-ナムチェバザール-

本日のルートは、ナムチェ(Namche/標高3,440m)から、テンボチェ(Tengboche/標高3,860m)↓

より大きな地図で エベレスト・ベースキャンプへの道 を表示
よくよくフローキャッシュを確認したら、現金が足りせん。
このままトレッキングを続行すれば、ガイドやポーターへの支払いが不足します。
クレジットカード払いが出来ないので、手数料の高いFast Cashで40,000ルピーを下ろしました。
10,000ルピー(9,616円)につき、500ルピー(480円)の手数料は、痛い。
ダンフェと呼ばれるキジは、ネパールの国鳥です↓
PC098385.jpg
今日も快晴、雲なし。
斜面にひかれた細い道↓

オレンジ色の後ろ姿は、チャコ隊長↓
PC098393.jpg
エベレスト(サガルマータ)を正面に見据えて、歩く。
左がエベレスト。
右が、世界で4番目に高いローツェ(Lhotse)。標高8,516 m↓
PC098397.jpg
街道で佇んでいたおじさん↓
PC098408.jpg
左がエベレスト。
真ん中がローツェ。
右がアマダブラム(6812m)。
PC098412.jpg
PC098416.jpg
小さく雲をたなびかせているのが、エベレスト。
その右が、ローツェ。
さらに右が、アマダブラム。
PC098424.jpg
草を食む家畜ゾッキョ。
彼らのうんこは、ストーブで燃やします↓
PC098426.jpg
薪を運ぶ女性↓
PC098430.jpg
吊り橋を渡る。
下は、激流↓
PC098434.jpg
15時10分、テンボチェ(Tengboche/標高3,860m)到着。
今晩の宿↓
PC098442.jpg
激しく寒いのに、ポーターのニマ君とボズラさんは、裸足にサンダルです。
外人って、足の裏に敬意を払わないよね、って、ボクの持論です。
 
テンボチェの寺↓
PC098436.jpg
知らない人に撮影禁止だと注意されましたが、ボクらのガイドによると、ムービーだけが禁止だとのことです。
自分にとって都合のいい方のルールに従いました。
お坊さんが集まって何か演奏してるけど、やる気なし。
リズムバラバラ。
 
晩飯は、沢ノボラーのO氏を囲む。
冬の富士山単独登頂した宝石鑑定士で、元焼き鳥屋さんです。
せせりって、難しいですよね?
Island Peakを登り、凍ってた川を割って、氷で頭を洗ったって笑ってました。
どんだけ頭が痒かったんですか!
 
寝る前に寝袋を繕いました。
夜中、トイレに一回。
頻尿になる薬「ダイアモックス」を服用して、逆に尿が少なくなりました。
副作用でしょうか?

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ 覚えてません
  • 昼→ 覚えてません
  • 夜→ ミックスピザ、Buffチャーハン、芋野菜炒めをシェア

アジア サガルマータ国立公園 ネパール 国、地域別

トラックバック用URL

高度順応のため、近所を散歩する一日。
痰の萌芽が芽生えたような、喉の存在を感じる。
風邪の知らせ。

隊長の当てにならない安物の温度計では、室温10度。
散歩へ。
さくさくと霜を踏む。

PC067524

手前がナムチェバザールの町。奥の山がコンデリ峰(6,187m)。

PC067528

世界で初めてエベレストに登頂したシェルパ、テンジン・ノルゲイ氏の像。七回目にして初登頂。彼はカメラの使い方がわからないので、エドモンド・ヒラリーの登頂時の写真はない。後ろ左がエベレスト。

PC067531

かつて、宗教上の理由で登頂を許されていなかった霊峰タウチェ(Taueche/6,357m)。1974年にフランス隊が初登頂を果たし、それを記念して、なぜか日本で“タウチェ”ブランドが生まれた。

PC067534

6,866mながら、登るのが難しいらしいアマダブラム(Amadablam)とテンジン・ノルゲイの像。アマダブラムは、シェルパ語で「母の首飾り」。

PC067537

エベレスト三点セットです。左がエベレスト、その手前がヌプチェ(Nuptse/7,879メートル)。右が世界4番目に高いローチェ西(Lhotse/8,516メートル)。

PC067543

エベレストを前にたたずむヨシ君。大食漢である。

シャンボチェからベースキャンプまでヘリコプターをお願いすると、US$1500(4人乗り)。
登って登って登る。
ガイドのラマさんが、イエティ(雪男)の頭がある寺に行かないかい? と訊いてくれたけれど、本物なら行く、と言って断りました。

PC067558

雪のない山クンビューラ(クンビーラ/Khumbi Yul Lha/5,761m)。クンビーラは、“金比羅”の語源です。

PC067563

たぶん、この先はインド。インドの半分は、トイレが家にないというから恐れ入る。トイレのない民族には、とにかく勝てないな。

PC067574

インドの人口は、2026年には中国を抜き世界一となる。インド人が全員水洗トイレを使うと、世界の水がなくなるという出典のはっきりしない話があるけれど、頑張れインド!

9:53、シェルパエベレストビュー着。
エベレストビューホテルの入口で、自転車の木村夫妻に対面。
エベレストビューホテルの親子丼はUS$25もするので、ジンジャーティーを小ポットで頼む。

PC067573

草を食む家畜ヤク。草はいうほど身の丈はなく、地に這う色の悪い雑草を舌でこそげている。これであの巨体を維持するエネルギー効率の良さ。栄養が偏るほど太るという意味がわかる気がする。彼らが30リットルの水をふたつ担いで一日運ぶと、送料1200ルピー(1,420円)。ゾッキョ(ヤク)使いの賃金は、1000ルピー(1,183円/六頭まで)。

PC067584

左側のわずかに煙を吐いているのが、エベレスト。真ん中の山がアマダブラム。

PC067588

急な石段を登る御一行。

PC067595

タムセルク(Thamserku/6,618メートル)とYuko。タムセルクは襞が美しいのだ。

PC067601

ボクは鳩胸かもしれない。決して筋肉ではない。

PC067633

チャリダー、ヨシ君。名もなき山を征す。

PC067612

6,856mのアマダブラム。登山ツアーに参加すると、ひとり130万円。カトマンズ発着34日間。決して登ってみたいとは思わない。

PC067575

昼飯を食べたクムジュンのレストラン。

PC067613

レストランのオヤジだと思ったら、近所のおっさんだった。

PC067614

レストランのご子息。

PC067620

集落の風景。どいつもこいつも携帯を持っている。

PC067624

薪を運ぶおばちゃん。

PC067643

ここのシェルパシチューは、誠に美味しい。クリームシチューからクリーム味をとった感じです。

PC067647

水を50リットル高台へ運べば(20分)、100ルピー(118円)稼げる。ちょっと持ってみたけれど、滅茶苦茶重い。ちなみに写真は可愛らしい女の子。

近所のヒラリー校を通り抜ける。
このヒラリー校の卒業生の半分は留学するらしい。

PC067651

五色のタルーチョとチャコちゃん。雪山と青空。はぐれ雲さえない。

PC067666

ぼくら。

登って登って、下る。
センボチェエアポートを通り過ぎて、ナムチェバザールを目指す。
2:50、帰宅。
お湯を小ポットで頼んで、味噌汁を一気飲み。
ガスのシャワーを浴びて身体がすっかり温まり、油断して昼寝すれば風邪の兆し。

満月明るすぎて星が見えぬ夜。
ガイドのラマさんが酔っ払った。

ナムチェバザールが、トレッキング路の最後のまともな集落です。
この後、シャワーも洗濯もなくなります。
ま、実際はあるんだけど、高いし問題ありだしで、利用しません。

洗濯380RS(449円)

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ 44トマトスープ250RS(295円)/Yukoチベタンブレッドと蜂蜜270RS(319円)/マサラティー×2=160RS(189円)
  • 昼→ 44シェルパスープ300RS(355円)/Yukoシェルパスープ300RS(355円)/アチャールなるものが辛い/茶
  • 夜→ 44ガーリックステーキ550RS(651円)/Yukoスイスロスティ425RS(503円)/お湯(スモールポット)200RS(236円)/茶

アジア カトマンズ ネパール 国、地域別

トラックバック用URL

吹雪。
一寸先も雪。
降り積もる雪。
横殴る雪。
かねてよりカサカサに乾燥していた唇が割れて、血だらけになった。
濃い血が流れた。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

サガルー君にシャッターを押してもらったら、ピンぼけった。オートフォーカスをぼかすとは、達人である。

サガルー君の靴は、かっこいいけれどメッシュである。
靴下の上にスーパーマーケットの袋を穿いていた。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

あれよあれよと降り積もる。非常事態宣言のもと、GORE-TEX®のジャケットを着た。僕ら全員は道産子なので、雪が吹雪いたくらいじゃ驚かないが、エベレストのトレッキング中なら、それなりに暗くなる。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

足を滑らせたら、よく滑るに違いない。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

昼飯によった、ナムチェバザール(NAMCHE BAZAR/3,440m)。遠足は中止だ、そんな気分。

こんな雪のなか、ナムチェバザールに子どもたちのはしゃぐ声が響き渡る。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

なかなか秀逸な雪だるま。顔は西洋人風である。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ナムチェバザールを過ぎると、少し雪がやみ始めた。 やがて雨。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

シェフ、大人になったねー。

今夜は、二年ぶり二回目の宿。

オープンキッチンと薪ストーブ。
陽が沈むと、暗くて別館の部屋へ行くのが難しい。
石がむき出しの廊下。
無駄に広いトイレ。
何もかもが懐かしい。

 


 

前日の宿の請求金額3,010RS(3,558円)
トイレットペーパー100RS(118円)

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ 44トマト卵スープ350RS(413円)/Yuko野菜オムレツ300RS(354円)/ミルクティー80RS(94円)/ホットオレンジ80RS(94円)
  • 昼→ 44ニンニクステーキ550RS(650円)/Yuko野菜炒め麺350RS(413円)/ミルクコーヒー100RS(118円)/ブラックティー70RS(82円)
  • 夜→ 44卵炒飯400RS(472円)/Yukoダルバート400RS(472円)/お湯(スモールポット)150RS(177円)/ロキシー(Rokshi/酒)200RS(236円)

アジア ネパール 国、地域別 ゴーキョ・トレッキング

トラックバック用URL