サハリンに上陸した翌日に買ったSIMカードが、もう使えなくなりました。
24GBのカードなので、一日に2GB使った計算になります。
そんなに使えません、不可解です。

料金は、
24GBのSIM代1,500ルーブル+カード代200ルーブル=合計1,700ルーブル(3,211円)

 

ハバロフスク駅前のMTCシャップを訪問。
ユダヤ系ロシア人のハンサム店員に、スマホのロシア語のメッセージを見せたところ、データを使い切ったと言われました。
ミトコンドリアの繊毛ほどにも信じられませんが、知っているロシア語は「スパシーパ(ありがとう)」。
ちなみに髭の濃い店員は、はにかみながら翻訳アプリで会話をしてきます。

どうやって24GBも使い切ったのかさっぱりわかりませんが、解けない疑問を金で解決します。
今日は二種類のSIMカードを購入しました。・ポケットWi-Fi用新規SIMカード/50GB(30日間/1,550ルーブル/2,838円)
・スマホ用に前回のSIMカードを継続/5GB(600ルーブル/1.098円)

同じ轍を踏まぬよう、データ残量(Traffic)を調べる方法を教わりました。

5GBのSIMカードの計算方法です。

*217#へ電話します。
返信されたメッセージです↓

001

上の「10.8」という数字から、5.8という数値を引くと、答えが残りのデータ量になります。 なんだろ、この面倒くさい計算式は!

10.8-5.8=5

まだ未使用なので、5GB分まるまる残っています。

・50GBのSIMカードだと、

002

数字が「24.9」。

24.9-5.8=19.1

50GBのSIMカードなのに、もう残量が19.1GBとは悶絶級に意味不明です。

もうすでに、同じ轍を踏んでいます。

posted by 44と書いてyoshiと読みます。 | Sep 03, 2015

未分類 旅々、悶々。 Column

トラックバック用URL

お便り

  • もしかすると24GBの意味は
    「24Gバイト」ではなく「24Gビット」かもしれませんね。
    ビット表記だと、1/8の容量になるので、つじつまがあるのでは?

    ただ、使ってもいないのに19.1GBは、おかしいですね。
    そっちは、SIMカードの中古品じゃないですかね。
    「50GB SIM(だったけど、今は中古だから19GB)」
    という売り方をしてるとか。

  • いや〜、それがねA5くん。
    ローミングされてました。
    ロシア全域で使えるSIMカードなんだけど、実は地域が別れているらしく、地域外ではローミングでした。
    あまり納得していないのだけれども、一回接続すれば、50ルーブルかかり、25GB取られるとのことです。
    二日使えば、50GBがなくなる計算です。
    なんかよくわからないけれど、ロシア語でここまで解読できたら、間違ってても万歳って感じです。
    以上、現場からでした!

お便りを投函。ポトン