-ウオノソボ-

ほんの十分と言われて、三時間バスに乗ってた。パガンダラン→ウオノソボ/インドネシア120720

  • Hotel Petra(一泊IDR150,000/1,244円)
  • Internet@ 宿の無料Wi-Fi

移動日です。
いろいろと問題だらけの移動だったなり。
 
宿の奥さんティカが手配してくれた、ウオノソボ行きのバスと電車は、疑問だらけ。
まずはバス。
最寄りのパガンダランのバスステーションへ向かっているかと思いきや、遥かに遠いバンジャール駅へ。
パダンガランを予約したのに、なぜにバンジャール駅へ行くのす?
携帯は持ってないし、ドライバーは英語が通じないし、誰にも確認できず、なにがなんだかよくわからんまま、バスは走る。
 
想定外のバンジャール駅で、電車待ち。
暇で暇で溶けてしまいそうなローカルたち。
ホームで普通に横たわる、ホームレスでない人々、くつろぎ過ぎっす。
レールを横切るレトロな馬車。
バンジャール駅は、牧歌的でいい。
 
ボクらの電車は、けたたましい汽笛を鳴らしまくって走る。
車窓からは緑の田園、勤しむ農夫。
モスクに集まる信心深い村人。
道産子のボクにはミスマッチにしか見えない、田んぼを囲むパームツリー。
凧揚げをする子どもたち。
釣り人。
 
車内の弁当売りにカップ麺を頼んだら、おじさんの陽に焼けた太くて短い指がカップに深く食い込んだまま、不器用にお湯を注いでくれました。
カップ麺を売って幾星霜、と見た。
 
クトアルジョ駅で、オートバイ式人力車(ベチャマシン)に乗り換え。
「ウオノソボまで」と行き先を告げたら、五分ほどで降ろされ、バスに案内されました。
えっ、バスに乗り換えるの?
おかしいなぁ、宿の奥さんティカから、クトアルジョ駅から十分ほどでウオノソボに着くと聞いていたんだけど、なぜにまたバスに乗らねばならないのか、さっぱりわからん。
胸にわだかまる疑念がぐるぐるとぐろを巻いたまま、ぼんやりと尿意を抱えてバスは勝手に走る。
走る走る。
十分で着くどころか、期待を裏切りまくって三時間。
夕暮れ、濃霧、満員バス、そして車内喫煙が煙い。
真っ暗闇の二十時、バスはボクらの窮状を察して、とあるホテルの前で降ろしてくれました。
冷たい雨。
あー、小便がしたい。
 
鞄の中で、パソコンが二台ともかなり熱くなってたです。

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ 宿の朝食。バナナパンケーキ
  • 昼→ カップ麺(IDR12,000/99円)
  • 夜→ ミゴレン。祐子はバクソ麺。ジュースとアイスティ(IDR42,500/353円)

アジア インドネシア ウオノソボ 国、地域別

トラックバック用URL

肉団子は半生、危険だよね。ウオノソボ二泊目/インドネシア120721

  • Wisma duta homestay wonosobo/一泊IDR300,000(2,489円)をIDR250,000(2,074)に値引きしてもらいました
  • Internet@ 宿の無料Wi-Fi

アンコタという乗り合いバス↓に乗りたいけれど、路線がわかりません。
P7215549.jpg
誰かに訊こうにも英語が通じないので、面倒くさいです。
視線が絡んだドライバーをウィンクで呼び止め、他に乗客もいないことだし、イミグレまで直行してもらいました。
無愛想だったけど、意外に柔軟な顧客志向が嬉しい。
 
I No English!
以外一秒も英語が話せない守衛さんと、会話にならない会話を積み重ね、今日は土曜日のため休業、月曜日に出直すということにあいなりもした。
ま、土曜日休業は想定内です。
月曜日に出直します。
 
晩飯に食ったミート団子のバクソですが、生だったです。
P7215551.jpg
半分に割ったら、けっこうピンク色に輝いてました。
生だよね、これっ半生だよね。
お店の娘さんを呼び止めて、これ生だよね、食べたら危ないよねって指差したけど、これっぽちも伝わりませんでした。
何言ってるんだかさっぱりわからない迷惑な外人だわ、って顔されました。
一杯65円だから、ま、いいか、残せば…。
 
仕事のメモです。
忘れた頃に必要になる、Webで使う画像を半透明にする方法です。

Photoshopで不透明度50%(任意)に指定

Webおよびデバイス用に保存

透明部分にチェック

PNG-24で保存

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ ジャムパン、チーズパン。祐子はココナツパン
  • 昼→ バクソ麺。祐子はナシゴレン。アイスティーとジュース(IDR52,000/431円)
  • 夜→ バクソ麺。アイスティ(IDR20,500/170円)

アジア インドネシア ウオノソボ 国、地域別

トラックバック用URL

クレーターは、命がけの自己責任。ウオノソボ三泊目/インドネシア120722

  • Wisma duta homestay wonosobo/一泊IDR300,000(2,489円)をIDR250,000(2,074)に値引きしてもらいました
  • Internet@ 宿の無料Wi-Fi

神々の場所と呼ばれる、海抜約2000mのディエン高原へお出かけ。
ボクらの乗った地元密着型ローカルバスは、おばちゃんの野菜や卵を丁寧に積んだり、常連客をいつまでも待ったり、友達だか誰だかといつまでもお喋りしたりで、なかなか高原にたどり着けず。
 
ディエン村のツーリストインフォメーションは、お休み。
地図がないので、適当に散歩。
水蒸気が景気良く噴出してた、よくわからない煙突↓
P7225557.jpg
七世紀から十世紀にかけて繁栄した中央ジャワ、ヒンドゥー教の遺跡。
P7225562.jpg
湖へは立ち寄らず、ひたすら散歩。
 
昼飯後、レストランのDwi君からスクーターを借りて、ドライブ。
山の斜面に段々畑。
早乙女、農夫、発電機。
P7225586.jpg
Candradimukaクレーターは、熱湯噴出、地獄の釜。
柵らしい柵もなく、命がけの自己責任。
P7225599.jpg
これを利用すると、地熱発電というのだろうか。

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ 宿の朝食。パン
  • 昼→ ナシゴレン。祐子はイモ。紅茶(IDR32,000/265円)
  • 夜→ ミゴレン。祐子はテールスープ。アイスティ。祐子はホットオレンジジュース(IDR61,000/501円)

アジア インドネシア ウオノソボ 国、地域別

トラックバック用URL

お便り

  • 昨日のyumiの昼飯はミーゴレン。中華コンソメカレー味なのは気のせいでしょうか?

  • YUMIちゃんにインド人の彼氏←一票!

  • よしさん
    ご無沙汰です、こいちです。
    インドネシア、楽しそうですね。
    いろいろとネタの宝庫な感じです。
    せっかくですからなかなかネットでは拾いきれない日本の最新情報です。
    京浜東北線は人身事故のため運転中止しています。
    あと、イチローはマリナーズからヤンキースに移籍らしいです。

  • 京浜東北線って、日本の大動脈だよね、どこ走ってるのかイマイチよくわからんけどさ。
    アメリカのイチローの家、売りに出てたもんね。

ストライプな邪心を見透かされた。ウオノソボ四泊目/インドネシア120723

  • Wisma duta homestay wonosobo/一泊IDR300,000(2,489円)をIDR250,000(2,074)に値引きしてもらいました
  • Internet@ 宿の無料Wi-Fi

宿のギターをチューニングしたら、完膚なきまでに狂ってしまいました。
ごめんくさい。
 
乗り合いバスのアンコタで、イミグレへ。
ビザの延長を申請します。
インドネシアのビザは、一回しか延長できません(合計60日)。
そんなことは重々承知の助ではございますが、密かに二回延長を目論んでいます(合計90日)。
そんなストライプな邪心を見透かされたのか、係員のRagil君が繰り返し警告してくれました。
いいですかぁ、延長は一回だけですっ!
 
はい、一回しか延長しません、と誓うボクらの出国チケットの日付が、90日後になっておるじゃないかと、鋭く指摘されてしまい、すみません、チケットは変更します、必ずします、と陳謝いたしました。
これ幸いなことに、謝って済む問題でした。
 
コンビニでIDR6,000(49円)の印紙を買ったら、IDR7,000(57円)請求されたです。
なんでIDR1,000(8円)高いの?
印紙を額面より高く買うって、初めて聞いたんだけど、ボッてないよね?
英語を話せない店員と、インドネシア語を話せないボクらの息詰る攻防が勃発。
彼ら、苦笑いしてましたよ。
ボクらも苦笑い。
路地脇でミシンを踏んでいるおじさんに、穴だらけになったTシャツを安っぽい袋にリメイクしてもらいました。
41円!
安いので、明日も何か繕ってもらおう!
 
宿のご主人から、揚げ春巻きを貰った。
 
今日の食事代は、昼夜あわせて562円。
一人一食140円。
安いね、インドネシア。

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ 宿の朝食。パン
  • 昼→ バクソミー(肉団子麺)とアイスティ(IDR20,000/164円)
  • 夜→ マッシュルームと鶏肉の炒め物。祐子はマッシュルームと鶏肉のスープ。アイスティー(IDR48,500/398円)

アジア インドネシア ウオノソボ 国、地域別

トラックバック用URL

みなさんラマダーン中。残念なステーキを食べた。ウオノソボ五泊目/インドネシア120724

  • Wisma duta homestay wonosobo/一泊IDR300,000(2,489円)をIDR250,000(2,074)に値引きしてもらいました
  • Internet@ 宿の無料Wi-Fi

宿のご主人から、分厚いホットケーキを頂きました。
毎日毎日、手を替え品を替えての貢ぎ物、ありがとうございます。
お礼と言ってはなんなんですが、一泊ほど延泊させてください。
 
午後は、ピーナッツみたいのを一瓶頂きました。
 
乗り合いバスのアンコタに乗って、イミグレへ。
今まで乗車賃として24円(IDR3,000)払っていましたが、他の乗客を見ていると、どうも16円(IDR2,000)臭い!
皆、札を丸めて払うので、はっきり見えないのです。
試しに16円(IDR2,000)だけ払ってみたけど、呼び止められることもなかったです。
今まで五割も多く払ってましたよ。
240円ぐらいの大損!
ビールも買えやしないけど。
 
ビザの延長料金IDR500,000(4,114円/二人分)を、イミグレの馴染みの係員Ragil君に支払いましたが、待たされた挙げ句、明日出直して来いとのことでした。
 
昨日に引き続き、露天のミシン屋さんで、股が擦れきったズボンを縫ってもらい、ついでに穴だらけのTシャツを、お洒落なバッグにしてもらいました。
ま、正直言うとちっともお洒落じゃないのですよ。
 
晩飯にフットボールコートの近くのフードコートへ。
思い切ってテンダーロインステーキを食べましたが、心の底から残念なステーキでした。
っていうか、ステーキというより完全に揚げ物。
サクサクの衣に包まれて、噛んでも噛んでも牛肉の気配なし。
ま、123円だったんだけどもね、あれをステーキと呼ぶのはどうかと思うよ。
できればシェフと膝を交えて、話し合いたいものです。
 
インドネシアは、ラマダーン中。

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ 宿の朝食。パン
  • 昼→ ミゴレン。アイスティー(IDR30,500/251円)
  • 夜→ テンダーロインステーキ、チップス、ジュースとタピオカドリンク。祐子はナシアヤム(IDR51,000/419円)

アジア インドネシア ウオノソボ 国、地域別

トラックバック用URL