誰よりも寒がりなのに、本日から冬のエベレスト・ベースキャンプを目指します。
緊張しているのか興奮しているのか、微妙に腰が痛くて、さめざめと下痢です。
ボクの日本国内での登山歴は、小学生のときの函館山334メートルだけなので、登山家としては純白に輝くノンキャリアです。
防寒具を買う暇がなく、今年の冬、東京で着てたごくごく普通の服装で挑戦します。
本当にエベレスト・ベースキャンプなんてところへ、行けるのでしょうか?
なんか間違ったことしてるんじゃないでしょうか?
心配すると、お尻の穴からおしっこが漏れそうです。
 
こんな感じのルートです↓

より大きな地図で エベレスト・ベースキャンプへの道 を表示
ルクラの町では、1リットルのミネラルウォーターが、カトマンズの五倍、100ルピー(96円)もします。
以降、ヒマラヤ山脈の奥地へ行けば行くほど、なにもかも値上がりします。
一台の車もバイクも走らないサガルマータ国立公園は、建築資材から缶ビールまで、便器からトイレットペーパーまで、人か家畜が背中に背負って運ぶ、ローテクゆっくり便です。
シェルパたちは、20〜30キロの荷物を運びながら余裕で携帯してて、西洋化した君たちがなんか残念です。
PC078142.jpg
コーラが、250ルピー(240円)もします。
 
朝の気温6度。
眠気も醒める寒さだけど、寒過ぎて起きたくない、裏腹な目覚め。
8時、ヌプラ山(5885m)を目指して北進。
春のような快晴。
下り坂。
荷物を運ぶ家畜ゾッキョ(ゾム)は、ナク(雄はヤクと呼ばれる)と牛(雄)の掛け合わせです。
顔がデカく、角たくましく、おとなしくて力持ち↓
PC068109.jpg
雄のゾッキョは生殖能力がないそうで、生殖能力がないということは、すなわちどういうことなのでしょうか?
EDみたいなものなのか、やる気はあるけど薄いのか?
 
あちこちにある、文字が刻まれたマニ石↓
PC068127.jpg
マニ石で家を建てると、耳なし芳一的に霊験あらたかかもしれません。
そんなどうでもいいことを考えながら歩いてます。
 
一見覇気がないロバですが、家畜としては気が強いそうで、牛歩戦術的にゆっくりと吊り橋を渡ってました↓
PC068120.jpg
ちなみに、ロバを食べるのは中国人です。
 
11時30分、パクディン(Phakding/標高2,610m)にて、休憩。
Wi-Fiカフェがありました。
なぜか携帯が通じません。
USBルーターも不通。
12時30分、休憩終了。
PC068136.jpg
14時30分、モンジョ(Monjo/標高2,835m)着。
今日の宿↓
PC078139.jpg
今日は町全体がネットの調子が悪いとかで、携帯もUSBも通じず。
シャワーを浴びれる幸せ。
ポーターのニマ君から芋をご馳走になりました。
塩を振りかけただけの芋が、たまらなく美味い。
 
携帯のリチャージカードを買ったけど、使い方がわかりません。
ピンコードを入れた後の番号が不明。
裏庭で女の子と遊んでた宿の調理人ケンドール君に、チャージの仕方を教わりました。
彼は可愛い顔して、たった一日でベースキャンプまで行ったことがある、オリンピック級の猛者です。
彼の実家は、歩いて二日かかるほど遠く、彼の作ったマカロニはたいへん残念な味でした。
宿の薪ストーブ嬉しい↓
PC068137.jpg
夜中、白糸の滝のごとく下痢。
大丈夫か、俺様。

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ 覚えていません
  • 昼→ サンドイッチ/モモ
  • 夜→ マカロニが美味しくなかった

アジア サガルマータ国立公園 ネパール 国、地域別

トラックバック用URL

お便りを投函。ポトン