-モンジョ-

誰よりも寒がりなのに、本日から冬のエベレスト・ベースキャンプを目指します。
緊張しているのか興奮しているのか、微妙に腰が痛くて、さめざめと下痢です。
ボクの日本国内での登山歴は、小学生のときの函館山334メートルだけなので、登山家としては純白に輝くノンキャリアです。
防寒具を買う暇がなく、今年の冬、東京で着てたごくごく普通の服装で挑戦します。
本当にエベレスト・ベースキャンプなんてところへ、行けるのでしょうか?
なんか間違ったことしてるんじゃないでしょうか?
心配すると、お尻の穴からおしっこが漏れそうです。
 
こんな感じのルートです↓

より大きな地図で エベレスト・ベースキャンプへの道 を表示
ルクラの町では、1リットルのミネラルウォーターが、カトマンズの五倍、100ルピー(96円)もします。
以降、ヒマラヤ山脈の奥地へ行けば行くほど、なにもかも値上がりします。
一台の車もバイクも走らないサガルマータ国立公園は、建築資材から缶ビールまで、便器からトイレットペーパーまで、人か家畜が背中に背負って運ぶ、ローテクゆっくり便です。
シェルパたちは、20〜30キロの荷物を運びながら余裕で携帯してて、西洋化した君たちがなんか残念です。
PC078142.jpg
コーラが、250ルピー(240円)もします。
 
朝の気温6度。
眠気も醒める寒さだけど、寒過ぎて起きたくない、裏腹な目覚め。
8時、ヌプラ山(5885m)を目指して北進。
春のような快晴。
下り坂。
荷物を運ぶ家畜ゾッキョ(ゾム)は、ナク(雄はヤクと呼ばれる)と牛(雄)の掛け合わせです。
顔がデカく、角たくましく、おとなしくて力持ち↓
PC068109.jpg
雄のゾッキョは生殖能力がないそうで、生殖能力がないということは、すなわちどういうことなのでしょうか?
EDみたいなものなのか、やる気はあるけど薄いのか?
 
あちこちにある、文字が刻まれたマニ石↓
PC068127.jpg
マニ石で家を建てると、耳なし芳一的に霊験あらたかかもしれません。
そんなどうでもいいことを考えながら歩いてます。
 
一見覇気がないロバですが、家畜としては気が強いそうで、牛歩戦術的にゆっくりと吊り橋を渡ってました↓
PC068120.jpg
ちなみに、ロバを食べるのは中国人です。
 
11時30分、パクディン(Phakding/標高2,610m)にて、休憩。
Wi-Fiカフェがありました。
なぜか携帯が通じません。
USBルーターも不通。
12時30分、休憩終了。
PC068136.jpg
14時30分、モンジョ(Monjo/標高2,835m)着。
今日の宿↓
PC078139.jpg
今日は町全体がネットの調子が悪いとかで、携帯もUSBも通じず。
シャワーを浴びれる幸せ。
ポーターのニマ君から芋をご馳走になりました。
塩を振りかけただけの芋が、たまらなく美味い。
 
携帯のリチャージカードを買ったけど、使い方がわかりません。
ピンコードを入れた後の番号が不明。
裏庭で女の子と遊んでた宿の調理人ケンドール君に、チャージの仕方を教わりました。
彼は可愛い顔して、たった一日でベースキャンプまで行ったことがある、オリンピック級の猛者です。
彼の実家は、歩いて二日かかるほど遠く、彼の作ったマカロニはたいへん残念な味でした。
宿の薪ストーブ嬉しい↓
PC068137.jpg
夜中、白糸の滝のごとく下痢。
大丈夫か、俺様。

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ 覚えていません
  • 昼→ サンドイッチ/モモ
  • 夜→ マカロニが美味しくなかった

アジア サガルマータ国立公園 ネパール 国、地域別

トラックバック用URL

今日のルートです。
モンジョ(Monjo/標高2,835m)から、ナムチェ(Namche/標高3,440m)へ↓

より大きな地図で エベレスト・ベースキャンプへの道 を表示

ポーターのボズラさん、すみません。
自分のバックパックが重かったので、今朝こっそり、ボズラさんの持つバックパックに三脚とかを突っ込んじゃいました。
今頃気づいたのですが、当たり前と言えば当たり前なんだけど、ポーターにも彼自身の荷物があるのですね。
ボクらの荷物ってつまりは二人分あるんですが、それに彼の荷物を括り付けて、すなわち三人分を、頭に紐を引っ掛けただけで運びます。
肩も腰も使いません↓
PC108450.jpg
おでこのちょっと上だけで、勝負してます。
おでこの上が禿げた人を、たくさん見ます。
ハゲは、シェルパの職業病です。
 
食後に、頻尿になる高山病の薬「ダイアモックス」を半錠だけ飲む。
いつだって夜中は頻尿のボクですが、寝る暇あるでしょうか、心配です。
入場料3,000ルピー(2,884円)を支払って、サガルマータ国立公園に入りました。
ユネスコの世界遺産です。
 
日中、陽射しヨシ。
背中と胸に汗をかくので、背中にハンカチを入れて歩きました。
背中のハンカチ、意外に有効です。
黄色い青年は、チベット人のポーター、ニマ君↓
PC078166.jpg
ニマ君は、無駄に二枚目です。
 
シェルパは、荷物の下に杖を立てて休みます↓
PC078153.jpg
ゾッキョは、15,000ルピー(14,424円)で買えるそうです。
20kgの荷物を運ぶと、750円から1,000円くらいの売り上げになるので、ひと月もあれば、ゾッキョ代くらい楽勝で稼げそうです。
PC078164.jpg
ヤク(雌はナクと呼ばれます)は、8,000~15,000ルピー(7,693円〜14,424円)。
PC078148.jpg
ヒマラヤの雪解け水が流れる、Dudh Koshi 川沿いを進みます。
 
エベレスト(サガルマータ/8,848m)が、見えました↓
PC078167.jpg
左が、エベレスト(サガルマータ)。
右が、ローツェ(8,516m)。

PC078172.jpg
コンデリ(Kongde Ri)は、6,187m↓
PC078183.jpg
コンデリ(Kongde Ri)を目指して歩く、ムチャクチャ気持ちのいい道↓
PC078191.jpg
10時40分から登り坂。
12時10分、ナムチェ(Namche/標高3,440m)に到着↓
PC078194.jpg
ナムチェバザールの宿の看板とガイドのラマさん↓
PC078233.jpg
宿のレストランでは、二、三十人の坊さんたちがビュッフェに喰らいついてました。
そういえば昔、高田馬場のファミレスで、新日本プロレスのレスラーたちが、こぞってサラダバーに並んでいたのを見たことがあります。
シュールな風景でした。
余談でした。
 
宿の近所のネット屋で、一日半のWi-Fiのパスワードを購入(600ルピー/577円)。
靴下とかを手洗いしたら、水が冷たすぎて、悶死寸前。
凍傷で指がちぎれそうな、頭痛。
 
土曜の午後と日曜の午前中に開催されるバザーを冷やかす。
おじいさん↓
PC078219.jpg
肉屋の青年↓
PC078227.jpg
夜中、天井を走るネズミと、隣の部屋のいびきがウルサイ。
 
ガイドのラマさんに明日の朝飯はいらないと言ったら、困惑してました。
明朝は早いから、飯を食う暇はありませんねん。

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ 卵トースト。祐子はリンゴパンケーキ
  • 昼→ モモ。祐子はチキンスープ
  • 夜→ 忘れました

アジア サガルマータ国立公園 ネパール 国、地域別

トラックバック用URL

朝の気温三度。
毛穴が結露で塞がりそうな、凛とした寒さです。
早朝の6時、あえて先に進まず、高度順応のため近所の山を登りました。
高度順応、超重要です。
 
雲が厚く重い↓
PC088252.jpg
PC088254.jpg
油断すると、すぐガスで覆われます↓
PC088258.jpg
神々しい↓
PC088279.jpg
コンデリ(6,187m)↓
PC088249.jpg
ナムチェの町↓
PC088358.jpg
PC088295.jpg
PC088308.jpg
馬と青年↓
PC088355.jpg
はためく色とりどりの旗、タルチョー↓
PC088341.jpg
絶景のエベレスト・ビューホテル(3,880m)で、お茶。
エベレスト↓
PC088321.jpg
雲はエベレストから生まれるのです。
アマダブラム(6812m)↓
PC088326.jpg
シャワーを浴びて、仕事。
エベレスト・ベースキャンプを目指しながらも、勤勉なノマドワーカーしてます。
 
ATMでお金を下ろせませんでした。
微妙に、っていうか絶対的に、現金不足です。
 
300ルピーの携帯のリチャージカードを二枚買ったら、なぜか670ルピーも請求されました。
こんなカードにも、送料が上乗せされるエベレストです。
 
まだ腰が痛いです。
晩飯後の団らんは、ドイツ人のマルコスと。
 
地元民にお願いです。
ネパール人よ、ドアを閉めてくれ!
外の風が入って来て、死ぬほど寒いじゃないか!

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ マカロニ。祐子はスープ
  • 昼→ 忘れました
  • 夜→ 忘れました

アジア サガルマータ国立公園 ネパール 国、地域別

トラックバック用URL