-アルメニア-

錆びで寂びるのです。
ジョルファ→カパン/アルメニア160222

  • Lernagorts Hotel(個室7,000ドラム/1,592円+駐車代500ドラム/113円)
  • 本日の走行距離 157(合計24,389)キロ
  • Internet@ 宿の無料Wi-Fi

パンをぶら下げていたのんきな兵隊さんがいたので、きみきみそれをどこで買ったのかね、と訊ね、熱々の焼きたてパンを食いながら東へ。
検問は、パスポートを眺めるだけ「Welcome to Iran!」
メルシー(ありがとう)、今日出るんだけどね。

ほとんど車の通らない田舎道をちんたらと流し、左手に川、向こう岸にナヒチェヴァンというアゼルバイジャンの飛び地。
禿山とストライプ地層のすぐ奥に雪山。
お洒落な迷彩柄を施した玩具のような要塞。
まだイランだというのに、SIMカードのインターネットはもはや圏外。

 

44P_5298

脈絡感のない突然の雪山。コーカサス山脈の末端ですかね。

 

44P_5321

人影なく、家畜もなく。

 

44P_5324

山の彼方の空遠く、エデンの園があるという。

 

10時20分、国境ゲート着。
イラン側の手続きはつつがなく、出国するのに「Welcome to Iran!」
アルメニアは親ロシアでございまして、いらいら感むき出しのソ連っぽい高飛車なお役人風対応。
ピアスを外せと顎で指示され、滞在日数は21日間なのに車は15日間だけというご無体。
ビザの手数料を払うとき、お金は妻が持っていると言ったら、なぜ妻に持たせるんだと激しく怒られた51歳日本男児です。
威張るわりにはどちら様も事務処理能力に乏しく、壁に祀られたプーチンが泣いています。
13時ちょうど、アルメニアに入国。
車両保険の手続きに20分、12,000ドラム(2,730円)。

44P_5327

色数の少ない地味なアルメニアの村。

 

44P_5328

ソ連式の飾り気のないカフェの入口。看板すらない、Welcome感ゼロ。その辺のおじさんが、Yukoをビールに誘ってました。ごめんね、Yuko飲めないのよ。

 

44P_5329

どうやらアルメニアは、放置車両天国です。美しきかなトラック。

 

44P_5331

錆びで寂びるのです。

 

44P_5336

寒々しい峠越え。

 

44P_5338

山の彼方の空遠く、産毛のごとく木が茂る。

 

44P_5342

アルメニアの一人当たりのGDPは、世界平均の3割くらい。そんな経済力をかもし出した屋根です。

 

アルメニア南部の最大都市「カパン」に泊まります。
OrangeのSIMカードを購入。
ひと月間使い放題プランで、1,500ドラム(341円)。
安いね。

部屋の温水式暖房が効かず、寒いこと寒いこと陰のう縮こまるが如く。

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ 焼きたてのパン(1000リアル)
  • 昼→ 外食:カキリエタ、珈琲、紅茶(3,450ドラム/785円)
  • 夜→ パン、バナナ

国、地域別 コーカサス アルメニア カパン

トラックバック用URL

エデンの洞窟でリンゴを食う。
ゴリス二泊目/アルメニア160224

  • Aregak B&B(朝食付き10,000ドラム/2,275円)
  • Internet@ 宿の無料Wi-Fi

宿の朝食は、オーナーのマリータ手製のアプリコットジャム。
ハムのホットサンドと、家庭菜園の野菜スティック。
マリータの旦那はサハリンで出稼ぎ中。
息子は弁護士、娘はドイツ留学。
アルメニアの社会問題は、多くの若者が海外へ出稼ぎに出たまま帰って来ないため、人口が減っていることです。

 

44P_5422

アルメニアのタウンアートは、朽ちた放置自動車。ボンネットにひまわりの十本でも植えたい。

 

アルメニアは、東隣に大っ嫌いなアゼルバイジャン、西に憎っくきトルコに挟まれ、近所付き合いに苦労しています。

 

44P_5392

奇岩に建つ空家。元Bar。これ、欲しいんですけど。おいくら万円ですかね?

 

44P_5395

町の南、洞窟住居のあたりを散歩。片目の犬が、最後まで案内してくれました。ときどき道を間違えてましたが、無料です。

 

44P_5404

奇岩に祈願。雪山に雲。

 

44P_5424

洞窟住居。この辺り、石器時代から人が住んでいたそうです。麓は墓地。

 

44P_5411

ときどき物思いにふけるガイドの犬。

 

44P_5415

町の名前「ゴリス」は、「岩場」の意味。洞窟住居の穴。

 

44P_5417

麓の墓地。倒れたままの墓石が多い。

 

44P_5427

家畜小屋。

 

44P_5430

山に食われた家。

 

旧市街を散歩していたら、地元民にお茶にお呼ばれしました。
遠慮せずお邪魔します。

 

44P_5440

洞窟に住むエレン。フランス語を勉強中。八歳にして、勝負顔を持つ。

 

44P_5436

エレンの家のキッチンは洞窟です。ストーブ、冷蔵庫、洗濯機、パソコン、なんでもあります。お母さんは36歳、二人目を妊娠中。大学で英語を勉強したそうですが、あまり通じません。

 

44P_5435

洞窟内の壁。

 

44P_5450

二階の洞窟。ここは客室です。三階にはエレンの個室洞窟があります。つまり家は、三層の洞窟とコンクリート造りの母屋。犬二匹。にわとり多数。

 

44P_5460

三階の庭からゴリスの町を見下ろす。

 

44P_5475

駐車中の相棒「ChinGo!」。車の左手の建物がボクらの宿です。建物は古いけれど、中はリノベーション済み。快適な宿です。

 

夜、YukoのVaioが勝手にWindowsを更新したのち、謎の暴走。
画面がどんどん切り替わります。

 

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ 宿の朝食
  • 昼→ 朝食の残り
  • 夜→ 自炊:トマトのスパゲティ、ポモドーロ

国、地域別 コーカサス アルメニア ゴリス

トラックバック用URL

世界一美人の国。
カパン→ゴリス/アルメニア160223

  • Aregak B&B(朝食付き10,000ドラム/2,275円)
  • Internet@ 宿の無料Wi-Fi

エデンの園の候補地のひとつ、アルメニアに入国。
世界一美人との前評判ですが、今のところ恋の予感はありません。
学生たちがボクらを写メして喜んでいますが、どこから来たのとか訊いてくれないところをみると、中国人だと決めつけてますね、それは冤罪です。

昨夜は暖房が効かなくて、きしむベッドの上で優しさを持ち寄って寝たわけですが、今朝になると暖房を切られてしまい、ああ無情。
南アルメニアで一番大きな都市カパンの一等地のホテルで、凍えそうです。

 

44P_5357

アルメニアは、ナニを隠そう洗濯物の町です。いま知ったんだけど。

 

44P_5359

ボクらのナニがそんなに面白いのか、人が近寄って来ます。

 

44P_5363

放置自動車がアートしたアルメニアです。錆びが寂びるのです。

 

44P_5368

わざわざ線路に乗せて駐車した車。

 

44P_5366

使われていない線路の物悲しさ。

 

44P_5374

カパンからゴリスは、絶景ルート。

 

アルメニアのポップミュージック↓

 

こういうの、感動する年頃です⇩

 

 

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ パン、バナナ
  • 昼→ 外食:串焼きとプロフ(2,000ドラム/455円)
  • 夜→ パン一枚

国、地域別 コーカサス アルメニア ゴリス

トラックバック用URL

お便り

  • 沖に豪華クルーザーを留めて生活すれば宿泊費は掛かりません(笑)
    しもじもはパペーテでドミ¥3000〜、離島はバラつきがあります。
    やっぱりレンズですよね、単焦点がいいですね
    一番活躍するのはどのレンズですか?
    美人写真楽しみにしてます!

  • はい、やっぱりレンズですね、勝負は。
    だいたい50mmを使ってます。
    使いこなせてないけれど、、、

八百屋が無料にしてくれた。
ゴリス三泊目/アルメニア160225

  • Aregak B&B(朝食付き10,000ドラム/2,275円)
  • Internet@ 宿の無料Wi-Fi

朝から仕事。
Windowsの頼みもしないバージョンアップのおかげで、昨夜からYukoのVaioが暴走しまくり。
予防注射を打ったら下痢が止まらない、そんな感じ。
どうしたものかね。

宿のオーナー、マリータにゴリスの名産フルーツウォッカはどこで買える?と訊いたら、ガレージに連れていかれました。
マリータ製造の秘蔵ブレンドウォッカは、ペットボトルサイズで、1,500ドラム(344円)。
アルコール度75って言うけど、本当かね?
ショットグラス一杯で、ニトロの衝撃。

夕方、散歩。
昨日の犬が同伴。

44P_5485

この廃墟が欲しい。

 

44P_5487

錆びが足りないけれど、植物の頑張り次第かな。

 

シャワーにいい感じの樋の短さ。

シャワーにいい感じの樋の短さ。

果物屋のお嬢さんが、あんたたち日本人かい、よー来たねと、トマトとタマネギを無料にしてくれました。
世界最古のキリスト教国、アルメニアです。

 

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ 宿の朝食
  • 昼→ 朝食の残り
  • 夜→ 自炊:トマトのスパゲティとチキンスープ

国、地域別 コーカサス アルメニア ゴリス

トラックバック用URL

お便り

  • 醤油、なかなか手に入りそうにないですね。返す返すもお餞別にお渡しできなかったことが悔やまれます。。

  • windowsの自動アップデートを「手動で更新」に変更すると、win10のアップデートが勝手に動作しなくなります。
    試しにやってみてください。

  • RZRさん、醤油なしでもなんとか生きてます。
    トマトスパゲティばっかりですが。。。

  • A5くん、Yukoに指示します。
    Thanks!

ユネスコの無形文化遺産「ラヴァシュ」、パン職人の伝統の技。
ゴリス→Haridzor/タテブ修道院→ゴリス/アルメニア160226

  • Aregak B&B(朝食付き10,000ドラム/2,275円)
  • 本日の走行距離 70キロ
  • Internet@ 宿の無料Wi-Fi

午前中、仕事。

 

午後にチェックアウトして、タテブ修道院へドライブ。
我が家の軽自動車が、息絶え絶えになるつづら折り。

 

44P_5499

ポーズをとるカメラ目線の野良犬。

 

44P_5504

アルメニアは世界で一等最初にキリスト教を国教にした国なので、観光地といえば修道院です。好きな人にはたまらないけれど、好きじゃない人にもたまりません。アルメニアを観光する人だけが知っているに違いない、タテブ修道院。

 

44P_5507

雪山を見下ろすキャンプ場で寝るつもりでしたが、イマイチ気分がのらず。

 

44P_5518

ゴリスの町に戻り、今朝チェックアウトした宿にチェックイン。

 

44P_5520

ゴリスには、石造りのいい感じの廃墟がたくさんあります。

 

町で一番大きいスーパーマーケットで牛乳を買ったら、すでに賞味期限が4日も過ぎてまして、Yukoが飲むんだからいいんだけどれど。。。

宿の女将アリータとその姪っ子、イギリス人のマリリンと夜の散歩。
パン屋を見学。
アルメニアのパン「ラヴァシュ」は、ユネスコの無形文化遺産リストに登録されています。
カメラを持っていかなかったのを後悔するくらいの、パン職人の伝統芸。
薄く伸ばしたパン生地を焼き釜に叩き付け、焦げないうちに引き上げる阿吽の呼吸。
これはね、いいものを見させていただいたと感謝しています。

 

44P_5491

強盗はいないけれど犬は恐い、そんなゴリスです。二十歳で結婚した女将さんのアリータ。毎週、英語の勉強に余念がありません。

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ 宿の朝食
  • 昼→ 朝食の残り
  • 夜→ パン

国、地域別 コーカサス アルメニア halidzor/タテブ修道院

トラックバック用URL