頭上に星、足元に焚火、歯にオムルの骨。
イルクーツク→オリホン島/ロシア151003

  • バイカル湖畔(オリホン島)
  • 本日の走行距離 281(合計9,866)キロ
  • Internet@ ネットは通じない

今日は、バイカル湖の聖なる島、オリホン島へ渡ります。
バイカル湖は世界で最も古く、世界一透明で、世界一深い、湖三冠王を取得した地球規模的パワースポットです。
モンゴル人の先祖はこの湖から草原を下ったらしく、オリホン島の先住民ブリヤート人はモンゴル系です。
だからモンゴル人とブリヤート人は似ているのかぁと思っていたら、日本人にも「日本人バイカル湖畔起源説」なるものがあるので、同じ穴の狢でした。
あなたもわたしも丸顔で細目です。
オリホン島は奄美大島より少しだけ大きく、先住民族のブリヤート人が住み、よくわかりませんがシャーマンの最後のとりでです。

歌舞伎町の煩悩にまみれた我が身を清めてきます。

 

昼飯を食べたカフェで、ブリヤート人が宴会中。
組合の決起集会だったのでしょうか、雄叫びをあげていました。
イポニツェ(日本人)だと名乗り出ると、たいそう喜んでくれました。
ボクらは遠い親戚なのですよ。

 

フェリー乗り場の50km手前のカフェで休憩したら、

 

DSC_0059_1

カフェでは、ATV(四輪バギー)集団の宴会中。よくよく彼らを観察していると、写真の真ん中に座るおじさんの腰には、

 

DSC_0059_2

拳銃。左側の腰には、刃渡り20センチくらいのナイフを差してました。拳銃やナイフが、バギー遊びに必要なんだろうか。誰かを埋めに行ってたんだろか。なんにしろ、まだ運転するはずなのに酔っぱらいすぎです。

 

44P_2742

フェリー乗り場まで、あと少し。12kmの未舗装もなんのその。写真を見るとたいした凸凹道じゃないけれど、我が家の軽自動車「ChinGo!」は、些細な起伏もよく拾うのです。敏感なのです。感じやすいのです。

 

44P_2741

紅葉が広がります。熊でも出て来ないかなぁ。

 

44P_2744

恥毛のような紅葉。それはそれで美しい。

 

44P_2747

小さな集落がフェリー乗り場。右手奥に見えるのが、バイカル湖最大の島オリホン島。陰気な雲が出迎えてくれました。シャーマンの気配、濃厚です。

 

44P_2751

このフェリーで、オリホン島へ渡ります。無料です。

 

44P_2760

フェリーに最後に乗り込んで来たクラシックカー。ナンバープレートがあるようなないような、微妙なサビ具合です。

 

17:45にフェリーに乗り込み、約2キロ。
15分のクルーズです。
中国人が偉そうな一眼レフで重箱の隅まで撮影しまくってましたが、シャーマンの怒りを買うことなく、無事に島へ渡れました。

 

44P_2792

陽が暮れてきたので、どこかで無料で泊まれないものかと、小さな入り江へ向かいます。この先で泊まっていいかどうかは、わかりませんが、、、

 

湖の手前で、柵が張られていました。
うーむ、どうしよう、進退窮まり緊急家族会議です。
柵の横に駐車して一晩過ごそうか、ここは安全だろうかと辺りを見渡していたら、敷地内から中年男性がひょっこりと現れて、柵を開けてくれました。
「湖の横で泊まればいいさぁ(ロシア語。都合のいい意訳)」
抱かれたいほど、親切なロシア人です。
「これ、食べたらいいさぁ(ロシア語。たぶん正解)」
バイカル湖名物の魚、オムル(オームリ)を二匹もくれました。

 

44P_2773

お洒落な木造船が、薪置き場です。この大切な薪も分けてもらいました。

 

44P_2776

焚火を起こし、貰ったオムル(オームリ)に塩をふりかけて、しっかりと焼きます。焚火の中に、アルミホイルで包んだタマネギを二個忍ばせて。

 

44P_2774

オムルがいい感じに焼けました。キッコーマンの「いつでも新鮮 生しょうゆ」をかけます。ロシア人の優しさが染みてて、美味いです。味的には、鱒かなぁ。。。

 

44P_2765

今夜のお宿は、ここ。

 

44P_2762

周囲には、一本の木も生えていません。誰もいません。殺されても文句言えない感じです。

 

頭上に星、足元に焚火、歯間にオムルの骨。
ありがとう、おじさん。
一宿一飯、恩に着ます。

オリホン島、出だし快調!

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ パン
  • 昼→ 立派なカフェ(404)
  • 夜→ 焚火でオムル二匹とタマネギを焼く。ご飯は「タケルくん」

未分類 ヨーロッパ 国、地域別 ロシア イルクーツク州

トラックバック用URL

お便りを投函。ポトン