-Musanze-

79泊もしたキガリを旅立ち、ウガンダを目指します。

ルワンダからウガンダって、ナニが違うんだ?って感じです。

ま、ビザをクリアするだけなので、4、5日後には戻ってきますが。

 

尾根伝いの田舎道を流し、

国境の40km手前の田舎町へ。

 

お出迎えは、ギター少女。

久しぶりにキャンプです。
テントがたくさん張られていますが、単なる常設テント。
キャンパーは、ボクらのほかにひと組みだけ。

キャンプ場のカフェでくつろいでいたら、漏電をこじらせて何かが爆発したようで、以降、復活、爆発、停電の繰り返しで、結局停電。
インターネットのない夜。

 

某新婚さんから、ベダステ青年に椅子とテーブルの見積もり依頼がきました。
ありがとう。
頑張れ、見積もり。

折りたたみ椅子
Dry Timber (UMUSAVE) 木材(ウムサベ) 11,400
Machinist 機械工作/断裁とか 1,000
Bolt 500
Sanding paper やすりかけ 600
Electricity 電気代/やすりがけ、ペイントは機械 500
共通費用A 12,000
Material cost 28,000rwf
Labour
25% of material cost 7,000
 合計   35,000rwf 

 

折りたたみテーブル
Dry Timber (UMUSAVE) 木材(ウムサベ) 29,500
Machinist 機械工作/断裁とか 2,300
Bolt 1,700
Sanding paper やすり 900
Electricity 電気代/やすりがけ、ペイントは機械 800
共通費用A 12000
Material cost 47,200rwf
Labour
25% of material cost 11,800
 合計   59,000

 

共通費用A(椅子とテーブルの共通費用の半分)
Transport 資材を買うための運賃 4,500
Clear paint クリアペイント 3,000
Thinnel シンナー 2,000
Hardner 硬化剤 2,500

 

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→
  • 昼→
  • 夜→

国、地域別 アフリカ Rwanda Musanze

トラックバック用URL

迷い込んだるウガンダの藻屑。
Bunyonyi→Musanze/ルワンダ181102

  • Amahoro Guest House:35→30US$
  • Internet@ 宿の無料Wi-Fi

ルワンダに戻ります。

いきなり道を間違えてしまい、ダメよダメよと思いながら山奥へのめり込む↓

どこここ?

行く手を阻む雲海。どんだけ走っても村に帰れそうもない一本道を命からがら脱出し、怯えたぶんだけ腹が減ったのなんの。

昼食に寄ったカフェは、湖ひとり占め↓

どう作ったらこんなに残念な味になるかといろいろ考えちゃうくらい、ハンバーガーは美味しくない。

 

ウガンダの並々ならぬ耕作意欲は、段々畑ならぬ斜面畑です。
写真では穏やかに見えても、転がったら死ぬレベルの急斜面は三浦雄一郎級↓

国境を越えて、ルワンダへ入国。
荷物検査なし、変な尋問なし。
ネットでとったシングエントリーEビザのプリントを持っていなかったので、イミグレに迷惑をおかけしましたが、彼らの優しさに甘えてクリア。

 

晩飯は、人気のイタリアンレストランでピザ。
いろいろ考えちゃうくらい、美味しくない。

 

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ 食べない
  • 昼→ 外食:ハンバーガー、ロレックス、コーヒー、アフリカンティー()
  • 夜→ 外食:ピザ、ビール、アフリカンティー(5,400RWF/699円)

国、地域別 アフリカ Rwanda Musanze

トラックバック用URL