに、カメラを構えたらお茶目になった。


P8082715

鋭いゴシック建築。


P8082720

ライオンなんかいないくせに、旗にライオン。


P8082722

そうとう混雑してますが、けっこう楽しい。


P8082727

一時、雨。

P8082731

スペイン巡礼で知り合ったスコットランド人カップル、SarahとRaymundの家へ。
晩飯をご馳走になり、彼の1,000枚にのぼる巡礼写真を見て笑い、暖かなベッドに寝ました。
築130年の素敵な家です。
明日、ウエスト・ハイランド・ウェイを歩き始めると言ったら、そんなに早く出発するなよ、寂しいじゃないかと心優しく説得され、はい、もう一泊させてくださいと頭を下げました。
こんなどこの猿の骨ともわからぬ、英語の不自由な東洋人を歓待してくれて、感謝の謝の字も書ききれません(←意味不明)。
Lovely Thanks!

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ カフェ:クロワッサン、full english breakfast pot、紅茶(5.5ユーロ)
  • 昼→ カフェ:ハンバーガー、コーラ
  • 夜→ SarahとRaymundの家庭料理

国、地域別 イギリス スコットランド エディンバラ グラスゴー

トラックバック用URL

お便りを投函。ポトン