-ヤク-

誰よりも寒がりなのに、本日から冬のエベレスト・ベースキャンプを目指します。
緊張しているのか興奮しているのか、微妙に腰が痛くて、さめざめと下痢です。
ボクの日本国内での登山歴は、小学生のときの函館山334メートルだけなので、登山家としては純白に輝くノンキャリアです。
防寒具を買う暇がなく、今年の冬、東京で着てたごくごく普通の服装で挑戦します。
本当にエベレスト・ベースキャンプなんてところへ、行けるのでしょうか?
なんか間違ったことしてるんじゃないでしょうか?
心配すると、お尻の穴からおしっこが漏れそうです。
 
こんな感じのルートです↓

より大きな地図で エベレスト・ベースキャンプへの道 を表示
ルクラの町では、1リットルのミネラルウォーターが、カトマンズの五倍、100ルピー(96円)もします。
以降、ヒマラヤ山脈の奥地へ行けば行くほど、なにもかも値上がりします。
一台の車もバイクも走らないサガルマータ国立公園は、建築資材から缶ビールまで、便器からトイレットペーパーまで、人か家畜が背中に背負って運ぶ、ローテクゆっくり便です。
シェルパたちは、20〜30キロの荷物を運びながら余裕で携帯してて、西洋化した君たちがなんか残念です。
PC078142.jpg
コーラが、250ルピー(240円)もします。
 
朝の気温6度。
眠気も醒める寒さだけど、寒過ぎて起きたくない、裏腹な目覚め。
8時、ヌプラ山(5885m)を目指して北進。
春のような快晴。
下り坂。
荷物を運ぶ家畜ゾッキョ(ゾム)は、ナク(雄はヤクと呼ばれる)と牛(雄)の掛け合わせです。
顔がデカく、角たくましく、おとなしくて力持ち↓
PC068109.jpg
雄のゾッキョは生殖能力がないそうで、生殖能力がないということは、すなわちどういうことなのでしょうか?
EDみたいなものなのか、やる気はあるけど薄いのか?
 
あちこちにある、文字が刻まれたマニ石↓
PC068127.jpg
マニ石で家を建てると、耳なし芳一的に霊験あらたかかもしれません。
そんなどうでもいいことを考えながら歩いてます。
 
一見覇気がないロバですが、家畜としては気が強いそうで、牛歩戦術的にゆっくりと吊り橋を渡ってました↓
PC068120.jpg
ちなみに、ロバを食べるのは中国人です。
 
11時30分、パクディン(Phakding/標高2,610m)にて、休憩。
Wi-Fiカフェがありました。
なぜか携帯が通じません。
USBルーターも不通。
12時30分、休憩終了。
PC068136.jpg
14時30分、モンジョ(Monjo/標高2,835m)着。
今日の宿↓
PC078139.jpg
今日は町全体がネットの調子が悪いとかで、携帯もUSBも通じず。
シャワーを浴びれる幸せ。
ポーターのニマ君から芋をご馳走になりました。
塩を振りかけただけの芋が、たまらなく美味い。
 
携帯のリチャージカードを買ったけど、使い方がわかりません。
ピンコードを入れた後の番号が不明。
裏庭で女の子と遊んでた宿の調理人ケンドール君に、チャージの仕方を教わりました。
彼は可愛い顔して、たった一日でベースキャンプまで行ったことがある、オリンピック級の猛者です。
彼の実家は、歩いて二日かかるほど遠く、彼の作ったマカロニはたいへん残念な味でした。
宿の薪ストーブ嬉しい↓
PC068137.jpg
夜中、白糸の滝のごとく下痢。
大丈夫か、俺様。

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ 覚えていません
  • 昼→ サンドイッチ/モモ
  • 夜→ マカロニが美味しくなかった

アジア サガルマータ国立公園 ネパール 国、地域別

トラックバック用URL

先生、夜、眠れないのです。
風邪を治そうとして、パーカーを着たまま、シルクのインナー寝袋を二枚に普通の夏用寝袋を重ね着した三重奏。さらに二つ折りの毛布を掛けまして、寝袋の口もギリギリまでファスナを閉めているため新鮮な空気が入って来ず、あまつさえと申しますか4,500m近い標高、絶対的に酸素が足りない模様です。
一生寝袋から出れないという妄想に取り付かれてしまい、激しく息苦しいのです。
三分ごとに寝返りをうっていたら、シルクのインナーが絡まってきて、両手が自由に動きません。
寝汗の蒸気が寝袋に籠って、むっとします。
全然眠れません。

朝飯のトマトスープに、1gも具が入ってなかったのは、ブルーインパクト!
今日は、350m登りました。

山の斜面に、朝飯を食うナクとヤク。
河原を歩き、木橋を過ぎる。
一日は、のどかに始まったのです。

PC097846

今にも飛びかかってきそうに見えますが、ヤク(雄)は大人しいのです。中国人を蹴飛ばすことはあっても、日本人には友好的です。だよね?

PC097847

奥に鎮座する世界第6位の高さを誇るチョー・オユー(Cho Oyu/8,201m)。

PC097850

名もなき山と無知な私は言う。

PC097851

真ん中の尖った山は、マッチェルモピーク(6,017m)。右はそれよりも2,000mも高いチョー・オユー(Cho Oyu/8,201m)。左側の細い線が、トレッキングルート。

PC097856

チョー・オユー(Cho Oyu/8,201m)。

PC097857

剣先鋭いマッチェルモピーク。南壁は、雪をも寄せ付けず。

吹く風が、グググイっと冷たくなってきました。
森林限界を突破。
休憩は、ホットチョコレート100RS(118円)とホットレモン80RS(94円)。

PC097853

ヨシ君が撮影中。真ん中はYuko。

PC097862

左のポーターボズラさんは、靴を穿いている。二年前は裸足にサンダルだった。今年は意気込みが違うのか、寄る年波には勝てなくなったのか。

PC097863

右はボクらが贔屓するガイド、ラマさん。ネパールでは、名字を言うと、部族がわかり、カーストもばれるらしい。

PC097867

世界はふたりのためにあるの〜。

PC097869

背後にそびえるカンテカ(6,799m)。

PC097871

今晩お世話になる集落「マッチェルモ」。

PC097872

今晩のお宿「SNOW LAND LODGE」。

昼飯後、裏山に登った。

PC097873

川の先に、真っ白いチョー・オユー(Cho Oyu/8,201m)。

PC097876

左カンテカ、右タムセルク(Thamserku/6,618メートル)。

PC097880

世界で六番目に高い山チョー・オユー(Cho Oyu/8,201m)に向かうヨシくん。いい腰である。

PC097886

裏山の頂上に五色の旗タルチョー。背後に左カンテカ、右タムセルク(Thamserku/6,618メートル)。

PC097895

日暮れのヤク(雄)とナク(雌)。ナクの乳で作るチーズが、癖がなくて美味い。

風、ますます冷たくなってくる。
湖に鳥。

 


 

前日の宿の請求金額4,600RS(5,455円)

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ 44トマトスープ300RS(355円)/Yuko野菜オムレツ350RS(415円)/ミルクティー80RS(94円)/マサラティー80RS(94円)
  • 昼→ 44ララヌードル300RS(355円)/茹でた芋350RS(415円)/Yukoチベタンブレッドと蜂蜜350RS(415円)/お湯(スモールポット)300RS(355円)
  • 夜→ 44卵炒飯550RS(652円)/Yuko野菜モモ550RS(652円)

アジア ネパール 国、地域別 ゴーキョ・トレッキング

トラックバック用URL