-ロンボク島-

朝飯に、ガソリンスタンドで買ったチーズパンを食べてます。
チーズパンなのに、チーズの気配は一切ありません。
これが、東ティモールクォリティですかね。
でも意外に美味しい。
 
東ティモールは、実におおらかな国です。
宿代を清算してもらったら、合計のみ。
ビールとかサンドイッチとか、その他もろもろの明細は語らず。
ちなみにビールの大瓶は、US$4(314円)。
一日一本が精一杯。
 
昨日のことだけど、パティオで仕事してたら、東ティモールのテレビ局に勤めているというおっさんに声をかけられました。
TBSの仕事で京都へ行ったことがあるそうです。
へー。
なんとなくうさん臭い人でね、彼。
彼、隣のテーブルでずーっと若い娘さんを口説いてました、低い声で、延々と、諭すように、真心こめて誠心誠意。
何を喋っているのかは全然わからないんだけどね、なんとなく察するわけです、口説いてるんだなって、わざとらしく抑えた声の抑揚で。
蛇の道は蛇って奴です。
 
インドネシアはバリ島の隣、ロンボク島へ飛びました。
ロンボク島唯一の飛行場に到着して、心の奥底からびっくらこかせていただきました。
マジっすか、でごさりますか!? って感じのSurprise!!
空港が引っ越してました、去年。
予約してた宿が、メチャクチャ遠くなってました。
飛行機代が2,000円しかしないじゃんって喜んでたら、タクシー代に2,000円もかかる不条理。
飛行機を予約したのは祐子、宿を予約したのは拙者。
家内分業制が招いた、縦割り行政の悲劇です。
 
agodaで予約した宿は、日本人オーナーでした。
これまた意味もなく驚いたです。
シャワーが小洒落た、今年オープンしたばっかりの新築宿です。

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ チーズパン。だけどチーズの気配はない。
  • 昼→ バクソとアイスティー
  • 夜→ 機内食のパン

アジア インドネシア マタラム(スンギギ) ロンボク島 国、地域別

トラックバック用URL

パティオに面したベランダで、仕事。
 
スンギギビーチ方面へ散歩。
荷物を頭に乗せて歩く女性。
漁船が並ぶ浜。
P9016540.jpg
魚を大量に焼く女性。
木陰で昼寝する男性。
 
食堂の缶コーラが黄色く汚れてて、不気味でした。
きれいに拭かなきゃ、気持ち悪くて飲めやしない。
 
昼寝。
祐子は仕事。
 
晩飯のミアヤム(チキンラーメン)が、さわやかに美味しかった。
飾り気のないチキンスープに、地味な麺がよくあう。
忘れられない一品。

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ 宿の朝食。ホットサンドとフルーツ、紅茶
  • 昼→ ナシゴレンとコーラ。祐子はミゴレンとパパイアジュース
  • 夜→ ミアヤム(チキンヌードル)。祐子はバクソ(肉団子)。アイスティー(IDR32,000/216円)

アジア インドネシア マタラム(スンギギ) ロンボク島 国、地域別

トラックバック用URL

スクーターを借りて(IDR50,000/408円)、スンギギ方面へドライブ。
海岸線をのんびり攻める、風爽やか。
背の高いパームツリー、起伏のある海岸線。
軽トラックに荷台に詰め込まれた少年少女。
スンギギを過ぎると車も少なくなります。
 
ついつい牛ごときで、写真撮っちゃいます。
P9026546.jpg
浜辺のバックに、植林されたパームツリーが続く。
P9026550.jpg
道ばたに並んだ瓶は、ガソリンです。
1リットルごとに買えて、IDR5,000(40円)。
いつでもどこでも給油できて、楽です。
P9026558.jpg
猿。
可愛い奴。
P9026575.jpg
垂乳根の母。
もっとやさしくくわえてください。
P9026579.jpg
船よ、何処へ。
P9026588.jpg
日没を待つ。
P9026605.jpg
P9026606.jpg
こぼれ落ちそうな夕陽。
P9026621.jpg
P9026631.jpg
沈む。
平和な一日だったです。

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ 宿の朝食。パンとフルーツ
  • 昼→ ナシチャンプルーとアイスティー
  • 夜→ イカの串焼きと焼き魚。ジュース

アジア インドネシア マタラム(スンギギ) ロンボク島 国、地域別

トラックバック用URL

お便り

  • 素晴らしい夕日。平和で静かなロンボクの一日が目に見えるよう。良かった、良かった。
    我々、マルセイユを出てローマへ。いざ、ローマ空港からブエノスへ。再度 南アメリカ放浪へ 行ってまいりまする。

  • 牛美さん、ロンボクは平和だったんだけどね、ギリトラワガンで…
    お、おふらん…、…されて…、全身が…、赤…
    ティエリには内緒だけど…
    ボクらも南米Parts2、行きます。
    二月にメキシコを目指してます。
    そのまま南下。
    たぶんまたウシュアイアまで。
    いつまでいるの?

  • お二人ともおげんきそうですね。
    私は今ラスベガスの空港です。
    ラスベガスでは散在もせず、友達に会って終わりましたよ。
    なかなかインターネットがないので、
    早めに空港に来てばっちりとタダネット楽しんでいます。
    4年前と違って、殆どタダになったような気がします。
    南米行きたかったけど、どうなるのでしょうか?
    フロリダ滞在した後は、NYに上がって、
    結局アメリカ一周するかもしれません。
    やっぱりネットが繫がるアメリカにいると楽ですよ。
    そちらも来年は南米ですか?
    冬をそこで過ごすことになりそうですね。
    皆さんのようにずっと旅をすることはできませんね。
    アメリカだと最財してしまいますよ。
    これでも閉めていますが、いつまで持つのでしょうか。

  • いい物件が見つかるといいね。
    アメリカ、一周するの?
    それはいいなぁ。
    来年は、二月にメキシコ、そのまま南米へと思ってます。
    南米で会えるかな? テリーさん

〈写真あり〉この宿、詐欺じゃないっすか? マタラム(スンギギ)→ギリトラワガン/ロンボク島/インドネシア120903

小島ギリトラワガンへの船に乗るには、まず馬車。
騎手に、騎手と呼ぶのかどうかは知りませんが運転手に、IDR25,000(204円)を要求されました。
けどね、あらかじめ宿「Ressa Homestay」から、適正価格を教わっていたので問題なし。
胸を張ってIDR15,000(122円)で通しました。
「122円で走りなさい!」
実際には、Pleaseを連発してたわけです、気が小さいので。
ぺこぺこしたけど、だいぶ気苦労が減りました。
なんせいつも相手の時間あたりの稼ぎと、昼飯代の相場とか、子どもの人数とか家賃とかを、知りもしないのに考慮してましたから。
馬車は、馬糞の匂いと、原型を留めぬままに破れたシート。
すり減って溝のなくなったタイヤ。
粗末な乗り物ほど、旅っぽい。
 
道中、ガイドブックにもある通り、代理店のマージン分料金が高くなるチケット屋へ連れて行かれそうになりましたが、これまた自信たっぷり拒否できました。
「このまままっすぐ船着き場へ向かいなさい!」
情報戦の勝利です。
風がことのほか気持ちいい。
 
膝まで海に浸かりながら、ざぶざぶと小舟に乗り込む。
桟橋なんて気の利いたものがないのが、むしろ風情があってよろしい。
客席以上の乗客、冷蔵庫、ベッド、水タンクほかいろいろ満載で、沈みそうに揺れながら出発進行。
波間に消えてしまいそうな頼りない船、いい感じです。
喫水線をはるかに越える波、顔にかかる水しぶき。
旅だねぇ。
 
最近開発が目覚ましいと噂の小島、ギリトラワガンへ上陸。
狭いながらもテーマパーク並みの人ごみと、走り抜ける馬車。
島には、車もオートバイもないのがいい。
Wi-Fi無料のカフェで昼飯を食いながら、「agoda」で宿を予約しました。
これが大失敗。
部屋が、写真と全然違う↓
上が「agoda」の写真です。
294439_120123181724333_STD.jpg
トイレのドアは、5センチ以上の隙間を作って閉まらない。
部屋の掃除が終わってない、ゴミ箱にゴミ。
第一、バンガローじゃない。
これで同じ値段とるの?
って三回言ったら、IDR230,000(1,879円)ほど現金を返してくれました。
それにしても、部屋でWi-FiができるとWebにあるのに、電波を拾えない。
これ、詐欺じゃないっすか?
確信犯じゃないっすか?
その晩寝たら…

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ 宿の朝食。パン
  • 昼→ BLTと紅茶。祐子はサーモンサンドイッチとジュース
  • 夜→ ピザ。ビールとジュース

アジア インドネシア ギリトラワガン ロンボク島 国、地域別

トラックバック用URL

全身をダニに犯されまくった夜。ギリトラワガン二泊目/ロンボク島/インドネシア120904

フランス人オーナーに騙された、と思われるボクらです。
 
ほとんど眠れませんでした。
一晩中ベッドバク(南京虫か、ダニ)に犯されてました。
DSC04794.jpg
いきなりのSexy写真、失礼しました。
あえて言いませんが、祐子かボクのどちらかの背中です。
全身が真っ赤に染まり、うずいて痒いです。
祐子は、鼻の下まで刺されてます。
コノウラミ、ハラサズデオクベキカ…
エコエコアザラク、エコエコアザラク…
恨みつらみが怒髪点を突き抜ける一ミリ手前で、瞬間冷却してます。
下唇と噛み締めて、ダニヲニクンデ、フレンチヲニクマズ”。
苦難に負けない強い精神が、育ちそうです。
メルシーっ!
 
同じ敷地内のバンガローへ引っ越しました。
こちらが本来の予約した部屋だと思います。
たぶん昨夜はダブルブッキングかなんかしたんで、隣の安宿へ押し込んだんでしょう。
一言も説明しないで。
一言も説明しないで。
一言も説明しないで。
 
海に面した宿のフリースペースで、ほぼ終日仕事。
気まぐれに遊びに来る子猫と、股をおっ広げて眠る西洋人の娘さん。
 
晩飯にハンバーガーを頼んだら、思いっきり生でした。
焼き直してもらったら、ハンバーグはカッチカッチに固く焼け、風味もクソも飛んでしまってました。
黙ってハンバーガーをカリコリと食らう。
焦げ臭い、赤い月が浮かぶ夜。
あちこち痒い。

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ 宿の朝食。サンドイッチ。祐子はパンケーキ
  • 昼→ ナシゴレンとアイスティ。祐子はミゴレンとジュース
  • 夜→ ハンバーガーとビール。祐子もハンバーガー、ジュース

アジア インドネシア ギリトラワガン ロンボク島 国、地域別

トラックバック用URL