-February 2015-

謎の光玉が昇るメコン川。
ビエンチャン四泊目/ラオス150131

  • Lao Youth Inn(個室トイレシャワー付き、部屋でWi-Fi/80,000キップ/1,159円)
  • Internet@ 宿の無料Wi-Fi

ラオスっていうか、ビエンチャンしか知らないんだけど、意外にいいね。
街より町な手頃感。

馴染みのカフェ「Pricco」で「Tartine Bacon Cheese」とか言う美味い朝飯食って、そのまま昼まで居座って仕事。
昼飯食って、カフェで仕事。

ベッドバグのキスマークです。全身がこんな感じ。

ベッドバグのキスマークです。

夕陽を見に、メコン川を散歩。
乾季だから、砂と雑草の川岸が妙に広い。

メコン川に沈む夕陽。燃えています。

メコン川に沈む夕陽。燃えています。

中国という傍若無人な大将が、メコン川の上流で勝手にダムを作りまくってて、下流域の国々がえらい迷惑を被っています。
川の水位が低くなり、魚が小さくなり、漁獲量が四分の一に激減。
ダム、作るなよ。

今日は祭りなのか週末だからか、宿の前は歩行者天国。
夜風は涼しいし、散歩が楽しかよ。
チェンマイは首都とはいえ、歩きやすい手頃なサイズだし、車が多くないから道路を渡るのも楽だし(歳とるとね、反射神経とかないから、こういうの重要)。
食い物が安いし、物売りとかはしつこくないし。
屋台の烏賊とか豚とか美味しいし。
いいじゃん、ラオス。

この辺りのメコン川って、11月になると謎の光る玉が昇るそうです。
「バンファイ・パヤーナーク(竜王の火の玉)」とか、「ナーガ・ファイアボール(龍神の光の玉)」とかいう奴です。
これも中国のダムで消滅したりするんですかね、そのうち。

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ 外食:Tartine Bacon Cheese、アメリカン珈琲。YukoはTartine Bacon Cheese、紅茶(64,000キップ/927円)
  • 昼→ 外食:カレー。Yukoはパッタイ。コーラ
  • 夜→ 外食:生春巻き、野菜のオイスター炒め、ビール、ジュース

アジア 国、地域別 ラオス ビエンチャン

トラックバック用URL

年寄りに優しい観光地。
ビエンチャン五泊目/ラオス150201

  • Lao Youth Inn(個室トイレシャワー付き、部屋でWi-Fi/80,000キップ/1,159円)
  • Internet@ 宿の無料Wi-Fi

観光しましたよ。
ビエンチャンはいいね。
車が少ないから、足腰の弱った年寄りでも、渡り時が判断できなくても、すいすいと道路を渡れる。
町が小さいから歩いて観光できるし、トゥクトゥクがあっちこっちで待機しているからいつなんどき歩けなくなっても安心だし、beggar(ものもらい)は営業力ないし、しつこい物売りもいないし、ラオスは最貧国のひとつだから物価がそこそこ安くて麺類が美味いし。
ラーメン屋もあるし、ガールズバーもあるし。

7,000体近い仏像があるというシーサケット寺院。

P2018632

鼻翼がデカい。 唇の両端が上がっている。 耳たぶがデカい。 人中が太い。 目が細くて、まぶたが腫れぼったい。

P2018671

ワット・シーサケット(Wat Si Saket)は、ビエンチャン最古の寺院です。

P2018665

本堂内には、2052体の仏像が並ぶ。

P2018663

眼球として嵌めこまれていた宝石が、盗まれている。

P2018662

P2018661

P2018660

P2018657

回廊には3420の小さな穴が彫られ、それぞれに2体の仏像。

P2018655

P2018654

P2018653

P2018651

P2018648

P2018644

P2018643

P2018639

P2018638

P2018637

P2018636

P2018635

P2018634

P2018633

土産物屋のお姉ちゃん。

土産物屋のお姉ちゃん。

連日混みあうフーの専門店「フー・セーブ」で朝飯。

P2018681

野菜というか、葉っぱがバリボリしてて、身体に良さそうだ。

ランサーン通りを北東へ。
地味ながらも凱旋門です。

P2018685

パリの凱旋門を真似た、似て非なるもの。パリには行ったことないんだけどね。まだ未完成らしい。っていうか、フランスに占領されていたんじゃないの?

P2018691

誰ーも歩いていないカイソン・ボンビハーン通り。
ラオス人民軍歴史博物館は、昼休み中でした。

P2018702

ラオス人民軍。海がないから海軍はない。

国会議事堂前を通って、黄金色の仏塔タートルアン。

P2018706

黄金寺院タートルアン。ただ黄色いだけ。微にいり細にいり大雑把。

P2018708

ラオスの七福神。腹を七回なでると幸せになるという噂は、今作った嘘。

P2018711

涅槃仏。果報は寝て待つものなのである。

シーサンヴォン通り。都庁。
なんとなく寄ってみたかった日本人経営のカフェ、ユララーは昨日閉店してた。
縁がないね。

夜の屋台街をさらりと眺めて、連日満員の中華を食う。
それにしても屋台の烏賊が美味そうだった。

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ 外食:フォー(55,000キップ/797円)
  • 昼→ 外食:ポークジンジャーと7UP。Yukoはマンゴーシェイクのみ(46,000キップ/666円)
  • 夜→ 外食:エビチリを頼んだら海老とタマネギ炒めだった。空心菜炒め。ビール、ペプシ(60,000キップ/869円)

アジア 国、地域別 ラオス ビエンチャン

トラックバック用URL

ここは天国じゃないんだ、かといって韓国でもない。
ビエンチャン→バンビエン/ラオス150202

  • RIVER SIDE BACKPACKER GUESTHOUSE(個室トイレシャワー付き/80,000キップ/1,159円)
  • Internet@ 宿の無料Wi-Fi

朝飯付きだけど、コストパフォーマンスの良さげな隣の宿に引っ越そうかと企んでいます。
宿のレセプションは、ここはソウルっす?ってくらいに韓国人だらけでした。
外を歩いているのも、ほとんどが韓国人です。
黄色いガイドブックと黒縁眼鏡が目印です。
馴染みのカフェ「Pricco」も韓国人に占領されていました。

ベッドバグに犯されまくった手が、震えるほどに痒いです。
掻けば、身悶えんほどの快感。
かくと気持ちいい。
悶えられるなら、死んでもいい。

宿の引っ越しは空き部屋がないので諦め、バスに乗ってバンビエンへ移動することにしました(バス代40,000キップ/577円)。
一時発のバスは、(一言の説明もないまま)二時間遅れで出発。

バンビエンの町は、パーティタウンと呼ばれるだけあって、そこそこの喧騒。
ここは新大久保?っていうくらいに韓国人だらけです。
ここは天国じゃないんだ、かといって韓国でもない。

晩飯は、ローカル感が滲み出た祖末な食堂。
いつまでたってもオーダーひとつとってくれず、ビールを注文しても延々と待たされる放置プレイに、アジアならではの異国情緒がたっぷり。
相席の女性は、ギリシア人の女性コンスタンティーナ(指定年齢同級生)。
胸元のTATOOが艶っぽい、インド式マッサージ嬢です。
何かわけのわからない生き物に足を噛まれたとかで、具合悪いそうです。

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ 外食:いつものカフェ
  • 昼→ 抜き
  • 夜→ 外食:炒飯、肉野菜炒め、ビール二本、マンゴーシェイク(58,000キップ/838円)

アジア 国、地域別 ラオス ビエンチャン

トラックバック用URL

お便り

  • yoshiさん、お久しぶりです。いつも楽しくブログ拝見していましたが、最近はすぐにでも虫よけスプレーを送って差し上げたい気持ちです!!!私も最近カンボジア・アンコールワットには行ってたのですが、、、しばらくは渡航予定なく残念です。またどこかでお目にかかれれば必ず虫除けスプレーと「キンカン」プレゼントします!、、、yukoさんによろしくね!何かお役に立てることがあったら連絡ください。

  • Yokoさん、ご無沙汰です。
    日本は寒くて、シェムリアップはかなり暑かったでしょー。
    キンカンや虫除けよりもっとすごいものをプレゼントして欲しいけれど、今は思い付かないのですよー、残念!
    帰国したら、YOKOさんの手料理で遊んでください。

メキシコにいたOK君が歩いていた。
バンビエン二泊目/ラオス150203

  • RIVER SIDE BACKPACKER GUESTHOUSE(個室トイレシャワー付き/80,000キップ/1,159円)
  • Internet@ 宿の無料Wi-Fi

粗末な木橋を渡って、ナムソング川。
川に白い排水が混ざる、鴨の親子。
食堂のジュースやビールは、瓶より缶のほうが高い法則。

泊まっている宿は、ナムソング川の中洲にあります。洪水とかないのですかね。

泊まっている宿は、ナムソング川の中洲にあります。洪水とかないのですかね。

中洲へ渡る、立派な方の橋。ボクらの橋は、これより遥かにぼろい。

中洲へ渡る、立派な方の橋。ボクらの橋は、これより遥かにぼろい。

部屋の前の景色。Wi-Fiが部屋まで届かないので、ドアを開けて仕事しています。

部屋の前の景色。Wi-Fiが部屋まで届かないので、ドアを開けて仕事しています。

ビールを飲みながら昼飯食って、川のほとりの中華系カフェで仕事。
同じ宿の西洋系の娘さんが、全裸でバルコニーのタオルをとっていた。
一糸まとわず、一毛隠さず。
西洋人って、羞恥心が欠片しかないのかね。

野菜を炒めるサンドイッチ屋。ベトナムのバインミーより美味しい。

野菜を炒めるサンドイッチ屋。ベトナムのバインミーより美味しい。

ボクら以外にひとりの客もいない、寂れた食堂で晩飯を食べていたら、珍客が歩いてました。
2013年のクリスマスに、メキシコのペンションアミーゴで一緒だったモジャ頭くん、ペルーで自慢のCANONを盗まれた彼です。
ボンバーヘアーが、ぐんっと伸びていた。
いやー、嬉しいねー、ままま、ビール三本。

寝る前にカップ麺を食ってしまった。
Yukoの優しさは、暴飲暴食を止めてくれないところにあります。

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ 屋台:サンドイッチ×2、珈琲(35,000キップ/505円)
  • 昼→ 外食:やや中華系の「グリーン」。豚肉とピーメン炒め、ビール。Yukoは麺
  • 夜→ 外食:生春巻き、野菜炒め、ビール三本、ジュース

未分類 アジア 国、地域別 ラオス バンビエン

トラックバック用URL

乳への思い断ち切れず。
バンビエン三泊目/ラオス150204

  • RIVER SIDE BACKPACKER GUESTHOUSE(個室トイレシャワー付き/80,000キップ/1,159円)
  • Internet@ 宿の無料Wi-Fi(遅っ!)

ひとりで早朝散歩。
轟々と爆音をたてた気球が頭上を仰ぎ見、托鉢するオレンジ色の坊さんを視姦し、路上の朝市をひやかして歩く。

photo
バンビエンの朝は、平和です。
いい感じにのどかです。

ナムソング川に面した食堂で、朝飯中のことです。
食堂のボーイ連中が、うろうろと隣の席を覗きに来るんですね。
いったい何を見ているのだろーと、ひょいっと首を伸ばしたら、西洋人のお母さんが授乳中でした。
危うく乳だしお母さんと目が合うところでした。
一生に一度は出家するラオス人なわけですが、乳への思いは断ち切れないのですね。
お経を読み直して、昇華してください。
みっともないです。

宿の宿泊客が全員出払ったのを確認して、おもむろにギターの練習。
誰かに聴かれているかと思うと、恥ずかしくて指が動かないのです。
いくらも練習しないうちにフランス人のマルコが戻って来て、おっ、いいもん見つけた!風にウィンクされちゃいました。
はからずもマルコの700US$のギターと競演になってしまい、ギターを「叩いて」急場を凌いだわけです。
練習になりませんがね。

北陸出身の一人旅のMKちゃんと一杯。
彼女が、筋肉むきむきなマッチョ系がタイプだというので、なで肩を落として虚脱中です。
MKちゃんはフィリピン英語留学を検討中でして、そういえば先日バスで一緒だった娘さんも、タイで英語留学すると言ってました。
もはや英語留学は、海外旅行のアトラクションなのですよ。
EBの大将、儲け時なんですよ。

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ 外食:サンドイッチと冷めたインスタント珈琲。Yukoはパンケーキとジュース(40,000キップ/580円)
  • 昼→ 外食:ポークジンジャーとビール。Yukoは麺
  • 夜→ 外食:炒飯、生春巻き、肉野菜炒め、ビール、シェイク

アジア 国、地域別 ラオス バンビエン

トラックバック用URL

お便り

  • Yoshiさん、2月7日お誕生日おめでとうございます。
    私も先月、同じ景色の街にいました。
    川の水が透明で美味しかったです。

    オン・ラインのガイドによるとそこのラオスではビキニ着用禁止らしいですが、ヨーロッパ人女性はどこ吹く風、ビキニ着てます。

    韓国人含めて全アジア女性は皆、T-シャツとパンツを履いて川浴してるのに男女混浴のニューディスト・スパがあるフィンランド出身の女の子が不思議がっていました。

    韓国人が多い理由は韓国ドラマでラオスが立地だったそうです。
    以前、北海道が立地のドラマが放映された後、北海道も韓国人だらけになったのと同じですね。

    去年は同じ場所でオーストラリア人だらけでドラッグ・パーティをしていてドラッグに絡んでレイプ事件があったそうです。
    それ以来、ドラッグが全面禁止になったとか。

    そこはとても綺麗なので来年も是非、生きたいと思っています。
    知らないタクシーの運ちゃんに助けて貰ったお礼もあるのでそのお返しも含めて(妻が行くことを許すならば)。

    のんびりした時間を楽しんでください。

  • あ、どうもKOTAROH先生、かたじけない。
    で、そうなんだ、ドラッグ禁止なんだ。
    どうりで葉っぱ天国と聞いたわりには、そんな気配がなかったわけだね。
    ぜひ、来年でも遊び行って、気球に乗ってください。
    ひとりUS$80だから、今から貯金したらいいよ。

  • Yoshiさん、こんにちは。
    また来年も行きたいですね。
    とある事情でその街からタイ国のウドンタニまで無銭で歩いて帰ろうとしたら知らないタクシー運ちゃんが長距離バス代払ってくれ助けてくれたのでお返ししたいです。

    その街なら移住しても良いかなと思えるぐらい米ビールLaoBeerと食べ物が美味しいです♪

  • KOTAROくん、とある事情は、またあるかもしれないから、返せるものなら返しておいたほうがいいね。

    昨日、チエンマイに引っ越したんだけど、ここもまた悪くないかもよ。

    同じ誕生日の奥さんにヨロシク!