-森林限界-

朝、気温三度。
体重が減りそうなくらい、寒いです。
寝袋から出たら、寒さで背が低くなりそうです。
枕元のペットボトルが、ガッチンガッチンに凍ってました。
今日のルートは、テンボチェ(Tengboche/標高3,860m)から、ディンボチェ(Dingboche/標高4,410m)↓

より大きな地図で エベレスト・ベースキャンプへの道 を表示
激寒とはいえ、晴れ。
部屋の窓からエベレスト(サガルマータ)が、見えます。
せっかくのありがたい絶景だけど、歯に無駄な力が入って感動できません。
洗った靴下を寝袋の下に敷いて寝たけど、乾きませんでした。
生乾きの靴下をバックパックに吊るして歩いたら、土ぼこりで汚れました。
 
凍った川をいくつか渡ります。
未開の凍土を探検するって、こんな感じですかね。
エベレスト(サガルマータ)に、一歩一歩近づく。
ローツェへ(8,516 m)もまた荘厳。
PC108443.jpg
高山病の薬「ダイアモックス」を飲み忘れましたが、なんとかなりそうです。
シャクナゲ街道は、一輪も咲いていません。
 
風にはためく五色のタルチョーと橋↓
PC108451.jpg
おとなしく働く家畜ゾッキョ↓
PC108453.jpg
巨大で賢そうなヤギ↓

アマダブラム(6812m)↓
PC108474.jpg
左がガイドのラマさん。
右がポーターのニマくん↓
PC108486.jpg
左がローツェ、右がアマダブラム。
苦役をこなす家畜、憐れなゾッキョ↓
PC108489.jpg
オーショ(Orsho/標高4,000m)を過ぎて、森林限界。
突然、木がなくなったです↓

14時半、ディンボチェ(Dingboche/標高4,410m)到着。
昨日、今日と二日続けて最高に美しいコースでした。
森林限界を越えたので、ストーブではヤクの糞を燃やします。
糞は無料です↓

夜、毛布二枚でもやや涼。

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ 覚えてません
  • 昼→ 覚えてません
  • 夜→ チャーハン。祐子は焼きそば

アジア サガルマータ国立公園 ネパール 国、地域別

トラックバック用URL

シャワーを浴びない歴、三日目です。
靴下の匂いに、甘さが加わってきました。
発酵しています。
 
今日のルートは、ディンボチェ(Dingboche/標高4,410m)から、ロブチェ(Lobuche/標高4,910m)です↓

より大きな地図で エベレスト・ベースキャンプへの道 を表示
 
室温マイナス七度。
油断すると死ねます。
便座が氷のように冷たくて、座るとブツが引っ込み、何してるんだっけっていうレベルです。
窓に石のような霜。
 
歩き始めは、元気です↓
PC128552.jpg
だんだん白い雲が、出て来ました↓
PC128555.jpg
フランス人のレジッサを抜いたり、抜かれたり。
白いガスに包まれて、不安に怯えたり、霧が晴れたり。
顔がぎゅっと引き締まるほど、空気が冷たいです。
毛穴を刺激する氷点下のブラウン運動が、シベロンブロックされる感じと言えばわかっていただけるでしょうか。
マスクをしたら、自分の呼吸で暖かい。
「マスク最強!」って喜んでたら、速攻でマスクが吐息で濡れてしまい、鼻の下が凍結の危機。
マスクの命は短いのです。
 
ペットボトルの水が、音もなくひっそりと凍り始めました。
前方は、ただただ白いだけ↓
PC128568.jpg
休憩してても無言↓
PC128571.jpg
ルクラの宿で出会った韓国人の青年とすれ違いました。
彼のお父様は、元Jリーガーだそうです。
 
登り坂で飴をしゃぶるのと辛い、と知りました。
 
13時、ゴラクシェプ(Gorak Shep/標高5,140m)に到着。
PC128574.jpg
今日の宿↓
PC128586.jpg
二階のサンルームは陽が出てると暖かいけど、隙間風は半端無く冷たいです。
気密性ゼロの安普請ルームでした。
PC128585.jpg
森林限界を越え、薪が手に入らないので、家畜のゾッキョやヤクの糞を燃やしてます↓
PC128560.jpg
卵焼きがたったの二個で、390ルピー(375円)もする世の中になってきました。
他の宿で食事をしたら、罰金2,000ルピー(1,924円)です。
世知辛い世の中です。
 
恐ろしいことに、雪が降って来ました。

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ トマトスープヌードル。祐子はRaraヌードル
  • 昼→ 覚えてません
  • 夜→ マカロニ。祐子は焼きそば

アジア サガルマータ国立公園 ネパール 国、地域別

トラックバック用URL