暗雲立ち込める、珈琲畑に挟まれた赤茶色の道を散歩すると、

市場の近くに、手編み用品の作業場があります。

手編みバッグがたくさんありまして、黒と焦げ茶色がいい具合に混ざったのは、バナナの皮です。
これ、けっこう気に入ってます↓

気に入っているけど、バッグを使わないんだよね。

上品なパームツリー製は、パリのシャンゼリゼ通りを歩いても恥ずかしくない感じ↓

シャンプーと石鹸を入れて神田川を歌いながら銭湯に通えそうな、ちょいと丈夫な小物入れ↓

制作途中です。
茶色と黒はバナナの皮↓

ルワンダのピンクレディー。
美味しい笑顔、ありがとう。

ゴミ箱にどうぞ↓

豪雨に襲われましたが、お昼は庭でピザです。
元軟式野球青年の手作り釜↓

こういうゴツいものを借家の庭に作れるおおらかな田舎。

お玉さん特製トマトソースに、玉ねぎ、ピーマン、チーズ、バジルをトッピングして

高校野球の入場行進に使えそうな板にピザを載せ、

特製窯で数分焼けば、

この焼き上がり!

下手なイタリア人に負けない出来です。

ピザを堪能した後、キガリに帰宅。

古民家をリノベした新居に寝ます。

初夜。

隣の部屋のタンザニア人が、ゲロを吐いている。

 

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ 昨夜の昼飯の残り
  • 昼→ 広島青年が焼く特製ピザ
  • 夜→ パン

国、地域別 アフリカ Rwanda Kigali

トラックバック用URL

お便りを投函。ポトン