-November 2018-

自己責任と自業自得を心に秘めて、山奥までプチ冒険。
Bunyonyi3泊目/ウガンダ181101

  • キャンプ:Kalebask:60,000UGX
  • Internet@ キャンプ場とSIMカード

自己責任と自業自得を心に秘めて、山奥までプチ冒険していきます。

湖に沿って青い地点から赤い地点へ。

たった7kmですが、あなどれない7kmでして、日本じゃ年賀状を配っているような軽自動車で乗り越えるには深くて硬い頑固一徹な轍。
ラブローションのようにぬるぬる滑る泥地帯が行く手を阻み、どんだけ深いのか検討もつかない水たまりがルビコン川として横たわるダンジョン。

のどかな山道だったりすることもあるのですが、

油断すると崖下だったりするわけです。

深すぎるために、ワニやカバどころか、魚すら棲まない湖。

のどかな湖を眺めて進むと、

小さな集落があり、

油断すると、

プチ・デスロードです。

 

キャンプ場を変えました↓

大雨が降ると、湖に沈みかねないレベル。
湖って、満潮とか干潮とかあるんですかね?

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ 外食:アフリカンティー
  • 昼→ 外食:4食連続ステーキマッシュルームソース
  • 夜→ 外食:クレイフィッシュとビール

国、地域別 アフリカ ウガンダ Bunyonyi

トラックバック用URL

迷い込んだるウガンダの藻屑。
Bunyonyi→Musanze/ルワンダ181102

  • Amahoro Guest House:35→30US$
  • Internet@ 宿の無料Wi-Fi

ルワンダに戻ります。

いきなり道を間違えてしまい、ダメよダメよと思いながら山奥へのめり込む↓

どこここ?

行く手を阻む雲海。どんだけ走っても村に帰れそうもない一本道を命からがら脱出し、怯えたぶんだけ腹が減ったのなんの。

昼食に寄ったカフェは、湖ひとり占め↓

どう作ったらこんなに残念な味になるかといろいろ考えちゃうくらい、ハンバーガーは美味しくない。

 

ウガンダの並々ならぬ耕作意欲は、段々畑ならぬ斜面畑です。
写真では穏やかに見えても、転がったら死ぬレベルの急斜面は三浦雄一郎級↓

国境を越えて、ルワンダへ入国。
荷物検査なし、変な尋問なし。
ネットでとったシングエントリーEビザのプリントを持っていなかったので、イミグレに迷惑をおかけしましたが、彼らの優しさに甘えてクリア。

 

晩飯は、人気のイタリアンレストランでピザ。
いろいろ考えちゃうくらい、美味しくない。

 

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ 食べない
  • 昼→ 外食:ハンバーガー、ロレックス、コーヒー、アフリカンティー()
  • 夜→ 外食:ピザ、ビール、アフリカンティー(5,400RWF/699円)

国、地域別 アフリカ Rwanda Musanze

トラックバック用URL

アフリカの泥道→川→滝と進化する。
Musanze→Karenge/ルワンダ181103

  • 玉邸
  • Internet@ SIMカードを購入

1週間ぶりに首都キガリへ立ち寄って、フランス大使館御用達と想像されるパン屋で昼飯を食べてからマドレーヌを買い、AirtelのSIMカード(500RWF/64円)を調達してTop Up(1.5GB /2,000RWF/257円)し、キガリ郊外のローカルBarのお庭で冷えたコカコーラを飲んでから、24kmの村道を走る。

今日は、こったらところに日本人!?を訪ねます。

バナナ畑とコーヒー畑を突き抜けて、天地創造級の大雨に祟られて、狂ったように濁流が流れる泥道を遡った玉邸へ。
泥道が川になり、やがて滝に進化したときには、もうアカンと思ったもんです。

 

晩飯は、珈琲少女「玉」と金融系野球青年と山羊の煮込みでビール。
ルワンダ特有の室温ビールで喉を潤し、山羊肉と骨のコラボで歯間を埋める宴。
広島優勝おめでとう。
明日は特製釜の特製ピザです。

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ 宿の朝食
  • 昼→ 外食:サンドイッチ
  • 夜→ 外食:ヤギ肉パーティ

国、地域別 アフリカ Rwanda Karenge

トラックバック用URL

暗雲立ち込める、珈琲畑に挟まれた赤茶色の道を散歩すると、

市場の近くに、手編み用品の作業場があります。

手編みバッグがたくさんありまして、黒と焦げ茶色がいい具合に混ざったのは、バナナの皮です。
これ、けっこう気に入ってます↓

気に入っているけど、バッグを使わないんだよね。

上品なパームツリー製は、パリのシャンゼリゼ通りを歩いても恥ずかしくない感じ↓

シャンプーと石鹸を入れて神田川を歌いながら銭湯に通えそうな、ちょいと丈夫な小物入れ↓

制作途中です。
茶色と黒はバナナの皮↓

ルワンダのピンクレディー。
美味しい笑顔、ありがとう。

ゴミ箱にどうぞ↓

豪雨に襲われましたが、お昼は庭でピザです。
元軟式野球青年の手作り釜↓

こういうゴツいものを借家の庭に作れるおおらかな田舎。

お玉さん特製トマトソースに、玉ねぎ、ピーマン、チーズ、バジルをトッピングして

高校野球の入場行進に使えそうな板にピザを載せ、

特製窯で数分焼けば、

この焼き上がり!

下手なイタリア人に負けない出来です。

ピザを堪能した後、キガリに帰宅。

古民家をリノベした新居に寝ます。

初夜。

隣の部屋のタンザニア人が、ゲロを吐いている。

 

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ 昨夜の昼飯の残り
  • 昼→ 広島青年が焼く特製ピザ
  • 夜→ パン

国、地域別 アフリカ Rwanda Kigali

トラックバック用URL

どこへ行っても閉店ラッシュ。
Karenge→Kigali81泊目/ルワンダ181105

  • Amasimbi2
  • Internet@ 宿の無料Wi-Fi

いろいろとついてなくてですね、今日。
昼に馴染みのローカルレストランへ出かけたら店じまいしてて、次に馴染みのないレストランに行ったらそこも閉店してて、しかたがないから住宅街の奥のレストランまで炎天下のなかとぼとぼと歩いたのだけれどもやる気がなさそうなお姉さんだったので退散して、しまいにゃ、バイクタクシーにまたがって一度入ってみたいと思っていたレストランをはるばる訪ねたけれどそこも看板を下ろしてました。
で、馴染みのアジアンキッチンへ。

 

馴染みの電気屋では、お目当のLEDライトは売り切れ。
2回も見積もりをとったのに、買おうとしたらない。

 

天にまします天中殺よ、願わくば我に幸あれ。

 

Yukoの風邪はひどくなる一方。
のどちんこから血を吐き出すような咳。
呼応する庭の雄鶏。

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ 自炊:パンと卵焼き
  • 昼→ 外食:アジアンキッチン
  • 夜→ 自炊:オイルサーディンの缶詰丼

国、地域別 アフリカ Rwanda Kigali

トラックバック用URL