-September 2015-

文句を言いたいが、「こんにちは」と「ありがとう」しか言えない。
ワニノ二泊目/ロシア13泊目150830

  • ワニノホテル(朝食付き/2,200ルーブル/4,106円)
  • Internet@ ポケットWi-Fi(24GB/1700ルーブル/3,211円)

朝っぱらから、「Jaboo」の指輪を編むYuko。

バイク旅のMさんを出迎えるため、宿の引っ越し。
町を代表する「ホテルワニノ」は、黙っていると3,200ルーブル(5,860円)の部屋に通され、安い部屋はありませんかと尋ねると、2,200ルーブル(4,106円)の部屋を案内してくれます。
安い部屋でもトイレシャワー冷蔵庫Wi-Fi、朝食付き。
シャワーのお湯加減と威勢の良さにハラショー!

16時ごろ、Mさん到着。
550km西のハバロフスクから、お疲れさまでした。
Mさんのバイク「ワルキューレ」が重過ぎて、駐車場に入れるだけで一苦労。

隣のブロックにあるスーパーマーケットで、食料品の買い出し。
酒屋コーナーの奥から、Mさんの悲鳴あり。
サーバーに空きペットボトルをセットして、ビールを注入します。
チキンとかパンとか、豪勢なおつまみ類はMさんのおごりでした。
ロシアくんだりでご馳走になり、ありがとうございます。

夜、Mさんの部屋で宴会。
ゲストは、お母さんの遺骨を埋めに来たMくん46歳。
Mさんとの再会を祝して、Seijiくんから頂戴した秘蔵の日本酒をいただく。
85ルーブル(157円)の偽物のイクラとキャビアは、容赦なく不味い。
Mさん情報によると、この先の道路状況は、モンゴルの道路は多少ガタガタしてて、中央アジアは完璧に舗装。
安堵の吐息が、尻の穴からコボレマス。

スーパーマーケットで日本の焼そばのカップラーメンが98ルーブル(181円)とあったので、こいつは安いと喜んで買ったら、なぜか176ルーブル(325円)でした。
売り場では安く、レジを通すと高い、こんな風に騙されること二度目です。
文句を言いたいけれど、「こんにちは」と「ありがとう」しか言えないのです。

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ 自炊:クラッカーとジャム、ヨーグルトとジャム
  • 昼→ カップ麺(ふたつで68ルーブル/126円)
  • 夜→ Mさんの部屋で宴会。ご馳走になりました

ヨーロッパ 国、地域別 ロシア ハバロフスク地方

トラックバック用URL

ロシア語指差し会話帳を作りました。
ワニノ→リドガ/ロシア14泊目150831

  • ホテルの駐車場(無料)
  • 本日の走行距離 359(2,592)キロ
  • Internet@ ポケットWi-Fi(24GB/1700ルーブル/3,211円)

ワルキューレの車掌さんM氏、お母さんの遺骨を抱くMくんとの別れ。

土曜日に解決したと思われたエンジンランプが、またもや点灯しっぱなしになりました。
戻る気にもなれないので、恐る恐る西へ進みます。
4kmと30kmのダート、崩壊寸前の木造橋12本。

老夫婦の乗ったダイハツミラに抜かれ、赤帽の車とすれ違い、坂道で佐川急便を追い抜き、駐車中の西濃運輸に黙礼。

44P_1621

昼飯を食べるところ。ご飯は得意の「タケルくん」で炊きます。おかずは缶詰。

44P_1623 44P_1626 44P_1630 44P_1632

どういうわけか、ポケットWi-Fiが通じません。
ひと月で24GBのSIMカードだから、使い切ってしまったとしたら一日に1GBも使ったことになるわけで、そんなわけないじゃんと思うわけです。

リドガの人の気配のない集落から11kmも離れた、カフェ兼ホテルの前の駐車場に泊まります。

44P_1639
ホテルの支配人が、
「うちはホテルなんだから、駐車場じゃなくて部屋で寝ればいいじゃん」
まったくもっておっしゃるとおりでございます。

カフェで珈琲を一杯やりながら、ロシア語指差し会話帳を作りました。

44P_1636

窓の外は、交尾する犬。

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ ホテルの朝食
  • 昼→ 「タケルくん」でご飯を炊いて、缶詰
  • 夜→ カフェ(465ルーブル/851円)

ヨーロッパ 国、地域別 ロシア ハバロフスク地方

トラックバック用URL

〈五代目の相棒マツダスクラム4wd〉
エンジンランプが付きっぱなしになる件は、大丈夫みたい。

ロシアをドライブして二週間。
エンジンランプが付きっぱなしになること、二回です。
一回目は、ワニノのメカニック「セルゲイ」と「アレクサンダー」に診てもらいました。
二回目はハバロフスクで、またもや「セルゲイ」です。
どちらも測定器で計測して、一ミリも理解できないロシア語で説明され、笑われただけです。
特別どこかを開いたり閉じたり、いじくったりまさぐったりしていませんが、エンジンランプが消えたので、良しとしました。
ふたり目「セルゲイ」の測定器のメッセージは↓

メッセージは、P0420 CATALYST SYSTEM EFFISIENCY BELOW THRESHOLD (BANK1) 訳すると、入口の下の触媒効率、ですかね。

メッセージは、P0420 CATALYST SYSTEM EFFISIENCY BELOW THRESHOLD (BANK1)
訳すると、入口の下の触媒効率、ですかね。

 

故障じゃないみたいだけれども、なんとなく鼻毛がはみ出ているかなぁ程度に心配していたところ、札幌の「TIGERMOBILE(タイガーモービル)」さんから、下の記事を紹介されました。

 

スクリーンショット 2015-09-02 12.16.02

「どうも、検出レベルが厳しいのではないかと思われる」とのことでした。

 

ということで、大丈夫だと思い込むことにしました。
昨日一昨日とランプを点灯させながら300km以上走りましたが、特に問題や異常を感じられなかったし。

posted by 44と書いてyoshiと読みます。 | Sep 02, 2015

Column 五代目の相棒マツダスクラム4WD

トラックバック用URL

お便り

  • O2 センサーがエラーを感知しているみたいですね。
    走りに問題なければそのまま行きましょう。

    念のため、たまにインジェクタークリーナーまたはハイオクを入れると良いかもしれません。

    スパシーバ

  • 大将、ロシアはガソリンが安いので、しばらく95を飲ませてみます。
    ちなみに92だと、リッター65円です!

エンジンランプを解決し、SIMカードを購入。
リドガ→ハバロフスク/ロシア15泊目150901

  • ホステル/www.hotelkovcheg27.ru(一泊1,500ルーブル/2,747円)
  • 本日の走行距離 227(2,819)キロ
  • Internet@ ホテルの無料Wi-Fi

昨日からエンジンランプが、点灯しっぱなしです。
鼻の上にとまった蠅のように気になりますが、都会へ行けばなんとかなるだろうと、ハバロフスクへゆっくりと急ぎます。
途中カフェで朝飯を食べて、洗面所で歯を磨き、10ルーブル(18円)払ってトイレを借りました。
キッチンペーパーみたいな紙を一枚しかくれませんで、そんなんで尻が拭えますか、と思わなくもないのですが、口から出てくる言葉は「スパシーパ(ありがとう)」。

お昼前に、百万都市のハバロフスクに到着。
速攻で、沿道の車修理屋さんに飛び込み。
すみません、エンジンランプが付きっぱなしになりまして、診てくれませんか?
今エンジンをかけますねって、通じていない英語で話しかけながらエンジンを始動したら、エンジンランプは綺麗に消えてなくなりました。
あれれ、です。
再現性のないトラブルほど、厄介なものはありません。
いきなり二の句がつげない。

DSC02960

それでも測定器を接続して、いろいろ丁寧に説明してくれる心優しいメカニックです。 しかしいかんせんロシア語。カエルの鳴き声以上に意味不明です。

 

メッセージは、P0420 CATALYST SYSTEM EFFISIENCY BELOW THRESHOLD (BANK1) 訳すると、入口の下の触媒効率、ですかね。

測定器のメッセージは、P0420 CATALYST SYSTEM EFFISIENCY BELOW THRESHOLD (BANK1)
触媒に問題あり、ってことですかね。

 

DSC_0019

彼が描いてくれた説明図。 オクタン価が92だからいけないのか? O2というのは、酸素なのか? 謎に迫っているようで、一ミリも謎は浅くならない。

 

DSC_0017

ここの接触が悪かったかもしれないよ、ってなことを言ってた気がします。抜いたり差したりしたら、測定器のある部分の計測値がゼロだったのが、変わりましたから。

 

なんにしろどこかを修理する必要はないようで、笑って終わりでした。
「この車でカザフスタンへ行くのか! ガハハハハ」
お代500ルーブル(890円)。

44P_1641

今回お世話になったハバロフスクのメカニック、セルゲイ。今までに4人のロシア人男性と知りあいましたが、ふたりがアレクサンダー。残りがセルゲイです。ロシアには、セルゲイとアレクサンダーしかいないです。

 

とりあえずエンジンランプは一件落着。
ホステルを探します。
ネットに繋がっていなくても使える地図アプリ「Maps. Me」のお陰で、車屋さんからそう遠くないところに、いい感じのホステルを発見。

44P_1657

新築。綺麗です。部屋が広くて、今までの最安値です。

 

Maps. Me」は、旅の必需品になりました。
方向音痴の権化のボクらが、なんせ地図なしでドライブして、一度も道に迷ったことがないのですから、神業です。

44P_1642

広過ぎる部屋。

 

44P_1644

珍しいことに、天井の素材に光沢があります。トイレシャワー付き。共同キッチンも広くて綺麗。

 

部屋に荷物を置き、外へ出て携帯屋というか通信会社の「MTC」を探します。
昨日からネットに繋がらないのです。
それにしてもハバロフスクは暑い。
長ズボンが苦痛です。

44P_1647

さすがロシア。「おちてぶ」が、いっぱいあります。

 

近所でMTCのオフィスを見つけられず、4km離れたハバロフスク駅へドライブ。
ワンブロック離れた裏道に路駐し、駅前通りのMTCへ。
親切な店員を独り占めしてSIMカードを入手しましたが、微妙にわからないことだらけです。

44P_1649

ハバロフスク駅。妙に綺麗です。ワンブロック離れるだけで、路上駐車できます。向かって左手に立体駐車場がありまして、泊まることもできます。

 

44P_1654

ロシアのマクドナルドと呼ばれるGolden Bird。ハンバーガーは、待たされないだけあって冷たく、食べていると白いマヨネーズっぽい液体がだらだらこぼれてきます。腹が減っていると普通に美味いです。Golden Birdは、基本的にチキン屋さんです。

 

晩飯のカップラーメン。韓国製。

晩飯のカップラーメン。韓国製。右側の黄土色は、特徴のない味が記憶に残らなくて美味しい。

 

探検家ハバロフの名にちなんだハバロフスク。
アムール川の東側は、清から割譲された土地です。
ロシア人の友達クリスティーナが言うには、アムール川は中国から流れてくるので汚らしいです。
清という名が泣いています。

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ カフェ
  • 昼→ Golden Bird(ハンバーガーとラップ)
  • 夜→ 韓国製カップ麺

ヨーロッパ 国、地域別 ロシア ハバロフスク地方

トラックバック用URL

サハリンに上陸した翌日に買ったSIMカードが、もう使えなくなりました。
24GBのカードなので、一日に2GB使った計算になります。
そんなに使えません、不可解です。

料金は、
24GBのSIM代1,500ルーブル+カード代200ルーブル=合計1,700ルーブル(3,211円)

 

ハバロフスク駅前のMTCシャップを訪問。
ユダヤ系ロシア人のハンサム店員に、スマホのロシア語のメッセージを見せたところ、データを使い切ったと言われました。
ミトコンドリアの繊毛ほどにも信じられませんが、知っているロシア語は「スパシーパ(ありがとう)」。
ちなみに髭の濃い店員は、はにかみながら翻訳アプリで会話をしてきます。

どうやって24GBも使い切ったのかさっぱりわかりませんが、解けない疑問を金で解決します。
今日は二種類のSIMカードを購入しました。・ポケットWi-Fi用新規SIMカード/50GB(30日間/1,550ルーブル/2,838円)
・スマホ用に前回のSIMカードを継続/5GB(600ルーブル/1.098円)

同じ轍を踏まぬよう、データ残量(Traffic)を調べる方法を教わりました。

5GBのSIMカードの計算方法です。

*217#へ電話します。
返信されたメッセージです↓

001

上の「10.8」という数字から、5.8という数値を引くと、答えが残りのデータ量になります。 なんだろ、この面倒くさい計算式は!

10.8-5.8=5

まだ未使用なので、5GB分まるまる残っています。

・50GBのSIMカードだと、

002

数字が「24.9」。

24.9-5.8=19.1

50GBのSIMカードなのに、もう残量が19.1GBとは悶絶級に意味不明です。

もうすでに、同じ轍を踏んでいます。

posted by 44と書いてyoshiと読みます。 | Sep 03, 2015

未分類 旅々、悶々。 Column

トラックバック用URL

お便り

  • もしかすると24GBの意味は
    「24Gバイト」ではなく「24Gビット」かもしれませんね。
    ビット表記だと、1/8の容量になるので、つじつまがあるのでは?

    ただ、使ってもいないのに19.1GBは、おかしいですね。
    そっちは、SIMカードの中古品じゃないですかね。
    「50GB SIM(だったけど、今は中古だから19GB)」
    という売り方をしてるとか。

  • いや〜、それがねA5くん。
    ローミングされてました。
    ロシア全域で使えるSIMカードなんだけど、実は地域が別れているらしく、地域外ではローミングでした。
    あまり納得していないのだけれども、一回接続すれば、50ルーブルかかり、25GB取られるとのことです。
    二日使えば、50GBがなくなる計算です。
    なんかよくわからないけれど、ロシア語でここまで解読できたら、間違ってても万歳って感じです。
    以上、現場からでした!