日本人、みな友達。頓挫したユダヤ人国家のアンドレイ。
ハバロフスク→ビロビジャン/ロシア18泊目150904

  • アンドレイの洗車場の駐車場(無料)
  • 本日の走行距離 210(3,029)キロ
  • Internet@ ・ポケットWi-FiSIMカード/50GB(30日間/1,550ルーブル/2,838円) ・スマホ用SIMカード/5GB(600ルーブル/1.098円)

ロシアは「極端」です。
省エネ効果を狙い、2011年に一年365日を夏時間(Daylight Saving Time)に設定。
冬になっても、時計を変えない政策です。
しかし東西にやたらと長いお国柄、冬の朝が辛くなった地区から苦情が殺到し、あっさりと去年の7月に夏時間を廃止します。
今では、一年中冬時間です。
極端は、怠け者と頑固者のご都合主義ですが、社会主義の神髄かもね。

今頃ですが、サハリンの最北端の町オハから、さらに森のなかを北上したときの動画です。
目的地のない、悪路のドライブをご覧ください↓

 

高校のころ、隣のバス停から乗ってくる少女に憧れたものです。
その少女が淑女か熟女になってから謎の腹痛を起こした街が、ここハバロフスクです。
坊主頭ですが、何気に後ろ髪を引かれる思いで、街を去ります。

西へ向かう舗装道路は、ところにより肌荒れしています。
ロシアの踏切は、遮断機が降りると絶対に車が侵入しないように、道路から鉄の板が上がります。
絶対に、という姿勢が社会主義的だし、鉄の板がぼろぼろに壊れているあたりにソ連の香りが漂います。

44P_1735

細い煙突から、時代遅れの黒煙。ロシアもこの辺りまで田舎になると、光化学スモッグとか、PM2.5とか、地球温暖化とか関係ないようです。

 

一度だけカフェで休憩し、夕方にハバロフスクから190km西の町ビロビジャン着。
スタヤンカ(有料駐車場)を探して町をさ迷う。

 

44P_1745

その辺を歩いていたおじさんに、「寝られるスタヤンカ(有料駐車場)を知りませんか?」と尋ねたら、ここに泊まっていけよと、洗車場を案内してくれたアンドレイ。

 

44P_1765

今宵の寝台は、アンドレイの経営する洗車場の駐車場。一泊いくらって訊いたら、友達からお金は受け取れないと拒否られました。日本人は皆、アンドレイの友達なのです。スパシィーパ(ありがとう)。

 

知らない人の車には乗らない事、という家訓が我が家にありますが、あまり真剣に発令されません。
アンドレイに誘われるまま、彼のTOYOTA ハイラックスサーフに乗ってドライブ。

中国との国境警備に神経質なロシア軍基地まで出向き、「日本人がやって来たから、ミサイルでも見せてやってくれないかなぁ」と兵士に声を掛けてくれましたが、はっきりと断られていました。
そりゃそうだよね、どこの誰だかわからない自称日本人に、大陸弾道弾とか、地対空ミサイルとか、テポドンとかを見せてくれるわけないよね。

三人で、ビラ川に沿った遊歩道を散歩。

44P_1761

ビロビジャンの町は、ユダヤ自治州の州都です。ビラ川を背にするアンドレイ。妻一人子一人。以前は自動車関連の仕事で、博多やら門司やらへ出張すること時々。

 

44P_1758

ビロビジャンの町は、ソ連政府が建設したユダヤ人国家です。フルシチョフが、ユダヤ人は農耕に適さず、集団生活を厭う個人主義者ばかりだと決めつけたので、計画は頓挫しました。(出典→

 

44P_1753

町を見下ろす丘。 手前右側の建築中の建物は、警察です。

 

洗車場に戻って、アンドレイから珈琲をご馳走になり、一緒に夕焼けを眺める。

 

44P_1768

暮れゆくビロビジャンの町の光と影のなか♪

 

観光地を旅行すると観光客を狙う手合いに狙われ、観光客の来ない土地を旅すると、ローカルの好奇心に晒されます。
ロシア人の好奇心は、暖かい。

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ パン、蜂蜜、桃
  • 昼→ 韓国製カップ麺(ひとつ35ルーブル)
  • 夜→ 自炊:「タケルくん」で炊いたご飯とすじこ。缶詰

ヨーロッパ 国、地域別 ロシア ハバロフスク地方 ユダヤ自治州

トラックバック用URL

お便りを投函。ポトン