-March 2017-

申請用紙は非業のフランス語。
ダカール32泊目/セネガル170306

  • Dakar International House(10,000CFA/1,832円)
  • Internet@ 宿の無料Wi-Fi

午前中、マリ大使館でビザ申請。
書類を一枚書くだけですが、申請用紙は非業のフランス語。
名前すら書けないのです。
ボールペンを握ったまま化石化していたら、北京生まれのカナディアン、アニーが手伝ってくれました。
モントリオール育ちなのにフランス語を喋れないという微妙な語学力ですが、概ね助かりました。
ありがとう。
アニーはグリーンランドも旅したTCCのメンバーで、今回の目的地はマリの北部。
日本の外務省の海外安全マップでは、血塗られた赤です。
アニー、そこは危険が危ないでしょう?
「そうよ、去年はスイス人が誘拐されたのよ」
でも行くの?
「行くわよ。誘拐は昔の話だし」
ちっとも昔じゃないし。

 

バスに乗ると、親切にされます。
今日は、娘さんが荷物を持ってくれました。
嬉しいのだけど、そんなに爺さんに見えますか?
あなたの豊かな胸元に胸をときめかせるくらいの心情青年です。

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ バナナとトマトサラダ
  • 昼→ 昨日の混ぜご飯とワカメのお味噌汁
  • 夜→ クロワッサン、バナナ

国、地域別 アフリカ セネガル ダカール

トラックバック用URL

えろえろと元気ないけれど、妄想逞しく生きています。
ダカール33泊目/セネガル170307

  • Dakar International House(10,000CFA/1,832円)
  • Internet@ 宿の無料Wi-Fi

46番のバスで郵便局へ。
今日は、おじいさんが席を譲ってくれました。
優しくしてくれるのは嬉しいのですが、そんなに爺さんに見えますか?
ちょっとは枯れ仙ですが、枯れ専には需要あるくらいには若いと思うのですよ、そうあってほしいと願ってやまない毎日ですし。
えろえろと元気ないけれど、妄想逞しく生きてるし。

 

郵便局に伺ったのは、先日オーストリアへ郵送した小包の件です。
わざわざ特別料金を払って追跡付き小包にしたのですが、Webサイトに番号を入力しても、該当する荷物は存在しません。
どういうことでしょう?
ってことを、わざわざ郵便局で訊いたみたら、郵便局のパソコンでも同じ結果。
特別室に通されて捜査を続行し、小包がセネガルを脱出したところまで追跡できました。
すみませんね、たった2,300CFA(413円)の荷物なのに、よってたかってサービスしてくれて。
以上、ネットで確認できない、小包の追跡番号でした。

 

ところで郵便局の特別室ですが、隣の部屋のエアコンの室外機がありました。
日本人には真似できない、新しい発想です。

 

明日、ひと月ぶりに移動します。
野生のライオンやキリンがいるニョコロ=コバ国立公園へ。
その後、マリへ。

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ バナナとお茶
  • 昼→ 外食:いつものお洒落食堂(3,000CFA/547円)
  • 夜→ 自炊:ミートスパゲッティ、メロン

国、地域別 アフリカ セネガル ダカール

トラックバック用URL

お便り

  • 国立公園!
    報告楽しみにしてます。
    お気をつけて。

  • 明日、国立公園の一口に到着します。
    いまのところ目撃した動物は、ロバと馬と牛、珍しく豚。
    バオバブの木、腐るほどあります。
    では!

殴り合いも金銭の授受も覚書きもなにもない、交通事故の後始末。
ダカール→カオラク/セネガル170308

  • Hotel Le Relais(32,000→25,000CFA/4,555円)
  • 本日の走行距離 240kmキロ
  • Internet@ 宿の無料Wi-Fi

セネガルのガソリンスタンドは、スポンジでフロントガラスを洗ってくれまして、ロシアよりこっち側、ヨーロッパはセルフだから、窓拭きサービスは新鮮です。
ガラス越しにお兄さんと目があったりして、なんか、照れます。

 
セネガルは、5年前に最貧国から低所得国にグレードアップ。
一人当たりのGDPが世界平均の10%。
それほど豊かになったわけでもあるまいに、お釣りが足りなかったら、お釣りを多く返してくれる懐の深さ。
気前のよさ。
30円のお釣りがないからって50円くれるわけですから、日本人にはなかなか真似できない芸当です。
これがセネガル魂の「ラテンガ(おもてなし)」です。

 

 

暑くなってきました、セネガル。

ダカールの牛乳屋さんのイラストは、そうとうレベルが高いです。作品集が作れるくらい。

 

一月間も路駐した宿の前。今日、出発します。

 

ベニンから出稼ぎに来たクリストフ。これで普段着ですから、ハレの日には何を着るのか恐いくらい。

 

働き者として評判の良いビッグブラザー。Tシャツにメッセージが欲しいというので、「友情」。なんか他に書くことなかったもんか、反省しています。

 

関係各方面にご挨拶して、出発。
途中、アフリカ最西端の岬に立ち寄ります。

 

高速道路の制限速度は110kmですが、多くの車は100km未満巡行。
車が古すぎて、制限速度に追いつかないのです。
牛注意の標識あり。

 

今日もまた、交通事故を目撃。
急停止した車を避けた後続車が、隣の車と接触。
ドライバー同士が怒鳴りあったものの、5分後には解散。
殴り合いも金銭の授受も覚書きもなにもない、事故。
車ぶつかり合うも他生の縁。
日本だと、車ぶつかり合ったら多額の円。

 

玄関前に飾りたいオブジェ。埋まった首。

 

ほぼアフリカ最西端。

 

見飽きるくらいあるバオバブの木。

 

サルム川沿いの高級ホテルに宿泊。

 

 

 

Yukoがエアコンをつけたまま寝るくらいのすさまじく暑い夜。
寝ているだけで、陽に焼けそう。

 

町一番の高級ホテル様が、シングル料金にまけてくれました。
ありがとう。
水とシリアルを食べて寝ます。

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ シリアル、メロン
  • 昼→ 外食:チェブジェン、コーラ2本(2,500CFA/455円)
  • 夜→ シリアルと水

国、地域別 アフリカ セネガル カオラック

トラックバック用URL

ギニアの道はメイドインチャイナ。
カオラク→タンバクンバ/セネガル170309

  • Hotel Oasisのキャンプ場(10,000CFA/1,830円)
  • 本日の走行距離 288km(日本から58,533km)キロ
  • Internet@ 宿の無料Wi-Fi

町一番の高級ホテルに泊まったので、粛々と仕事。
午後、移動。
鼻から前頭葉がこぼれそうなくらい暑いです。
生きるだけで精一杯。

明日のサディオ・マネ。サッカーとは思えないくらいボールが小さかったのは、大リーグ養成用です、たぶん。ボールから、豪快に布切れがはみ出てたのは愛嬌。

 

以下、名もなき村の名もなき人々。

  

今夜のキャンプ場は、フランス人のおじいさんおばあさんだらけ。
ほぼパーフェクトに英語が通じないので、ボクらがセネガルの国立公園の話をしているのに、彼らはギニアの話だったりするすれ違い。
「ライオンを見ました?」
って質問すると、ギニアの道路の穴の写真を見せてくれました。
とりあえずわかったことは、ギニアの道はメイドインチャイナ。
アスファルトの厚さが3センチしかないと、文句たれてたおじいさん。
今年5本目のビール。
晩飯は、バナナとみかん。
食事が猿になってきた。

 

窓に網を張って寝る。

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ 宿の朝食(チョコクロワッサンがメイン)
  • 昼→ 外食:チャブジェンとしか思えないもの(1,000CFA/183円)
  • 夜→ バナナ、みかん、ピクルス

国、地域別 アフリカ セネガル タンバクンダ

トラックバック用URL

蚊のいないジャングルと防虫効果のない小屋。
タンバクンバ→ダルサラム/セネガル170310

  • キャンプ場(9,000CFA/1,681円)
  • 本日の走行距離 87km(日本から58,620km)キロ
  • Internet@ インターネットなし

今宵の部屋は、隙間だらけ。防虫効果ゼロ。蚊帳が欲しいとお願いしたら、蚊は絶対にいないと力説した宿側陣営。蚊のいないジャングルってありですか?

 

村人A。

 

パン屋の息子、少年A。

 

少年B。

 

 

少女A。

 

少女B。

 

今日の動物は、ロバのみ。

 

明日はジャングルに突入して、ライオンを探します。
最低でもカバ。

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ 宿の朝食
  • 昼→ 外食
  • 夜→ 外食:コーラと卵焼きで2,000CFA(369円)

国、地域別 アフリカ セネガル ダルサラム

トラックバック用URL

お便り

  • ライオンもカバも危険な動物なので
    気をつけてくださいネ
    (´(エ)`)ノ

  • ライオンは、おらんかったです。
    カバとワニは、遠すぎました。
    全体的に活気のないジャングルだったです。
    もう少し血なまぐさいの期待してたのに。。。