-July 2013-

〈null〉
スペイン巡礼61日目。見知らぬイギリス人のFacebookと微妙に繋がる。Rabanal del Camino→Molinaseca/スペイン130706

  • アルベルゲ(宿):ひとり一泊5ユーロ
  • Internet@ Wi-Fiルーターを使いました

今日は、28km歩きました(合計1402.3km)
6時間


より大きな地図で 2013/07/06(スペイン巡礼) を表示

P7061902

日中の酷暑を避けて、朝5時出発。ヘッドライトで歩いてます。今朝は日の出前から18度。死ぬかも。

 

P7061903

フィルムについた傷のような三日月。

 

P7061906

放し飼いの馬、路上に現わる。ちょいとビビった。カメラを向けると恥ずかしがった。

 

P7061907

夜明けが迫る。

 

P7061908

さっきの写真のアングル違いなだけです。

 

P7061922

願いを込めて丘に立つ。

 

P7061918

この十字架の丘で、スイス人のジョセフやら、日本人のCちゃんと再会。

 

P7061924

ゴールのサンティアゴ・デ・コンポステーラまで、222km。

 

P7061928

Yukoのバックパックは、長距離用じゃないです。

 

P7061929

巨大な煙突が、怪煙を吐く。

 

P7061934

七年間、歩いて旅をしているイギリス人。Vサインをするほど陽気です。

五時前出発。
なま暖かい闇。
仰げば星、まさしく星の巡礼。
遠く風車が光る。
日の出前だっていうのに、気温18度!
暑い空気と涼しい空気が交わらず、ばらばらに身体を刺激する。
空気がマーブルです。
クモの巣が、顔に張り付く。
懐中電灯ないと歩けない闇。
カエルが横切る。
人気のない道に浮かび上がるベンチが恐い。
エステティシャンのCちゃん登場。
ジョセフも登場。
十字架の丘で記念撮影。

サクランボの路上売り。
500gを1ユーロで買い、食べ歩き。
朝食のハンバーガーが美味かった。
ブラジル人のファビオも親指を立ててた。
Yukoが男子トイレを使って出たら、カナダで留学中の韓国人のジョーが立ってた。

スペインとしては、珍しく巡礼らしい道。
つまり舗装されてないし、道幅が広くない。
下りが続く。
暑い。
昼食の冷えた赤ワインに、身が震える。

今宵のアルベルゲ(宿)は、古い教会(のようなもの)を改築した、なかなか素敵なDesignでした。
イギリス人デビィットは、7年間歩いて旅をしています。
イギリスからバチカンまで歩き、続いて巡礼。
フランス、スペイン、ポルトガル人の道を極めたあと、バチカンまで戻る計画です。
キャンプ巡礼中。
彼のFacebookを覗いたら、日本人の女性と繋がっていて、彼女のFacebookを覗いたら、ボクの事務所(←過去形)のFacebookに“いいね”を押してました。
ちょいと驚きました。
世間は、想像以上に狭いですよ。
タイに住むカリフォルニア出身のおじいさんは、ビデオを撮りながら巡礼。
ワインをかぷかぷ飲みながら、庭で晩飯。
暑いぞ。

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ カフェ:ハンバーガー、ビール、マフィン、オレンジジュース(9.5ユーロ)
  • 昼→ カフェ:MENU(定食)冷えた赤ワイン、ハンブルゲッサ
  • 夜→ 自炊:缶詰め、リゾット、玉ねぎとトマトのサラダ、梨。ワイン一本

スペイン巡礼/サンティアゴ・デ・コンポステラ巡礼路 スペイン ヨーロッパ 国、地域別

トラックバック用URL

〈null〉
スペイン巡礼62日目。ヒッチハイクする巡礼者もいるのだよ。Molinaseca→Villafranca del Bierzo/スペイン130707

  • アルベルゲ(宿):ひとり一泊5ユーロ
  • Internet@ 宿の無料Wi-Fi

今日は、32.5km歩きました(合計1434.8km)
6時間半


より大きな地図で 2013/07/07(スペイン巡礼) を表示

P7071940

ときどき巡礼路が見つからない。早朝は、誰にも訊けない不幸。

 

P7071944

日本の温泉街のような雰囲気。

 

P7071950

町で一番高い塔に、コウノトリ。電柱のようだけど、電線がない。コウノトリ専用の町営住宅ですね。

 

P7071952

立派な邸宅。他の鳥も住んでいます。

 

P7071954

コウノトリが巣以外でくつろいでいるのを、初めて見ました。

 

P7071955

しつこくて申し訳ない。ついついシャッターを押したくなる被写体なもので。

 

P7071959

サンティアゴ・デ・コンポステーラまで、194.5キロ。

 

P7071962

電線にひっかっかった靴は、世界中で見かけます。

 

五時前の出発。
朝っぱらから、Tシャツでも暑いです。
6時20分で、気温19.5度。
味気ない住宅街を歩く。

水着で歩いている女性巡礼者がいた。
九時半で、気温31度。
コーラ休憩。
ボクをドイツ人と間違えた西洋人がいた。
スペイン人のファン、アルベルトに日本人のCちゃん他、顔見知りに追いつかれたり、追い抜き返したり。

バナナを一本。
小さな峠を越えました。
昼飯に、定食のオマケの冷えた赤ワインを飲んで酔う。
昼寝。
暑い。
疲れた。
日差しが、恐ろしく重いのだ。

アルベルゲ(宿)の無料のトマトが美味い。
暑すぎて暑すぎて、水よりワインがいい。
デンマーク娘が、昨日暑すぎてヒッチハイクしたと笑ってた。
不真面目な巡礼者やなー。

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ カフェ:ナポリターナ、クロワッサン、オレンジジュース、カフェコンレチェ(6.2ユーロ)
  • 昼→ MENU(定食):冷えた赤ワインで酔っぱらう
  • 夜→ アルベルゲ(宿):パエリア、サラダ

スペイン巡礼/サンティアゴ・デ・コンポステラ巡礼路 スペイン ヨーロッパ 国、地域別

トラックバック用URL

〈null〉
スペイン巡礼63日目。激しい平行線を地平線に放つ。Villafranca del Bierzo→La Faba/スペイン130708

  • アルベルゲ(宿):ひとり一泊5ユーロ
  • Internet@ Wi-Fiルーターを使いました

今日は、24.9kmほど歩きましたぞ(合計1459.7km)
6時間半


より大きな地図で 2013/07/08(スペイン巡礼) を表示

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

暢気に写真を撮ってたら、前を歩いていた巡礼者にまかれた。困った。順路がわからん。

 

P7081966

一歩進んで二歩下がるってことですかね。

 

P7081967

巡礼路より、高速道路。そういう世の中です。

 

P7081968

どうしてこんな気持ち悪い顔にしちゃうんかね。

 

P7081970

素敵な看板だ。

 

P7081971

Yukoの足、立派に実りました。収穫の時期です。

 

6時にならないとドアが開かないアルベルゲ(宿)なので、6時前には大勢が待機。
早朝巡礼大流行り。
アルベルゲ(宿)の無料のトマトを食いながら歩き始める。

朝一番で道に迷っちゃってます。
皆どこへ消えたんだ?

ブラジル人のファビオに同行。
ファビオは、一時間ごとに靴下を取り替えて、汗まみれの臭い奴はバックパックにぶら下げてます。
水ぶくれ対策です。

二股で、山道を選ぶ。 

ドイツ娘を探す韓国人のジョー。
ドイツ娘はいったいあんたのなんなのさ。
タバコをやめたジョセフ。
ジョセフは50歳だけど、彼女に子供をせがまれてるもんね、がんばっ!
知らない西洋人に、景気よく「ヨシ」と呼ばれた。
誰?

二時までチェックインできないアルベルゲ(宿)。
庭で暇つぶし二時間。
洗濯したり、足水したり、買い物したり、昼飯を食べたり。
ぽっちゃりした女性がよくわからない言語のガイドブックを読んでいたので、それって何語? って訊いてみたけど、その質問が通じませんでした。
謎は深まるばかり。
そのぽっちゃりさん、ベッドが隣だったんだけど、寝間着のスカートが短すぎて、紺色のパンツが見えすぎです。
サービス過剰です。
ドミトリー部屋の向こうで、おじいさんがおばあさんに英語で話しかけてますが、おばあさんは英語がわからんのよ、と嘆いてます。
おじいさん、耳が遠いのか聞く耳なし、です。
激しい平行線を地平線に放ってました。
仕事に専念するので、昼食はアルコール抜き。

村には小さな小さなお店が一軒しかないので、巡礼者の多くが自炊していますが、みな同じスパゲティです。
あの食材じゃぁ、スパゲティしか作れない。

晩飯後、強烈に明るい庭でビール。
お孫さんを連れたフランス人のおばあさんは、足が痛いので明日はタクシーです。
足の具合が悪くてタクシーを使う巡礼者って、さほど珍しくないです。
よく見かけます。
寝ようとしたところ、急に隣の太っちょさんが、巡礼についていろいろ説明してくれました。
突然、どうして?
君の紺色のパンツ、たまらんなぁー、と英語で冗談が言えるようになりたいです。

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ カフェ:クロワッサン、トルティージャ(6.5ユーロ)
  • 昼→ パンとコーラ(4ユーロ)
  • 夜→ 自炊:パスタボロネーゼ、粉チーズ

スペイン巡礼/サンティアゴ・デ・コンポステラ巡礼路 スペイン ヨーロッパ 国、地域別

トラックバック用URL

〈null〉
スペイン巡礼64日目。「巨乳水筒」っていうのはいかがでしょう?La Faba→Triastela/スペイン130709

  • アルベルゲ(宿):ひとり一泊8ユーロ
  • Internet@ 宿の無料Wi-Fi

今日は、27.5kmほど歩きましたぞ(合計1487.2km)
7時間


より大きな地図で 2013/07/09(スペイン巡礼) を表示

P7091974

この写真じゃわかりにくいかと存じますが、下界は雲海。

 

P7091981

舗装道路から、小道へ。巡礼路を表す黄色い矢印が、ときどき白だったり紫だったり緑だったりするのは、スペイン人の気質によるものでしょうか。統率がとれないスペインの無敵艦隊は、リーダーのもとに結集したイギリス海軍になす術がなかったのですよ。

 

P7091983

舗装されていない自然路は、歩き難くくて足が痛くなる。小石が足の裏のツボを刺激する。そ、そこは痛点です。

 

P7091984

今日の峠越えは、1,270メートル。

 

P7091985

巡礼者よ、何処へ。
サンティアゴに決まってるか。

 

P7091989

この丘を越えると、カフェ。しぼりたてのオレンジジュースが待っているのだ。

 

P7091997

木漏れ日が暑い。なんとかしてくれ。

 

P7091996

日陰がないでござる。ピンチでござる。死ぬでござる。

真っ暗闇の早朝巡礼。
道がわからん。
幹線道路を外れ、闇夜の山歩き。
クモの巣が顔に張り付く。
何度も何度も顔に張り付くクモの巣。
左右は、背丈以上雑草。
黒い森は、けっこう恐いものです。
林かもしれないけどね。
6時前だというのに、気温18度。
日中は何度まで気温が上昇するのか、泣きたくなるほど楽しみじゃ。
暗闇に浮かび上がる自動販売機。
日本と違って、自動販売機は珍しいです。
キットカットやコカコーラが売られてたけど、無視。
暖かい空気が、身体にまとわりつきます。
星よ、稜線が見えてきたぞ。
月はどこじゃ?
寝静まった村々。
下界は雲海。
やがて雲海へ突入。
雲の中を歩く。
天に召されたぼくら。
闇に霧が溶ける。

カフェで休憩してたら、久しぶりに某カナダ人の女性に出会う。
彼女はなかなかの太っちょさんだったのですが、だいぶ痩せてました。
巡礼ダイエットが利いてるようです。
腹肉でも見せ合って、抱擁したいものです。

歩いているときに神の啓示がおりた商品企画なんですが、「巨乳水筒」っていうのはいかがでしょう?
巨乳のなかに水を入れて、歩きながらストローで吸い上げます。
右と左で味を変えることもできます。
いいね!
二兎を追ってて、一挙両得。
いいね!

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ カフェ:クロワッサン、美味しくない変なパン、カフェコンレチェ、オレンジジュース(4.5ユーロ)
  • 昼→ カフェ:ガスパッチョ、サングリア、スパゲティボロネーゼ、サラダ、パイ
  • 夜→ 自炊:スパゲティ・ボロネーゼ、オイルサーディン。ワイン一本。Yukoはオレンジジュース

スペイン巡礼/サンティアゴ・デ・コンポステラ巡礼路 スペイン ヨーロッパ 国、地域別

トラックバック用URL

〈null〉
スペイン巡礼65日目。ここから宿の争奪戦が始まります。Triastela→Barbadelo/スペイン130710

  • アルベルゲ(宿):ひとり一泊9ユーロ
  • Internet@ 宿の無料Wi-Fi

今日は、23.9kmほど歩きましたぞ(合計1511.1km)
6時間


より大きな地図で 2013/07/10 5:02 を表示


より大きな地図で 2013/07/10(スペイン巡礼) を表示

P7101999

もし早朝に出立しないで、午後4時ごろアルベルゲ(宿)に着いたら、ベッドがありません。床寝になります。ボクらはマットを持ち歩いていないので、床寝は無理。

 

P7102001

昨日に引き続き、雲海。地の果てにしか見えない。

 

P7102003

いまは天上界のボクらですが、やがてあの雲に潜ることになります。

 

P7102004

朝飯に食べたトルティーヤ。ようするにオムレツ。これはデカくて4ユーロもしました。醤油があると、マス・リコ(もっと美味しい)なんだけどね。

 

P7102005

Sarriaの町。ここからスタートしても、巡礼達成の証明書を貰えます。だからここから巡礼者が増えるのです。そんな100キロ巡礼者を狙って、カフェが多い。

 

P7102006

線路と高架。暑い。

 

P7102007

サンティアゴ・デ・コンポステーラまで、109.5キロ。マイルポストが500メートルおきにあって、鬱陶しい。

 

5時出発。
濃い霧。
雲海。
大地の果てを目指して巡礼中。
小さな集落で、放し飼いの犬に吠えられた。
身の危険を股間に感じました。
杖で防御できるだろうか。
あいにく剣道は苦手です。

道がわからん、わからんぞ。
闇に水音。
すぐ右手を流れてるであろう川の音が不気味です。
吸い込まれそう。

韓国人カップルが、去年はお遍路を歩いたと言ってました。
お遍路は、スペイン巡礼よりアップダウンが多くて厳しいとの噂です。
出典は、E-goくんです。

Sarriaの町で、携帯電話のOrangeへ。
携帯(データ通信含む)をひと月分延長(15ユーロ)。
USB型Wi-Fiは延長できなかったけど、全体のメモリーが2GBあることが判明。
申し込んだとき、何回も1GBであることを確認したので、地味に驚いてます。
これがスペイン人の仕事ぶりなのか。

巡礼証明書は、100km歩くと貰えます。
そのためSarriaの町から出発する人が、ムチャクチャ多いです。
アルベルゲ(宿)の争奪戦は、この町から始まります。

Sarriaからちょっと歩いて、アルベルゲ(宿)。
ワインを飲まずに仕事。
酔うと仕事にならないのです。
FACEBOOKの下品な記事に、同じテイストのコメントをしたら、なぜか他の女性へアップされてしまい、びっくりした。
そこはかとなく下品なコメントをされた女性のほうが驚いたに違いない。
お酒を飲んでいないのに、暑さに頭がやられたかな。

外は酷暑。
明るい、明る過ぎる。
いつまでも昼間。
コーラが美味過ぎる。

 

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ カフェ;トルティーヤほか
  • 昼→ カフェ:プレート
  • 夜→ MENU(定食):9ユーロ。ステーキとマッシュルームソース

スペイン巡礼/サンティアゴ・デ・コンポステラ巡礼路 スペイン ヨーロッパ 国、地域別

トラックバック用URL