-ジャカルタ-

ヤシの実を削った生首が、チビりそうに秀逸だったです。ジャカルタ五泊目/インドネシア120708

  • Onyx Residence/一泊IDR265,700(2,250円)
  • Internet@ 宿の無料Wi-Fi

家族会議。
インドネシアではバイクを買えないっつーことなので、インドネシアをどう攻めるか、一から検討しています。
北のスマトラ島へ渡るか、南へ下るか。
ビザはどの町で延長できるのか?(ここです↓)

インドネシアのビザは、公式的には一回しか延長できませんが(合計60日)、二度延長した(合計90日)「いってきま~す世界一周バイク旅」さんをリスペクトして、ボクらも挑戦したいところです。
なんせ脱出の飛行機便は、二度の延長をもくろんで、すでに9月27日を買ってしまってます。
東ティモールまで下ってしまえば、ビザも気にしなくていいんだけどね。
二十一世紀最初の独立国、東ティモールが急に気になってきました。
 
Bendungan Hilir駅です、バスが来ません。
さすが世界で四番目に人口が多いインドネシア、セマッ苦しい駅に乗客があふれています。
駅構内は風通しが悪くてべったりと暑く、新鮮な排気ガスが充満してます。
ダイヤなんて気の利いたものはないので、いつバスが来るのかさっぱりわからず、生きながらにして病気になりそうです。
一秒も急いではいませんが、立ってるだけで充電切れしそうなガラスの四十代後半です。
さんざん待ったあげく、チケットを捨てて改札を出ました。
とたん、バスが次々とやってきました。
予想通りです。
こういう裏目裏目の状況判断は、お家芸です。
 
駄目駄目なタクシーを拾いました。
チキニ駅へ行ってくれとお願いしたのに、駅らしき建物のないところで停まって、ボクらを降ろそうとします。
駅はどれなのさ?と訊くと、ちょっと困ったような薄ら笑いをして走り出します。
これを繰り返します。
面倒くさいのか、やる気がないのか、ずる賢いのか、おばかさんなのか、よくわかりません。
何がしたいんですかね、この人?
もしかして、駅を知らないだけだったりするのかもしれませんが、何を言われてもインドネシア語は「ありがとう」「冷たいお茶」と「これください」しか喋れません。
無駄な抵抗はやめて、チキニ駅へ向かってください。
 
骨董品で有名な「スラバヤ通り」を散策。
200軒くらいの骨董品屋が、ひたすら一直線に並んだ、抜群に散歩しやすい観光地です。
おススメです。
迷子にはなりません。
 
以前から集めてる、アンティークものの錠前と鍵を探しました。
ちなみにインドネシア語で、鍵をコンボ、錠前をコンチーといいます。
以前は、キューバで「古い鍵。レプリカだけど」、メキシコでは「古い鍵」「古い鍵と錠前」を買ったりしてます。
亀の形をした錠前に心惹かれましたが、IDR700,000(5,903円)をIDR500,000(4,217円)までしか値切れず、諦めました。
店のオヤジが、
ラストプライスはいくらだ?
1,300円だ!
と、胸を張りましたが、物の価値がわからぬ貧乏人よ、ふふんっ、と鼻で笑われてしまいました。
精一杯、負け惜しみの笑顔を振りまきましたよ。
 
別のお店で、一個IDR70,000(589円)と言い張る鍵を、二個でIDR50,000(421円)に値切りました。
背伸びしない、身の丈にあった買い物は、みみっちぃ。
P7085153_.jpg
お買い得情報です。
高さ80センチくらいの木彫りの夫婦像が、IDR300,000(2,530円)です↓
P7085139.jpg
舟越 桂」に通じるものがありながら、激安!
いつか買いに来よう、と密かに誓っております。
どこに飾ろうか、とほくそ笑んでます、家もないのに。
 
ヤシの実を削った生首の彫刻が、生々しくて秀逸だったです。
暗いところで突然見ると、気絶するレベルです。
たしか5,000円くらいだったです。
その手の趣味の人にとっては、見逃せない一品でした。
ほかにも木彫りのお面が、いい味だしてました。

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ 宿の朝食。ココナツスープ
  • 昼→ チキン定食。祐子は蒸し魚。アイスティー(IDR35,000/296円)
  • 夜→ ヤギのスープ。サテー、ライス。アイスティー(IDR65,000/550円)

アジア インドネシア ジャカルタ 国、地域別

トラックバック用URL

昼飯も食わず仕事。ジャカルタ六泊目/インドネシア120709

  • Onyx Residence/一泊IDR265,700(2,250円)
  • Internet@ 宿の無料Wi-Fi

一日中、宿に籠って仕事。
ときどき、昼寝。
昼飯も食わず仕事。

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ 宿の朝食。ナシゴレン
  • 昼→ 食べませんでした
  • 夜→ ソト・ブントゥッ(オックステイル・スープ)、ミゴレン、アイスティー(IDR76,000/639円)

アジア インドネシア ジャカルタ 国、地域別

トラックバック用URL

朝、イタリア修行した料理家ケンちゃんが褒めちぎった、海ぶどうを試しました。
市場の前で自転車のおばちゃんが売ってる、IDR2,000(16円)の奴です。
ココナツと唐辛子の粉を振りかけて、ずるずるっと食います。
P9246887.jpg
ちょい辛で、イケます。
 
皆さんにとっては美味しい悲報をお届けします。
カモられました。
騙されました。
宿近辺で一番レートのいい両替屋で、5万ルピー札を50枚もらい、帰宅後に数え直したら38枚に減ってました。
がびーーん、です。
いつ盗られたのか、さっぱりわかりません。
P9246891.jpg
何となく怪しいなぁと思って、祐子がお札を数える役、ボクが見張り役と作業分担まで決めていたのに、意味なかったです。
順を追って説明すると、
 
1 祐子が、両替屋のオヤジに二万円を渡す。
2 両替屋が、5万ルピー札を10枚ずつ数えて、机に置く。
3 祐子が数えて、机に置く。
4 机に並んだ50枚の札を、再び奴が数える。
ここが怪しい!
なぜもう一度数える?
 
ボクは祐子の斜め後ろから、両替屋の一部始終を見張っていました。
両替屋の両手が怪しい動きをしないか、不自然なところはないか、机の下にさりげなく札を落としたりしていないか。
全くもって、普通でした。
容疑者に不審な点なし。
犯行は未然に防げた!
と、思ってました。
 
祐子が宿のお兄さんに「騙された!」と嘆いたら、インチキ両替屋の机には、お札が落ちるほどの薄い隙間があるんだって、教えてくれました。
そう言われてみれば、両替屋は二回目に数えたあと、札束を束ねて机の上で、とんとんと揃えてました。
そこかっ!
そこだったかっ!
で、一仕事終えた両替屋は、クレームを避けてちょっとの間姿を眩ますそうです。
もうね、完璧なシナリオが出来上がってます。
 
被害額4,874円。
レート差益723円を儲けようとして、このテイタラクっす。
 
悔しさを胸に秘め、バリ島をあとにしました。
次回は無いと思えよ両替屋っ!
ま、もう二度と行かないけど。
首都ジャカルタは、雨。
祐子は、知恵熱を出して寝込みました。

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ 宿の朝食。パン一枚半。フルーツ
  • 昼→ スープ
  • 夜→ サテー(焼き鳥)とナシ(ご飯)でIDT46.000(373円)。祐子は体調悪くて食べず

アジア インドネシア ジャカルタ バリ島 国、地域別

トラックバック用URL

お便り

  • Yoshiさん、Yukoさん、初めまして。
    「マリノンノン」ブログから
    「旅々沈々」ブログを知りました!
    『お便りが嬉しい』とありましたので
    お便りを投函させていただきます。
    私はバリのデンパサール在住のナマケモノです。
    これからも「旅々沈々」を読ませていただきたいと思います。
    どうぞ宜しくお願いいたします。
    サヌールからジャカルタへ移動なさったとのことですね。
    バリでは最後にとても残念なことがありましたね。
    バリでの両替には注意が必要なのです。
    ただ、旅行者にはどこの両替所がいいのか
    判別できないですよね。
    例え外に出ている両替レートが多少高く書いてあったとしても
    お土産屋さんの店先の両替はおすすめできないのです。
    高いレートでたくさんのルピアを手に入れられる筈が
    その逆になってしまうことが多いからです。
    両替をするときには、
    両替をお願いした旅行者が手元で最後に数えて終わりに
    しなくてはいけません。
    私も昔手品のようにお金がなくなる両替所に
    遭遇したことがあります。
    バリでの悲報を耳にすると
    私は悲しくなります。
    店先で両替をやっているおっちゃんは
    バリ人なのか、他の島から来たインドネシア人なのかは
    分かりませんが、
    でも、その人は目先の個人の利益しか考えていないですね。
    そのことによってバリの印象が悪くなることなど
    全く考えていないのです。
    旅行者が楽しく旅を満喫できてこそ、
    またリピーターになりたい!と思うものなのに…。
    残念です。
    ジャカルタはインドネシアの首都で、
    またバリの事情と違っているところもあります。
    十分気をつけながら、
    且つジャカルタの良いところを満喫しながら
    旅を続けてくださいね。

  • ナマケモノさん、お便りありがとう。
    とても嬉しいです。
    デンパサール永住組みですか?
    バリ島は、想像より遥かに大都会でした。
    石像とか、割れ門とか、家具とか、買いたいものがたくさんあって、いいですね、バリ。
    買えないけど…
    両替屋の一件は、ボクらの完敗です。
    さすが世界中から旅行客を集めるバリです。
    ボクらの老眼では、バリの魔術師を見抜くことはできませんでした。
    宿の人から、「どうしてそんな両替屋へ行ったんだ」って呆れられました。
    いい歳こいて、未だに甘い話についつい乗ってしまう、欲深きボクらです。
    ま、それでも「人を憎んで罪を憎まず」の精神で、また遊びに来ますよ、バリには。
    サヌールには行かないかもしれないけど、他にも魅力的なところたくさんあるもんね。
    「マリノンノン」や「ラクエン」、「ロンボク島」とか、インドネシアの遊びたいところも増えたし。
    香港で修行を積んできます!
    これからもこのクダラナイ「旅々、沈々。」を末永くよろしくです。

  • Yoshiさん、
    早速のお返事をどうもありがとうございます。
    ナマケモノは、
    バリに住んで10年を超えてしまいましたが、
    バリに永住とも決めておらず、
    ズルズル住み続けている感じです。
    以前、ネパールに出かけたときに
    韓国人女性の旅行者に会い、その方が
    「バリはもう商業的過ぎて面白くないです」
    と言っていました。
    バリも随分と変化してきました。
    Yoshiさんが書いてくださった通り、
    「想像より遥かに大都会でした」
    という印象も納得できます。
    何だか近代的な建物が増えましたし…。
    旅の間は、ある程度緊張感を持って
    臨んでいるところがありますが、
    それでも「完敗・・・」という出来事が
    起こってしまうことがありますよね。
    「人生日々修行」でしょうか。
    私もバリに長く住んでいても
    時々詰めが甘くて「あちゃ~、やられた」と思うことが
    まだあります。
    香港、お気を付けて!
    これからも日々のお写真や文章を
    楽しみにしています。
    (私も旅したつもりになって・・・!)

  • ナマケモノさん、バリに永住とも決めず、ズルズルとは…
    いいズルズル感ですねぇ、羨ましい。
    ま、そんな人でも、あちゃ〜になるんだから、ボクらなんか隙だらけだから当然だよね。

香港の安宿のベッドは小さいらしい。ジャカルタ二泊目/インドネシア120925

  • Onyx Residence/一泊IDR265,700(2,250円)
  • Internet@ 宿の無料Wi-Fi

祐子は朝飯も食わず、寝込んだまんま。
 
最近、ストリート系の仕事してます。
こんなおっさんになって、突然のストリート系。
無理してマス。
ただボクはですね、臍の下はいつもズボンからパンツがはみ出てるから、なにげにストリート入ってるんです。
ズボンが下がってりゃ、ラッパー系かな?
NYの刑務所で、ベルトを没収された囚人系?
 
寝込んでた祐子が、むくりと起きだして香港の宿を予約。
ご苦労さまです。
香港の安宿のレビューを読むと、170cmの身長でもベッドから足がはみ出てしまうって嘆いてるのがありましたが、どんだけ背が低いんでしょう、香港の人。
あと窓がないっていうのも多いです。
窓なしは、マレーシアで慣れたから驚かないけど。
13階なのに夜はエレベーターが動かないってのは、真剣に驚くね。
飲みに行く予定があるから、絶対階段を上ることになります、しかも酔っぱらって。
どの安宿もみんな似てるなぁと思って見ていたら、住所が全部チョンキンマンション(重慶大厦)っていうのは、どうなってるんでしょう、香港の安宿事情。
食欲のない祐子の晩飯は、ローソンのおでんです。
鮭おにぎりもあったんだけど、祐子の肥えた舌を満足させられるとは思えず、やめました。

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ 宿の朝食。ミゴレン。祐子は体調が悪くて食べませんでした
  • 昼→ ミゴレンとエスティタワー(IDR19,000/154円)。祐子はヨーグルト
  • 夜→ Nissinのカップ麺と焼きそば。祐子はローソンのおでん

アジア インドネシア サバ州 ジャカルタ 国、地域別

トラックバック用URL

家族会議が決裂。っていうか、まとまらず。ジャカルタ三泊目/インドネシア120926

  • Onyx Residence/一泊IDR265,700(2,250円)
  • Internet@ 宿の無料Wi-Fi

朝早く起きた祐子ですが、昼前には寝てました。
まだ体調は良くならず。
 
明日飛行機なので、荷物の整理。
断捨離やってますが、なかなか荷物が減らないです。
貧乏性なので、捨てられないのです。
捨てた靴の紐まで、持ち歩いてるんです。
 
香港のあと、どこへ行くか家族会議してます。
インドか、ベトナムか、フィリピンか、メキシコか、再びインドネシアのロンボク島か。
インドに行く予定でしたが、何となく呼ばれてない感が強いんです。
逢いたかったアミーゴたちが、次々と帰国してしまうんです。
今年は、インドに縁がないのだとなかなか悟れなくて困ってます。
 
じゃぁってんで、グルプっクの「Lakuen」で、サーフィンに挑戦するのもいいかもね、宿の撮影もしたいし、ついでにHPも直せるし、っていうかぜひ行きたいし…。
メキシコでは、片付けたい仕事もあるし…。
フィリピンへ行けば、ハセ君の宿の立ち上げを邪魔したいし…。
バイクのヘルメットやら、キャンプ用のストーブなんかあるから、バイク旅したいし…。
結局、結論を出せず、とりあえずフィリピン行きのチケット(一人5,500円)を買いました。
ま、最悪、捨てる覚悟です。
 
とりあえず、明日香港へ飛びます。

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ 宿の朝食。ナシゴレン
  • 昼→ ローソンのパン
  • 夜→ ローソンのおでん、牛丼

アジア インドネシア ジャカルタ ロンボク島 国、地域別

トラックバック用URL

お便り

  • ゆ〜こさん、長引いてますねぇ。
    ジャカルタとの相性とかもあるのかな?
    ぜひ、うちにも、滞在して欲しいのだけど。
    乾季続きの今は、庭木が、殺伐としてて、写真映えしないかな〜という気もしてきやした。
    雨期は、キレイなんですよ、緑がいっぱいで。
    この時期、メキシコも気になり。
    ワイワイ夫妻の動向から目が離せない今日この頃。笑
    我が家の夜景・・・かっくいい。ありがとうございま〜す。^_^ //

  • 長引いてますねぇ〜。
    しかも原因不明。
    もしかしたら、あのスクーター事故かもしれんけど…。
    ルリ子さん、雨期って、いつからですか?

  • えええええ〜。
    あの時の〜?
    あの時、頭打ってましたよね・・・。汗。
    なんか、意味深な出来事ではあるな・・と思ってはいましたが。
    ちょっと、検証してみます。
    で、インドネシアは、これから、雨期に入ります。
    そんで、ふと思い出したのですが、これから、12月にかけては、雨期直前の蒸し暑くて、ハエがいっぱいになる時期でもあり。
    しかも、グルプックは、島きっての乾燥地域で、まとまった雨が降り出すのは、年が明けてから。
    写真映えして、天気がよくなるのは、3月以降とかかもなぁ〜と思ったり。
    そんで、雨期は、アウトサイドってポイントがメインになって。
    ここって、ちょっと、初心者には、厳しいポイントではあるのですよ。浅いし・・・。
    もしかしたら、4月とか、5月の連休を外した時期が、初心者サーフィンや撮影にベストシーズンかもなぁ〜と思ったりしてました。
    でも、まあ、うちは、いつでも、何度でも、オッケーですが。^^
    もう、気が向いたら、いつでも、どこでも、自宅のように使っていただいて、オッケーですよん。^^

  • ルリ子さん、ご心配おかけしてます。
    もうそろそろ大丈夫みたいです、祐子。
    たぶん、歳で回復が遅いんだと思います。
    今日スカートみたいのを買ったんで、治るでしょう。
    げっ、ホントに、グルプックを自宅のように使っていいんですか!!!!
    ありがとうありがとうありがとう。
    お礼と言ってはなんなんですが、ルリ子さん、ボクを旦那のように使ってください。
    せめてもの粗品でございます。
    でも、なるべく優しくお願いしますね。
    打たれ弱いので。
    守護霊、5だし。

  • はははは、いいですねぇ〜。そういう物々交換。笑
    私、ゆ〜こさんと違って、人使い、荒いんですよねぇ〜。うふふふふ。
    ゆ〜こさん、香港入って、調子上がってるみたいですね、良かった!
    インドネシアの洗礼、キツイですからねぇ〜何かと。苦笑。
    しかし・・・祝日で宿の値段が激高 + 満室 って、旅人には、かなり痛いですよね。
    「うちに泊まったら?」なんて、出逢いがあったらいいね・・と、妄想しときます。笑