香港の安宿のベッドは小さいらしい。ジャカルタ二泊目/インドネシア120925

  • Onyx Residence/一泊IDR265,700(2,250円)
  • Internet@ 宿の無料Wi-Fi

祐子は朝飯も食わず、寝込んだまんま。
 
最近、ストリート系の仕事してます。
こんなおっさんになって、突然のストリート系。
無理してマス。
ただボクはですね、臍の下はいつもズボンからパンツがはみ出てるから、なにげにストリート入ってるんです。
ズボンが下がってりゃ、ラッパー系かな?
NYの刑務所で、ベルトを没収された囚人系?
 
寝込んでた祐子が、むくりと起きだして香港の宿を予約。
ご苦労さまです。
香港の安宿のレビューを読むと、170cmの身長でもベッドから足がはみ出てしまうって嘆いてるのがありましたが、どんだけ背が低いんでしょう、香港の人。
あと窓がないっていうのも多いです。
窓なしは、マレーシアで慣れたから驚かないけど。
13階なのに夜はエレベーターが動かないってのは、真剣に驚くね。
飲みに行く予定があるから、絶対階段を上ることになります、しかも酔っぱらって。
どの安宿もみんな似てるなぁと思って見ていたら、住所が全部チョンキンマンション(重慶大厦)っていうのは、どうなってるんでしょう、香港の安宿事情。
食欲のない祐子の晩飯は、ローソンのおでんです。
鮭おにぎりもあったんだけど、祐子の肥えた舌を満足させられるとは思えず、やめました。

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ 宿の朝食。ミゴレン。祐子は体調が悪くて食べませんでした
  • 昼→ ミゴレンとエスティタワー(IDR19,000/154円)。祐子はヨーグルト
  • 夜→ Nissinのカップ麺と焼きそば。祐子はローソンのおでん

アジア インドネシア サバ州 ジャカルタ 国、地域別

トラックバック用URL

お便りを投函。ポトン