スペイン巡礼36日目。パンに板チョコを挟んで食べるのは、気持ち悪い。Ostabat-Asme→Saint-Jean-Pied-de-Port/フランス130611

  • Gite/ひとり24ユーロ(晩飯付き)+朝飯5ユーロ
  • Internet@ Wi-Fiルーターを使いました

今日は、27km歩きました(合計797.7km)
6時間半

元建築家オーエンの朝飯は、変です。


より大きな地図で 2013/06/11 8:22 を表示

アイルランド人のオーエンが、朝飯だっていうのに、パンに板チョコを挟んで食べてます。
パンに板チョコは変だろ、と指摘したら、朝飯にオイルサーディンを食べてるあんたたち日本人のほうが、よっぽどオカシイと鼻で笑われました。
そんなこんなの会話を聞いてボクらの横で大笑いしているジェロームは、チョコラテを飲みながら、チョコパンを食べてる変人です。
いいですか西洋人のみなさん、朝に魚を食うのが、日本人の習性なのですよ。

適当な雲が広がる朝。
雨が降っていないだけで、神に感謝を捧げたい気分です。

古い錆び付いた農機具を使った花壇が好きです。アメリカ人もこういうの、好きなんだよね。デカいけど。

古い錆び付いた農機具を使った花壇が好きです。アメリカ人もこういうの好きなんだよね。無駄にデカいけど。

 

晴れていると、草むらを歩いていても楽しい。

晴れていると、草むらを歩いていても楽しい。

 

最近の教会の横には、こんな感じの壁があります。スカッシュっぽいことしているのを見ました。

最近の教会の横には、こんな感じの壁があります。スカッシュっぽいことしているのを見ました。

 

晴れてます!

晴れてます!

 

イエスさまが小さい。どうしてこんなに小さいのだ。予算?

イエスさまが小さい。どうしてこんなに小さいのだ。予算?

 

牛への悪戯書き。意味不明。

牛への悪戯書き。意味不明。

 

これもまた、イエスさまの磔もの。

これもまた、イエスさまの磔もの。

南仏に森を持つジェロームが、ぜひ遊びに来いと誘ってくれました。
シャンピニオンをご馳走してくれるそうで、楽しみです。
彼はよくボクを呼びつけブルースリーの真似をするので、全然キャラじゃないのですが、ボクはジャッキーチェンの酔拳を演じました。
すごい喜んでくれたです。

歩き始めて三十分もしないころ、路上で靴下を発見。
洗濯バサミがついているので、たぶん巡礼者のものだと思われます。
やがて持ち主に出会うだろうと、Yukoのバックパックにぶら下げて歩いてたら、まんまと持ち主に追いつく。

口笛を吹いて歩いている陽気な人は、プエルトリコ出身のカルロスです。
となりの彼女は、デリアです。

多くの巡礼者は、今日たどり着く街サンジャンピエードポーを目的地としているので、あちこちで別れ挨拶と写真を撮り合います。
ってか、みんな何が嬉しいのか、ぼくらと記念写真を撮りたがります。
ありがたやありがたや。

Saint-Jean-Pied-de-Port

Saint-Jean-Pied-de-Port

 

古い町並みはいいね。車も少ないし。

古い町並みはいいね。車も少ないし。

 

橋の袂が、いい感じ。

橋の袂が、いい感じ。

あらゆる人に写真を撮られ、メールアドレスを交換し、颯爽と歩き出したボクらですが、道を間違えてしまい、無名の山を登ってしまいました。

フランス側の最後の街サンジャンピエードポーは、もうすっかり夏でした。
Yちゃんが推薦するガトーバスクのケーキ屋「ARTIZARRA」で、ケーキを購入。
お母さんがスペイン人だというフランス嬢が、ここのケーキは美味しいでーと、いろんな人に唾を飛ばしてました。
それぐらい美味しいのです。

カフェで、Yukoと乾杯(4.6ユーロ)。
街を歩けば、すぐに顔見知りと出会い、別れの挨拶。
延々とこの繰り返し。

晩飯は、同じドミトリーに泊まるシカゴ出身の親子。
お父さんには、日本は閉鎖的だとこぼしてます。

スペインとの国境が近いからか、晩飯のメニューが、すっかり変わりました。
フランスで、初めてワインがつきませんでした。
ワインのないフランス料理なんて!

誰かのイビキがひどくウルサい夜。

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ パンとオイルサーディン
  • 昼→ パンとサラミ(3.22ユーロ)
  • 夜→ Gite(巡礼宿)の晩飯

スペイン巡礼/サンティアゴ・デ・コンポステラ巡礼路 フランス ヨーロッパ 国、地域別

トラックバック用URL

お便り

  • おめでとう。
    フランス側からスペインへ移動ですね。

    ATMですが、ものによっては出せるお金の上限が少額だったりします。
    どの町でも、人が出してるのを盗み見してたら、50ユーロとかをこまめに出してました。
    私たちは、TCだったので、フランスでは両替できたけど、スペインでできなくて、ATMで出してましたが、上限ありました。
    でも、その金額がわかりにくくてね。やり直ししたりしましたよ。

    サンジャンピエドポーで、帰国したりする人もいるし、観光客も多かったように思います。
    ここからスタートする人もたくさんいました。

    宿でのワインが無かったのは、たぶん、そこはワインが有料か持参だったのでしょう。
    スペインでも、高いmenuだと、ワイン別のことが。
    けど、だいたいは、ついてますよ。水かワインかを選んだりします。ワインは水?

    私たちも、スペインで「出前一丁」に助けられた日がありましたよ。お店が日曜で、もう探す力もなかった日。おいしかったよ。

    お二人、写真を見ていると、やっぱり、ヨシさん、やせた?
    それとも、身体がしまってきたのかな?
    二人の道行、写真も楽しみです。

    スペインも楽しんで歩いてください。

  • サンジャンピエードポーは私も行ったよ。その橋のたもとのレストランで
    アユを食べました。おいしいよ。
    スカッシュぽいスポーツはペロットとか言います。

    ポーには国際試合の競技場もあります。
    そちらのは市民用ですが、国際競技場での試合は迫力満点です。

    もっとも6か国くらいしか競技人口がないのだけれど。

    ご無事を祈ります。

  • アティモダさん、スペインに入国しました。
    宿代が安くなっただけあって、ご飯の質がやや下がりましたね。
    いきなり味のないチャーハンが出て、献立が予想できなかったです。
    だけど、冷えた赤ワインが最高!
    ATMの件は、油断しました。
    ま、いつでも他の巡礼者にお金を借りられるだろうと思ってたので、ゆとりの貧乏だったし、実際、借りたし。
    出前一丁って、ホント美味しいねー。
    ボクのしまったようで、ぽっこり膨らんだお腹、お見せしたいものですよ。
    ぐへへへへ。

  • のりこさん
    アユを食べ損ねたのが、心残りです。
    腸にハムをいれるんでしょ。
    いつかご馳走してください。
    よろしくです。

  • 鵜飼から帰ってきました。鵜飼のアユはおいしかったです。アユはどこに行ってもおいしいです。

    鵜飼見においでよ。ごちそうするよ。

  • のりこさん
    うん!
    ご馳走されたい!
    飲もう飲もう!

お便りを投函。ポトン