-インドネシア-

意外に涼しいバリ島。タバナン二泊目/インドネシア120820

米の貯蔵庫を改良した部屋、通称ライスハウスから引っ越しました。
上の写真が、引っ越し先の部屋。
すごく素敵な部屋だけど、トイレはない。
 
ジャングルを見下ろすBar & Cafeで、仕事。
真向かいに、昼間っからビールを飲む優雅な老夫婦。
愛想のない猫。
山の中だからか、意外に涼しいバリ島。
晩飯後、ソファでくつろぐカップルと軽く話したら、旦那はあの世界一有名なコンサルタント会社「Mckinsey&Company」で働いてました、NYで。
ベルギー人のくせに、関係ないけど。
どうりで余裕かまして、ワインなんか飲んでるわけです。
そういう金持ちが泊まる宿に、宿側の手違いで一泊US$14.9という破格値で泊まっています。
ちなみにボクは、安いビンタンビール(Bir Bintang)です。
ワイン、二千円もします。
 
宿のオーナーといえば白髪のリチャードなんですが、オランダ生まれでオーストラリア生活が長い、元ミュージシャン。
ボブ・ディランを何度かサポートしたとかいう、完全なプロ。
さっきから流れている曲は、ブルース・スプリングスティーンがボブ・ディランの「Mr. Tambourine Man」をカバーしたのかと思ってたら、彼が歌ってました。
上田正樹を遥かに越えて、ほとんどジョー・コッカーです。
渋いです。
そんなミュージシャンに向かって祐子が、うちの旦那もギターを持ち歩いているのよ、なんて命知らずなこと言うものですから、えぇ三十年以上ビギナーやってます、と謝りました。
ここでは、ギターは封印です。

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ 宿の朝食。トースト、祐子はパンケーキ。生焼けだった
  • 昼→ Cap Cay、ミゴレン、紅茶(IDR80,000/668円)
  • 夜→ 豚肉煮。祐子はヌードルスープ

アジア インドネシア バリ島 国、地域別

トラックバック用URL

朝飯に、ガソリンスタンドで買ったチーズパンを食べてます。
チーズパンなのに、チーズの気配は一切ありません。
これが、東ティモールクォリティですかね。
でも意外に美味しい。
 
東ティモールは、実におおらかな国です。
宿代を清算してもらったら、合計のみ。
ビールとかサンドイッチとか、その他もろもろの明細は語らず。
ちなみにビールの大瓶は、US$4(314円)。
一日一本が精一杯。
 
昨日のことだけど、パティオで仕事してたら、東ティモールのテレビ局に勤めているというおっさんに声をかけられました。
TBSの仕事で京都へ行ったことがあるそうです。
へー。
なんとなくうさん臭い人でね、彼。
彼、隣のテーブルでずーっと若い娘さんを口説いてました、低い声で、延々と、諭すように、真心こめて誠心誠意。
何を喋っているのかは全然わからないんだけどね、なんとなく察するわけです、口説いてるんだなって、わざとらしく抑えた声の抑揚で。
蛇の道は蛇って奴です。
 
インドネシアはバリ島の隣、ロンボク島へ飛びました。
ロンボク島唯一の飛行場に到着して、心の奥底からびっくらこかせていただきました。
マジっすか、でごさりますか!? って感じのSurprise!!
空港が引っ越してました、去年。
予約してた宿が、メチャクチャ遠くなってました。
飛行機代が2,000円しかしないじゃんって喜んでたら、タクシー代に2,000円もかかる不条理。
飛行機を予約したのは祐子、宿を予約したのは拙者。
家内分業制が招いた、縦割り行政の悲劇です。
 
agodaで予約した宿は、日本人オーナーでした。
これまた意味もなく驚いたです。
シャワーが小洒落た、今年オープンしたばっかりの新築宿です。

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ チーズパン。だけどチーズの気配はない。
  • 昼→ バクソとアイスティー
  • 夜→ 機内食のパン

アジア インドネシア マタラム(スンギギ) ロンボク島 国、地域別

トラックバック用URL

スクーターを借りて(IDR50,000/408円)、スンギギ方面へドライブ。
海岸線をのんびり攻める、風爽やか。
背の高いパームツリー、起伏のある海岸線。
軽トラックに荷台に詰め込まれた少年少女。
スンギギを過ぎると車も少なくなります。
 
ついつい牛ごときで、写真撮っちゃいます。
P9026546.jpg
浜辺のバックに、植林されたパームツリーが続く。
P9026550.jpg
道ばたに並んだ瓶は、ガソリンです。
1リットルごとに買えて、IDR5,000(40円)。
いつでもどこでも給油できて、楽です。
P9026558.jpg
猿。
可愛い奴。
P9026575.jpg
垂乳根の母。
もっとやさしくくわえてください。
P9026579.jpg
船よ、何処へ。
P9026588.jpg
日没を待つ。
P9026605.jpg
P9026606.jpg
こぼれ落ちそうな夕陽。
P9026621.jpg
P9026631.jpg
沈む。
平和な一日だったです。

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ 宿の朝食。パンとフルーツ
  • 昼→ ナシチャンプルーとアイスティー
  • 夜→ イカの串焼きと焼き魚。ジュース

アジア インドネシア マタラム(スンギギ) ロンボク島 国、地域別

トラックバック用URL

お便り

  • 素晴らしい夕日。平和で静かなロンボクの一日が目に見えるよう。良かった、良かった。
    我々、マルセイユを出てローマへ。いざ、ローマ空港からブエノスへ。再度 南アメリカ放浪へ 行ってまいりまする。

  • 牛美さん、ロンボクは平和だったんだけどね、ギリトラワガンで…
    お、おふらん…、…されて…、全身が…、赤…
    ティエリには内緒だけど…
    ボクらも南米Parts2、行きます。
    二月にメキシコを目指してます。
    そのまま南下。
    たぶんまたウシュアイアまで。
    いつまでいるの?

  • お二人ともおげんきそうですね。
    私は今ラスベガスの空港です。
    ラスベガスでは散在もせず、友達に会って終わりましたよ。
    なかなかインターネットがないので、
    早めに空港に来てばっちりとタダネット楽しんでいます。
    4年前と違って、殆どタダになったような気がします。
    南米行きたかったけど、どうなるのでしょうか?
    フロリダ滞在した後は、NYに上がって、
    結局アメリカ一周するかもしれません。
    やっぱりネットが繫がるアメリカにいると楽ですよ。
    そちらも来年は南米ですか?
    冬をそこで過ごすことになりそうですね。
    皆さんのようにずっと旅をすることはできませんね。
    アメリカだと最財してしまいますよ。
    これでも閉めていますが、いつまで持つのでしょうか。

  • いい物件が見つかるといいね。
    アメリカ、一周するの?
    それはいいなぁ。
    来年は、二月にメキシコ、そのまま南米へと思ってます。
    南米で会えるかな? テリーさん

急に思い立つところあり。ギリトラワガン10泊目/ロンボク島/インドネシア120912

  • 宿の朝食。パンと卵焼き、フルーツサラダ。祐子はバナナホットサンド
  • Internet@ 宿の無料Wi-Fi

仕事。
 
急に思い立つところあり、スラウェシ島マカッサル(ウジュン・パンダン)なんてところへ、飛ぶことにしました。
思いつきで飛ぶ…、旅らしくていいじゃないですか。
生まれつき第六感がなくて歯切れも悪いボクらにしては、非常に珍しいことです。
インドネシア マカッサル   Google マップ.jpg
スラウェシ島のマカッサル(ウジュン・パンダン)なんて、実はつい最近まで聞いたこともありませんでした。
しかもそこからさらに車で二、三時間ほど離れた、高原の町へ向かいます。
村かもしれないし、集落かもしれません。
とりあえずWi-Fiなんてないようです。
わざわざそんなところで何をするのかと言えば、縁もゆかりもない女性に会うためです。
縁もゆかりもないその方に、
すみません、今わりと近くにいるのですが、お家を見せてくれませんか? とメールしました。
言うほど近くにいるわけじゃないんですけどね、飛行機に乗るわけですから。
彼女は、自称建築家を名乗るボクが見過ごすわけにはいかない、貴重な物件のオーナーであらせられ、その建築物はボクの後半生が90度くらい曲がってしまいそうな勢いの、ナニなのです。
ナニが見たいだけで、どんだけ飛行機代を使っているんだって話でありまして、これが旅なのだ、と開きって許してます。
 
そんなこんなでネットで飛行機を探していますが、ぼやぼやしているうちにどんどん値上がりしてしまう鬼の路線で、決断力のないボクらはおろおろするばかり。
値上がりする度に祐子が悲鳴をあげ、ボクは聞こえないフリをしています。
泣きそうです。
 
夕方、山に登り、沈む夕陽を眺めました。
P9126701.jpg

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ ナシゴレンとアイスティー。祐子はミゴレンとジュース
  • 昼→ ナシチャンプルーとアイスティー
  • 夜→ 串焼きとビール。祐子はイカ焼きとジュース

アジア インドネシア ギリトラワガン ロンボク島 国、地域別

トラックバック用URL

お便り

  • ははは、コメントと更新がほぼ同時?^^
    ヨシさんって、自称建築家なんですか〜?
    うわ〜、Lakuen も見て欲しかったなぁ。
    私の自信作なんですよ〜。
    もちろん、ここも、自信作ですが。笑
    その他、沖縄でも、工房兼自宅を2回建て。
    ここみたいな掘建て小屋を北ロンボクのバヤンにも建て。
    一体、何軒建ててきたやら・・って感じです。^^
    明日、楽しみにしてま〜す。^_^ //
    PS…ですよね。チケット、高かったですよね。
    わざわざ、ホントに、こんな掘建て小屋ごときに、ご興味持っていただき、誠にありがとうございます〜。

  • はい、自称建築家です。
    誰か家を建てる人がいたら、紹介してください。
    ついでにボクらの部屋も作るぐらいの勢いで、設計いたします。
    次のルリ子さん邸、お手伝いさせてくださいね。
    明日、三時半起きです。
    おやすみなさい。

  • こちらも決断力弱く、、、400ドルだったチケットが900ドルになってしもうた…南米移動 値がはりますなぁ〜。
    そうかぁ、奴も聞こえないふりしてるのか。。

  • そうですか、奴さんも聞こえないフリしてますか。
    何処も同じやね。

猿がいる峠。ギリトラワガン→マタラム/ロンボク島/インドネシア120913

  • カランバルー(Karang Baru)、コマンホ?ムステイ(本当はKomang Innなんですが、こちらの 俗称の方が通じます)
  • Internet@ 宿の無料Wi-Fi

妙に揺れる船に乗って、軽く吐きそうになりながら、ロンボク島本島へ上陸。
馬車に乗って、タクシー乗り場へ。
信頼のブルーバードグループのタクシーに乗り換え、スンギギ回りではなくてプスックという猿山峠経由で、あまたの猿を眺めながらマタラムの宿へ。
オーナーのK美さんとお喋りして、図々しくちゃんぽんを作ってもらい、仕事して、寝ました。
とんこつじゃなくても豚骨味のチャンポン、美味しかったです。
イスラム教御法度の豚関係ですが、この辺はヒンドゥ教が多く住む地区なので問題ありませぬ。
というわけで、犬もたくさんいるわけです。
というわけなのに聞こえる、アザーン。
異教徒のお祈りを毎日聞くというのは、どうなんですかね。
 

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ 宿の朝食。パンと卵焼き、フルーツサラダ。祐子はバナナホットサンド
  • 昼→ ちゃんぽん
  • 夜→ ミアヤムバクソ。祐子はミゴレン。アイスティー

アジア インドネシア マタラム(スンギギ) ロンボク島 国、地域別

トラックバック用URL