-ミゴレン-

パティオに面したベランダで、仕事。
 
スンギギビーチ方面へ散歩。
荷物を頭に乗せて歩く女性。
漁船が並ぶ浜。
P9016540.jpg
魚を大量に焼く女性。
木陰で昼寝する男性。
 
食堂の缶コーラが黄色く汚れてて、不気味でした。
きれいに拭かなきゃ、気持ち悪くて飲めやしない。
 
昼寝。
祐子は仕事。
 
晩飯のミアヤム(チキンラーメン)が、さわやかに美味しかった。
飾り気のないチキンスープに、地味な麺がよくあう。
忘れられない一品。

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ 宿の朝食。ホットサンドとフルーツ、紅茶
  • 昼→ ナシゴレンとコーラ。祐子はミゴレンとパパイアジュース
  • 夜→ ミアヤム(チキンヌードル)。祐子はバクソ(肉団子)。アイスティー(IDR32,000/216円)

アジア インドネシア マタラム(スンギギ) ロンボク島 国、地域別

トラックバック用URL

猿がいる峠。ギリトラワガン→マタラム/ロンボク島/インドネシア120913

  • カランバルー(Karang Baru)、コマンホ?ムステイ(本当はKomang Innなんですが、こちらの 俗称の方が通じます)
  • Internet@ 宿の無料Wi-Fi

妙に揺れる船に乗って、軽く吐きそうになりながら、ロンボク島本島へ上陸。
馬車に乗って、タクシー乗り場へ。
信頼のブルーバードグループのタクシーに乗り換え、スンギギ回りではなくてプスックという猿山峠経由で、あまたの猿を眺めながらマタラムの宿へ。
オーナーのK美さんとお喋りして、図々しくちゃんぽんを作ってもらい、仕事して、寝ました。
とんこつじゃなくても豚骨味のチャンポン、美味しかったです。
イスラム教御法度の豚関係ですが、この辺はヒンドゥ教が多く住む地区なので問題ありませぬ。
というわけで、犬もたくさんいるわけです。
というわけなのに聞こえる、アザーン。
異教徒のお祈りを毎日聞くというのは、どうなんですかね。
 

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ 宿の朝食。パンと卵焼き、フルーツサラダ。祐子はバナナホットサンド
  • 昼→ ちゃんぽん
  • 夜→ ミアヤムバクソ。祐子はミゴレン。アイスティー

アジア インドネシア マタラム(スンギギ) ロンボク島 国、地域別

トラックバック用URL