-ゴーキョ・トレッキング-

本日の歩いた高低差、マイナス230メートル。
トレッキングとはいえ、下がってどうする?
って感じです。

真っ暗闇の早朝、タクシーを飛ばして空港まで急いだというのに、説明のない飛行機の遅延。

イラ顔で搭乗口をうろつく登山客たち。
お隣のベンチに、五十歳から登山を始めて七大陸の最高峰を制覇したO氏あり。
Yukoとの一時間に亘る立ち話。
三浦雄一郎氏の酸素ボンベは、誰が持っていたのか?
三浦氏の集めた資金は三億円にも上るというが、本当か。
O氏の調理人は、生卵持参で飛行機に乗るようです。
ルクラより先では、生卵すら貴重な世界なのです。

PC047315

十四人くらいしか乗らない小型機。 一番後ろに乗ると、隣はキャンビンアテンダントだし、足が伸ばせていい。

PC047316

この山々の奥に、インドが控えておられます。

PC047318

テンジン・ヒラリー空港。 滑走路は、たったの460メートル。 ヒストリーチャンネルの「最も過激な空港ランキング」で一位にランクされた実力。

三時間遅れの離陸。
窓下は、喉が締め付けられるほど空気が淀んだカトマンズ。
貧しいながらもコンクリート造りの家々。
耕作している様子のない段々畑と小指で引っ掻いたような細い道が山々に伸びる。
この頼りない道を“歩けミスト”のOG君は、ボクらが頼んだ700gのインスタントみそ汁を抱えて、ルクラまで歩いたのである。
雲海を右手にし、十数人乗りの小型機は大きく揺れる。
汗が沸騰し、心臓が締め付けられ、世界一危険な滑走路へ突っ込む。

PC047319

ルクラの町。 山は左から、ドゥットゥクンダ、ヌンブル、コンデリ。

“歩けミスト”のOG君と、握手の再会。
メキシコ以来ですね。
日本から持って来てくれとお願いしていた、700gのインスタントみそ汁を頂戴する。
エベレスト・トレッキングには、インスタントみそ汁が重要な嗜好品なのであります。
午前十時五十分、第二回エベレスト・トレッキング「ゴーキョ編」が始まります。
隊長は、新郎を日本に置いて単身新婚旅行中のチャコ氏。
特別ゲストその一に、アメリカ徒歩横断、日本国道徒歩横断、その他いろいろとご活躍の“歩けミスト”のOG氏。
特別ゲストその二に、自転車世界一周六年目の元プログラマー、ヨシ君。
リーマン時代は体重百キロだったそうで、ご活躍が楽しみです。
一筋の雲もない、天晴れな晴天。

PC047326

中央の山は、コンデリ。 荷物を運ぶ青年。

PC047329

まだ荷物を背負っていない、仕事に出かけるロバ。

PC047330

「マントラ」と呼ばれるチベット仏教のお経が描かれた「マニ石」。 チベット文字です。 日本の居酒屋の店内装飾に真似てはどうでしょう。

PC057367

謎のメッセージ。

荷物運搬のために、ナクと雄牛で異種交配させられた生き物ゾッキョが、背中に大きな荷物を載せて、のそりのそりと気だるそうに街道を歩いています。
愛のない交配のためか、雄のゾッキョは生殖能力がありません。
“やる気”はあるのに生殖できないのか、そもそも“その気”がないのか、それによって人生の悲哀が百八十度違ってきますが、如何なものなのか。
ただただ人様の荷物を運んで人生が終わるのは、悲しき人生やな。
軍の検問所で、カメラのメーカー名を聞かれたのは、謎です。
Ghatで休憩。

PC047342

猿がいたりして、喜ぶボクらご一行。

十三時半、今日の目的地パクディン(Phakding 2,610m)着。
今宵の宿は、個室で200RS(230円)。
ガスのシャワーは、部屋より高い300RS(346円)。
コンセントを使うと、一時間150RS(173円)。
何をするにも金がかかる世の中です。

PC047353

初日の宿。

お湯を注文し、OG君の持って来てくれたみそ汁を飲む。
米から造る蒸留酒“ラクシー”を一杯。
薪ストーブが、心から嬉しい。

拙者のいびきがうるさいと、Yukoが本気で嘆く。
覚悟していたより、寒くない夜です。
あまり歩いていないので、疲れていません。

宿代200RS(230円)
タクシー500RS(576円)
空港のミルクティー80RS(92円)

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ ひとりバナナ二本
  • 昼→ 44カレー400RS(461円)/Yuko炒飯300RS(346円)/ミルクティー60RS×2(計138円)
  • 夜→ 44ダルバート450RS(519円)/Yukoカレー400RS(461円)/ミルクティー60RS×2(計138円)

未分類 アジア ネパール ルクラ 国、地域別 ゴーキョ・トレッキング

トラックバック用URL

本日の歩いた高低差、830メートルアップ。
年甲斐もなく二度三度と坂道を駆け上ってしまい、足に乳酸が溜まってヘトヘトです。

隊長の当てにならない安物の温度計では、室温12度。
はぐれ雲みっつの晴天。
八時に出発。/3時半

PC057359

手前は、ブエノスアイレスの上野山荘のフリーボックスにあったズボンを穿くYuko。このズボンは暖かくて重宝しました。左側のがに股は、20kgの荷物を担いで歩く“歩けミスト”OG君。

PC057363

3,000以上の高度に強い家畜ヤクと、雄牛の掛け合わせで生まれた“ゾッキョ”。ゾッキョは、3,000メートル以下で活躍できるが、雄は生殖能力がない。

PC057369

タムセルク(Thamserku/6,623メートル)。

PC057391

上り坂を黙々と歩く御一行。

PC057392

他人様のお尻を噛む馬。噛んでくれと言われて噛んでいるのか、勝手に噛んでいるのか。

PC057410

タムセルク(Thamserku/6,623メートル)を目指す、ポーターのさガール君。

PC057411

Bhote Koshi Nadi川を渡る長い吊り橋。乱暴に歩くと、よく揺れる。

PC057419

登山許可証(TIMS)を持っていないOG君との別れ。

PC057426

雪のないクンビューラ。Khumbu Yulhaと書くんだろうか? 写真の下に、ヨシ君が写っている。

PC057428

ゾッキョのお通りを待つボクら一行。

PC057437

先頭は、完全防備のYuko。

PC057441

車もバイクもないので、すべての荷物は人力で運ばれる。

PC057447

この辺は、まだ木が濃い。

PC057449

霊峰タウチェ(Taueche/6,357m)。 初登頂は1974年、フランス登山隊。

PC057453

20kgの板を6枚運んで、一日3,600ルピー(4,262円)です。

PC057455

これがエベレスト。 8,848メートル。

PC057457

エベレストのアップ。 素人だから言えるんですが、なんとなく高そうに見えないし、登りやすそうです。

PC057459

左がエベレスト、その手前がヌプチェ(Nuptse/7,879メートル)。右が世界4番目に高いローチェ西(Lhotse/8,516メートル)。ローツェとエベレストの頂上は、直線で約3kmしか離れていない。

PC057460

エベレストより高く見える、ローツェ(Lhotse/8,516メートル)。 石川直樹氏のブログ「ローツェに登頂しました! | For Everest http://www.littlemore.co.jp/foreverest/log2013vol1/201305191438.html」をどうぞ。

PC057461

エベレストを撮影するヨシ君。

PC057474

打ち合わせするYukoとガイドのラマさん。

PC057477

光り輝く機嫌の良い隊長。

PC057481

森の奥に頭を出すタムセルク(Thamserku/6,618メートル)。

トレッキング路は、茹でただけのプリミティブなジャガイモが美味しいです。
大食らいのヨシくんからジャガイモを恵んでもらって、皮を剥かないで食べていたら、ローカルの青年に皮を向いて食えと指導されました。
小学生くらいの女の子がしているリボンは、制服です。
小さなリンゴ農園。
タムセルク(Thamserku/6,618メートル)を目指して歩く。

Sagarmatha national parkの入場料は、3000ルピー(3,551円)。
Jorsaleでお昼。
シェルパ少年の目は、何かを憎んでいる。

上り坂が続く。

PC057482

これもタムセルク(Thamserku/6,618メートル)。

歩き始めたときに、チャコちゃんにおならを聞かれました。
おならの存在に気づく前に噴射してしまう年頃なのです。

PC057484

今晩泊まる町、ナムチェバザール(Namche Bazar 3,440m)。

PC057486

前回も泊まった馴染みの宿「Camp de Base」。

PC057489

宿から望むタムセルク(Thamserku/6,618メートル)。

PC057490

ナムチェバザール(Namche Bazar 3,440m)の町を徘徊する子牛。

PC057493

市では、キッコーマンの醤油が売られていた。

PC057494

熱心に金を数える老人。

PC057500

果物を売る女性。

PC057508

雲に食われるタムセルク(Thamserku/6,618メートル)。

お湯(小ポット)をもらい、味噌汁かけつけ二杯。
身体が温まります。

トレッキングを終えたOKAくんが、高価なスティックをくれたので、インスタントみそ汁をふたつ贈呈しました。
風邪ひいてたようだし、ケチケチしないでももっとあげるべきだったかもしれない。

恩田陸「月の裏側」を借りたけれど、四ページと読まないうちに寝た。
登場人物がふたりしかいないのに、もう誰が誰だかわからないのです。

帰路でも使えるWi-fi(無制限)は、500RS(591円)。
ガス湯沸かしのシャワーを浴びる。
シャワーほど、トレッキング中の幸せはないのですよ。

昨日の宿の清算1,830RS(2,166円)
ミルクティー、ホットレモン120RS (142円)

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ 44トマトエッグスープ/Yukoイモリンゴパイ/ミルクティーとホットレモン
  • 昼→ 44ダルバート450RS(532円)/Yukoツナチージサンド450RS(532円)/マサラティ80RS×2(189円)
  • 夜→ 44ダルバード/Yukoダルバード

アジア ネパール 国、地域別 ゴーキョ・トレッキング

トラックバック用URL

鼻を垂らして逝くエベレスト。
第二回エベレスト・トレッキング「ゴーキョ編」【四日目】
ナムチェバザール(Namche Bazar 3,440m)→Phortse Thanga(3,680m)/ネパール1401207

  • 個室200RS(236円)
  • Internet@ インターネットしないことを「離ンターネット」と呼んでみたりする

喉の痛みは去ったが、鼻水が出てきた。
今日は240mしか登らなかった。

自転車旅六年の大食漢ヨシ君は、やはり自転車旅の木村夫妻との親交を深めるため脱却。
木村夫妻は、先日NHK地球ラジオの「旅でござんす」に出演し、たぶんネパールについてレポートしたみたいです。
ボクらは、来年の二月に“生”出演します。

PC077681

ネパールの国鳥ダンフェ(ニジキジ)。 雄はメタリックグリーンの鶏冠を持つのに、 雌は地味です。ということは、雌が雄を求めるのか。生き物とは本来そういうものなのか。見習ってもらわねばならん。

軽い登り。

PC077682

左がエベレスト、その手前がヌプチェ(Nuptse/7,879メートル)。右が世界4番目に高いローツェ(Lhotse/8,516メートル)なんですが、エベレストより高く見えます。

PC077694

灯油を運ぶヤク。ヤクは3,000メートルの高地でしか生きられないので、雌のナクを雄牛と交配させ、ゾッキョを産ませます。ゾッキョは立派な身体をしていますが、生殖能力なし。おちんちんがあるのか、確かめるのを忘れた。強く悔やまれる。

PC077698

エベレスト、ヌプチェ、ローツェは、三点セットとして覚えたい。

PC077702

Yukoです、はい。

PC077707

こういう道は歩きやすいね。滅多にないけれど。

PC077711

エベレスト、ヌプチェ、ローツェの三点セット。 右手のローツェのほうが、鋭く高く見えます。高さとは、見るものの主観なのです。

PC077713

左側の細い線がトレッキング路です。右側の山は、アマダブラム。左側のエベレストより2,000メートルも低いのに、そうは見えない。目に見えるものであれなんであれ、しょせん主観なのです。正確な数値を求めるのは、野暮なのです。

PC077716

元気のいい隊長。トイレによく行く。そして早い。

PC077717

ポーター禿になりかけの広いおでこを持つボズラさんを撮影する帽子のチャコちゃん。エベレスト三点セットにも、雲の帽子。

PC077720

なしてこんなところをあるいてるんだべ、とかいろいろ考えているかと思いますが、頑張れYuko。

PC077724

左が、霊峰タウチェ(Taueche/6,357m)。

 

PC077727

左側の雲の素が、エベレストですよ、Yuko。あそこまで歩こうとは言いませんから、安心してください。

Dudh Koshi Nadi川の豪流、雪崩のごとく響く。

PC077733

二年前にも会ったおじさん。 76歳。眼鏡が曲がっています。お父さんに50ルピーほど寄付(59円)しました。

PC077735

おじいちゃんの奥さん。 服、たまには洗濯しませんか?

PC077744

雲はエベレストから作られるのです。

PC077749

ヒラリーが挑戦して登れなかった山クンビューラ(クンビーラ/Khumbi Yul Lha/5,761m)を望むキャンジュマ(Kyangjuma)で、休憩。クンビーラは、“金比羅”の語源で、”水の神“です。ここのナクチーズが美味いのです。

PC077751

左がタウチェ。次にローツェ。右がアマダブラム。左下の細い線が、トレッキング路。山を乗り越えれば、チベット。中国よ、待っておれっ! 行かないけど。。。

昼食は、ベルギー人のレストラン「モングラー」。
イタズラ好きの子猫がいた。

PC077754

右の道を進めば、二年前と同じでエベレストB.C. へ。左は今回の目的地ゴーキョ。 追いかけてくるヨシ君は、ここで道を間違えることになる。そして、、、

PC077757

後ろに控えるコンデリ。コンデリの壁は、悪魔のごとく。

下って下って下り。
くちばしの大きなカラス、獲物を探して、ボクらの頭上で鳴く。

PC077763

休憩するガイドのラマさん。娘さんふたり、息子さんひとり。今回は、長男のサガルー君がポーターとして付いて来た。英語が話せるサガール君は、ポーターより登山ガイドを目指している。その方が給料がいいのだ。

PC077770

タウチェ(Taueche/6,357m)。

PC077773

左アマダブラム。そしてカンテカ、タムセルク。左の集落は、たぶんフォルセ(Phortse)だ。

静かだ。
山には無駄な音がない。
わずかに川の音、そして鼻水をすする音。
そして痰を溜める音、吐き出す音。

PC077775

左から、タウチェ、カンテカ、タムセルク。

細い登り坂。
目的地が見えるのに、なかなか着かないもどかしさ。
二時着。

もしガスシャワーを浴びれば、400ルピー(473円)もかかります。
東京の銭湯がいくらするかわからないけれど、ちょっと高いよね。
半径一メートルを破壊しかねない足の臭さは我慢するとして、500円も払わなければならないほど身体は汚れていないし、誰かと勝負することもあるまい。


 

前日の宿の請求金額6,935RS(8,196円)
トイレットペーパー200RS(236円)
Wi-Fi500RS(591円)
バッテリーチャージ一時間300RS(355円)

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ 44野菜モモ320RS(378円)/Yukoチベタンブレッドと蜂蜜270RS(319円)/マサラティー80RS×2=160(189円)
  • 昼→ 44野菜炒飯450RS(532円)/Yuko野菜オムレツ350RS(414円)/ホットオレンジ80RS(94円)/ミルクティー80RS(94円)/お湯(スモールポット)600RS(710円)
  • 夜→ 44ダルバート500RS(591円)/Yuko野菜炒め麺450RS(532円)/ジンジャーティー80RS(94円)

アジア ネパール 国、地域別 ゴーキョ・トレッキング

トラックバック用URL

滝が凍り、宿から洗面所が消えた。
第二回エベレスト・トレッキング「ゴーキョ編」【五日目】
Phortse Thanga(3,680m)→ドーレ(Dhole/4,110m)/ネパール1401208

  • HIMALAYN LODGE
  • Internet@ インターネットしないことを「離ンターネット」と呼んでみたりする

鼻水おさまらず。咳少々。
たかが風邪と馬鹿には出来ぬ。
生死を分かつやも知れぬ。
今日は、430m登りました。

八時四十五分出発。
登りに継ぐ登りを登りで凌ぐほどの登り。

PC087781

鹿を発見。

PC087782

山の中腹にある水力発電所。ここの管理人として働くっていうのも将来設計として悪くない。

PC087783

霊峰タウチェ(Taueche/6,357m)。

PC087788

いくつもの凍った滝を跨ぐ。透明なつらら。

PC087790

左端はピーク41(6,648m)。一番右はタムセルク。その左隣はカンテカ。

PC087794

今宵の宿は、この町「Dhole」。明日は正面の細い道を登ることになる。

PC087792

前回のトレッキングから二年経ち、Wi-Fiサービスが増えて来た。

PC087793

午前十一時、今日のお宿「HIMALAYN LODGE」着。洗面するところがない。小便をしても手が洗えない。外廊下には巨大な岩が食い込んでいて、ボクらは「落水荘」と呼んでいる。

昼飯を食ってから、裏山を登った。
ゴールは、五色の旗タルチョーです。
気持ちよか、三十分。

PC087799

一番高い山が、タムセルク(Thamserku/6,618メートル)。

PC087806

石を積んだケルンと五色の旗タルチョーとYuko。 背後にはタムセルク(Thamserku/6,618メートル)。

PC087813

シャクナゲとYuko。背後にはラマさん。このシャクナゲが一斉に咲いたらどうなるのだろう。花に興味がないから想像できない。

PC087820

険峻なピーク41。これを登るのはたいへんじゃろ。

PC087822

複雑なよじれ具合が艶っぽいカンテカ。

PC087823

タムセルク。

PC087833

ボクらです。はい。

PC087841

タムセルクと眠るチャコちゃん。

 


 

前日の宿の請求金額2,200RS(2,585円)
ボズラさんの前借りとして、5,000RS(5,876円)支払う。

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ ふたりともリゾートスペシャルシチュー/ミルクティー/ホットレモン
  • 昼→ 44卵炒飯450RS(528円)Yukoベジタブルオムレツ350RS(411円)ミルクティ80RS(94円)ホットオレンジ80RS(94円)
  • 夜→ 44ダルバート500RS(587円)Yuko野菜焼そば400RS(470円)

アジア ネパール 国、地域別 ゴーキョ・トレッキング

トラックバック用URL

先生、夜、眠れないのです。
風邪を治そうとして、パーカーを着たまま、シルクのインナー寝袋を二枚に普通の夏用寝袋を重ね着した三重奏。さらに二つ折りの毛布を掛けまして、寝袋の口もギリギリまでファスナを閉めているため新鮮な空気が入って来ず、あまつさえと申しますか4,500m近い標高、絶対的に酸素が足りない模様です。
一生寝袋から出れないという妄想に取り付かれてしまい、激しく息苦しいのです。
三分ごとに寝返りをうっていたら、シルクのインナーが絡まってきて、両手が自由に動きません。
寝汗の蒸気が寝袋に籠って、むっとします。
全然眠れません。

朝飯のトマトスープに、1gも具が入ってなかったのは、ブルーインパクト!
今日は、350m登りました。

山の斜面に、朝飯を食うナクとヤク。
河原を歩き、木橋を過ぎる。
一日は、のどかに始まったのです。

PC097846

今にも飛びかかってきそうに見えますが、ヤク(雄)は大人しいのです。中国人を蹴飛ばすことはあっても、日本人には友好的です。だよね?

PC097847

奥に鎮座する世界第6位の高さを誇るチョー・オユー(Cho Oyu/8,201m)。

PC097850

名もなき山と無知な私は言う。

PC097851

真ん中の尖った山は、マッチェルモピーク(6,017m)。右はそれよりも2,000mも高いチョー・オユー(Cho Oyu/8,201m)。左側の細い線が、トレッキングルート。

PC097856

チョー・オユー(Cho Oyu/8,201m)。

PC097857

剣先鋭いマッチェルモピーク。南壁は、雪をも寄せ付けず。

吹く風が、グググイっと冷たくなってきました。
森林限界を突破。
休憩は、ホットチョコレート100RS(118円)とホットレモン80RS(94円)。

PC097853

ヨシ君が撮影中。真ん中はYuko。

PC097862

左のポーターボズラさんは、靴を穿いている。二年前は裸足にサンダルだった。今年は意気込みが違うのか、寄る年波には勝てなくなったのか。

PC097863

右はボクらが贔屓するガイド、ラマさん。ネパールでは、名字を言うと、部族がわかり、カーストもばれるらしい。

PC097867

世界はふたりのためにあるの〜。

PC097869

背後にそびえるカンテカ(6,799m)。

PC097871

今晩お世話になる集落「マッチェルモ」。

PC097872

今晩のお宿「SNOW LAND LODGE」。

昼飯後、裏山に登った。

PC097873

川の先に、真っ白いチョー・オユー(Cho Oyu/8,201m)。

PC097876

左カンテカ、右タムセルク(Thamserku/6,618メートル)。

PC097880

世界で六番目に高い山チョー・オユー(Cho Oyu/8,201m)に向かうヨシくん。いい腰である。

PC097886

裏山の頂上に五色の旗タルチョー。背後に左カンテカ、右タムセルク(Thamserku/6,618メートル)。

PC097895

日暮れのヤク(雄)とナク(雌)。ナクの乳で作るチーズが、癖がなくて美味い。

風、ますます冷たくなってくる。
湖に鳥。

 


 

前日の宿の請求金額4,600RS(5,455円)

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ 44トマトスープ300RS(355円)/Yuko野菜オムレツ350RS(415円)/ミルクティー80RS(94円)/マサラティー80RS(94円)
  • 昼→ 44ララヌードル300RS(355円)/茹でた芋350RS(415円)/Yukoチベタンブレッドと蜂蜜350RS(415円)/お湯(スモールポット)300RS(355円)
  • 夜→ 44卵炒飯550RS(652円)/Yuko野菜モモ550RS(652円)

アジア ネパール 国、地域別 ゴーキョ・トレッキング

トラックバック用URL