-Zugdidi-

捕まってしまった。
クタイシ→Zugdidi/ジョージア160610

  • Zugdidi House(50→40ラリ/2,010円)
  • 本日の走行距離 112キロ
  • Internet@ 宿の無料Wi-Fi(感度良好)

宿のシャワーが、良心設計です。
排水口が、シャワーの真下にあるのです。
普通はシャワー室のど真ん中か、悪ければ便器の横。
無駄に床が濡れないのが、地味に嬉しいです。

 

えーと、パトカーに捕まりました。

photo

横断歩道の歩行者無視ということで、罰金20ラリ(1,005円)。どこに歩行者がいたというのだろう?

 

君、ちょっと車から降りなさい、みたいな感じで呼ばれて、ジョージア語でなんだかんだと説明されましたが、おまわりさん、空気を読んでくださいな。
この顔ですよ、ジョージア語なんかわかりませんがね。
知らんがなって日本語でお答えし、ニポニマヨルスキ(ロシア語はわかりません)とロシア語で訴えます。
メキシコで発動した一切の言葉が通じない作戦で逃れようとしましたが、警察官の意外に熱心な身振り手振りに負けました。
ごめんなさい、すごくよく意味がわかります。
ナニを言っても許してくれそうもないし。
銀行払いだから、賄賂でもないし。
罰金1000円だし。
おとなしく払います。
それよか、ジョージア人に歩行者を優先するという心があるんですね。
道路交通法があったんですね。
よくぞそこまで進化したと、褒めてあげたいです。

 

罰金を払いに銀行へ。
守衛のおっさんが、ボクらの黄色い書類を見て、すぐに罰金だと気づいたようで、さくっと番号札をとってくれました。
ありがとう。
だけどね、散々待った挙げ句にね、うちの銀行じゃ払えないからって言われて追い出されたんだけど。

 

今日の宿は、いくつリビングがあるのかわからない広い邸宅です。
どの部屋も両開きドア、高い天井、クラシックな家具。

チェックイン後、トイレで大きな仕事を終えたあとの話です。
水洗のレバーがスカっと空振りして、チビらんばかりにビビりました。
一滴も水が流れない!
「改装中につき、夜まで断水中」
助けて!

宿の改装工事は、朝4時まで続きました。
ジョージア人でも、やるときゃやるのです。朝まで働くのです。
っていうか、宿の女将さんが工期の遅れを取り戻すため、家に帰さなかったようです。
後日、この女将さんにしてやられます、ボクら。

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ パン、トマトオムレツ、生タマネギ
  • 昼→ 外食:小洒落たカフェ:ピザ(ラリ/円)
  • 夜→ 自炊:ジャガバタ、焼き茄子

国、地域別 コーカサス ジョージア/グルジア Zugdidi

トラックバック用URL

どこにも財布がないあるよ。
Zugdidi二泊目/ジョージア160611

  • Zugdidi House(50→40ラリ/2,010円)
  • Internet@ 宿の無料Wi-Fi(朝不通でビビった)

外階段の玄関ホールが、ボクらの仕事部屋。
陽が射すし、風が通るし、ほかに誰もいないし、ときどき牛が鳴くけど静か。

夜、スーパーマーケットで芋を買って、100メートルくらい離れた八百屋でトマトを買おうとしたら、財布がないです。
情熱溢れる痴漢のように、Yukoの身体をまさぐったけれど、どこにも財布はない。
落としたのか、スーパーマーケットのレジカウンターに置き忘れたのかわからない。
野次馬は防犯カメラを確認しろと言うけれど、スーパーマーケットが見せてくれない。
犯行現場付近は、叫びながら歩く酔っぱらいひとり。
軒下でうんち座りする若者三人。
野次馬数名。
どいつもこいつも疑うには余りある人相風体佇まい。
被害は、15,000円前後の現金とクレジットカード二枚。
クレジットカードの紛失は、鈍痛の極み。

明日、警察行こう。

 

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ パン、トマトオムレツ、生タマネギ、ベーコン
  • 昼→ 自炊:新作トマトとナポリタンの融合。ピリ辛
  • 夜→ 外食:昨夜のカフェ

国、地域別 コーカサス ジョージア/グルジア Zugdidi

トラックバック用URL

お暇とはいえ、ご苦労さまです。
Zugdidi三泊目/ジョージア160612

  • Zugdidi House(50→40ラリ/2,010円)
  • Internet@ 宿の無料Wi-Fi

パトカーをヒッチハイクして、警察署へ出頭。
たかだか財布を失くしただけのPolice reportですが、10時から16時までかかった大仕事になりました。
おまわりさん、一銭の売り上げにもならないというのに、お暇とはいえご苦労さまです。
通訳は、アブハジアから亡命してきた背の高い女教師。
犯行現場だと思われるスーパーマーケットに出向き、防犯ビデオ鑑賞会。
モニターには、財布を握って外に出たYukoが映ってました。

宿の女将さんが微妙に強欲で、悲しませてくれます。
財布を失くして失意のボクらが宿の延泊を申し出たら、遺憾の意を表明しながら、まさかの値上げ(40→50ラリ)。
ひとりも宿泊客がいないのに、値上げすることないじゃん。
同情するから、金をくれって感じ。
警察が通訳を頼んだら、通訳料30分25ラリ(1,245円)くれって言うし。
なんだかなーって感じがしたので、今日出ますわって言ったら、出て行くことはないのよと説得されました。
女将さんは、トビリシ大学→モスクワ大学大学院を出た元教授。
こちらは、フィリピン英語留学出身。
勝てませんでした。

来週はアゼルバイジャンの首都バクーで、F1が開催されます。
ゲストにエンリケ・イグレシアス。
エンリケは観たい。

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ パン、卵焼き、ベーコン、生タマネギ
  • 昼→ ウェハース
  • 夜→ 自炊:茹でた芋、焼いた茄子

国、地域別 コーカサス ジョージア/グルジア Zugdidi

トラックバック用URL