-パワースポット-

パワースポット象山からパワースポット台北101を望む。
台北13泊目/台湾150713

任天堂の社長が亡くなりました。
哀悼の意を表し、株を100だけ買いました。
一株19800円です。
天国まで上がってください。

近所の床屋で散髪を一発二百元。
およそ八百円。
とことん短くしてくださいとお願いしても通じず、おいくらですかも通じず、それでも床屋さんの質問「シャンプーしますか?」は理解できました。
シャンプーは要りません。

44P_0422

写真、シアンがかぶってますね。

44P_0421

パワースポット「象山」を登ります。 象山は、獅山、豹山、虎山と並び、4つの山を総称して四獸山です。

44P_0417

森林浴は気持ちいいけれど、暑くて汗だらだらです。

44P_0418

パワースポットを登りながら、パワースポット「台北101」を望む。

44P_0416

パワーの二乗で、力がみなぎってきました! というのは嘘で、暑くてへたばってます。

44P_0412

それでもしつこくパワースポット高層ビル台北101。

44P_0406

象山の頂上(標高183m)から撮影。ほかにね、写すものないんですよ。

44P_0423

これは家の近所で撮影したものです。

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ 自炊:レーズンパンと卵焼き、バナナ
  • 昼→ 自炊と呼んでいいのか、カップ麺
  • 夜→ 自炊:豚肉の鍋

アジア 国、地域別 台湾 台北

トラックバック用URL

中国人のキャンピングカーを発見!
バイカル湖→グシノジョルスク/ロシア28泊目150914

  • Raduga Hotel(1,350ルーブル+駐車場代100ルーブル/合計2,681円)
  • 本日の走行距離 173(6,805)キロ
  • Internet@ ホテルの無料Wi-Fi

道路工事の片側車線で、仮設信号が赤でも爆走するロシア人です。
信号の色より、突っ込んだ者勝ちです。

パトカーの検問でこっち来いと手招きされましたが、ズトラストビーチェ(こんにちは)と元気よく挨拶すれば問題なし。
今のところ、ロシアの警察官、恐るるに足らず。

44P_2135

地球で最も古いバイカル湖。北極海へ向かって、地味に拡大中。シャーマン岩(オリホン島)にはなぜか釜と五徳があり、チンギス・カンに因縁ありとの噂です。地球規模のパワースポット。一応世界遺産。

 

44P_2123

錆び付いた桟橋。足元の板が崩壊寸前。朝青龍が走り抜けると、間違いなく踏み抜く。

 

44P_2143

パワースポットの霊気をたっぷり味わった気がするので、バイカル湖を後にします。写真は、比較的程度の良い未舗装道路。このあと五臓六腑が七転八倒する悪路。鼻水が滴るレベルです。軽自動車のサスペンションは、役に立ちません。

 

44P_2141

バイカル湖のシベリア鉄道は、1904年に完成。一部の線路は納期に間に合わず、氷の上に敷設。

 

44P_2190

ウランウデを南下し、チタの宿の女将が推薦してくれた寺を探し出し、即身仏を目指します。このあたりは、ロシア仏教の中心地なのです。

 

チタのホテルの部屋の鍵を持って来てしまったので、郵送するため郵便局に立ち寄ります。
小さな集落の集合住宅の一階にある、事情通じゃないとわからないような地味なオフィスです。
局員の連発するロシア語を一切理解できなかったので、非常に冷たい態度をされたYukoです。
しかし空気の読めないYukoですから、問題ありません。

 

44P_2177

ウラン・ウデから23km離れた、ヴェルフニャヤ・イヴォルガ村にある「ダッツアン寺院」。ソ連時代から仏教の中心地。どこかにまったく腐敗していない即身仏があるはずなのです。

 

44P_2186

塗ればいいってものでもあるまい。派手な寺院です。

 

44P_2179

離れて見るとなかなか立派です。

 

44P_2182

どこに即身仏があるのか、探しています。即身仏とロシア語で言えないので、人に訊けません。ウロウロするだけです。

 

44P_2187

寺院のなかに建てられた住居。チタあたりから、この手の可愛いデザインの家が多くなります。

 

44P_2185

青い窓枠に白い線が、お洒落のポイントです。

 

適当に歩いてただけなので、即身仏を見つけることはできませんでした。
まぁ、いいか。

 

44P_2193

相棒「ChinGo!」が、ただただだだっ広い大地をゆく。中途半端な洗車が目印です。

 

44P_2163

ウォーカーがふらふら歩いている。

 

44P_2160

川沿いに家が並びます。ここに住むのも悪くないです。

 

44P_2149

カフェにいた猫。パンや肉をあげても喜んでくれない。

 

44P_2147

せっかくパンとかあげても食べないくせに、甘えてきます。

 

中国人の運転する中国製のキャンピングカーを発見しました。

 

44P_2173

初めて見た中国人のキャンピングカー。五ヶ月もかけて、北京あたりからヨーロッパをまわって帰宅途中です。とうとう中国人が、キャンピンカーで世界旅行をするようになってしまいました。これは由々しき問題です。

 

44P_2171

キャンピングカーのメーカー名。見た目はヒュンダイと変わらないくらい立派な車です。

 

44P_2170

ウランウデの街の手前にある聖なる泉を、ペットボトルに汲みまくる中国人。

 

44P_2176

中国人のギルさん。聖なる水をキャンピングカーに注入中。北京に来たら電話してくれって言うけれど、ボクら中国語話せないっす。

 

44P_2166

ギルさんのキャンピングカーを覗いたら、HITACHIの炊飯器。

 

44P_2151

中国人のキャンピングカー、その2。車体に貼られた国旗のシールが、訪問国。

 

44P_2196

夕方になると帰宅し始める牛。家畜の帰巣本能って、社畜が家に帰るようなものですか?

ガソリンスタンドの窓口で、Yukoが知らないロシア人のおばさんに抱かれていたころ、ボクはボクで知らないモンゴル人のおっさんから握手攻めにあっていました。
「君は日本人なのかい。じゃぁ、ボクの日本車のスゴさがわかるだろ?」
すっかり自慢された「ヒュンダイ」です。

急遽仕事が入り、ホテルに泊まることにします。
社会主義の怨念が染み付いたような古いコンクリート住宅の最上階。
ディテールが朽ちた部屋です。
ネットが繋がらないと言ったら、各部屋のWi-Fi状況を調べてくれる、意外に仕事熱心なスタッフでした。
料金据え置きで、高い部屋にチェンジしてくれるサービス精神に感謝です。
トイレが流れませんでしたが、正確に表現すれば、水洗の水量と勢いに問題がありましたが、胸にしまっておくことにします。

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ パン、バナナ、トヴォログというチーズ
  • 昼→ 牛肉のスープ。野菜のスープ(301)
  • 夜→ カキリエタと芋。牛肉のスープ(403)

ヨーロッパ 国、地域別 ロシア ブリヤード共和国

トラックバック用URL

頭上に星、足元に焚火、歯にオムルの骨。
イルクーツク→オリホン島/ロシア151003

  • バイカル湖畔(オリホン島)
  • 本日の走行距離 281(合計9,866)キロ
  • Internet@ ネットは通じない

今日は、バイカル湖の聖なる島、オリホン島へ渡ります。
バイカル湖は世界で最も古く、世界一透明で、世界一深い、湖三冠王を取得した地球規模的パワースポットです。
モンゴル人の先祖はこの湖から草原を下ったらしく、オリホン島の先住民ブリヤート人はモンゴル系です。
だからモンゴル人とブリヤート人は似ているのかぁと思っていたら、日本人にも「日本人バイカル湖畔起源説」なるものがあるので、同じ穴の狢でした。
あなたもわたしも丸顔で細目です。
オリホン島は奄美大島より少しだけ大きく、先住民族のブリヤート人が住み、よくわかりませんがシャーマンの最後のとりでです。

歌舞伎町の煩悩にまみれた我が身を清めてきます。

 

昼飯を食べたカフェで、ブリヤート人が宴会中。
組合の決起集会だったのでしょうか、雄叫びをあげていました。
イポニツェ(日本人)だと名乗り出ると、たいそう喜んでくれました。
ボクらは遠い親戚なのですよ。

 

フェリー乗り場の50km手前のカフェで休憩したら、

 

DSC_0059_1

カフェでは、ATV(四輪バギー)集団の宴会中。よくよく彼らを観察していると、写真の真ん中に座るおじさんの腰には、

 

DSC_0059_2

拳銃。左側の腰には、刃渡り20センチくらいのナイフを差してました。拳銃やナイフが、バギー遊びに必要なんだろうか。誰かを埋めに行ってたんだろか。なんにしろ、まだ運転するはずなのに酔っぱらいすぎです。

 

44P_2742

フェリー乗り場まで、あと少し。12kmの未舗装もなんのその。写真を見るとたいした凸凹道じゃないけれど、我が家の軽自動車「ChinGo!」は、些細な起伏もよく拾うのです。敏感なのです。感じやすいのです。

 

44P_2741

紅葉が広がります。熊でも出て来ないかなぁ。

 

44P_2744

恥毛のような紅葉。それはそれで美しい。

 

44P_2747

小さな集落がフェリー乗り場。右手奥に見えるのが、バイカル湖最大の島オリホン島。陰気な雲が出迎えてくれました。シャーマンの気配、濃厚です。

 

44P_2751

このフェリーで、オリホン島へ渡ります。無料です。

 

44P_2760

フェリーに最後に乗り込んで来たクラシックカー。ナンバープレートがあるようなないような、微妙なサビ具合です。

 

17:45にフェリーに乗り込み、約2キロ。
15分のクルーズです。
中国人が偉そうな一眼レフで重箱の隅まで撮影しまくってましたが、シャーマンの怒りを買うことなく、無事に島へ渡れました。

 

44P_2792

陽が暮れてきたので、どこかで無料で泊まれないものかと、小さな入り江へ向かいます。この先で泊まっていいかどうかは、わかりませんが、、、

 

湖の手前で、柵が張られていました。
うーむ、どうしよう、進退窮まり緊急家族会議です。
柵の横に駐車して一晩過ごそうか、ここは安全だろうかと辺りを見渡していたら、敷地内から中年男性がひょっこりと現れて、柵を開けてくれました。
「湖の横で泊まればいいさぁ(ロシア語。都合のいい意訳)」
抱かれたいほど、親切なロシア人です。
「これ、食べたらいいさぁ(ロシア語。たぶん正解)」
バイカル湖名物の魚、オムル(オームリ)を二匹もくれました。

 

44P_2773

お洒落な木造船が、薪置き場です。この大切な薪も分けてもらいました。

 

44P_2776

焚火を起こし、貰ったオムル(オームリ)に塩をふりかけて、しっかりと焼きます。焚火の中に、アルミホイルで包んだタマネギを二個忍ばせて。

 

44P_2774

オムルがいい感じに焼けました。キッコーマンの「いつでも新鮮 生しょうゆ」をかけます。ロシア人の優しさが染みてて、美味いです。味的には、鱒かなぁ。。。

 

44P_2765

今夜のお宿は、ここ。

 

44P_2762

周囲には、一本の木も生えていません。誰もいません。殺されても文句言えない感じです。

 

頭上に星、足元に焚火、歯間にオムルの骨。
ありがとう、おじさん。
一宿一飯、恩に着ます。

オリホン島、出だし快調!

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ パン
  • 昼→ 立派なカフェ(404)
  • 夜→ 焚火でオムル二匹とタマネギを焼く。ご飯は「タケルくん」

未分類 ヨーロッパ 国、地域別 ロシア イルクーツク州

トラックバック用URL

生き埋めになること二回。
オリホン島二泊目/ロシア151004

  • バイカル湖畔(オリホン島)
  • 本日の走行距離 108(合計9,974)キロ
  • Internet@ SIMカードをリチャージ(7GB/560ルーブル/1,031円)

シャーマンの息吹溢れる、モンゴル人と日本人のルーツ、オリホン島を北上します。
北上こそが、我が家の習わしのなのです。

人気のない静かな入り江があり、何の予告もなく崖があり、うすら寂しい禿げ山あり。
部分的に森もあり、油断すると砂漠があり、栄養のなさそうな草原あり。
シャラヌル湖という、マトリョーシカ的、湖のなかの湖もあります、知らなかったけれど。
南北に縦貫道が一本ありますが、基本的に好きなところを走れます。
でもね、油断すると崖から真っ逆さまです。
実力と運を胸に秘めつつ、大胆にビビりながらさ迷いました。

島の中央にあるフジル村で、島にひとつしかないガソリンスタンド探し。
これがなかなか難しいオリエンテーリングでした。
誰に訊いても即答で道順を教えてくれますが、どう頑張ってもたどり着けないのです。
メイン通りも路地も人の家の敷地もみな同じような、ただの土か砂なのです。
どの家も祖末な平屋で、集落にメリハリがありません、アバウトすぎます。
看板も目印もありません。
やっと見つけたガソリンスタンドは、給油機が普通の家の塀の内側。
一見さんを相手にしない殿様商売でした。

今日の九死に一生。
夫婦慢心総意で浜辺に近づいたら、いつの間にか砂地でござったです。
タイヤが急に空回りしてあれれれれっと心臓が高鳴り、車が左右に滑って冷や汗が流れ、タイヤがずずずと深みにハマった嫌な予感で、こめかみに熱き血潮がとぐろを巻きました。
脱出を試みて稲妻Uターンをかまして、自らとどめを刺します。
動きません、車。
だれひとり通ることのない浜辺。
オリホン島は、オフシーズンなんです。
このまま夫婦揃って生き埋めになるかと、心臓が鼻の穴から飛び出しそうにビビりつつも、ポチっと4WDを始動して、あっという間に脱出。
安堵の息も三つ目頃で、2WDに戻して再び埋まりました。
命運着きたと、哀れな顔をするYuko。

オリホン島の最北端を目指して北上するも、あまりにも凸凹が激しく断念します。
昨日会ったロシア人が、BAD ROADと嘆く悪路です。
プーチンの敵わぬ道を、なぜアベシンゾーが進めましょうか。

今宵も、誰もいない湖畔に車を寄せて過ごします。

以下、写真をバラバラと。

44P_2787

朝飯は、焚火で紅茶とトースト。金網を使ってパンを焼いても、すぐに焦げてしまうのがミソ。

 

44P_2883

これが世界一綺麗な湖の水です。波打ち際は、海のようです。

 

44P_2880

完全な砂地に迷い込み、生き埋め寸前が二回。相棒が4WDでなかったら、いつの日にか死んでたかもしれません。少なくとも泣いてました。

 

44P_2877

道は自分で切り開け!と言われているような島です。どこをどう走ってもかまわないのです。車の性能とドライビングテクニック次第ですが。

 

44P_2874

誰も向かわぬ道を北へ北へと進みます。

 

44P_2873

残念ながら、この先へは進めませんでした。凸凹が深過ぎて、軽自動車のタイヤでは凸を乗り越えられません。

 

44P_2870

フェリーで呉越同舟したロシア人ですら、これ以上は走れないとこぼしてました。それぐらいの悪路のはじまりです。

 

44P_2862

気まぐれに、湖へ向かいます。行き過ぎると、崖だったりします。落ちてみないとわかりません。

 

44P_2857

急な坂道を上ります。軽自動車は飛び跳ね、車内は七転八倒。

 

44P_2855

対岸が冷たい感じでね、眺めているだけで凍えそうです。

 

44P_2830

シャーマンな風が吹き、厳かな香りが漂います。この辺りは、仏教が混ざっています。

 

44P_2813

「寺院岩」と呼ばれていたシャーマン岩。ここがオリホン島のパワースポットです。

 

44P_2790

建築途中の家。心からお手伝いしたい。雇ってくれないだろうか?

 

44P_2843

今晩どこに車を泊めようかと、さ迷い中。

 

44P_2823

崖と砂浜。

44P_2793

オフロードバイクだと、もっと楽しかろうね〜

 

44P_2901

晩飯は、「タケルくん」でご飯。おかずは青い色の缶詰。ボクらは鯖缶だと思って食べていますが、真相はわかりません。ほかに、ピクルスとトマトの瓶詰め。

 

44P_2892

今夜の宿は、こんな感じのロケーションです。オフシーズンですから、周囲には人っ子一人いません。大地と湖は、ボクらのものなのです。少し離れたところにトイレがあり。天然掘りです。隣に盛り土があったところを見ると、満タンになると埋めるようです。

 

44P_2890

アプリを使って、車の傾きを調べながら駐車します。車が傾いていると、寝にくいからね。

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ 焚火でトースト、みそ汁、バナナ
  • 昼→ 外食:カフェ(600ルーブル)
  • 夜→ 「タケルくんでご飯」+缶詰

未分類 ヨーロッパ 国、地域別 ロシア イルクーツク州

トラックバック用URL