ネパール人って、面倒くさい。カトマンズ16泊目/ネパール130110

  • Heritage Home 1,100ルピー(1,237円)
  • Internet@ 宿の無料Wi-Fi

昨日、洗濯屋さんで失くされた靴下の一件です。
祐子が洗濯屋で、靴下見つかった?って訊いたら、
始めから片方しかなかったと、後出しの言い訳を始めました。
ダウト!
あまりにもダウト。
今さら、初出の嘘で言い逃れられると思ってるんですかね。しかも
そんなに大事な靴下なのか、と、どんな立場で物を言っているのかわからない、質問を繰り出します。
そういう問題じゃないです。
「中国人かい?」
国籍は関係ありません。
宿へ戻ってもう一度部屋をよく探せと、偉そうに指示されて祐子が帰ってきました。
ひどい連中です。
部屋を探しても靴下なんかないと言い放ったら、
新しい靴下を買ってやるからそれで我慢せい、と威張ってます。
The North Faceの新品を買ってやる、と恩着せがましい物言いです。
どうせ偽物のThe North Faceを買うクセに。
人の物を失くしておいて、謙虚になれんのですかね。
シヴァ神よ、彼の脳髄に天誅の一撃を!
 
話変わって、床屋へ行きました。
これもまたロクなもんじゃなかったです。
先月も切ってもらった、二回目の床屋です。
おやっさんはボクのことを覚えていて、前回通りのスタイルに切ってくれましたが、請求金額は五倍になってました。
100ルピー(100円)が、500ルピー(501円)。
ぼったくるときは、初見の客にしてくれよ。
頼まないのに髭を剃ったので、155ルピーだけ払い、逃げました。
 
写真屋へ行きました。
カンボジアのビザ用に写真撮影です。
昨日値段を確かめたときは175ルピーだったのに、今日は200ルピーだとのたまってます。
昨日より高いよと指摘したら、偉そうに恩着せがましく訂正してました。
心から面倒くさいネパール人です。
 
ところでインド人って、ネパール人の何倍メンドクサイんでしょう?
 
古本屋で、本を購入。
ラウリ・マエロフ「コピーキャット」。
乃南アサの「水の中のふたつの月」。
両方とも250ルピー(254円)。
こんな事言うと不潔だと勘違いされかねませんが、あえて告白しますと、今年二回目のシャワーを浴びました。
頭を洗ったところで、お湯がでなくなりました。
おしまい。
お股は洗えず。

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ 食欲なし。祐子はパン
  • 昼→ ダルバール(ネパールの定食)とミルクティー。祐子はチキンカレーとラッシー
  • 夜→ 肉野菜ラーメンとエベレストビール。祐子は天丼

アジア カトマンズ ネパール 国、地域別

トラックバック用URL

お便りを投函。ポトン