-ユダヤ自治州-

日本人、みな友達。頓挫したユダヤ人国家のアンドレイ。
ハバロフスク→ビロビジャン/ロシア18泊目150904

  • アンドレイの洗車場の駐車場(無料)
  • 本日の走行距離 210(3,029)キロ
  • Internet@ ・ポケットWi-FiSIMカード/50GB(30日間/1,550ルーブル/2,838円) ・スマホ用SIMカード/5GB(600ルーブル/1.098円)

ロシアは「極端」です。
省エネ効果を狙い、2011年に一年365日を夏時間(Daylight Saving Time)に設定。
冬になっても、時計を変えない政策です。
しかし東西にやたらと長いお国柄、冬の朝が辛くなった地区から苦情が殺到し、あっさりと去年の7月に夏時間を廃止します。
今では、一年中冬時間です。
極端は、怠け者と頑固者のご都合主義ですが、社会主義の神髄かもね。

今頃ですが、サハリンの最北端の町オハから、さらに森のなかを北上したときの動画です。
目的地のない、悪路のドライブをご覧ください↓

 

高校のころ、隣のバス停から乗ってくる少女に憧れたものです。
その少女が淑女か熟女になってから謎の腹痛を起こした街が、ここハバロフスクです。
坊主頭ですが、何気に後ろ髪を引かれる思いで、街を去ります。

西へ向かう舗装道路は、ところにより肌荒れしています。
ロシアの踏切は、遮断機が降りると絶対に車が侵入しないように、道路から鉄の板が上がります。
絶対に、という姿勢が社会主義的だし、鉄の板がぼろぼろに壊れているあたりにソ連の香りが漂います。

44P_1735

細い煙突から、時代遅れの黒煙。ロシアもこの辺りまで田舎になると、光化学スモッグとか、PM2.5とか、地球温暖化とか関係ないようです。

 

一度だけカフェで休憩し、夕方にハバロフスクから190km西の町ビロビジャン着。
スタヤンカ(有料駐車場)を探して町をさ迷う。

 

44P_1745

その辺を歩いていたおじさんに、「寝られるスタヤンカ(有料駐車場)を知りませんか?」と尋ねたら、ここに泊まっていけよと、洗車場を案内してくれたアンドレイ。

 

44P_1765

今宵の寝台は、アンドレイの経営する洗車場の駐車場。一泊いくらって訊いたら、友達からお金は受け取れないと拒否られました。日本人は皆、アンドレイの友達なのです。スパシィーパ(ありがとう)。

 

知らない人の車には乗らない事、という家訓が我が家にありますが、あまり真剣に発令されません。
アンドレイに誘われるまま、彼のTOYOTA ハイラックスサーフに乗ってドライブ。

中国との国境警備に神経質なロシア軍基地まで出向き、「日本人がやって来たから、ミサイルでも見せてやってくれないかなぁ」と兵士に声を掛けてくれましたが、はっきりと断られていました。
そりゃそうだよね、どこの誰だかわからない自称日本人に、大陸弾道弾とか、地対空ミサイルとか、テポドンとかを見せてくれるわけないよね。

三人で、ビラ川に沿った遊歩道を散歩。

44P_1761

ビロビジャンの町は、ユダヤ自治州の州都です。ビラ川を背にするアンドレイ。妻一人子一人。以前は自動車関連の仕事で、博多やら門司やらへ出張すること時々。

 

44P_1758

ビロビジャンの町は、ソ連政府が建設したユダヤ人国家です。フルシチョフが、ユダヤ人は農耕に適さず、集団生活を厭う個人主義者ばかりだと決めつけたので、計画は頓挫しました。(出典→

 

44P_1753

町を見下ろす丘。 手前右側の建築中の建物は、警察です。

 

洗車場に戻って、アンドレイから珈琲をご馳走になり、一緒に夕焼けを眺める。

 

44P_1768

暮れゆくビロビジャンの町の光と影のなか♪

 

観光地を旅行すると観光客を狙う手合いに狙われ、観光客の来ない土地を旅すると、ローカルの好奇心に晒されます。
ロシア人の好奇心は、暖かい。

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ パン、蜂蜜、桃
  • 昼→ 韓国製カップ麺(ひとつ35ルーブル)
  • 夜→ 自炊:「タケルくん」で炊いたご飯とすじこ。缶詰

ヨーロッパ 国、地域別 ロシア ハバロフスク地方 ユダヤ自治州

トラックバック用URL

ロシアのトイレは95%の確率で、ボットン式(我が家調べ)。
ビロビジャン→ザビティンスクの近く/ロシア19泊目150905

  • ガソリンスタンドの駐車場(無料)
  • 本日の走行距離 408(3,437)キロ
  • Internet@ ・ポケットWi-FiSIMカード/50GB(30日間/1,550ルーブル/2,838円) ・スマホ用SIMカード/5GB(600ルーブル/1.098円)

毎日、ボットン式トイレに身を捧げています。
有人飛行までする科学の国ロシアですが、ホテル以外は95%以上の確率で、穴を掘っただけのトイレなのです(旅行の仕方に問題ありますが)。
壁と屋根があるとはいえ、板張りの床に楕円形の穴が開いているだけの、プリミティブなトイレです。

44P_1784

写真に撮りたくなるほど、今までで一番お洒落なボットン式。

 

バキュームカーなんて洒落た回収車が来るとは思えず、どの穴ものど元までキャパ一杯です。
お釣りを返す余裕はありません。
散乱したトイレットペーパーの白さが目に染みますが、アンモニアかもしれませんね。
それでも誤爆したブツを見ることがないのは、中国と長い国境を接しているわりには、ハラショーです。

ロシアの車は、日中でもライトを点灯して走ります。
安全のためというより、ライトがつくことを自慢しているだけです、きっと。
地元民の運転は、普通に乱暴です。
対向車が来てても、追い抜きします。

毎日多くのロシア人と接していると(一日にふたりくらい)、日本人であればそれだけで愛してくれます。
彼らは、なにかにつれ中国と比較してくれるので、助かります。
日本人がいかに信頼に足るべき民族であるか、Made in Japanが壊れないで丈夫であるか、媚びるように褒めてくれます。
それもこれもTOYOTAとかMITSUBISHIとかHONDAとかNISSANとかMAZDAとかISUZUとかKOMATSUとか家電メーカーとか、世界を席捲したプロジェクトXの弛まぬ努力の賜物です。
直接、関係各位の皆様にお会いして、手を握り、頭を深々と下げてお礼を申し上げ、ご馳走になりたいくらいです。

44P_1773

森がなくなり、平原が出現。

 

44P_1786

平原が続く。

 

44P_1781

休憩中。暑いけど風は冷たい。

 

44P_1780

森を開拓したようだけど、何かを栽培している様子もなく、牛も馬も豚も鶏もなにもいない。もちろん人の気配もない。コルホーズの残骸ですかね?

 

ロシア内で、時差が発生しました。
11時半に時計を見たのに、一時間後も11時半なのです。
一時間も一日が伸びたと喜ぶほど、ボクは単純ではありません。
腹が減ったので、早くお昼ご飯を食べたいのです。

どこかの集落の入口で、警察官に呼び止められましたが、ズトラストビーチェ(こんにちは)と挨拶したら笑われてしまい、無罪放免。
善良系笑顔の勝利です。

ザビティンスクという小さな集落で、寝られる駐車場を探しましたが、見つけられませんでした。
食料品店のおばさんはホテルの駐車場に泊まればいいさと安請け合いしてくれましたが、ホテルのオーナーにはっきりと断られました。
残念ですが、オーナーに一理あります。

今夜は、幹線道路にあるガソリンスタンドの駐車場に寝ます。
後部座席に寝床を用意しましたが、まだ16時。
強烈な西日を浴びながら、車のなかで仕事。

44P_1788

今夜の駐車場。もちろん無料です。

 

44P_1793

車のなかで、仕事少々。ハッチバックを開けていると気持ち良い風が入ってくるけれど、うるさい蠅も侵入してくる。

 

44P_1791

寝る時は、覗かれないように窓を隠します。

 

 

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ カフェ:ピロシキとか(130ルーブル/229円)
  • 昼→ チーズパン、バナナ
  • 夜→ カフェ

未分類 ヨーロッパ 国、地域別 ロシア ユダヤ自治州

トラックバック用URL

〈五代目の相棒マツダスクラム4wd〉
ロシアを5,720km走りました。

8/18に稚内からフェリーに乗り、今日まで23日。
5,720km走りました。
下の地図の18番までです。

ロシアでは、スタヤンカと呼ばれる有料駐車場に泊まるつもりでいるのですが、スタヤンカを見つけられず、ほとんどカフェやガソリンスタンドの駐車場に泊まっています。
宿泊代はかかりませんが、トイレはボットン式の小屋です。
シャワーはないので、いつも頭が痒いです。
カフェの珈琲は、基本的にネスカフェです。
15ルーブル(26円)くらいなので、よく休憩します。
意外に飯も安くて、ふたりで300ルーブル(535円)ぐらいです。
毎日、ボルシチを食べています。
ガソリンも安いです。
一リットル36.5ルーブル(65円)だったり、それ以上だったり。

 

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

Column ヨーロッパ 国、地域別 五代目の相棒マツダスクラム4WD ロシア サハリン ハバロフスク地方 ユダヤ自治州 アムール州 ザバイカリエ地方

トラックバック用URL