-ベトナム-

US$を払って、お釣りがベトナムドンじゃ意味不明。プノンペン→ホーチミン/ベトナム130211

  • Nhung tel:3837-6669 (一泊ツインエアコンなしUS$10)
  • Internet@ 宿の無料Wi-Fi

春節休暇で、メコン川を下る船が欠航。
バスで、ホーチミンへ。
ルートは、

平均移動速度: 36.85km/時
最高速度: 99.02km/時
ホーチミンまで、約五時間。
国境越え。
手数料なし、荷物検査なし。

バックパッカーが集まるデタム通りに7つの荷物を積み上げて、宿探し。
春節休暇なので、安宿はいっぱい。
腰の曲がった老婆の後を追って、路地裏の宿でチェックイン。
エアコンなしUS$10は、平均よりやや下クラスかもしれないけれど、窓の鍵は壊れてて閉まらないけれど、清潔な部屋です。
普通の家の、茶の間の床でくつろぐ家族の間を土足で横切って、階段を上ります。

ナイトマーケットへ行ったら、休みでした。

 

ホーチミンの交差点。渡れないって、ここ。

ホーチミンの交差点。

美味いと評判の食堂を探したら、休みでした。

 

晩飯を食った食堂。

晩飯を食った食堂。

ベトナムの紙幣ドンを持っていないので、US$で支払って、ドンのお釣り。
1ドンが、0.0045円。
10,000ドンで、 US$0.4798。
計算できませんがな。

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ 食べませんでした
  • 昼→ フォーとビール。祐子は春巻き(69,000ドン/308円)
  • 夜→ フォー、春巻き、ビール(US$11と2,000ドン)

未分類 アジア 国、地域別 ベトナム ホーチミン

トラックバック用URL

電車のチケットを買うだけで、二時間。ホーチミン二泊目/ベトナム130212

  • Nhung tel:3837-6669 (一泊ツインエアコンなしUS$10)
  • Internet@ 宿の無料Wi-Fi

今週は、旅行代理店で列車のチケットを購入できません。
春節休暇の影響です。
炎天下、サイゴン駅まで散歩しました。
途中、地元民に道を確かめたら反対方向を指差され、迷子に。
まったくもって、ベトナム人のトラップです。
iPod TouchのGoogle マップに現在地が表示されていて、謎です。
いつの間にか、誰かのWi-Fiに繋がったのだろうか。
それとも誰かにロックオンされているのだろうか。

サイゴン駅にて。
窓口で貰った受付番号は、548番。
電光掲示板の番号は、350番。
どうやら二百人も待ってるようで、平等で公平な社会を目指す社会主義の洗礼です。
チケットを買うだけで、二時間かかりました。

帰路、超大手銀行にお勤めのH氏と出会い、彼の開拓したローカル食堂で晩飯。
初めてカエルを食べました。
噂通りの、鶏っぽい歯ごたえでした。
Tigerビールが美味い。
思考は現実化するのですよね、と確かめ合った夜。

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ フォーとお茶。祐子はパンケーキとお茶
  • 昼→ フォーとお茶(62,000ドン/277円)
  • 夜→ 屋台で、飲み食い、ビール(284,000ドン/1,269円)

アジア 国、地域別 ベトナム ホーチミン

トラックバック用URL

アメリカ以来の鉄道旅。ホーチミン→ニャチャン/ベトナム130214

  • Phú Quý II Hotel(一泊ツインUS$35)
  • Internet@ 宿の無料Wi-Fi

朝五時半。
宿の狭い茶の間には、三人の老人が雑魚寝し、三台のスクーターが駐車してました。

 

宿の前の路地。

宿の前の路地。

まだ夜も明けやらぬデタム通り。
手を伸ばせばパンツに手が届きそうなミニスカートの娘さんたちが通りすぎます。
英語の話せないタクシードライバーとの、実りの少ない料金交渉。
サイゴン駅までUS$5は、負けた気がします。

今回は、珍しく鉄道旅と洒落込みました。
荷物が多すぎて網棚に乗り切りません。
足下に置いた大きな鞄が向かいの女性に迷惑になっているのではないかと気になって、なんとなく居心地が悪い車中です。
エアコンが切れ、テレビが雑音を発し、駅員が怒鳴り歩き、おばちゃんが駅員に隠れてイチゴを売る。
床に寝る人、狂ったようにひまわりの種を食う女性。

世界で29番目に美しい湾に選ばれた、ニャチャンに到着。
駅の改札口を抜けたらタクシードライバーに取り囲まれ、どこのホテルに泊まるの?攻撃に遭いましたが、ボクらもわかりません。
どこへ行けばいいのでしょう?
とりあえずダウンタウンへ行ってくれと言っても通じず。
ホテルやレストランがいっぱいあるところ、と言っても通じず。
基本的に英語は無理のようです。
通りすがりの自転車の白人を呼び止めて、相談しました。
ボクら、どこへ行ったらいいですかね?

春節休みで、どこのホテルも満室です。
一泊US$35のみ。 げげげっ、万感胸に迫る断腸の決断。


電車に乗っていたからか、GPSをキャッチできず、Androidのアプリ「My Tracks」がほとんど働いていませんでした。
ニャチャンは、地図の右上。
ホーチミンは、左下。

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ 食べませんでした
  • 昼→ フォーとビール。祐子は生春巻き(105,000ドン/471円)
  • 夜→ シーフード鍋(HotPot)とビール。235,000ドン(1,054円)

未分類 アジア 国、地域別 ベトナム ニャチャン

トラックバック用URL

豊満なロシアのおばちゃん。ニャチャン二泊目/ベトナム130215

  • Phú Quý II Hotel(一泊ツインUS$35)
  • Internet@ 宿の無料Wi-Fi

朝飯は、ベトナム風フランスパンのサンドイッチ「バイン・ミー」と生のバナナジュース。
ビーチ沿いの木陰で食う。
ロシア人おばちゃんの肉々しい姿態が、目に眩しい。

ベトナムのサンドイッチ「バイン・ミー」

ベトナムのサンドイッチ「バイン・ミー」


ニャチャンのビーチ。波はけっこう強気。

ニャチャンのビーチ。

ビーチまで100メートルと離れてないのだけれど、仕事してます。
ぼくらはもう、水着を着てはしゃぐような歳じゃないから、悔しくないです。
潮水に漬かってるより、マウスを握ってるほうが好きです。

レストランのメニューとか看板に、やたらとロシア語が多いと見ました。
ベトナムにとってロシアって、タニマチというかエンジェルだったから、嬉しくてしょうがない勲章級のご自慢の一品ですもんね。
勝利の賜物。
他の国で遊ぶより、楽しいに違いないね。
もう一方のスポンサー中国は、宿の人に「あんたたち中国人かい?」と、訊かれるほどに愛されてるようです。
日本人だと答えると、優しくしてくれます。
ボクら葱鴨系の顔してるしね。

晩飯に食べたシシャモみたいな焼いた小魚は、普通にイケマシタ。
普通が一番。
路上では、新鮮なスルメやホタテやエビも売ってます。
海鮮居酒屋Love系には、おススメの町です。

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ フランスパンを使ったサンドイッチ「バイン・ミー」とバナナジュース(70,000ドン/314円)
  • 昼→ 牛肉フォーとトマトジュース。祐子は焼そば(110,000ドン/493円)
  • 夜→ チャーハン、焼いた小魚、蛤の酒蒸しっぽいの(175,000ドン/785円)

アジア 国、地域別 ベトナム ニャチャン

トラックバック用URL

バスも電車もない。移動できない。ニャチャン三泊目/ベトナム130216

  • Phú Quý II Hotel(一泊ツインUS$35)
  • Internet@ 宿の無料Wi-Fi

朝飯は、ベトナムのフランスパンのサンドイッチ「バイン・ミー」。
屋台があちこちに立ってて、今日の屋台は15,000ドン(67円)。
「バイン・ミー」は、レバーペースト、刻んだ人参、ハムやらなんやらを挟んだものなんですが、まだまだ改良の余地ありと見ました。
正直SUBWAYの方が好きだけど、安いしご当地ものだし。

朝から仕事。
今日は、メチャクチャ忙しい。
っていうか、面倒な仕事。

春節休暇の影響で、バスも電車も満席。
町から出られません。

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ パン
  • 昼→ 焼そば(100,000ドン/448円)
  • 夜→ 牛肉と芋とビール。祐子はチキンのレモンソースとレモンジュース。175,000ドン(785円)

アジア 国、地域別 ベトナム ニャチャン

トラックバック用URL