スペイン巡礼45日目。巡礼のポイントを軽くご紹介。Logrono→Najera/フランス130620

  • アルベルゲ(宿):ひとり一泊10ユーロ
  • Internet@ 宿の無料Wi-Fi

今日は、29.6km歩きました(合計1002.3km)
7時間半


より大きな地図で 2013/06/20(スペイン巡礼) を表示

闇夜を歩き出す。
スペインの日中は暑いので、
巡礼のポイントは、日の出前の出発です。
高速道路と送電線。
並ぶ工場。
低い山より低く厚い雲。
車の疾走音。
おちてぶ」の撮影。
穴の開いた海パン巡礼。

二股路にて、左方面の矢印がなんとなくいかがわしい。
進路について相談中、遥か先を歩いてた青年が走って戻って来ました。
「左の矢印は、カフェの連中が村に引き込むために描いた偽物で、右が正しい巡礼路だよ。騙されないでね」
ボクらにそれを伝えるためにわざわざ戻ってきてくれるとは、なんて優しい人なのでしょう。
感動しました!
左側のカフェに立ち寄って、昼飯を食べることに決定したところだったのですが、青年の善意を無駄にしないため、ボクらは昼食を抜きます!
正直腹が減って疲れきったボクらですが、これも運命。
定めなのでしょう。
とはいえ、途中にピクニックテーブルを発見し、喜び勇んで前夜に食べる予定だった肉料理の缶詰めを開けました。
冷えた缶詰は、脂やらなにやらが分離してて、いくらかき混ぜても混じわらず。
何味の料理なのか、さっぱりわからず。
リンゴが胃に染みる。

相変わらず巡礼路にトイレがなく、膀胱との闘いです。
巡礼は、どれだけ小便を我慢できるかが、ポイントです。

10ユーロのアルベルゲ(宿)にチェックインして、速攻で洗濯。
急いで洗濯して乾かさないと、翌日までに乾かないのです。
巡礼のポイントは、さっさと洗濯!
仕事を片付けてから、シャワー。
腹が減ったので、昨夜食べる予定だったお米をチンして、お茶漬け。
永谷園が、美味い!
巡礼に、お茶漬けは必須!これでスパゲティも食べられますから。

晩飯は、E-go君、台湾人のケビンと10ユーロのMENU(定食)。
1.5ユーロのワインをお代わり。
晩飯後、散歩。
今宵の部屋は、E-go君、ケビンと四人部屋。
隣には、スイス人のジョセフ。

日の出前にアルベルゲ(宿)を出る。巡礼路の黄色い矢印を探せ。

日の出前にアルベルゲ(宿)を出る。巡礼路の黄色い矢印を探せ。

 

P6201372

真っ暗な街のなかに、不気味なオブジェ。脅かさないでくださいよ。

 

P6201373

お姉さんのふくらはぎの立派なこと。

 

P6201374

他人を踏み台にして、のさばるの図。

 

P6201376

巡礼路の金網に、木の枝で組まれた十字架。
延々と続く、狂気の壁。

 

P6201377

ゴールのサンティアゴ・デ・コンポステーラまで、576kmまで迫りました。ちっとも迫った感がないけれど。

 

P6201378

なんという名前の植物なのか知りませんが、不気味です。

 

P6201379

何を作っているのか、ナニをしているのか、さっぱりわかりません。

 

P6201380

煙突の上に住む。

 

P6201385

何の目的で作られたものなのか、さっぱりわからず。こういう小屋を作るのって、たいへんだろうか?
一度挑戦してみたい。

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ クロワッサン、バナナ、ババロワ、ジュース
  • 昼→ 豆の缶詰、リンゴ
  • 夜→ MENU(定食)10ユーロ。ワインを一杯だけお代わりしました

スペイン巡礼/サンティアゴ・デ・コンポステラ巡礼路 スペイン ヨーロッパ 国、地域別

トラックバック用URL

お便りを投函。ポトン