お暇とはいえ、ご苦労さまです。
Zugdidi三泊目/ジョージア160612

  • Zugdidi House(50→40ラリ/2,010円)
  • Internet@ 宿の無料Wi-Fi

パトカーをヒッチハイクして、警察署へ出頭。
たかだか財布を失くしただけのPolice reportですが、10時から16時までかかった大仕事になりました。
おまわりさん、一銭の売り上げにもならないというのに、お暇とはいえご苦労さまです。
通訳は、アブハジアから亡命してきた背の高い女教師。
犯行現場だと思われるスーパーマーケットに出向き、防犯ビデオ鑑賞会。
モニターには、財布を握って外に出たYukoが映ってました。

宿の女将さんが微妙に強欲で、悲しませてくれます。
財布を失くして失意のボクらが宿の延泊を申し出たら、遺憾の意を表明しながら、まさかの値上げ(40→50ラリ)。
ひとりも宿泊客がいないのに、値上げすることないじゃん。
同情するから、金をくれって感じ。
警察が通訳を頼んだら、通訳料30分25ラリ(1,245円)くれって言うし。
なんだかなーって感じがしたので、今日出ますわって言ったら、出て行くことはないのよと説得されました。
女将さんは、トビリシ大学→モスクワ大学大学院を出た元教授。
こちらは、フィリピン英語留学出身。
勝てませんでした。

来週はアゼルバイジャンの首都バクーで、F1が開催されます。
ゲストにエンリケ・イグレシアス。
エンリケは観たい。

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ パン、卵焼き、ベーコン、生タマネギ
  • 昼→ ウェハース
  • 夜→ 自炊:茹でた芋、焼いた茄子

国、地域別 コーカサス ジョージア/グルジア Zugdidi

トラックバック用URL

お便りを投函。ポトン