-カテドラル-

スペイン巡礼初日、秒速で迷子になった。ル・ピュイ=アン=ヴレ→St-Privat-d’Allier/フランス130507

  • Lacrobate(個室。ひとり12ユーロ。朝飯は5.5ユーロ)
  • Internet@ 宿の無料Wi-Fi

今日は、23.5km歩きました/7時間20分


より大きな地図で 2013/05/07(スペイン巡礼) を表示

朝飯をのんびり食って会計してもらったら、朝食は宿代に含まれていませんでした。
昨日、朝食込みですか?って訊いたのに!
英語の全然わからない人に、おぼつかない英語で質問して、フランス語で返事がくるわけですから、会話が成立する方が不自然ってもんです。
しかも宿代は、想定外の外税。
いろいろボロボロです。

朝八時、カテドラルのミサを見学。

坂道の先に立つカテドラル。中に入って二階が聖堂です。Goodなアプローチです。

坂道の先に立つカテドラル。中に入って二階が聖堂です。Goodなアプローチです。

赤帽子を冠った神父さん(←で、いいんですよね?)が金刺繍の入った白い装束で、「Salve Regina」を歌ってくれました。
神父さんから、直接キーホルダーのようなものを手渡され、何やらお言葉をかけて頂き、ありがたや。

二十五歳のフランス人、かなり朴訥なフランソワ君とカテドラルから一緒に歩き始めたのですが、えーとフランソワ君ちょっと質問なんだけど、前にも後ろにもひとっこひとり巡礼者が歩いていないのはなぜ?
歩き始めて10分で迷子になった模様です。
秒速方向音痴です。
フランソワ君が、通りかかったおじいさんに道を尋ねたら、後ろを振り返って困った顔してましたもんね。
他の巡礼者と合流するまで、生きた心地せず。

涼しくて、歩くにはちょうどいい。

涼しくて、歩くにはちょうどいい。

 

頑張れYuko。

頑張れYuko。

 

ときどき快晴。

ときどき快晴。

 

この赤と白のペイントを目印に歩きます。地図を持っていなくても、さほど困りません。

この赤と白のペイントを目印に歩きます。地図を持っていなくても、さほど困りません。

 

左下に縦線が入ると、右へ曲がれ、です。その逆は左折。

左下に縦線が入ると、右へ曲がれ、です。その逆は左折。

 

×印があれば、道順を間違っています。

×印があれば、道順を間違っています。

Yukoと歩く速度があわないので、ついつい離れてしまうのですが、遠くからでも体調を伝えられるよう、合図を決めました。
両手を広げると、問題なし。
片手だけだと、待っててくれ、です。速攻でどっちがどっちだか忘れてしまって、意味なかったんだけどもね。

水たまり、白い桜の花、咲き乱れるタンポポ。
道を塞ぐ牛。

牛、でかいです。目つき悪いです。けっこう洒落にならないくらいデカいのいました。

牛、でかいです。目つき悪いです。けっこう洒落にならないくらいデカいのいました。

雌を追いかける発情期の牛。
さすがフランス!

昼飯後、育てた覚えのない左足の裏のマメが潰れてました。
バックパックの躯体の金属が地味に腰骨を刺激し、微妙に痛いです。

道中トイレがないので、野山のなかで用を足すことになります。
おばさん、ちっとも隠れてないですよ、黒いパンツと白いお尻が見えますもん。

ほとんどフランス人。カテドラルには、日本人のおじさんがいたけれど、その後お見かけせず。

ほとんどフランス人。カテドラルには、日本人のおじさんがいたけれど、その後お見かけせず。

 

キリスト教ですからね、十字架が多いです。

キリスト教の巡礼路ですからね、十字架が多いです。

 

キリスト教の巡礼ですからね、教会くらいあります。

キリスト教の巡礼ですからね、教会くらいあります。

 

フランスの田園は、看板類がないのがいい。トイレもないけど。

フランスの田園は、看板類がないのがいい。トイレもないけど。

三時五十分、今日の宿泊地「St-Privat-d’Allier」に到着。
二軒のGite(宿)に満室だと断わられ、そうとう焦りました。
そういえば、昨夜も二軒のGite(宿)に断られてます。
チェックインしたあと速攻で洗濯したら、干すところがありません。
こりゃ、明日までに乾かないな。
Wi-Fi無料は、助かります。

Barで、巡礼初日を祝って乾杯。
晩飯は、パン。
ブルーチーズと鴨のパテを塗りたくりました。

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ フランスパンとクロワッサン。紅茶(合計10ユーロ/1,295円)
  • 昼→ サンドイッチと紅茶(9.4ユーロ/1,217円)
  • 夜→ パン2.9ユーロ(375円)

スペイン巡礼/サンティアゴ・デ・コンポステラ巡礼路 フランス ヨーロッパ 国、地域別

トラックバック用URL

お便り

  • うふふ。Yukoさんと二人で楽しそう。
    頑張れ! 二人道。

    • 牛美さん、楽しいよー。
      フランスの食事って美味いね。
      知らんかった。
      毎晩、ワインとチーズっす。
      太るかもしれん。

  • いよいよ始まりましたね。
    写真一杯で楽しみにしています。
    今の所Yukoさんの方が先に進んでいるようですね。
    置いて行かれないようにして下さい。
    まずは次の目的地まで到着することを目標に頑張って下さい。
    毎日従業員食堂まで片道10分歩いています。
    三食で1時間良い運動になっていますよ。

    • そうなんですよ、Terryさん、ゆうこは絶好調。
      なにひとつ問題なし。
      どういうわけか、ボクはガタガタ。
      寝不足だし。

今日は、25kmほど歩きましたぞ(合計1603.6km)
6時間半

本日、めでたくゴールしました。
正確に言うと、「仮」ゴールなんですけどね。
何の陰毛か、いえ陰画か、いえ因果か、ボクらの巡礼はまだ続くのです。
クリスチャンでもないのに、ご苦労なことです。


より大きな地図で 2013/07/14(スペイン巡礼) を表示

P7142065

ぼちぼち夜明けです。
仮ゴールのサンティアゴ・デ・コンポステーラは、近い。

 

P7142066

笑顔で行こう!

 

P7142068

左側の背の高い木は、ユーカリ。

 

P7142069

休む暇はない。
のんびりしてると、大聖堂のミサが見られない。
12時までに着かなくちゃ。
Yukoの歩き方に、隙はない。

 

P7142072

夜明けの巡礼者。おっさん、渋いよ。

 

P7142074

Oh! サンティアゴ・デ・コンポステーラの大聖堂が見えて来た。

 

P7142075

尖塔の雑草がいい。

 

P7142077

なんかハワイっぽい。

 

P7142083

超満員の大聖堂。

 

P7142091

天井にぶつかる勢いで振られる巨大振り香炉(ボタフメイロ)。
毎日見られるわけじゃないです。

 

P7142097

ボタフメイロが振られる日については、諸説あり。
誰かが250ユーロ寄付した日だとか、有名人だか著名人だかが来ただとか。。。

 

P7142099

ボタフメイロのアップ。
想像以上に感動しました。

 

P7142101

ボタフメイロは、世界で最も大きな香炉の一つ。
重量は80kg、高さが1.60m。

 

P7142102

もうね、みんな必死で写真を撮ってました。

 

P7142110

この映画監督みたいな人は、巡礼の友。

 

P7142116

大聖堂のまわりは、巡礼者だらけ。

 

P7142119

パフォーマー。
ナニをするのか、さっぱりわからん。

 

P7142120

大聖堂の尖塔。

 

P7142121

大聖堂のまわり。

 

 

P7142125

ここがスペイン巡礼のゴールなのです。
泣く人もいるのです。

 

P7142126

ヤコブ様
お陰様をもちまして、無事にサンティアゴ・デ・コンポステーラにたどり着きましてでございます。
あと四日、世界の果てフィステーラ(Fisterra)まで歩き続けます。
なにとぞひとつ、ご指導ご鞭撻ご愛顧のほどよろしく哀愁でございます。
がんばれ、おっさんおばさん。

得意の早朝巡礼。
サクサク歩くカップルを尾行しました。
闇夜の巡礼は、尾行が一番。
迷子にならずに済み、ケツの穴の小さいこと言うけど、ヘッドライトを節約できます。
ところで、ケツの穴って、小さいといけないのでしょうか?

7時ごろから、郊外の民家を縫って進む。
ところどころ畑あり。
昔の練馬区って風情です。
背の高いユーカリの林を抜け、青いバックパックを背負ったE-goくん登場。

彼と一緒にアルベルゲ(宿)にチェックイン。
荷物を置いて、早速カテドラルへ。
セントロの複雑に交差する道を曲がりくねって、巡礼の目的地であるカテドラル(大聖堂)に到着。
フランスのル・ピュイを出発して、苦節69日目!
総距離1,603kmの金字塔!
おめでとう!
ありがとう!
Yuko、お疲れさま。
まだ世界の果てと言われるフィステーラ(Fisterra)まで歩き続ける宿命を勝手に背負っているわけですが、スペイン巡礼の「仮」ゴールとさせていただき、異論はありますまい。

巡礼事務所の長蛇の列に大人しく並び、巡礼証明書を頂きました。
証明書の名前が間違ってましたが、体制に影響ありません。
ワインで乾杯し、ピザを食らい、うろつく巡礼者たちを眺める。
初めて来た街ですが、上下左右どちらを向いても知り合いだらけです。

カテドラルのまわりに集まる、顔見知りの巡礼者たち。
抱き合い、感極まって泣く者。
エステシャンのCサン、台湾人のケビン、プエルトリコの大学教授カルロスと彼女、イタリアーノの親子、毎朝カフェで会ってた三人娘、韓国人たち、スロバキアの鼻の高い青年、ヒッチハイクで危機を脱出したデンマーク娘、ノルウエーのおばさん、カナダの娘さん、数えきれず。
フランス人のおじいさんクリスティアンは、Yukoに抱きついて涙を流し、ローズマリーと抱擁を繰り返す。

12時にミサ。
大聖堂は大入り満員。
立ち見、座り見、割り込み。
今日は、名物の巨大振り香炉(ボタフメイロ)が振られます。
なんだかんだと説教やらが長くて失神する寸前、真っ白な香が大量に焚かれ、厳かに香炉(ボタフメイロ)を振り回し始めました。
天井寸前まで振り上げる、想像以上の迫力。
期待していなかったけど、満足しました。

ケビンほか、日本人巡礼者と昼食。

宿に戻って昼寝、仕事。
エーゴくんと晩飯。

アルベルゲ(宿)に、世界一周中の旅人Yoshi君がいた。
Yoshi君、ほとんど誰も行かない、北極点に世界一近い町ロングイエールビーン(ボクらの日記はこの辺から→)に行った猛者です。
やるねー。
来年、南米で一杯やりましょう!

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ カフェ:ピザ、ワイン、オレンジジュース
  • 昼→ レストラン:MENU(定食)とビール
  • 夜→ レストラン:MENU(定食)9.5ユーロ

スペイン巡礼/サンティアゴ・デ・コンポステラ巡礼路 スペイン ヨーロッパ 国、地域別

トラックバック用URL