スペイン巡礼二日目。足全体が痛い。Yukoにすら追いつけない。St-Privat-d’Allier→Saugues/フランス130508

  • Bernadette Villedieu(夕食、朝食込みで、ひとり36ユーロ)
  • Internet@ 宿の無料Wi-Fiに繋がらないので、Wi-Fiルーターを使いました

昨夜、足が痛くてよくよく歩けず。
トイレへ行くのも、ベッドで寝返りするのも辛かった。
恥ずかしながら、もう身体の限界かもしれない。
あんまり眠れなかったし。

今日は、19km歩きました(通算42.5km)/8時間


より大きな地図で 2013/05/08(スペイン巡礼) を表示

昨日洗った洗濯物は、乾きませんでした。
悔しくないです、想定内です。
濡れたTシャツやパンツや靴下を、バックパックの後ろにぶら下げて、巡礼しました。
本日のルートは、ほとんど上り坂。

パンツは、シャツで隠してます。

パンツは、シャツで隠したつもりなんですが、右端にはみ出ている緑色がパンツです。

1グラムでも荷物を減らそうとしている断捨離巡礼中ですが、宿の親父が何を思ったのか、Tシャツを二枚もくれました。

昨夜泊まったSt-Privat-d’Allierの町。パン屋は一軒だけ。

昨夜泊まったSt-Privat-d’Allierの町。パン屋は一軒だけ。

かなり嬉しいけれど、XLサイズです。
そうとう太らないと着れません。
とりあえずバックパックの金属が腰にあたって痛いので、ショックアブソーバー的に腰に巻きました。
そういう意味では、恵みのTシャツです。
神様の思し召しかもしれません。

水500mlを65セントで買いましたが、全然足りず。
ふたりだと、一日1リットルは必要だと痛感。
Yukoが、杖を11ユーロ(1,424円)で購入。
杖があると、歩くのがラクみたいです。
ほとんどのフランス人は使ってるしね。

脚絆をはいているのは、Yukoだけ。

脚絆をはいているのは、Yukoだけ。ズボンの裾が汚れません。

左足の潰れたマメをYukoに診察してもらったところ、マメではなくて単なる水ぶくれだと診断されました。
しかも潰れてなくて、“マメが潰れた”はボクの誤診でした。
そんなこんなの水ぶくれ、ボク的には“水マメ”と呼ばせていただきますが、やがて左足にも発症。
左足の付け根も痛みだすし、腰骨も打ち身のように鈍痛があるしで、今日はけっこうキツかったです。
Yukoにすら、追いつけません。
もう巡礼駄目かも…。

キノコのオブジェクトだと思うけど、よくわからない。

キノコのオブジェクトだと思うけど、よくわからない。

 

遺跡。なんの遺跡なんだかは、わかりません。

遺跡。なんの遺跡なんだかは、わかりません。

 

小さな教会にて。

小さな教会にて。

 

今日のルートは、森が多い。

今日のルートは、森が多い。

 

猫も犬もいる。

カメラを向けたら、困った顔をされた。

 

農家の風見鶏。

農家の風見鶏。

 

舗装道路は、ときどき車が通るのがうざい。

舗装道路は、ときどき車が通るのがうざい。

 

一面、タンポポ畑。

一面、タンポポ畑。

 

一日一回、牛に道を譲る。

一日一回、牛に道を譲る。

 

花の十字架。

花の十字架。

一瞬、雨。
速攻で雨合羽を装着。
ボクの雨合羽は、シドニーのTerryさんから頂いたもので、サイズが大きくて重宝してます。
バックパックも寝袋もカバーできます。

ゴールまでの、残り二時間半がキツかった。
最後二キロが、さらにツライ。
全体的に足が痛くて辛い。

Gite(宿)は、すべて満室。
ここ三日、必ず宿に断られてます。
野宿する気力はないので、断腸の思いで、1キロほど離れた高級宿に投宿。
晩飯、朝食付きとはいえ、ひとり36ユーロ。
合計で、9,326円。
こんな日々が続けば、予算オーバーで巡礼を断念するかもしれない。宿の晩飯は、超豪華。

ワイン飲み放題。
チーズ食べ放題。
英語を話すドイツ人夫婦と、フランス語しか話さないフランス人たち。
久しぶりに、西洋人と長々とお喋りしました。
隣のフランス人カップルに、電話で明日の宿の予約をお願いしたのだけれども、これが翌日の不幸というか、災難に繋がりました。
明日は、死ぬかと思った、です。

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ パンと紅茶(ひとり5.5ユーロだけど、請求されなかった。忘れてたみたいです)
  • 昼→ パン、バナナ、リンゴ(1.54ユーロ/199円)
  • 夜→ 宿の食事。ワイン飲み放題。牛肉。チーズ、デザート

スペイン巡礼/サンティアゴ・デ・コンポステラ巡礼路 フランス ヨーロッパ 国、地域別

トラックバック用URL

お便り

  • ワイン、飲み放題はいいですねー。
    けど、もうずいぶん足が痛そうですね。大丈夫ですか?(大丈夫じゃないよね、、、)
    自転車でも最初のころが一番きつかったです。
    私は腰が悪いこともあり、歩いての巡礼は無理だと最初に思いました。
    だんだん慣れると、30キロ、40キロ歩けるとは聞くのですが、、、
    そして、フランス側、やっぱりホテルになるとね、お高くなるでしょう。
    Giteは早い時間に満員になったり、予約してる人がいたりでね。私たちも、なかなか予約できませんでした。
    当時は節約しながらもホテルでした。
    お昼にレストランには入れなかった。バゲットとチーズを道で食べる。。。
    ホテル、たまに安いところもあるんですが、定休日があるところもあり、あいてるところ見つけられず、くたくたになるまで走ったこともあります。
    けどねー、また行きたくなるんです。
    道が人を連れて行く感じがしましたよ。

    本当に、ブログアップ楽しみにしてます。
    おいしいもの食べて、くじけず、歩いてくださいねー。
    (けど、お体、お大事にね)
    時間切れになっても、また、次回にそこから歩く人たち、いっぱいいますよー。

    • アティモダさん
      両方の足の裏、皮むけ。
      左足の付け根の痛みは、なれました。
      バックパックの金属が腰にあたるのも、宿からもらったTシャツを腰にあててなんとか凌いでます。
      あと、ちょっと肩こり。
      なぜか夜、熟睡できません。
      身体が興奮してるみたい。
      そんな毎日です。

      Giteに泊まれないのは残念だけど、おかげで毎晩豪華なディナーです。
      こりゃ、太るかもしれん。
      フランスの食事って、美味い。
      チーズ、食い過ぎ。

      ゆうこはなぜか、なにひとつ問題ないです。

  • 良い写真多いけど、1番上のが(石の上の二人)気に入りました。

    • いい写真ですよねー。
      って、自画自賛してます。

  • どもです
    自分も全然体育会系じゃないんですが、割と体力的にハードなバイトをしたりしてますです(主に冬だけ)
    ジェネレーション的にも近いと思われる自分の経験で言うと、最初から白人と同じペースでやろうとするのはきついかもです
    やつらはバケモノっす!(笑)
    ははは

    初めはのんびりで、体が慣れたら少しずつ距離を伸ばしていけば良いと思うっす
    そのうち体が順応します
    多分

    • Pokin先生、どもです。
      西洋人にかなうような、ボクらじゃないです。
      おとなしく三歩下がって、付いて行きます。
      っていうか、地図に載っている予想時間に追いつきません。
      5時間コースをボクらが歩くと、七時間かかります。
      だからいつも安宿をとられてしまい、宿代が高く付きます。
      思いっきり厚着して震えているいるボクらの横を、ノースリーブ、短パンのおばさんが通り過ぎますが、悔しくないです。
      それより、意外に飯が美味い!
      チーズが美味い。

  • どーも ヨシさん
    始まりましたね カミーノ。
    牛に道を譲る、これ基本ですよね。
    足の水ぶくれは、ちゃんと手当てして下さいね。
    足の踵の水ぶくれが大きくなりすぎて、ドクターストップがかかったフランスのご婦人がいました。

    身体の興奮が早く治まりますように。
    ブエン カミーノ!

    • マウリシズさん、とうとう歩き始めました!
      ここ二、三日寒いけど、いい感じです。
      巡礼で人生の伴侶を見つけたいものですが、それはいろいろと事後処理が面倒なので、夫婦の絆を深めたいものです。
      足の水ぶくれは、どうやら靴のサイズが合わないようです。
      今日から、靴下を重ね着して調整します。
      新しい靴下も買ったし。。。。

      寝る前に興奮を沈めなきゃ!

お便りを投函。ポトン