スペイン巡礼三日目。森で迷子。ほぼ遭難。Saugues→Les Faux/フランス130509

  • L'Oustal de Parent(個室。晩飯、朝食。ひとり28ユーロ/3,672円)
  • Internet@ Wi-Fiルーターを使いました

今日は、はからずも33.3km歩きました(通算75.8km)/10時間半

10時間半も歩いてしまった。
後半五時間半は、非業の雨。
あにはからんや、森で迷子。
ほぼ遭難。


より大きな地図で 2013/05/09(スペイン巡礼) を表示

地図によると、今日の一般コースは、19.5km先の町までの約五時間です。
昨夜の夕食で向かいに座っていた無名のフランス人カップルが、フランスはホリディに入ったので、明日はどの宿も満室で泊まれないぞと教えてくれ、じゃぁすんませんフランス語を話せないので代わりに予約してくれませんかと、27km先のLes Fauxの宿へ電話してもらいました。
これがよかったのか、悪かったのか、何の因果関係もないのか、なんにしろ笑えるくらいに辛い一日になりました。

午後からしとしとと、冷たい雨。
Le Sauvageの町の手前で、フランス人のナイスガイ野郎2人組のアドバイスを、疑うことなく信じて天真爛漫に左折したら、ボクらの運命も左曲がりです。
人っ子一人いない泥だらけの森へ、ずびずばと迷い込んでしまったのです。
情け容赦ない泥道や、ほぼ小川化してしまった小道や、悲しき湿地帯を突き抜けて、二時間くらい会話らしい会話もなくむっつりと歩き続け、どうもボクらは迷子になってしまったらしいと夫婦満場一致で自覚しても、ちっとも盛り上がらなかったです。
引き返すような勇気はございません。
どこへたどり着くのかさっぱりわかりませんが、運を天に任せて前進したところ、奇跡的にも巡礼路へ復活しました。
止まない冷たい雨。
濡れた靴、身体。
だけど宿は目前…、だと信じていました。
迷ってたとはいえ、6.5キロを二時間も歩いたんだから…。
どういうわけか反対方向に向かう人が多いので、逆遍路流行(ばやり)だねーと暢気に構えつつも、念のため「Les Fauxへ行くにはこちら方面ですよね」と訊いてみたら、あんたら反対に歩いてるよと、迷惑そうな顔してました。
いつの間にか逆走してました。
号泣寸前。
宿まであと7.5km。
6.5キロを二時間かけて歩いたら、7.5キロに増えていたでござる。
時刻は、16時45分。
止みそうにない雨。
濡れた身体。
両足の裏の潰れた水ぶくれの痛み。

雨だというのに、ときところをわきまえぬ尿意。
この時の小便については、のちほどご説明いたします。

這々の体で、予約した宿にたどり着いたのに、従業員が冷たく言い放ったその言葉は、
「満室です」
予約してたのに、「満室です」とは、どの顔(ツラ)で言ってるんですかね。
恐ろしいフランス人です。
恐ろしいフランス人に勝てるのは、やはりフランス人巡礼者しかいません。
彼らの問答無用のクレームで、なんとか従業員部屋に泊まれました。

P5090373

こういうの、森というべきなのか、林と呼ぶべきなのか。アメリカやカナダだと、熊が出る気配。

 

P5090375

両方の足の裏の皮がむけて、そうとう痛い。

 

P5090377

水たまりがすごいんだが、そういうところはカメラを出す気になれない。

 

P5090381

誰も歩いてない。そりゃそうだ、道、間違ってるんだから。

 

P5090383

ほぼ完璧な雨合羽だけど、五時間も雨のなかを歩けば、ズボンも靴もぐじょぐじょ。

今宵も晩飯は、ワイン飲み放題、チーズ食べ放題、デザートは過剰の、ファットマンコースでした。
こんな食事を続けてたら、確実に太ります。

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ 宿の朝食。豪華
  • 昼→ パン
  • 夜→ 宿の豪華な食事。ワイン飲み放題。食べ放題

スペイン巡礼/サンティアゴ・デ・コンポステラ巡礼路 フランス ヨーロッパ 国、地域別

トラックバック用URL

お便りを投函。ポトン