-ウルグアイ-

ウルグアイで家を探したことがあります。
とはいえ、ネットだけど。
ウルグアイと聞くと、なにやら黒人系の暗い印象を受けますが、南米では一番ヨーロッパに近い気がしました。
とはいえ、コロニアしか行ってないのだけど。
古い車に花を咲かせたりして、洒落っ気のある町でした。
2011年の春頃、もう一度訪問するつもりです。
ここなら古い石造りの家を買って、改築しながら住むことができるかもしれません。
旧ブログ「爆写 世界放浪が面白いほどわかるヅラ」の「ウルグアイ コロニア」はこちら→

posted by 44と書いてyoshiと読みます。 | Jul 23, 2010

ウルグアイ 国、地域別 南米

トラックバック用URL

季節外れの別荘街は、静かでいいもんだ。
モンテビデオ→/ウルグアイ1400825

  • La Lomita del Chingolo(一泊個室US$35/3,642円)
  • Internet@ 宿の無料Wi-Fi

最初に総括。
ウルグアイは、安全できれいです。
南米とは思えん雰囲気です。

朝七時、ウルグアイの首都モンテビデオのバスターミナル着。
ウルグアイという名前は何かしら亜熱帯風なイメージだけど、ことのほか寒い。
宿を予約していないし、今日は祭日だとかでツーリストインフォメーションは休みだし、とりあえずバスターミナルのカフェで仕事少々。
Yukoは宿探し。
我が家の家族計画では、今夜はモンテビデオでまったりだったのですが、昨夜上野山荘のイツコさんがススメてくれたPunta del Esteに行くことにし、バスを乗り継ぐ。

Punta del Esteは別荘街なのか、道路がやたらと広くてほとんど車が走ってなくて、個性的な家が並び、木々が高い。
えー感じや。
嵐が近づいているので、ムチャクチャ風が強いし、雨もちらほら。
祭日なので、ほとんどのお店は休み。
ショッピングモールを散策。

夜中にメールチェック等の仕事が発生。
嵐のせいかWi-Fiの入りが悪くなり、母屋のベランダの外でネット。
雨が冷たいし、なにより寒い。
ノマドワーカーもたいへんや。

宿のまわりは、夜中に歩いても全然恐くない。というか、宿は鍵をかけないし。

宿のまわりは、夜中に歩いても全然恐くない。というか、宿は鍵をかけないし。

ウルグアイは、はっきし言ってヨーロッパの水準。
南米とは思えん。
壊れてるものとか、壁の落書きとか少ない。
道路もきれいです。
松ぼっくりがたくさん落ちてるよ。

P8255995

仕事のための電気店調査。
●メーカー
・OZONI
・JAMES
・MIDEA
・CANDY
・AOC
●商品構成
・バイク、自転車、エクササイズグッズ
・スピーカーの棚が広い
●その他
・値段表示がUS$
・書店に東野圭吾と桐野夏生のスペイン語版があった

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ 外食:バスターミナルのカフェ
  • 昼→ 抜き
  • 夜→ 外食:マクドナルド+コーヒー(40ペソ/172円)

未分類 ウルグアイ 国、地域別 南米 プンタ・デル・エステ

トラックバック用URL

南米のリビエラにいます。
ウルグアイ二泊目1400826

  • La Lomita del Chingolo(一泊個室US$35/3,642円)
  • Internet@ 宿の無料Wi-Fi

南米のリビエラと呼ばれるプンタ・デル・エステにいます。
日本人には馴染みがないけれど、こちら世界ではそうとうに有名なリゾート地です。
別荘のデザインが、みな凝っています。

宿のオーナーが、晩飯は外でバーベキューって言ってるど、嵐が来てるっていうのに無茶だべ。
楽しくねーべや、雨のなかで肉食ったって。

嵐だっていうのに、朝の10時から夕方まで観光。
強風、時おり洒落にならない爆風。
雨。
雨粒が顔に痛い。
旅行というものは、なかなかたいへんです。

あのウルグアイ・ラウンドが行われたサン・ラファエル・ホテル(San Rafael Hotel)。

あのウルグアイ・ラウンドが行われたサン・ラファエル・ホテル(San Rafael Hotel)、だと思われます。廃墟になってました。違ったらごめんなさい。

ご存知ですか、ウルグアイが誇る指のモニュメント「Monumento de los Dedos」。

実は似たようなものが、チリにあります。

実は似たようなものが、チリにあります。

ウルグアイは、身なりのいい野良犬が多い。

ウルグアイは、身なりのいい野良犬が多い。

宿のオーナーご贔屓の、ヨットハーバー横の安いレストラン。<br /> 普通食べる前の写真を撮りますが、あえて食事後に撮影。

宿のオーナーご贔屓の、ヨットハーバー横の安いレストラン。
普通食べる前の写真を撮りますが、あえて食事後に撮影。 窓の外は、茶色い海。かなり荒れています。

漁港の前の魚の前の犬。一瞬、あざらしが海から出て来て、犬に闘いを挑んだ。

漁港の前の魚の前の犬。一瞬、あざらしが海から出て来て、犬に闘いを挑んだ。

海の泡が、道路まで押し寄せてきました。

海の泡が、道路まで押し寄せてきた。風が強過ぎて、Yukoは近寄れず。

P8266048

左が大西洋で、右がラ・プラタ河。世界一広い河口に立っています。

P8266053

人魚の像、だと思うんだけど、風が強くてまともに見ることもできない。

P8266055

海の泡。

P8266056

陰毛ハウス、と名づけてみました。


強風に抗うこと数時間、いい加減に疲れ果ててしまい、カフェで一休み。
値段を確かめないで食べたケーキが、800円以上して膝が震えました。
カフェのオヤジさんが言うには、ウルグアイは外国人から税金(22%)を徴収しないらしい。
クレジットカードを使うと現金より税金が安くなるらしい。

この嵐で二艘のヨットが沈没したと、宿のオーナーが笑う。

今晩バーベキューがあるのかないのかはっきりしないので、夜の9時ごろまで待ってみた気の弱いボクらです。
あるわけないよね、雨だから。

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ 宿の朝食:サンドイッチ、シリアル
  • 昼→ 外食:シーフード
  • 夜→ 自炊:インスタントラーメン

ウルグアイ 国、地域別 南米 プンタ・デル・エステ

トラックバック用URL

いつだって問題を起こすのはアルゼンチンだ。
ウルグアイ三泊目1400827

  • La casa de las boyas(個室一泊US$50)
  • Internet@ 宿の無料Wi-Fi

宿のオーナーいわく。
「いつだって問題を起こすのは、アルゼンチンだ」
南米ではチリに続いて二番目に経済が安定しているウルグアイは、お隣のアルゼンチンが経済破綻を起こすたびに余波に襲われ、右派と左派が共同戦線で凌いでるそうです。
思ったんだけど、アルゼンチンって、昔美人だった親戚のおばさんみたいなイメージじゃないですかね。
若い頃は金があってぶいぶい言わせてたけれど、今は破産寸前なのに、プライドが高くて鼻持ちならず、方々で借金を踏み倒しては迷惑をかけているおばさん。
そんな人、知らんけど。

オーナーが、日本もたいへんだよね、地震が多いわ、台風は多いわ、津波は来るわでと同情してくれた。
えぇそうなんです、日本の四天災は、地震、台風、津波、となり中国。

朝一で、レンタカーを借りた。
一日US$45なのに、外国人だからかクレジットカードを使ったからか、合計US$90がUS$75になりました。
税金がかからないのです。
レンタカーは安いけど、ガソリンは一リットル182円。

ウルグアイの最東端まで走れば、ブラジルです。
国境の町が免税だというので、なんか買ってきます。

ブラジルの国境まで、北東へ走ります。

ブラジルの国境まで、北東へ走ります。

P8276061

頭突きジダンの別荘。天井高4メートル。各階に25メートルのプール付き。

P8276062

ジダンの別荘を横から見た。たぶんルーフバルコニーにプールがあるに違いない。

P8276064

鯨が見られる岬「PUNTA BALLENA」。残念ながら鯨はお留守。

P8276068

名もない灯台。正確に言うと、名も知らぬ灯台。

P8276073

ウルグアイ名物「チビート(chivito)」。ハンバーグのかわりに薄いステーキが入ってます。140ペソだから、609円。

P8276074

昼飯の請求書。下から二行目の「クビエルト(Cubierto)」というのは、テーブルチャージのようなものです。30ペソは、130円。

P8276076

サンタ・テレサ国立公園。植民地時代の要塞。

P8276077

要塞の入口付近。牛がたくさんいた。

P8276078

国立公園の海。サーファーが三人いた。寒いのにご苦労さまです。

ガルソン湖の渡し船の船着き場に着いたのが、12時15分。
12時から14時までお昼休みでした。
営業時間なんて知らなかったとは言え、微妙に間に合わなかったのが悔しい。
遠回りして、有料道路を使うはめになった。

夏の避暑地プンタ・デル・ディアブロで、安宿探しに苦労する。
そもそも今はオフシーズンなので、ホステルは営業していない。
宿にビリヤード台があったけれど、寒くて遊ぶ気にならん。
ボクらの部屋の上にフクロウがいた。

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ 宿の朝食
  • 昼→ 外食:豚肉セット。チビート
  • 夜→ 自炊:ペンネ、トマト味

未分類 ウルグアイ 国、地域別 南米 プンタ・デル・ディアブロ

トラックバック用URL

上の写真の馬に乗った銅像は、独立戦争の英雄アルティガス将軍です。
ウルグアイのシンボルですが、WIKIPEDIAに項目がたっていません。

さて、今日は気合を入れて観光します。
平素旅人には、モンテビデオは観る価値なし的に言われてまして、縁もゆかりもありませんが、名誉挽回に努めます。

ボクらの泊まった宿「Los Jardines Colgantes de Babilonia Hostel」は、モンテビデオの旧市街(CIUDA VIEJA)のひいき目にみてど真ん中。
岬の真ん中よりやや南側を東西に走る歩行者天国「SARANDI」に面した、植民地時代を偲ばれる、情緒溢れるロケーションです。
築100年、以前のオーナーはイタリア系のウルグアイ人、エドワルド・ファビーニというバイオリニストです。
大きめの暖炉に太い薪。
揺らめく炎。
朝食も充実してたし、悪くない安宿です。

モンテビデオのゼロ番地を探したのですが、真剣に探さなかったのでよくわかりませんでした。この塔かもしれないっていうことで、勘弁させてもらいます。

モンテビデオのゼロ番地を探したのですが、真剣に探さなかったのでよくわかりませんでした。この塔かもしれないっていうことで、勘弁させてもらいます。

ラ・プラタ河に沿った異常に長い遊歩道ランブラ通りは、ランブラ・フランシア、ランブラ・グラン・ブルターニュ・ランブラ・リパブリカ・アルヘンティーナ、ランブラ・Pte ウィルソン、ランブラ・マハトマ・ガンディと、名前が変わります。
モンテビデオは、街路樹が30万本以上あります。

P8306109

コンスティトゥシオン公園(憲法広場/Plaza Constitucion)、別名マトリス広場。骨董市と、1799年創立のモンテビデオで1番古いマトリス教会。

1871年にモンテビデオに水道が開通した記念の噴水。

1871年にモンテビデオに水道が開通した記念の噴水。

P8306111

ちらほらと猫。

P8306117

ウルグアイは、噛みつきスアレスの故郷です。

P8306119

旧市街(CIUDAD VIEJA)のに西端にあるプエルト市場(MERCADO DEL PUERTO)。ウルグアイ・アサド(焼肉)のレストランだらけ。ツーリスティックだけど、活気があっていい雰囲気。

P8306124

ウルグアイ・アサド(焼肉)レストラン。

P8306125

ウルグアイの代表的な品種「タナ」の赤ワインを飲みたかったけれど、グラス売りしてくれず断念。

P8306129

アサド(焼肉)は、豪快に尽きる。

P8306132

中身入り牛の腸チンチュリン(Chinchulin)。塩味の効いた烏賊腸の味です。これが美味い!

P8306133

一人前です。とても食えない。脂ぎとぎと。ちなみにウルグアイは、「全長1・5キロの巨大な網で計12トンもの牛肉を一斉に焼く大会が行われ、ギネスブックは「世界最大の焼き肉大会」と認定」された焼き肉大国です(http://www.47news.jp/CN/200804/CN2008041401000129.htmlより)。

P8306134

Yukoの注文したベィビィ・ビーフ。

P8306136

モンテビデオのお土産は、車のナンバープレートが多い。

P8306147

旧市街の入口にある、プエルタ・デ・ラ・シウダデラ(Puerta de la Ciudadela)と呼ばれる門。

P8306148

プエルタ・デ・ラ・シウダデラ(Puerta de la Ciudadela)門の正面。

ソリス劇場。

国立ソリス劇場(フアン・ディアス・デ・ソリス劇場)。フアン・ディアス・デ・ソリスは、最初にラプラタ川周辺を探検したヨーロッパ人。原住民のチャルーア族に食べられた。

P8306155

ソリス劇場の前で踊る人々。

独立広場(Plaza Independencia)から、メインストリートの「7月18日通り(Av.18 de Julio)」を歩く。
南側を走るサン・ホセ通り(San José)に庶民的なレストランとかがあったんだけど、暇なくて歩けず。

P8306168

「BANCO HIPOTECARIO DEL URUGUAY」銀行だけ、US$をおろす手数料がUS$5だった。他はUS$6。

P8306171

BVAR. GRAL. ARTIGAS通りのオベリスコ。バスターミナルから歩いて行ける距離。

開拓時代の象徴の「カレッタ」と呼ばれる大きなモニュメントのあるホセ・バジェ・イ・オルドニェス公園。
「カレッタ」というものが、わからなかったです。

P8306174

第1回ワールドカップ大会が開催されたエスタディオ・センテナリオ(Estadio Centenario)。

P8306176

1927年に建設されたサルボ宮殿。 当時は南米一高い建物。

ウルグアイの人気メニュー「コルタードコーヒー」を飲むつもりだったのに、間違ってアイスクリームを食べてしまった。

独特のリズムがタンゴに発展したと言われるパーカッション中心のウルグアイ独特の音楽カンドンベ(Candombe)を聴きたかったのですが、時間がなく断念。
モンテビデオのカーニバルは、ウルグアイ独特の打楽器タンボールを演奏しながら歩くラス・ジャマーダスが見物です。

昼飯の焼き肉がたたって、晩飯を食えず。
昼飯を食い過ぎて晩飯が食べられなかったのは、ボクの人生で初めてです。
ある意味、記念日と言えましょう。

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ 宿の朝食
  • 昼→ 外食:ウルグアイ・アサド(焼肉)1071ペソ(4,695円)
  • 夜→ 胸焼けして食べられず

ウルグアイ 国、地域別 南米 モンテビデオ

トラックバック用URL