-May 2013-

明日から歩き始めます。Laslades→ル・ピュイ=アン=ヴレ/フランス130506

  • Le Regional(朝食付き、二人分、30ユーロ)と思ったら、朝飯は5ユーロで外税でした
  • Internet@ 宿の無料Wi-Fi

Yちゃん、ムッシューJP、お世話になりました。
何から何までというか、あそこからここまでというか、微に入り細に入り、ありがとう!
二ヶ月半後、We’ll be back です。
ムッシューJP、減量の邪魔をしてごめんなさい。
すね毛が生えないよう、カテドラルで祈りを捧げます。
持ち運べない荷物をLaslades邸へ預けて、出発。
残念だけど、ギターは置いてゆきます。

Yukoの荷物は、8kg。
拙者の荷物は、13kg。
スリッパと充電器を諦めました。
折り畳み傘も捨てるつもりです。
断捨離巡礼です。

トゥールースの空港は、手荷物の重さや大きさに厳しい。
もう少しで超過料金をふんだくられるところだったです。
ハサミは持ち込みOK。

昼飯は、フランスのバーガーショップ「Quick」。
けっこうイケマス。
マクドナルド派ですが、日本への出店が待ち遠しい。

やっとこさ、スマートフォンの3G接続完了。
データ通信できるようになり、一安心。
たるんだ胸をなで下ろしてます。

Yちゃんの送迎→飛行機→電車→電車と乗り継いで、ル・ピュイ・アン・ヴァレーのツーリスト・インフォメーションでジット(宿)の予約。
直接ジットへ電話してくれて、かなり親切なツーリスト・インフォメーションでした。
フランス人って、かなり優しいかもしれない。
朝飯付き、トイレシャワー共同で、30ユーロ(3,900円)。
レセプションの女性は、一切英語ダメでした。
一ミリもわからないフランス語を聞くときは、耳の穴をかっぽじっても無駄です。
両目を見開いて、一挙手一投足、毛穴の開き具合を探るほどの凝視です。
ボキャブラリーじゃない、感じるのです。

P5060287

郵便局のマーク。日本へ書類を送りました。

郵便局のマーク。日本へ書類を送りました。

 

カテドラル。ここから巡礼が始まります。巡礼のシンボルであるホタテ、地図、巡礼手帳「クレアンシャル」を購入。

カテドラル。ここから巡礼が始まります。巡礼のシンボルであるホタテ、地図、巡礼手帳「クレアンシャル」を購入。

 

カテドラルの入口から、外。

カテドラルの入口から、外。

 

鴨のパテ。どうしてパテって、こんなに美味いのかね。

鴨のパテ。どうしてパテって、こんなに美味いのかね。

カテドラルで、ホタテ貝、地図、クレデンシャル「巡礼手帳」を購入(20.2ユーロ/2,626円)。

パンとかバナナとか買って、広場の片隅で晩飯。
Yちゃんから頂戴した、鴨のパテが絶品。
相変わらずチーズも最高。

それにしてもボクらの部屋、トイレもシャワーもないのに、ビデが堂々とこれ見よがしに鎮座しています。
昔、その手のお部屋だったってことですかね?
二十時を過ぎても暗くならないフランス。

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ 紅茶
  • 昼→ フランスのバーガーショップ「Quick」ボクは、Long Bacon。Yukoは。Supreme(11.6ユーロ/1,508円)
  • 夜→ パン、チーズ、鴨のパテ、ジュース、水(4.04ユーロ/525円)

スペイン巡礼/サンティアゴ・デ・コンポステラ巡礼路 フランス ヨーロッパ 国、地域別 ル・ピュイ=アン=ヴレ

トラックバック用URL

お便り

  • ル・ピュイからのスタートですね。
    楽しんで。と言うても、つらい日もあるでしょう。
    ヨーロッパの空は美しいので、歩いていて疲れて地面ばかり見ていたら、たまに青空を見るとほっとします。
    青さが深いように感じました。

    毎日の洗濯も気分転換になります。

    私たち、今週末からバリ島に自転車持参で行くことにしました。
    パリも行きたいけど、、、初バリ島です。暑いかな。

    映画「サンジャックへの道」の中でスタートしてすぐ荷物を捨てるシーンがあってねー。
    もう、いらないと思えたら、やっぱり誰かにあげるか、潔く捨てることですね。

    カミーノもずいぶんインターネット使えるようになってきたようですね。
    また、時間のある時、色々とアップしてくださいね。
    楽しみにしています。

    フランス語、話せないときは、絵に描くか、ボディランゲージでね、あと、数字はだんだん覚えるかと。
    ボンジュール、メルシーとシルブプレでのりきってください。

    • そうなんですよ、アティモダさん
      傘、捨てました。
      いまのことろ、二日続けてWI-Fiフリーの宿です。
      この調子で頑張れ! カミーノ!

      たった今、足がつりそうです。
      伸ばしても曲げても、膝の横が痛いです。

      バリでは、両替詐欺に遭いました、ボクら。
      やっぱレートのいいところは、詐欺だそうで、ぜひ挑戦してみてくださいね。
      テーブルの上で札束をトントンとしたとき、テーブルに彫られた隙間にお札が落ちます!

      ではでは!

  • パテって本当に美味いよね・・ パン、チーズ、鴨のパテ、ジュース、水(4.04ユーロ/525円)は羨ましいくらい安いです。

    • まつもとさん、ふたりで525円だから、ひとり260円。
      シェムリアップ並みです。

  • わかります!
    1ミリも分からない言語って必死で感じると
    分かったりしますよね!!!
    ちょっと得意です!笑

    でも、たまに、全然違う。。。と通訳とかに言われると
    少し凹みます。。。
    感じる力にムラがあるみたいです。
    もっと修行が必要みたいです!

    冬から春は、香港、ソウル、バンコクと
    意外に移動してました。
    バンコク、暑い、いや、熱い!!!ですね?!
    かなりエネルギッシュでした!

    巡業、がんばって下さい!

    • ごっつぁんです。
      巡業中のボクらです。
      まみちゃん、ぜんぜん、ずびばぜんことないです。
      ナイスなボケです。
      和みました。
      花丸。

      それにしても意外に勢力的に外国行ってたんだね。
      今度、ボクらを狙ってくだされ。

  • 巡礼でした。。。
    おすもうさんでは、ないですよね。。。
    ずびばぜん。。。

  • 今回は、2カ国は、仕事だったので
    連れてかれるままですが。。。

    プライベートでは、ぜひとも、狙いたいものです☆

マメ潰れた。
あと7.5km。

posted by 44と書いてyoshiと読みます。 | May 07, 2013

スペイン巡礼/サンティアゴ・デ・コンポステラ巡礼路 フランス ヨーロッパ 国、地域別

トラックバック用URL

スペイン巡礼初日、秒速で迷子になった。ル・ピュイ=アン=ヴレ→St-Privat-d’Allier/フランス130507

  • Lacrobate(個室。ひとり12ユーロ。朝飯は5.5ユーロ)
  • Internet@ 宿の無料Wi-Fi

今日は、23.5km歩きました/7時間20分


より大きな地図で 2013/05/07(スペイン巡礼) を表示

朝飯をのんびり食って会計してもらったら、朝食は宿代に含まれていませんでした。
昨日、朝食込みですか?って訊いたのに!
英語の全然わからない人に、おぼつかない英語で質問して、フランス語で返事がくるわけですから、会話が成立する方が不自然ってもんです。
しかも宿代は、想定外の外税。
いろいろボロボロです。

朝八時、カテドラルのミサを見学。

坂道の先に立つカテドラル。中に入って二階が聖堂です。Goodなアプローチです。

坂道の先に立つカテドラル。中に入って二階が聖堂です。Goodなアプローチです。

赤帽子を冠った神父さん(←で、いいんですよね?)が金刺繍の入った白い装束で、「Salve Regina」を歌ってくれました。
神父さんから、直接キーホルダーのようなものを手渡され、何やらお言葉をかけて頂き、ありがたや。

二十五歳のフランス人、かなり朴訥なフランソワ君とカテドラルから一緒に歩き始めたのですが、えーとフランソワ君ちょっと質問なんだけど、前にも後ろにもひとっこひとり巡礼者が歩いていないのはなぜ?
歩き始めて10分で迷子になった模様です。
秒速方向音痴です。
フランソワ君が、通りかかったおじいさんに道を尋ねたら、後ろを振り返って困った顔してましたもんね。
他の巡礼者と合流するまで、生きた心地せず。

涼しくて、歩くにはちょうどいい。

涼しくて、歩くにはちょうどいい。

 

頑張れYuko。

頑張れYuko。

 

ときどき快晴。

ときどき快晴。

 

この赤と白のペイントを目印に歩きます。地図を持っていなくても、さほど困りません。

この赤と白のペイントを目印に歩きます。地図を持っていなくても、さほど困りません。

 

左下に縦線が入ると、右へ曲がれ、です。その逆は左折。

左下に縦線が入ると、右へ曲がれ、です。その逆は左折。

 

×印があれば、道順を間違っています。

×印があれば、道順を間違っています。

Yukoと歩く速度があわないので、ついつい離れてしまうのですが、遠くからでも体調を伝えられるよう、合図を決めました。
両手を広げると、問題なし。
片手だけだと、待っててくれ、です。速攻でどっちがどっちだか忘れてしまって、意味なかったんだけどもね。

水たまり、白い桜の花、咲き乱れるタンポポ。
道を塞ぐ牛。

牛、でかいです。目つき悪いです。けっこう洒落にならないくらいデカいのいました。

牛、でかいです。目つき悪いです。けっこう洒落にならないくらいデカいのいました。

雌を追いかける発情期の牛。
さすがフランス!

昼飯後、育てた覚えのない左足の裏のマメが潰れてました。
バックパックの躯体の金属が地味に腰骨を刺激し、微妙に痛いです。

道中トイレがないので、野山のなかで用を足すことになります。
おばさん、ちっとも隠れてないですよ、黒いパンツと白いお尻が見えますもん。

ほとんどフランス人。カテドラルには、日本人のおじさんがいたけれど、その後お見かけせず。

ほとんどフランス人。カテドラルには、日本人のおじさんがいたけれど、その後お見かけせず。

 

キリスト教ですからね、十字架が多いです。

キリスト教の巡礼路ですからね、十字架が多いです。

 

キリスト教の巡礼ですからね、教会くらいあります。

キリスト教の巡礼ですからね、教会くらいあります。

 

フランスの田園は、看板類がないのがいい。トイレもないけど。

フランスの田園は、看板類がないのがいい。トイレもないけど。

三時五十分、今日の宿泊地「St-Privat-d’Allier」に到着。
二軒のGite(宿)に満室だと断わられ、そうとう焦りました。
そういえば、昨夜も二軒のGite(宿)に断られてます。
チェックインしたあと速攻で洗濯したら、干すところがありません。
こりゃ、明日までに乾かないな。
Wi-Fi無料は、助かります。

Barで、巡礼初日を祝って乾杯。
晩飯は、パン。
ブルーチーズと鴨のパテを塗りたくりました。

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ フランスパンとクロワッサン。紅茶(合計10ユーロ/1,295円)
  • 昼→ サンドイッチと紅茶(9.4ユーロ/1,217円)
  • 夜→ パン2.9ユーロ(375円)

スペイン巡礼/サンティアゴ・デ・コンポステラ巡礼路 フランス ヨーロッパ 国、地域別

トラックバック用URL

お便り

  • うふふ。Yukoさんと二人で楽しそう。
    頑張れ! 二人道。

    • 牛美さん、楽しいよー。
      フランスの食事って美味いね。
      知らんかった。
      毎晩、ワインとチーズっす。
      太るかもしれん。

  • いよいよ始まりましたね。
    写真一杯で楽しみにしています。
    今の所Yukoさんの方が先に進んでいるようですね。
    置いて行かれないようにして下さい。
    まずは次の目的地まで到着することを目標に頑張って下さい。
    毎日従業員食堂まで片道10分歩いています。
    三食で1時間良い運動になっていますよ。

    • そうなんですよ、Terryさん、ゆうこは絶好調。
      なにひとつ問題なし。
      どういうわけか、ボクはガタガタ。
      寝不足だし。

スペイン巡礼二日目。足全体が痛い。Yukoにすら追いつけない。St-Privat-d’Allier→Saugues/フランス130508

  • Bernadette Villedieu(夕食、朝食込みで、ひとり36ユーロ)
  • Internet@ 宿の無料Wi-Fiに繋がらないので、Wi-Fiルーターを使いました

昨夜、足が痛くてよくよく歩けず。
トイレへ行くのも、ベッドで寝返りするのも辛かった。
恥ずかしながら、もう身体の限界かもしれない。
あんまり眠れなかったし。

今日は、19km歩きました(通算42.5km)/8時間


より大きな地図で 2013/05/08(スペイン巡礼) を表示

昨日洗った洗濯物は、乾きませんでした。
悔しくないです、想定内です。
濡れたTシャツやパンツや靴下を、バックパックの後ろにぶら下げて、巡礼しました。
本日のルートは、ほとんど上り坂。

パンツは、シャツで隠してます。

パンツは、シャツで隠したつもりなんですが、右端にはみ出ている緑色がパンツです。

1グラムでも荷物を減らそうとしている断捨離巡礼中ですが、宿の親父が何を思ったのか、Tシャツを二枚もくれました。

昨夜泊まったSt-Privat-d’Allierの町。パン屋は一軒だけ。

昨夜泊まったSt-Privat-d’Allierの町。パン屋は一軒だけ。

かなり嬉しいけれど、XLサイズです。
そうとう太らないと着れません。
とりあえずバックパックの金属が腰にあたって痛いので、ショックアブソーバー的に腰に巻きました。
そういう意味では、恵みのTシャツです。
神様の思し召しかもしれません。

水500mlを65セントで買いましたが、全然足りず。
ふたりだと、一日1リットルは必要だと痛感。
Yukoが、杖を11ユーロ(1,424円)で購入。
杖があると、歩くのがラクみたいです。
ほとんどのフランス人は使ってるしね。

脚絆をはいているのは、Yukoだけ。

脚絆をはいているのは、Yukoだけ。ズボンの裾が汚れません。

左足の潰れたマメをYukoに診察してもらったところ、マメではなくて単なる水ぶくれだと診断されました。
しかも潰れてなくて、“マメが潰れた”はボクの誤診でした。
そんなこんなの水ぶくれ、ボク的には“水マメ”と呼ばせていただきますが、やがて左足にも発症。
左足の付け根も痛みだすし、腰骨も打ち身のように鈍痛があるしで、今日はけっこうキツかったです。
Yukoにすら、追いつけません。
もう巡礼駄目かも…。

キノコのオブジェクトだと思うけど、よくわからない。

キノコのオブジェクトだと思うけど、よくわからない。

 

遺跡。なんの遺跡なんだかは、わかりません。

遺跡。なんの遺跡なんだかは、わかりません。

 

小さな教会にて。

小さな教会にて。

 

今日のルートは、森が多い。

今日のルートは、森が多い。

 

猫も犬もいる。

カメラを向けたら、困った顔をされた。

 

農家の風見鶏。

農家の風見鶏。

 

舗装道路は、ときどき車が通るのがうざい。

舗装道路は、ときどき車が通るのがうざい。

 

一面、タンポポ畑。

一面、タンポポ畑。

 

一日一回、牛に道を譲る。

一日一回、牛に道を譲る。

 

花の十字架。

花の十字架。

一瞬、雨。
速攻で雨合羽を装着。
ボクの雨合羽は、シドニーのTerryさんから頂いたもので、サイズが大きくて重宝してます。
バックパックも寝袋もカバーできます。

ゴールまでの、残り二時間半がキツかった。
最後二キロが、さらにツライ。
全体的に足が痛くて辛い。

Gite(宿)は、すべて満室。
ここ三日、必ず宿に断られてます。
野宿する気力はないので、断腸の思いで、1キロほど離れた高級宿に投宿。
晩飯、朝食付きとはいえ、ひとり36ユーロ。
合計で、9,326円。
こんな日々が続けば、予算オーバーで巡礼を断念するかもしれない。宿の晩飯は、超豪華。

ワイン飲み放題。
チーズ食べ放題。
英語を話すドイツ人夫婦と、フランス語しか話さないフランス人たち。
久しぶりに、西洋人と長々とお喋りしました。
隣のフランス人カップルに、電話で明日の宿の予約をお願いしたのだけれども、これが翌日の不幸というか、災難に繋がりました。
明日は、死ぬかと思った、です。

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ パンと紅茶(ひとり5.5ユーロだけど、請求されなかった。忘れてたみたいです)
  • 昼→ パン、バナナ、リンゴ(1.54ユーロ/199円)
  • 夜→ 宿の食事。ワイン飲み放題。牛肉。チーズ、デザート

スペイン巡礼/サンティアゴ・デ・コンポステラ巡礼路 フランス ヨーロッパ 国、地域別

トラックバック用URL

お便り

  • ワイン、飲み放題はいいですねー。
    けど、もうずいぶん足が痛そうですね。大丈夫ですか?(大丈夫じゃないよね、、、)
    自転車でも最初のころが一番きつかったです。
    私は腰が悪いこともあり、歩いての巡礼は無理だと最初に思いました。
    だんだん慣れると、30キロ、40キロ歩けるとは聞くのですが、、、
    そして、フランス側、やっぱりホテルになるとね、お高くなるでしょう。
    Giteは早い時間に満員になったり、予約してる人がいたりでね。私たちも、なかなか予約できませんでした。
    当時は節約しながらもホテルでした。
    お昼にレストランには入れなかった。バゲットとチーズを道で食べる。。。
    ホテル、たまに安いところもあるんですが、定休日があるところもあり、あいてるところ見つけられず、くたくたになるまで走ったこともあります。
    けどねー、また行きたくなるんです。
    道が人を連れて行く感じがしましたよ。

    本当に、ブログアップ楽しみにしてます。
    おいしいもの食べて、くじけず、歩いてくださいねー。
    (けど、お体、お大事にね)
    時間切れになっても、また、次回にそこから歩く人たち、いっぱいいますよー。

    • アティモダさん
      両方の足の裏、皮むけ。
      左足の付け根の痛みは、なれました。
      バックパックの金属が腰にあたるのも、宿からもらったTシャツを腰にあててなんとか凌いでます。
      あと、ちょっと肩こり。
      なぜか夜、熟睡できません。
      身体が興奮してるみたい。
      そんな毎日です。

      Giteに泊まれないのは残念だけど、おかげで毎晩豪華なディナーです。
      こりゃ、太るかもしれん。
      フランスの食事って、美味い。
      チーズ、食い過ぎ。

      ゆうこはなぜか、なにひとつ問題ないです。

  • 良い写真多いけど、1番上のが(石の上の二人)気に入りました。

  • どもです
    自分も全然体育会系じゃないんですが、割と体力的にハードなバイトをしたりしてますです(主に冬だけ)
    ジェネレーション的にも近いと思われる自分の経験で言うと、最初から白人と同じペースでやろうとするのはきついかもです
    やつらはバケモノっす!(笑)
    ははは

    初めはのんびりで、体が慣れたら少しずつ距離を伸ばしていけば良いと思うっす
    そのうち体が順応します
    多分

    • Pokin先生、どもです。
      西洋人にかなうような、ボクらじゃないです。
      おとなしく三歩下がって、付いて行きます。
      っていうか、地図に載っている予想時間に追いつきません。
      5時間コースをボクらが歩くと、七時間かかります。
      だからいつも安宿をとられてしまい、宿代が高く付きます。
      思いっきり厚着して震えているいるボクらの横を、ノースリーブ、短パンのおばさんが通り過ぎますが、悔しくないです。
      それより、意外に飯が美味い!
      チーズが美味い。

  • どーも ヨシさん
    始まりましたね カミーノ。
    牛に道を譲る、これ基本ですよね。
    足の水ぶくれは、ちゃんと手当てして下さいね。
    足の踵の水ぶくれが大きくなりすぎて、ドクターストップがかかったフランスのご婦人がいました。

    身体の興奮が早く治まりますように。
    ブエン カミーノ!

    • マウリシズさん、とうとう歩き始めました!
      ここ二、三日寒いけど、いい感じです。
      巡礼で人生の伴侶を見つけたいものですが、それはいろいろと事後処理が面倒なので、夫婦の絆を深めたいものです。
      足の水ぶくれは、どうやら靴のサイズが合わないようです。
      今日から、靴下を重ね着して調整します。
      新しい靴下も買ったし。。。。

      寝る前に興奮を沈めなきゃ!

スペイン巡礼三日目。森で迷子。ほぼ遭難。Saugues→Les Faux/フランス130509

  • L'Oustal de Parent(個室。晩飯、朝食。ひとり28ユーロ/3,672円)
  • Internet@ Wi-Fiルーターを使いました

今日は、はからずも33.3km歩きました(通算75.8km)/10時間半

10時間半も歩いてしまった。
後半五時間半は、非業の雨。
あにはからんや、森で迷子。
ほぼ遭難。


より大きな地図で 2013/05/09(スペイン巡礼) を表示

地図によると、今日の一般コースは、19.5km先の町までの約五時間です。
昨夜の夕食で向かいに座っていた無名のフランス人カップルが、フランスはホリディに入ったので、明日はどの宿も満室で泊まれないぞと教えてくれ、じゃぁすんませんフランス語を話せないので代わりに予約してくれませんかと、27km先のLes Fauxの宿へ電話してもらいました。
これがよかったのか、悪かったのか、何の因果関係もないのか、なんにしろ笑えるくらいに辛い一日になりました。

午後からしとしとと、冷たい雨。
Le Sauvageの町の手前で、フランス人のナイスガイ野郎2人組のアドバイスを、疑うことなく信じて天真爛漫に左折したら、ボクらの運命も左曲がりです。
人っ子一人いない泥だらけの森へ、ずびずばと迷い込んでしまったのです。
情け容赦ない泥道や、ほぼ小川化してしまった小道や、悲しき湿地帯を突き抜けて、二時間くらい会話らしい会話もなくむっつりと歩き続け、どうもボクらは迷子になってしまったらしいと夫婦満場一致で自覚しても、ちっとも盛り上がらなかったです。
引き返すような勇気はございません。
どこへたどり着くのかさっぱりわかりませんが、運を天に任せて前進したところ、奇跡的にも巡礼路へ復活しました。
止まない冷たい雨。
濡れた靴、身体。
だけど宿は目前…、だと信じていました。
迷ってたとはいえ、6.5キロを二時間も歩いたんだから…。
どういうわけか反対方向に向かう人が多いので、逆遍路流行(ばやり)だねーと暢気に構えつつも、念のため「Les Fauxへ行くにはこちら方面ですよね」と訊いてみたら、あんたら反対に歩いてるよと、迷惑そうな顔してました。
いつの間にか逆走してました。
号泣寸前。
宿まであと7.5km。
6.5キロを二時間かけて歩いたら、7.5キロに増えていたでござる。
時刻は、16時45分。
止みそうにない雨。
濡れた身体。
両足の裏の潰れた水ぶくれの痛み。

雨だというのに、ときところをわきまえぬ尿意。
この時の小便については、のちほどご説明いたします。

這々の体で、予約した宿にたどり着いたのに、従業員が冷たく言い放ったその言葉は、
「満室です」
予約してたのに、「満室です」とは、どの顔(ツラ)で言ってるんですかね。
恐ろしいフランス人です。
恐ろしいフランス人に勝てるのは、やはりフランス人巡礼者しかいません。
彼らの問答無用のクレームで、なんとか従業員部屋に泊まれました。

P5090373

こういうの、森というべきなのか、林と呼ぶべきなのか。アメリカやカナダだと、熊が出る気配。

 

P5090375

両方の足の裏の皮がむけて、そうとう痛い。

 

P5090377

水たまりがすごいんだが、そういうところはカメラを出す気になれない。

 

P5090381

誰も歩いてない。そりゃそうだ、道、間違ってるんだから。

 

P5090383

ほぼ完璧な雨合羽だけど、五時間も雨のなかを歩けば、ズボンも靴もぐじょぐじょ。

今宵も晩飯は、ワイン飲み放題、チーズ食べ放題、デザートは過剰の、ファットマンコースでした。
こんな食事を続けてたら、確実に太ります。

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ 宿の朝食。豪華
  • 昼→ パン
  • 夜→ 宿の豪華な食事。ワイン飲み放題。食べ放題

スペイン巡礼/サンティアゴ・デ・コンポステラ巡礼路 フランス ヨーロッパ 国、地域別

トラックバック用URL