-グラスゴー-

Lovely thanks! 築130年の古民家。ロンドン→エディンバラ→グラスゴー/イギリス130808

  • ダンバートンのSarahとRaymundの家
  • Internet@ Wi-Fiを借りました

電車でスコットランドへ移動。

P8082693

ロンドンのキングスクロス駅。ハリーポッターで有名になったプラットフォーム。壁に食い込んだショッピングカートがない!

まずは、首都エディンバラ。
八月のエディンバラは、フェスティバル。
ユニークな大道芸人と、若手パフォーマーの歌と踊り。
なかなか魅力的な祭りでした。

P8082697

何をしたいのか、ナニを表現しているのか、おじさんにはさっぱりわからない。

 

P8082698

意味不明。

P8082696

P8082699

コスプレも楽しい。

 

P8082701

こういうパフォーマンスが路上にいっぱい。

 

P8082702

歩行者天国は、観光客だらけ。

 

P8082703

鬼太郎のお母さん。

 

P8082706

お姉さん、美人!
好みじゃないけれど。

 

P8082708

なんか演劇でもするらしいんですが、よくわかりません。

 

P8082714

実はですね、豚が好きなのですよ、密かに。

 

 

P8082717

彼こそが、スコットランド人だ。
写真のお礼として、いくばくかの心付けをお支払いしました。
ありがとう。
おじさん、あなた素敵ですよ。
おじさんより

 

P8082718

透明人間です。
これ、真似れるよね、簡単に。
仮装パーティがあれば、これで逝きます。

 

足の指を触ると、何かいいことがあるのだろうか。

足の指を触ると、何かいいことがあるのだろうか。

 

P8082723

お城。
入場料が16ポンドもしたので、眺めるだけ。

 

P8082726

エディンバラの町並み。
けっこう素晴らしい。

 

P8082732

この大道芸人は、もしかしたら日本人だったかもしれない。

 

 

P8082735

不気味なところがよかったのに、カメラを構えたらお茶目になった。


P8082715

鋭いゴシック建築。


P8082720

ライオンなんかいないくせに、旗にライオン。


P8082722

そうとう混雑してますが、けっこう楽しい。


P8082727

一時、雨。

P8082731

スペイン巡礼で知り合ったスコットランド人カップル、SarahとRaymundの家へ。
晩飯をご馳走になり、彼の1,000枚にのぼる巡礼写真を見て笑い、暖かなベッドに寝ました。
築130年の素敵な家です。
明日、ウエスト・ハイランド・ウェイを歩き始めると言ったら、そんなに早く出発するなよ、寂しいじゃないかと心優しく説得され、はい、もう一泊させてくださいと頭を下げました。
こんなどこの猿の骨ともわからぬ、英語の不自由な東洋人を歓待してくれて、感謝の謝の字も書ききれません(←意味不明)。
Lovely Thanks!

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ カフェ:クロワッサン、full english breakfast pot、紅茶(5.5ユーロ)
  • 昼→ カフェ:ハンバーガー、コーラ
  • 夜→ SarahとRaymundの家庭料理

国、地域別 イギリス スコットランド エディンバラ グラスゴー

トラックバック用URL

意外に発明王国。グラスゴー(ダンバートン)二泊目/スコットランド130809

  • ダンバートンのSarahとRaymundの家
  • Internet@ Wi-Fiを借りました

スペイン巡礼で知り合ったSarahとRaymundの家に厄介になっているわけです。
Raymundが、ドライブに連れてってくれました。
かたじけないっす。

P8092746

英国最大の淡水湖、ロッホ・ローモンド(Loch Lomonde)。
観光名所です。

 

P8092749

ラス村(LUSS)。
煙突の先から丸い煙突。

 

P8092752

どの家もガーデニングに命をかけているようです。

 

P8092753

テレビを発明したベアード、だと思われます。
プレートを外されていたので、確認できず。

 

P8092755

スコットランド人の発明といえば、蒸気機関車を発明したワット、電話を発明したベル。
他には、自転車、マーマレード、抗生物質ペニシリン、クロロフォルム。
意外にも発明王国。

 

P8092762

煙突の数だけ暖炉がある、のかもしれません。

 

P8092765

スコットランドの旗。
これ以外に、ライオン印の旗もあります。

 

P8092766

Dumbarton城から見下ろす。
右手より、バイキングやイギリス人やらが、占領にやってきた。

 

P8092769

火薬庫。
金属の火花を防ぐため、ドアの鍵とかは銅製。

 

P8092771

Dumbarton城から見下ろした。
手前の四角い芝生は、ボーウリング場。
日本のボウリングとは、全然違うものです。

 

P8092773

ダンバートンの教会。
と思いきや、会員制のBar。
ここで一杯呑みました。

P8092774

朝、スコットランドの朝食の定番のひとつ「ブラックプディング」を頂きました。
豚のレバー、ラード、穀物、豚の血を腸詰めにしたソーセージです。
アルゼンチンで食べたモルシージョ(血入りのソーセージ)より、遥かにソフトな味わい。
晩飯では、羊の内臓を羊の胃袋に詰めて茹でたスコットランドの伝統料理ハギス (Haggis) を試す。
正直、ブラックプディングとの違いがあまりよくわからなかったです。

夕方、教会の中にある会員制のBarでビールを一杯。
SarahとRaymundの友達が話しかけてくれたけれど、ナニを言っているのかさっぱりわからん。

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ 卵焼き、ベーコン、ブラックプディング
  • 昼→ サンドイッチ
  • 夜→ サーモン、ハム、チキンのトマト煮

国、地域別 イギリス スコットランド グラスゴー

トラックバック用URL

お便り

  • 本場のハギス食べてみたいです。やっぱ合うのはビールですかね?それともスコッチですか?

  • し、醤油とご飯。

  • わ、わかります。

寿司と焼豚で勝負した。スカイ島→グラスゴー(ダンバートン)/スコットランド130817

  • ダンバートンのSarahとRaymundの家
  • Internet@ Wi-Fiを借りました

昨夜は駐車場泊。
五時半に起床し、雨のなか二十四時間営業の無料トイレへ。
車が狭くて、辛かった。

Fort Williamへ戻り、レンタカーを返し、雨の中1.2kmも歩いてズボンがぐっしょり濡れた頃、セントロ着。
商店街の軒下で、ツーリスト・インフォメーションの開店を待ち、バスのチケットを受け取り、アウトドアショップを冷やかす。
無性に新しいゴアテックスのジャケットが欲しいのです。
突然、グラスゴーからロンドン行きの飛行機に、果物ナイフとスイスアーミーの十得ナイフを持ち込めないことに気づき、小包でグラスゴーへ送ろうと郵便局へ行ったら、ナイフ類は危険物なので送れないと断られ、途方に暮れているボクらです。

バスに揺られて、グラスゴー近郊の町ダンバートンへ。
SarahとRaymund に迎えにきてもらい、彼らの家へ。

2013-08-09 016 (624x1000)

Raymundは、元公務員。

食料品を買い出し、チキンをさばき、野菜を切り、米を炊き、薄焼き卵を作り、ニンニクと生姜で豚肉を煮る。
Raymundのお兄さん夫妻を交えて、寿司、焼豚、チキンのオーブン焼き。
拙い英語を駆使して、笑いをとる。
ウケるとワインが美味しい。

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ カフェ:朝メニュー。Yukoはマフィンと紅茶
  • 昼→ 食べない
  • 夜→ 自炊:チキンのオーブン焼き、焼豚、寿司、サラダ

ヨーロッパ 国、地域別 イギリス スコットランド グラスゴー

トラックバック用URL