-サガルマータ-

今日のルートです。
モンジョ(Monjo/標高2,835m)から、ナムチェ(Namche/標高3,440m)へ↓

より大きな地図で エベレスト・ベースキャンプへの道 を表示

ポーターのボズラさん、すみません。
自分のバックパックが重かったので、今朝こっそり、ボズラさんの持つバックパックに三脚とかを突っ込んじゃいました。
今頃気づいたのですが、当たり前と言えば当たり前なんだけど、ポーターにも彼自身の荷物があるのですね。
ボクらの荷物ってつまりは二人分あるんですが、それに彼の荷物を括り付けて、すなわち三人分を、頭に紐を引っ掛けただけで運びます。
肩も腰も使いません↓
PC108450.jpg
おでこのちょっと上だけで、勝負してます。
おでこの上が禿げた人を、たくさん見ます。
ハゲは、シェルパの職業病です。
 
食後に、頻尿になる高山病の薬「ダイアモックス」を半錠だけ飲む。
いつだって夜中は頻尿のボクですが、寝る暇あるでしょうか、心配です。
入場料3,000ルピー(2,884円)を支払って、サガルマータ国立公園に入りました。
ユネスコの世界遺産です。
 
日中、陽射しヨシ。
背中と胸に汗をかくので、背中にハンカチを入れて歩きました。
背中のハンカチ、意外に有効です。
黄色い青年は、チベット人のポーター、ニマ君↓
PC078166.jpg
ニマ君は、無駄に二枚目です。
 
シェルパは、荷物の下に杖を立てて休みます↓
PC078153.jpg
ゾッキョは、15,000ルピー(14,424円)で買えるそうです。
20kgの荷物を運ぶと、750円から1,000円くらいの売り上げになるので、ひと月もあれば、ゾッキョ代くらい楽勝で稼げそうです。
PC078164.jpg
ヤク(雌はナクと呼ばれます)は、8,000~15,000ルピー(7,693円〜14,424円)。
PC078148.jpg
ヒマラヤの雪解け水が流れる、Dudh Koshi 川沿いを進みます。
 
エベレスト(サガルマータ/8,848m)が、見えました↓
PC078167.jpg
左が、エベレスト(サガルマータ)。
右が、ローツェ(8,516m)。

PC078172.jpg
コンデリ(Kongde Ri)は、6,187m↓
PC078183.jpg
コンデリ(Kongde Ri)を目指して歩く、ムチャクチャ気持ちのいい道↓
PC078191.jpg
10時40分から登り坂。
12時10分、ナムチェ(Namche/標高3,440m)に到着↓
PC078194.jpg
ナムチェバザールの宿の看板とガイドのラマさん↓
PC078233.jpg
宿のレストランでは、二、三十人の坊さんたちがビュッフェに喰らいついてました。
そういえば昔、高田馬場のファミレスで、新日本プロレスのレスラーたちが、こぞってサラダバーに並んでいたのを見たことがあります。
シュールな風景でした。
余談でした。
 
宿の近所のネット屋で、一日半のWi-Fiのパスワードを購入(600ルピー/577円)。
靴下とかを手洗いしたら、水が冷たすぎて、悶死寸前。
凍傷で指がちぎれそうな、頭痛。
 
土曜の午後と日曜の午前中に開催されるバザーを冷やかす。
おじいさん↓
PC078219.jpg
肉屋の青年↓
PC078227.jpg
夜中、天井を走るネズミと、隣の部屋のいびきがウルサイ。
 
ガイドのラマさんに明日の朝飯はいらないと言ったら、困惑してました。
明朝は早いから、飯を食う暇はありませんねん。

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ 卵トースト。祐子はリンゴパンケーキ
  • 昼→ モモ。祐子はチキンスープ
  • 夜→ 忘れました

アジア サガルマータ国立公園 ネパール 国、地域別

トラックバック用URL

朝の気温三度。
毛穴が結露で塞がりそうな、凛とした寒さです。
早朝の6時、あえて先に進まず、高度順応のため近所の山を登りました。
高度順応、超重要です。
 
雲が厚く重い↓
PC088252.jpg
PC088254.jpg
油断すると、すぐガスで覆われます↓
PC088258.jpg
神々しい↓
PC088279.jpg
コンデリ(6,187m)↓
PC088249.jpg
ナムチェの町↓
PC088358.jpg
PC088295.jpg
PC088308.jpg
馬と青年↓
PC088355.jpg
はためく色とりどりの旗、タルチョー↓
PC088341.jpg
絶景のエベレスト・ビューホテル(3,880m)で、お茶。
エベレスト↓
PC088321.jpg
雲はエベレストから生まれるのです。
アマダブラム(6812m)↓
PC088326.jpg
シャワーを浴びて、仕事。
エベレスト・ベースキャンプを目指しながらも、勤勉なノマドワーカーしてます。
 
ATMでお金を下ろせませんでした。
微妙に、っていうか絶対的に、現金不足です。
 
300ルピーの携帯のリチャージカードを二枚買ったら、なぜか670ルピーも請求されました。
こんなカードにも、送料が上乗せされるエベレストです。
 
まだ腰が痛いです。
晩飯後の団らんは、ドイツ人のマルコスと。
 
地元民にお願いです。
ネパール人よ、ドアを閉めてくれ!
外の風が入って来て、死ぬほど寒いじゃないか!

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ マカロニ。祐子はスープ
  • 昼→ 忘れました
  • 夜→ 忘れました

アジア サガルマータ国立公園 ネパール 国、地域別

トラックバック用URL

本日のルートは、ナムチェ(Namche/標高3,440m)から、テンボチェ(Tengboche/標高3,860m)↓

より大きな地図で エベレスト・ベースキャンプへの道 を表示
よくよくフローキャッシュを確認したら、現金が足りせん。
このままトレッキングを続行すれば、ガイドやポーターへの支払いが不足します。
クレジットカード払いが出来ないので、手数料の高いFast Cashで40,000ルピーを下ろしました。
10,000ルピー(9,616円)につき、500ルピー(480円)の手数料は、痛い。
ダンフェと呼ばれるキジは、ネパールの国鳥です↓
PC098385.jpg
今日も快晴、雲なし。
斜面にひかれた細い道↓

オレンジ色の後ろ姿は、チャコ隊長↓
PC098393.jpg
エベレスト(サガルマータ)を正面に見据えて、歩く。
左がエベレスト。
右が、世界で4番目に高いローツェ(Lhotse)。標高8,516 m↓
PC098397.jpg
街道で佇んでいたおじさん↓
PC098408.jpg
左がエベレスト。
真ん中がローツェ。
右がアマダブラム(6812m)。
PC098412.jpg
PC098416.jpg
小さく雲をたなびかせているのが、エベレスト。
その右が、ローツェ。
さらに右が、アマダブラム。
PC098424.jpg
草を食む家畜ゾッキョ。
彼らのうんこは、ストーブで燃やします↓
PC098426.jpg
薪を運ぶ女性↓
PC098430.jpg
吊り橋を渡る。
下は、激流↓
PC098434.jpg
15時10分、テンボチェ(Tengboche/標高3,860m)到着。
今晩の宿↓
PC098442.jpg
激しく寒いのに、ポーターのニマ君とボズラさんは、裸足にサンダルです。
外人って、足の裏に敬意を払わないよね、って、ボクの持論です。
 
テンボチェの寺↓
PC098436.jpg
知らない人に撮影禁止だと注意されましたが、ボクらのガイドによると、ムービーだけが禁止だとのことです。
自分にとって都合のいい方のルールに従いました。
お坊さんが集まって何か演奏してるけど、やる気なし。
リズムバラバラ。
 
晩飯は、沢ノボラーのO氏を囲む。
冬の富士山単独登頂した宝石鑑定士で、元焼き鳥屋さんです。
せせりって、難しいですよね?
Island Peakを登り、凍ってた川を割って、氷で頭を洗ったって笑ってました。
どんだけ頭が痒かったんですか!
 
寝る前に寝袋を繕いました。
夜中、トイレに一回。
頻尿になる薬「ダイアモックス」を服用して、逆に尿が少なくなりました。
副作用でしょうか?

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ 覚えてません
  • 昼→ 覚えてません
  • 夜→ ミックスピザ、Buffチャーハン、芋野菜炒めをシェア

アジア サガルマータ国立公園 ネパール 国、地域別

トラックバック用URL

朝、気温三度。
体重が減りそうなくらい、寒いです。
寝袋から出たら、寒さで背が低くなりそうです。
枕元のペットボトルが、ガッチンガッチンに凍ってました。
今日のルートは、テンボチェ(Tengboche/標高3,860m)から、ディンボチェ(Dingboche/標高4,410m)↓

より大きな地図で エベレスト・ベースキャンプへの道 を表示
激寒とはいえ、晴れ。
部屋の窓からエベレスト(サガルマータ)が、見えます。
せっかくのありがたい絶景だけど、歯に無駄な力が入って感動できません。
洗った靴下を寝袋の下に敷いて寝たけど、乾きませんでした。
生乾きの靴下をバックパックに吊るして歩いたら、土ぼこりで汚れました。
 
凍った川をいくつか渡ります。
未開の凍土を探検するって、こんな感じですかね。
エベレスト(サガルマータ)に、一歩一歩近づく。
ローツェへ(8,516 m)もまた荘厳。
PC108443.jpg
高山病の薬「ダイアモックス」を飲み忘れましたが、なんとかなりそうです。
シャクナゲ街道は、一輪も咲いていません。
 
風にはためく五色のタルチョーと橋↓
PC108451.jpg
おとなしく働く家畜ゾッキョ↓
PC108453.jpg
巨大で賢そうなヤギ↓

アマダブラム(6812m)↓
PC108474.jpg
左がガイドのラマさん。
右がポーターのニマくん↓
PC108486.jpg
左がローツェ、右がアマダブラム。
苦役をこなす家畜、憐れなゾッキョ↓
PC108489.jpg
オーショ(Orsho/標高4,000m)を過ぎて、森林限界。
突然、木がなくなったです↓

14時半、ディンボチェ(Dingboche/標高4,410m)到着。
昨日、今日と二日続けて最高に美しいコースでした。
森林限界を越えたので、ストーブではヤクの糞を燃やします。
糞は無料です↓

夜、毛布二枚でもやや涼。

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ 覚えてません
  • 昼→ 覚えてません
  • 夜→ チャーハン。祐子は焼きそば

アジア サガルマータ国立公園 ネパール 国、地域別

トラックバック用URL

シャワーを浴びない歴、二日目です。
以降、ずーっとシャワーがありません。
頭、洗えません。
洗濯もできないので、靴下もパンツも替えません。
お股、臭いんじゃないかと思われます。
足は、そうとうにいい感じに発酵してきました。
けど、鼻血が出るほど乾燥しているので、思ったほど気になりません。
意外にイケマス!
ほとんどのネパール人の頭は、寝癖がパンク状に固まってて、イケテマセン。
 
今日は高度順応のため、近所を散歩しました。
これがまた、けっこう辛かったです。
ディンボチェに連泊します。
 
室温1.7度。
すべての関節に余計な力が入るほど、寒いです。
祐子の名前を呼ぶだけで、歯茎から血が出そうです。
枕元のペットボトルの水が、ギンギンに凍ってました。
トイレの水が凍ってて、用を足したあと流せません。
便器はよそ様のブツで、詰まってます。
神様!
 
水が冷たすぎて、暢気に顔なんか洗えません。
目やにを皮膚に埋め込むようにして、日焼け止めクリームを塗りました。
 
遊びで、酸素計で計ったら、ボクは89。
祐子は82。
ボクらは、幸いなことに正常値でした。
その横で、フランス人の女性が、高山病で引き返しました。
ここはもう、「神々のいただき」レベルなのです。
 
注意深く、深呼吸して歩きます。
二回吸って二回吐く。
スッスッ、ハッハッ。
このリズムが崩れると、20くらいライフが減った気がします。
両足でいっぺんに歩き出すほど、身体能力が麻痺します。
 
左手にローツェ、ピーク38、アイランドピーク↓
PC118500.jpg
PC118504.jpg
積み上げられた石の下にいるのは、ガイドのラマさんと祐子↓
PC118507.jpg
PC118512.jpg
地球を歩いてる感がたまりません↓
PC118523.jpg
地球って大地なのです↓
PC118530.jpg
ボクの背中も逞しく見えるってもんです↓
PC118541.jpg
PC118544.jpg
この辺まで来ると、発電所なんてありません。
電気は、屋根の上のソーラーパネルからとってます。
パネル一枚は、中国製だと1万円くらいです。
安いけど、壊れても保証はありません。
日中に蓄電して、夜四時間くらい電気が付きます。
カメラなんかのバッテリーの充電は、300ルピー(288円)もかかります。
コンセントはとても貴重なので、棚の中に大事に隠されてます。
 
宿の娘さんよ、ヤクの糞をストーブに突っ込んだ手で、ヤカンの口を触らないでクダサイな。
甲高い声を出す働き者の娘さんは、16歳。
 
高度順応のため登った山は、4,900メートルくらいで断念。
頂上まで、あとちょっとだったんですけどね。
苦しいし、寒いし。
風が、遠慮容赦なく強いし。
名前も知らない山だし。
征服欲ないし。
人は、どうして山なんか登るんですかね。
何が楽しいのか、わっぱりわかりません。
意味不明です。
 
洗濯物を頼んだら、凍って帰って来ました。
着たら死ぬがな。

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ トマトスープに卵。祐子はリンゴパンケーキ
  • 昼→ 忘れました
  • 夜→ 忘れました

アジア サガルマータ国立公園 ネパール 国、地域別

トラックバック用URL