-Gite-

スペイン巡礼初日、秒速で迷子になった。ル・ピュイ=アン=ヴレ→St-Privat-d’Allier/フランス130507

  • Lacrobate(個室。ひとり12ユーロ。朝飯は5.5ユーロ)
  • Internet@ 宿の無料Wi-Fi

今日は、23.5km歩きました/7時間20分


より大きな地図で 2013/05/07(スペイン巡礼) を表示

朝飯をのんびり食って会計してもらったら、朝食は宿代に含まれていませんでした。
昨日、朝食込みですか?って訊いたのに!
英語の全然わからない人に、おぼつかない英語で質問して、フランス語で返事がくるわけですから、会話が成立する方が不自然ってもんです。
しかも宿代は、想定外の外税。
いろいろボロボロです。

朝八時、カテドラルのミサを見学。

坂道の先に立つカテドラル。中に入って二階が聖堂です。Goodなアプローチです。

坂道の先に立つカテドラル。中に入って二階が聖堂です。Goodなアプローチです。

赤帽子を冠った神父さん(←で、いいんですよね?)が金刺繍の入った白い装束で、「Salve Regina」を歌ってくれました。
神父さんから、直接キーホルダーのようなものを手渡され、何やらお言葉をかけて頂き、ありがたや。

二十五歳のフランス人、かなり朴訥なフランソワ君とカテドラルから一緒に歩き始めたのですが、えーとフランソワ君ちょっと質問なんだけど、前にも後ろにもひとっこひとり巡礼者が歩いていないのはなぜ?
歩き始めて10分で迷子になった模様です。
秒速方向音痴です。
フランソワ君が、通りかかったおじいさんに道を尋ねたら、後ろを振り返って困った顔してましたもんね。
他の巡礼者と合流するまで、生きた心地せず。

涼しくて、歩くにはちょうどいい。

涼しくて、歩くにはちょうどいい。

 

頑張れYuko。

頑張れYuko。

 

ときどき快晴。

ときどき快晴。

 

この赤と白のペイントを目印に歩きます。地図を持っていなくても、さほど困りません。

この赤と白のペイントを目印に歩きます。地図を持っていなくても、さほど困りません。

 

左下に縦線が入ると、右へ曲がれ、です。その逆は左折。

左下に縦線が入ると、右へ曲がれ、です。その逆は左折。

 

×印があれば、道順を間違っています。

×印があれば、道順を間違っています。

Yukoと歩く速度があわないので、ついつい離れてしまうのですが、遠くからでも体調を伝えられるよう、合図を決めました。
両手を広げると、問題なし。
片手だけだと、待っててくれ、です。速攻でどっちがどっちだか忘れてしまって、意味なかったんだけどもね。

水たまり、白い桜の花、咲き乱れるタンポポ。
道を塞ぐ牛。

牛、でかいです。目つき悪いです。けっこう洒落にならないくらいデカいのいました。

牛、でかいです。目つき悪いです。けっこう洒落にならないくらいデカいのいました。

雌を追いかける発情期の牛。
さすがフランス!

昼飯後、育てた覚えのない左足の裏のマメが潰れてました。
バックパックの躯体の金属が地味に腰骨を刺激し、微妙に痛いです。

道中トイレがないので、野山のなかで用を足すことになります。
おばさん、ちっとも隠れてないですよ、黒いパンツと白いお尻が見えますもん。

ほとんどフランス人。カテドラルには、日本人のおじさんがいたけれど、その後お見かけせず。

ほとんどフランス人。カテドラルには、日本人のおじさんがいたけれど、その後お見かけせず。

 

キリスト教ですからね、十字架が多いです。

キリスト教の巡礼路ですからね、十字架が多いです。

 

キリスト教の巡礼ですからね、教会くらいあります。

キリスト教の巡礼ですからね、教会くらいあります。

 

フランスの田園は、看板類がないのがいい。トイレもないけど。

フランスの田園は、看板類がないのがいい。トイレもないけど。

三時五十分、今日の宿泊地「St-Privat-d’Allier」に到着。
二軒のGite(宿)に満室だと断わられ、そうとう焦りました。
そういえば、昨夜も二軒のGite(宿)に断られてます。
チェックインしたあと速攻で洗濯したら、干すところがありません。
こりゃ、明日までに乾かないな。
Wi-Fi無料は、助かります。

Barで、巡礼初日を祝って乾杯。
晩飯は、パン。
ブルーチーズと鴨のパテを塗りたくりました。

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ フランスパンとクロワッサン。紅茶(合計10ユーロ/1,295円)
  • 昼→ サンドイッチと紅茶(9.4ユーロ/1,217円)
  • 夜→ パン2.9ユーロ(375円)

スペイン巡礼/サンティアゴ・デ・コンポステラ巡礼路 フランス ヨーロッパ 国、地域別

トラックバック用URL

お便り

  • うふふ。Yukoさんと二人で楽しそう。
    頑張れ! 二人道。

    • 牛美さん、楽しいよー。
      フランスの食事って美味いね。
      知らんかった。
      毎晩、ワインとチーズっす。
      太るかもしれん。

  • いよいよ始まりましたね。
    写真一杯で楽しみにしています。
    今の所Yukoさんの方が先に進んでいるようですね。
    置いて行かれないようにして下さい。
    まずは次の目的地まで到着することを目標に頑張って下さい。
    毎日従業員食堂まで片道10分歩いています。
    三食で1時間良い運動になっていますよ。

    • そうなんですよ、Terryさん、ゆうこは絶好調。
      なにひとつ問題なし。
      どういうわけか、ボクはガタガタ。
      寝不足だし。

スペイン巡礼12日目。濡れた靴でゆく、泥だらけの巡礼。Decazeville→Saint-Felix/フランス130518

  • 晩飯、朝飯付き。個室ひとり35ユーロ
  • Internet@ Wi-Fiルーターを使いました

今日は、18.2km歩きました(合計257.6km)
7時間40分

目下の悩みは、シャンプーを買えないこと。
普通のシャンプーって、でかいんですよ。
どっかで量り売りしてくれないかな。


より大きな地図で 2013/05/18(スペイン巡礼) を表示

朝から雨です。
わりと激しい雨。
雨音の悲しい調べって奴です。

酔っぱらいに見えるフランス人に、こんな雨でも今日歩くの?
と訊いたら、バスと電車って、言ってのけました。
彼らはいつでも巡礼に来れるので、気合いが入ってません、
昨日梨をくれたおばちゃんもバスと電車で移動します。
詩人風情の長髪のフランス人だけが、ストイックに歩くようです。
自転車のドイツ人おじさんに、今日はずーっと雨ですかね?
って訊いたら、ヨーロッパ全体が雨だと笑ってました。
笑う気になれませんがね。

どうしてフランス人は、パンを食べるとき皿を使わないのでしょう。
パン屑がぼろぼろにこぼれているし、ジャムやら蜂蜜やらが、テーブルにだだ漏れしてます。
見てるだけで、ベタベタ感が移りそうで気持ち悪いです。
テーブルの上でパンを切って、テーブルまで削っているのも解せません。
ドイツ人はボクらと同じように皿を使うし、パンはまな板の上で切るし、なによりテーブルを汚しません。
やっぱり同盟を組むならドイツです。

出発寸前、下駄箱の靴を取り出したら濡れてました。
Yukoの靴には、水が溜まってました。
理不尽なことに、雨漏りする下駄箱でした。
一日の始まりに、濡れた靴を穿く悲しさ。

激しい雨のなか、すでに濡れた靴で歩き始める絶望感よ。

民家の玄関から、手を振る人あり。
誰かなーと呼ばれてみれば、ここ数日、抜いたり抜かれたりしてたセルジオおじさんでした。
ヌルイ紅茶をご馳走になりました。

セルジオおじさん。後光が射してます。

セルジオおじさん。後光が射してます。

 

セルジオおじさんが招いてくれた宿の照明。デザインが秀逸。

セルジオおじさんが招いてくれた宿の照明。デザインが秀逸。

ほとんど川と化した道をゆく。
水没した靴。
泥道をゆく。
陶芸のような靴。
泥に滑って転ぶYuko。
イバラのトゲで、雨合羽が破れる。
汗が風で冷えて冷たい。
あー、早くワインが飲みたい。

塀にはりつけにされたキリスト。

塀にはりつけにされたキリスト。こういう像を庭に展示する気持ちが、よくわからんです。

 

銀色の十字架は珍しいです。

我が輩調べでは、銀色の十字架は珍しいです。

 

休憩に立ち寄った教会の巡礼スタンプ。紅茶は寄付制。寒かった。

休憩に立ち寄った教会の巡礼スタンプ。紅茶は寄付制。雨が激しく降って、寒かった。

 

この程度の泥道ならラッキー。

この程度の泥道ならラッキー。

 

この緑の洞穴も巡礼道。

この緑の洞穴も巡礼道。

 

雨上がりの森は、泥だらけ。靴は最悪。ぐじゅぐじゅ。

雨上がりの森は、泥だらけ。靴は最悪。ぐじゅぐじゅ。

期待していたGite(巡礼宿)が、休業中。
腰が砕けるほど、気落ち。
この雨のなか、どうすればいいねん。

歩いて歩いて歩きまわって見つけた今晩の宿は、貸し切り。
誰もお客さんがいません。
晩飯は、ボクらだけ。
ハムが強烈に美味かったです。

そういえば今日、巡礼者は三人しか見ませんでした。
みんなどこへ行ったのだろう?

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ 宿の朝食
  • 昼→ パンとチーズを歩きながら食べました
  • 夜→ 鶏肉とマメのスープ

スペイン巡礼/サンティアゴ・デ・コンポステラ巡礼路 フランス ヨーロッパ 国、地域別

トラックバック用URL

お便り

  • お疲れです。後光が差した写真に感動しました。
    いつかしようと思っていた巡礼ですが、過酷そうでドン引き。

    うらやましくもあり。ありえないという気持ちもあり。

  • ぜんぜん大丈夫!
    過酷じゃないです。
    飯付き宿のグルメ旅は、最高!
    むっちり太れますよ。

    後光の写真、いいでしょ。

  • いい!いい!後光写真。むかしアンジェイわいだとかいう映画監督の方の
    写真を撮ったとき、偶然そんな結果になり(入社一年目)すごいと
    褒められたのを思い出しました。なんでだろ。たぶん白髪交じりで赤鬼みたいな容貌が似てたからかもしれない。

    そんなことより、メタボで過酷な道中で死なないでね。

    南西部に行けばフォアグラが待ってるよ。やばい。あとソーシソン。
    やばい、やばすぎる。

    • のりこさん、メタボで死んだら洒落にならんね。
      ソーシソンって何だろ?
      美味いんだべか。
      楽しみや。
      やばい。
      やば。
      っ!

  • ソーシーソンって、yoshiさんがサラミ!?って呼んでいる、ドライソーセージですよぉ〜。
    やばい!
    やば。っ!
    だから、ソーシーソンって何度も言ってたのに、美味しいこのサラミ!って何度も言いかえられ(-。-;聞き流すことにしてました。
    実はyoshiさん、、、人の話しよく聞いているようで、そうでもないんですよねぇ〜
    巡礼の旅、お二人とも順調そうでなによりです。

    P.S. 今度の合唱曲候補があります。もちろんフランス語で。かなりかっこいいよぉ〜。合唱じゃ!

    • あのねYちゃん、人の話を聞いてないって、Yukoにも言われます。
      心で聞いてるんだけどね。

      で、で、で、なに、そうするとボクがサラミと呼んでいたアレは、ドライソーセージだったんだね。
      始めて聞いたです。
      実は、ソーシーソンは、昨日の晩飯に出たよ。
      ちょっとだけ塩辛かったけど、やばかったー。
      フランスって、やばい。

スペイン巡礼14日目。宿帳に、懐かしい名前が輝いていた。Beduer→Cajarc/フランス130520

  • ひとり一拍15ユーロ
  • Internet@ Wi-Fiルーターを使いました

今日は、21.6km歩きました(合計301.6km)
6時間20分

今日は、寒かった。
背中の汗が、風に冷えて冷たい。
いい加減に晴れてくれませんか、と祈りながら歩きました。


より大きな地図で 2013/05/20(スペイン巡礼) を表示

Yukoが宿泊料金を支払って宿帳を覗いたところ、燦然と輝く日本人名あり。
懐かしい“おっくん”でした。
七年くらい前、アルゼンチンはブエノスアイレスの日本人宿「上野山荘 ブエノス別館」で出くわした、自称“うんこが咲く男おっくん”。
旅人の似顔絵を描いて名を売っていた青年です。
もう中年かもしれません。
まだ“うんこ”にこだわっているのでしょうか。
こんなところを歩いているとは、あなたもずいぶん偉くなったものですね。

花畑を突っ切る。

花畑を突っ切る。

今日の雨は、口ほどにもありません。
概ね涙をコボサズニいたのに、楽しいお昼飯のひと時に限って、急に降り出す意地の悪さです。
雨天では、昼飯もままならぬ。

この十字架は、シンプルでいい。

この十字架は、シンプルでいい。

 

畑の横を突っ切る。

畑の横を突っ切る。

 

無骨な十字架。稚拙さが好感度アップ。

無骨な十字架。稚拙さが好感度アップ。

 

森の中は、道がぬかるんでなければ最高。暑い日も涼しくていい。

森の中は、道がぬかるんでなければ最高。暑い日も涼しくていい。

Yukoの荷物も抱えて、8kmも歩きました。
合計23kg。
妻の荷物も運ぶなんて、巡礼の成果が出始めたのかもしれませぬ。

久しぶりに歩いている巡礼者を見ました。
1時間おきにスマートフォンでメールをチェックしながら、歩く。
旅人兼ノマドワーカーしてます。

宿泊地に到達した瞬間に道を間違え、慎重に慎重に慎重に地図を確認したあげく、逆方向に歩き出すボクらです。
根拠のない山勘を駆使したほうが、人生はラクそうです。

石けんがないので、身体を洗えない。
シャンプーがないので、頭を洗えない。
雨が降っているので、Tシャツ類を洗えない。
臭いかもしれない。

今宵のGite(巡礼宿)は、フランスでは近代的ともいえるコンクリート建物です。
三人部屋なのに、コンセントが四つ。
暖房をつけっぱなしにしたら、夜中暑かったです。

宿にキッチンがあるのに、祭日なのでスーパーが開いていない不幸。
開いているレストランは一軒だけだし、Menu(定食)が16ユーロもするので、ラザニアを中心とした肉屋のお惣菜で晩飯。
萎びたトマトのオイル漬けみたいのが、美味しかったです。

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ 宿の朝食
  • 昼→ パン、チーズ、パテ
  • 夜→ 肉屋のお惣菜とラザニア

スペイン巡礼/サンティアゴ・デ・コンポステラ巡礼路 フランス ヨーロッパ 国、地域別

トラックバック用URL