-帚木蓬生-

シャワーを浴びない歴、六日目。
頭を洗いたいとか、そういうことを考えない。
頭は痒いかもしれないし、痒くないかもしれない。
寝癖がひどいかもしれないけど、坊主だからたいしたことない。
髪の毛について考えてはいけない、と考える。
頭の存在を忘れる。
眉毛から上はないものだと、意識しないように意識する。
でないと、生きていくのが辛いです。
意外に気にならないのが、お股。
たぶん大丈夫。
たぶんイケル。
 
今日のルートは、ディンボチェ(Dinboche/標高4,410m)からチュクン(Chhukhung/標高4,730m)へ散歩して、オーショ(Orsho/標高4,000m)↓

より大きな地図で エベレスト・ベースキャンプへの道 を表示
室温マイナス三度。
トレッキングの初日から、同じタイツを穿き続けてます。
寝るときも脱ぎません。
寝る前に脱いだジャケットとズボンは、寝袋の下に敷いて暖めます。
お陰様で、消防隊員のように着替えが早いです。
 
控えのパンツはあるのだけれども、なぜか同じものを穿き続けてます。
意味のない、男の意地です。
 
ちゃこちゃんと祐子が、シブトンジュースなるものを飲んでます。
オンコの実だと言ってますが、ググっても出て来ません。
 
トイレの水が凍るので、ブツを流すことができず、便器は一夜にして残念です。
便座が低いので、西洋人には辛かろうと思われます。
 
チュクン(Chhukung/標高4,730m)へ散歩。
天気がいいので、余裕のボクら↓
PC158684.jpg
8時に出発して、10時半着。
PC158692.jpg
陽射しよし。
大地は石でできている。
PC158693.jpg
凍った小川をいくつも超える。
PC158693.jpg
PC158695.jpg
PC158696.jpg
今晩の宿↓
PC158703.jpg
一時間40分で、Lodgeへ戻りました。
今後は、高山病の薬「ダイアモックス」は、飲みません。
 
皆さんにお話を伺えば、シャルパと言えども、単身赴任だそうです。
田舎の子供は、五歳で親元を離れて寄宿舎生活に入ります。
そんなんで親子の絆とか、あるんでしょうか。
 
最近流行のソーラーパネル↓
PC158705.jpg
中国製は、パネル一枚一万円。
チベットから売りに来ます。
安いけど、一切の保証なしです。
電力的には、いくつかの薄暗い照明が四時間くらい点きます。
ボクらは八時には寝るので、それで問題ないです。
 
シェルパの運賃ですが、ルクラからナムチェまで、卵を13個運ぶと400ルピー(384円)。
普通の荷物だと、1 kgにつき35ルピー(33円)。
ナムチェからテンゴチェまでは、1kgにつき30ルピー(28円)。
カトマンズからルクラまでの飛行機の送料は、1kgにつき110ルピー(105円)。
ジリからセンボチェまでの飛行機は、1kgにつき120ルピー(115円)。
 
15時10分、オーショ(Orsho/標高4,000m)着。
チャコちゃんから借りた、帚木蓬生の「水神」を読んで、枕を濡らしてます。
足ることを知るものは、富めり。

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ フレンチフライと卵。祐子はミックスヌードル
  • 昼→ チーズオムレツ/Raraヌードルスープ
  • 夜→ 覚えてません

アジア サガルマータ国立公園 ネパール 国、地域別

トラックバック用URL

〈null〉
蘇りそうで蘇らないデジャブな記憶。
一時帰国78泊目150626

  • 東川邸
  • Internet@ 東川邸のWi-Fi

Yukoは横浜の実家にいて、毎晩飲み歩いているようですが、耳毛ほどにも羨ましくありません。
こちらは肝臓を休めるべく、一本の缶ビールを魂を込めて飲んでいます。

こう言っちゃぁなんなんですが、東川町は田舎とはいえ、モンベル(mont-bell)が進出してくるほどの町です。
「世界一周を十年も続けているほどの夫婦です」と、気付かれないようにどや顔しながら、こっそりと表敬訪問してきました。
平日の昼間だというのに、意外に客入りがいいです。
北海道は不況ですから、皆さん自由時間が多いのかもしれません。
スポンサードしてもらうなら、これとこれとこれかな、などと妄想しながら品定めし、誰も相手をしてくれないので、ひっそりとお店をあとにしました。
さて、モンベル(mont-bell)から、七キロの道のりを歩いて帰ります。

44P_0199

誰か、許してください。

田んぼを適当にジグザクに進んで、毛深い丘のような小さな山を突き抜けて、汗をかいた一時間。

44P_0206

日本の北の果て東川町ですが、休耕田なんてものはありません。全力で耕しています。

44P_0215

東川邸の借景。

ちゃこちゃんからスポンサードされた帚木蓬生の「閉鎖病棟」を読み終える。
ページをめくるほどに、蘇りそうで蘇らないデジャブな記憶。
登場人物が他人じゃないような気がするのは、一度読んだことがあるからです。
でも全然覚えていません。
最後のページまで、フレッシュな感動をキープしました。
ボクは、もうボケているんじゃないですかね?

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ 焼いた鮭、煮たツブ貝
  • 昼→ 母のスパゲティ。家で採れたブロッコリー
  • 夜→ タラのソテー

アジア 一時帰国/日本 国、地域別

トラックバック用URL