-MAPS.ME-

八百屋がYukoを探せと言った。
ナマンガン→Olmalig/ウズベキスタン151228

  • 外国人料金96,000スム(4,158円)
  • 本日の走行距離 302(合計)キロ
  • Internet@ インターネットなし

ウズベキスタンはガス車が多いようです。
ガソリンは、あまり売っていません。
一軒目のガソリンスタンドは、売り切れ閉店。
二軒目も既に閉店していましたが、ボクらの顔や車が珍しいからか、特別にゲートを開けてくれました。
うちの相棒は普段オクタン価95を召し上がっているんですが、80で我慢します。

44P_3835

屋根はトタン板。これで夏は40度を越えるんだから、暑くてたまらんね。

 

町外れの関所で、渋滞40分。
ボクらは運よく荷物チェックをされず、パスポートを見せるだけ。
荷台をよってたかって調べられているトラックや、パスポートを忘れた人やら、いろいろ。

 

44P_3841

ウズベキスタンのおばさん。スカーフの模様は、雪豹ですかね。こうして顔を並べてみると、鼻の形ってずいぶん違うものですね。

 

44P_3838

定食屋の近くにいたお兄さん。なんか妙な色気があります。

 

44P_3837

カフェの店員。写真を撮りたいと言ったら、着替えてたお洒落さん。

 

44P_3842

峠越えの絶景ポイント。

 

44P_3843

昔は、ここを歩いたわけですね。

 

アプリ「MAPS.ME」で見つけたAngrenの町の宿は、ゲートが雪に埋もれてました。
夏季限定のようです。
行き場を失い、村一番の繁華街バザールへ。
八百屋の後ろに車を停め、Yukoが闇両替えへ。
八百屋のオヤジが急にYukoが心配だと言い出して、大丈夫だからとは言ったものの、危ないからと脅かしてくれるので、ふたりでバザールの入口付近を探しまわりました。
なかなかYukoが見つからず、誘拐されたかと諦めたころ、胸に札束を隠したYukoが帰還。

 

八百屋のオヤジがススメてくれた、15kmも離れた山の中の宿へ(Yangiobod)。

44P_3848

この道のずーっとずーっと先の人里離れた山中に、いい感じのホテルがありましたが、三食付きで241,000スム(約40$)。予算的に無理。

 

Angrenの町へ戻り、改めて宿を探します。
パン屋のおばちゃんに英語で訊ねて、ロシア語で返答され、スマホを見せても地図を読めず、紙を渡しても地図を描けず。
陽が暮れてから見つけたホテルは、ウズベキスタン人専用、外国人お断りでした。
このときのショックは大きい。

 

50km先の町へ、夜間ドライブ。
ゾンビのごとく車道をうろうろする歩行者、穴の空いたアスファルト、免許取り立てのヤンキーのようなドライブマナー。
一軒目のホテルは、パスポートを見せて断られました。
ウズベキスタン人専用です。
二軒目は、外国人料金96,000スム(4,161円)。
予算オーバーですが、泊まります。
闇夜のドライブに、すっかり疲れ果てました。

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ パン、ジャム、バナナ
  • 昼→ シャシリク、ショルパ
  • 夜→ ラグマン

アジア 国、地域別 中央アジア ウズベキスタン

トラックバック用URL

朝、激しいノック。
小太りおばさんが偉そうに立って、打たせ湯のようにロシア語をぶちかましてくれます。
意味不明ながらも、おばさんの一方的な情熱に比例したイライラ度が以心伝心するもので、レセプションにレジストレーション(外国人登録書)を取りに来いとのことでした。

気温八度。
首都タシケントまで、高速道路のようなフリーウェイを80km巡航。

ガソリンスタンドは長蛇の列か、休み。

ガソリンスタンドは長蛇の列か、休み。左側の看板には、24時間営業のロゴマーク。禁煙の表示はわかるのだけど、なぜか携帯禁止です。電波がガソリンを爆発させるとでもいうのかね。

 

お昼前、Booking.comで予約していた宿にチェックインし、電車通りの宿前に路駐して、すぐに外出。

タシケント駅近くのモニュメント。

タシケント駅近くのモニュメント。台座が意外にお洒落。

 

路面電車、メトロと乗り継ぎ、あらかじめ「MAPS.ME」にマーク済みのトルクメニスタ大使館へ。
守衛の指差す建物へ伺えば、なぜか韓国大使館。
違うニダっ!
トルクメニスタン大使館へ戻り、先ほどの守衛に改めて要件を伝えたところ、もう既に正月休み。
さすが働かないことでは定評のあるトルクメニスタン。
年明けの4日に出直せとのことでした。

世界一プロフが美味いプロフセンターへ。
プロフとは、羊肉のピラフです。
噛めばフルーツの甘さあり、ラム肉の風味あり、ひつこくなくあっさりとした味わいは、ちょっと脂っこい気がしないでもないけれど、世界一です。
キルギスとカザフスタンでしか食べたことないから、三国一かも。
また来よう!

テレビ塔。入場料US$15を払えず。登れませんでした。

テレビ塔。入場料のUS$15を払えず、登れませんでした。

 

宿のkind of ownerは、髭のラファエロ。
もうひとりのお髭さんは、サイエダ。
今晩だけ、ドミトリーに泊まります。
誰もいないから、個室みたいなものです。

 

Booking.comで予約した宿に一日早く到着したので、予約を取り消しました。

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ 昨夜の晩飯の残りのパン
  • 昼→ 外食「プロフセンター」27,000ソム
  • 夜→ パンとチョコレートウェハース

アジア 国、地域別 中央アジア ウズベキスタン タシケント

トラックバック用URL

魔女が牛乳絞ってました。
STEPANAVAN→トビリシ/ジョージア160308

  • Hotel Isaka(50ラリ)
  • Internet@ 宿の無料Wi-Fi

奥さん、ジョージアのビザなし滞在は一年です!
いま世界一Hotな国、ジョージアを目指します。

 

44P_5752

今日は急ぐ旅でもないので、ふらりと寄り道してみたりして…。

 

44P_5721

魔女ぐらい住んでいそうな、川沿いの小さな集落です。

 

44P_5725

魔女です。一本しかない村道で、牛乳集めしています。おばあちゃんは、戦争でアゼルバイジャンのバクーから逃げてきたそうです。茶あ飲んでけ〜。腹減ってるやろ、めしい食ってけえ〜。牛、見てけえ〜。

 

44P_5745

あんた、やだよお、日本人だってさあ。

 

44P_5747

カメラを構えているのが、牛乳集めのドライバー。

 

44P_5748

あたしゃ、こんなかっこうで、恥ずかしいおお。

 

44P_5723

まだ乗る気まんまんな感じがする放置自動車。

 

国境越えは、50分。
最短!
ジョージアは、書類なしのお手軽入国。

44P_5761

国境から一番近い村。 道路は未舗装、最悪の凸凹。

 

44P_5762

ときどき50メートルくらい舗装。 これで The ベスト。

 

ジョージアの首都トビリシ到着。
奇妙に交差した変則的交差点では、どう曲がったらいいのかわからず直進するのみ。
Maps.meにないトンネルをくぐること2回。
急すぎる坂道。
「ChinGo!」が分解しそうになる石畳。
どちらへ進んでも行き止まり。

予約せずにBooking.comの人気宿に行ったら、住所にあるのは他のホテル。
目指してた宿は歩いて数分の近所で、系列店でした。
人気店の名前で、系列店に客集めしてるんだろうか。
目指してた宿は満室だったので、ここで一泊します。
騙されたような気がしてならないのです。

 

44P_5765

メトロの駅前にある、植物の壁。 これ、ボクの温めていたアイデアです。

 

44P_5780

英語で話しかけてくる子供。フィリピン人より英語を話すんじゃないですかね、ジョージアって。サンプルは近所の子供たちだけだけど。

 

ジョージアって、ATMで米ドルが下ろせるんですね。
1ドル112円のご時世で、ATMのレートは117.53円。
手数料は5円くらいです。

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ 食べない
  • 昼→ パン
  • 夜→ 外食:Yukoはプロフ18.7ラリ

国、地域別 コーカサス ジョージア/グルジア トビリシ

トラックバック用URL

お便り

  • 笑顔の女性の写真 最高!
    お二人 元気で仲良く 無事で旅を続けていて これまた最高です。
    グリーンランド? うわぁ !!!

  • 他人の皺とかシミとか金歯は美しいよね。

    グリーンランド、行けるかなあ。。。

階段から転げ落ちるほど美味しい餃子。
トヴィスト→ハーグ/オランダ161015

  • キャンプ場(19ユーロ/2,167円)
  • 本日の走行距離 270kmキロ
  • Internet@ キャンプ場の無料Wi-Fi

我が家のヨーロッパドライブは、高速道路を使いません。
ヨーロッパで高速道路を避けて走るのは、非常に高度な技術が必要です。
「ChinGo!」は時速85〜90kmが無理するなラインなので、万が一でもアウトバーンのような速度無制限道路に迷い込めば、逝き地獄。
200km近くで飛ばしていますから、彼ら。
Yukoのハイウェイを外したルート工作は、網の目を縫うような紆余曲折。
愛用のオフライン地図アプリ「MAPS.ME」は高速道路の表示がないため、GoogleMapとのコンビネーションが事態を複雑にしています。
これはね、ヨーロッパ人でも真似できない芸当です。

 

オランダの道路はラウンドアバウト(信号のないぐるりと回る交差点)が多くて、なかなか距離が稼げません。
集落があれば50km制限だし、ほとんどの交差点はラウンドアバウトだから、その度に30kmに減速しなければならないし、うちの相棒「ChinGo!」の加速は大器晩成型だし。

 

東京のAちゃんのママ友つながりで、ハーグ在住の日本人家庭で餃子パーティに参加。
オランダを新天地として、たくましく生きるみなさんは、度胸あるし決断力もあるし、なんにしろ行動力がある。
ボクら、その三種がぜんっぜんない。
年甲斐もなく飲み散らかし、食い散らかし、喋りまくり、階段から転げ落ちるほど酔わせていただきました。

 

おまけにおかきと抹茶KITKATをお土産に頂く図々しさです。

おまけに、おかきと宇治抹茶KitKatをお土産に頂く図々しさです。

 

何かしらこのご恩に報いたいのですが、無芸大食の酒好き。
いかんともしがたいバガボンド。
かくなるうえは2年後に戻って来て、必ずや恥の上塗りをいたします。
次回は、ボクらが餃子を握りますから許してください。

 

dsc_1862

今晩のキャンプ場は、小川の横。巨大な鮒が腹を浮かべて死んでますが、鴨の親子が遊ぶ。

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ 自炊:シリアル
  • 昼→ 外食:マクドナルド
  • 夜→ 餃子パーティ

ヨーロッパ 国、地域別 オランダ ハーグ

トラックバック用URL

お便り

  • 本当に階段から転げ落ちた44さん。
    骨折れなくてよかったです、笑
    醤油のタトゥー、みそこねました!

  • 醤油ね、なかなかセクシーなんですよ。
    次回、お見逃しなく!
    乞うご期待!