現実から目を逸らす、欲深きか弱い男。
ハバロフスク二泊目/ロシア16泊目150902

  • ホステル/www.hotelkovcheg27.ru(一泊1,500ルーブル/2,747円)
  • Internet@ ホテルの無料Wi-Fi

株価は、、、、たぶんすごいことになっているので確認しません。
現実から目を逸らすこと、欲深きか弱い男の身を守る術です。

シベリアの道路はほとんど舗装されていますが、油断したころを見計らって大きな穴が待ち受けているのが味噌です。
穴を無理に避ければ横転しかねず、慎重にも慎重を塗りたくって運転します。
今日は移動しませんけど。

午後、ホルムスクの港でトマトとゆで卵をくれた英語教師のクリスティーナ夫妻の訪問を受け、外出。
旦那アレクサンダーの運転するチェイサーで、ドライブ。
チェイサーはね、日本の暴走族に人気があるんですよ、と褒めときました。
暴走族は、ヤングジェネレーションと訳します。
さも今流行っているかのような言い方しましたが、ボクの二十代初頭の話です。
ショッピングモールのカフェで珈琲をご馳走になり、ロシアの社会情勢について意見交換。
今日は彼らの結婚十周年記念日だというので(Yukoによると、彼らはそんなことを言っていないです)、彼らが初めてデートした思い出の公園を散策します。

(GoogleMapsは、48.35462, 134.98396)

GoogleMapsには「ピオネルラゲリカラヴェルラ」と書いてありますが、本当にこんな呪文のように発音するのかは不明です。
ウスリー川に面した静かな公園です。
この川に浮かんだ珍宝島が、中ソ国境紛争の核級の火種でした。

左手の建物は、一泊3,000ルーブル(5,388円)のコテージ。

左手の建物は、一泊3,000ルーブル(5,388円)のコテージ。Yukoの説によると、半額の一泊1,500ルーブル。

中国から流れてくるうスリー川。ここハバロフスクでアムール川と合流します。冬になると4月まで凍るので、スケート場になります。

中国から流れてくるウスリー川。ここハバロフスクでアムール川と合流します。冬になると4月まで凍るので、スケート場になります。

 

クリスティーナ、アレクサンダー夫妻。十年前、後ろのレストランで挙式。今日9月2日が結婚記念日。ちなみに「対日戦勝記念日」でもある。そんな日をボクらが祝うのは、いかがなものでしょう。

クリスティーナ、アレクサンダー夫妻。十年前、後ろのレストランでパーティ。今日9月2日が結婚記念日。ちなみにロシアの「対日戦勝記念日」でもあります。そんな後ろめたい記念日ではありますが、シャッターを切らせていただきます。

 

四人で公園を散歩しながら、ボクが話しかけます。
「ボクが覚えている一番古いロシアは、オリンピックの体操で金メダルをたくさんとったコマネチです」
クリスティーナが、それって誰だっけと悩んでいる隣でYukoが
「それはルーマニア」
Oh, No!

Yukoが質問します。
「USSRと比べて、今はどうね?」
昔は何でも安かったわよ。学校は無料だしね。でも外国へ行けなかったから、チェコスロバキアとか日本人と文通して、便せんの匂いを嗅いで外国を味わっていたわ。
郵便物には、外国の匂いが染み付いていたそうです。

クリスティーナは、煙草好きです。
ロシアの煙草は年々値上がりしていますが、まだまだ世界標準に追いついていません。
一箱80ルーブル(143円)。
昭和かっ!って感じの値段です。
二年くらい前から、法律で分煙スペースができました。

夫妻は不動産をいくつか持っていますが、煩わしい書類を山ほど申請しなければならないので売却できないそうです。
銀行の利子が年利27%以上かかるので、起業もできません。

旦那のアレクサンダーがハリソンフォードに似ているねと言ったら、喜んでました。

夜、花火が上がる。
「対日戦勝記念日」の花火は、日本に届いているのでしょうか?

 

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ パン、梨、ヨーグルト、ピクルス
  • 昼→ カフェ:カツレツ、炒飯
  • 夜→ カップ麺(一個35ルーブル/62円)

ヨーロッパ 国、地域別 ロシア ハバロフスク地方

トラックバック用URL

お便りを投函。ポトン