今日は、23.4km歩きました(合計73.8km)。
7時間


より大きな地図で West Highland Way を表示

Midgeというブヨみたいな極小の虫に襲われてます。
Yukoは、モスキートネットを頭に冠っているにもかかわらず、顔を50カ所以上刺されました。
虫ごとネットを冠ってるんじゃないですかね。
拙者の足も、靴下から半ズボンまでのスネ、及びその周囲が血に染まっておりまして、掻き過ぎてチンコが腫れるほど痒いのです。
ほどほどにね。

P8122865

鳥よ、鳥よ、鳥たちよ。
ま、一匹しかいないわけですが。
ナニを言いたいかと言えば、意外に杉田かおるが好きです。
今からでも遅くはありません、友達になりたいものです。

 

P8122863

あの山を越えるのだろうか。

 

P8122860

このあたりで、フランス軍の青年たちと立ち話。

 

P8122858

登れば、下る。

 

P8122857

どこまで道は続くのじゃ。

 

P8122851

スペイン巡礼より、味のある標識。

 

P8122841

Yukoの使っているスティックは、Sarahから借りたものです。

 

P8122847

牧場の柵に芽吹いた。

 

P8122848

えーと、ヤギでしたっけ?
羊さんでしたっけ?

 

P8122850

雨さえ振らなけりゃ、楽勝。

 

P8122855

ゲートを閉めろ、と書いてあります。

 

青空を運ぶ雲。
宿飯は、スコットランドの定番朝食。
ベーコン、卵、ソーセージ、豆、非常に豪華。

毎朝会う娘さん二人組み。
いい歳こいた私ですが、気の利いた挨拶のひとつもできません。

勾配の激しい十メートルおきのアップダウン。
二時間後、カフェで休憩。
メールチェック。
朝追い越した娘さん2人組が隣のテーブルに座ったので、どこの国の人?って訊いて、フランス人と答えたら、ダコー(了解!)と応えようと手ぐすね引いて質問したら、想定外のドイツ人なり。
何も言えず、口ごもる拙者。軽く涙目。
13時25分に食べた昼食のハンバーガーは、どんな事があっても絶対食中毒を出さないぞといった意気込みが前面に出た、よく焼き。
カリカリでクログロで、味はパサパサ。

実は、今晩の宿を確保できませんでして、どこもかしこも満室なのです。
で、どうしたかというと、ダンバートンに住む SarahとRaymund が、わざわざテントを運んで来てくれました。
海より深く感謝。
SarahとRaymund の献身的な協力のもと、Orchy川の畔に彼らから借りたテントを設営し、マットを敷き、設営完了。
温かいお湯が入った魔法瓶、明日用のランチボックスと果物とお菓子を頂戴し、心身ともに温もりでいっぱいです。
SarahとRaymund は優しすぎます。
号泣する準備も整いました。
例え今晩Orchy川が氾濫して、ボクらが土左衛門と化したとしても、悔いはありますまい。

P8122867

SarahとRaymund に借りたテント。
テントを運ばないでキャンプできるんだから、ぼくら果報者です。

 

P8122868

暮れ行くOrchy川。

 

「Bridge of Orchy Hotel」で、ネット。

P8132873

右が、Bridge of Orchy Hotel。

シドニーから来た男性二人は、カフェで読書中。
彼らのテントは、あんたたちホモじゃないのってくらい、小さいです。
あの狭いテントじゃ、うっかりキスしてしまいそうな勢いです。
カフェで歯を磨いて放尿し、寝ます。
外は寒い。

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ 宿飯:ベーコン、卵、ソーセージ、豆。Yukoは果物セット
  • 昼→ カフェ:ハンバーガー。Yukoは、ベイクドポテトwithサワークリーム、ベーコンビッツ
  • 夜→ カフェ:ハンバーガー、シーフードパイ、スコットランドのビール

ヨーロッパ 国、地域別 イギリス スコットランド ウエスト・ハイランド・ウエイ

トラックバック用URL

お便りを投函。ポトン