-アメリカ-

「プエルトリコ→ドミニカ共和国行脚」の前戯の〆。
メキシコからプエルトリコなんてほとんど隣なのに、安い航空券を買ったため、二泊三日もかけています。
馬鹿なんですかね。

アトランタ空港のベンチにて、浅い眠りの不快な目覚め。
カフェの朝飯が先進国の価格設定で、第三国並みの経済力を誇るボクらは敗北感で胸一杯。
朝飯に900円は払えず、押し寄せる空腹感で腹一杯。
ボクらは食わねど高楊枝。

8時14分発の飛行機で、二時間15分。
機内で、無料のトマトジュースを二杯。
コロンブスが「美しか港じゃ(プエルト、リコ)」と叫んだら、それが名前になったプエルトリコ着。
プエルトリコ、ご存知ですかね、独立した国じゃないです、アメリカのナニです。
空港で、ツーリストインフォメーション探しに難儀。
ツーリストインフォメーションが到着ロビーじゃなくて出発側にありました。
逆じゃないですかね、普通。
旧市街(オールドサンファン)に宿をゲット。
個室一泊US$30(3,000円)は、許容範囲。腐ってもアメリカだし。
タクシーのUS$21(2,100円)をケチって、ローカルバス(75セント/75円)に一時間揺られる。
頑なに小銭しか受け付けないバスは、小銭を持っていない人は料金を払わないで乗車してるという理不尽さ。
なんかおかしくないっす?
新市街を彩るStarbucks、SUBWAY、Taco Bell、Domino’s Pizza、Burger King、McDonald’s。
城壁に囲まれた旧市街。
世界一周クルーズだかなんだか知りませんが、威圧的な巨大観光船が二艘も停泊中。
陽気で傍若無人なアメリカ人観光客。
右を見ても左を見ても巨乳という名のおデブさん。
負けるもんか!

夜、散歩。
Barの前に群がる酔客。
今晩は、祭らしい。
公園にオーケストラ。
PB173608
突然の雨。
月夜。
そして雨。
帰宅して速攻でNHKの原稿執筆、送稿。

トマトジュースを飲み過ぎたからか、クランベリージュースを飲んだからか、オレンジ色の小便が出た。

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ 空腹をこらえ、食べませんでした
  • 昼→ 外食:旧市街の人気店でステーキとスペインライス。Yukoはビーフシチューと焼いたバナナ。クランベリージュース。US$25.7(2,574円)
  • 夜→ 自炊:ふじっこ煮とピーマンのスパゲティ

未分類 国、地域別 中米、カリブ海 アメリカ プエルトリコ

トラックバック用URL

ぼくらにしては珍しく、朝散歩。
「観光客なんだか、プエルトリコ人なんだか知らんけど、みんな乳がでかいっすねぇ…」
ほんまやねぇ〜

細い路地と石畳。
ここの石畳の石は、ブロックほどの大きさしかなく、世界史的に見ても(←世界は見てない)、驚くほど小さい。
プエルトリコ一番の観光地エル・モロ要塞から、海辺を散策。
猫、ここにも猫、あそこにも猫、あれも猫、あれらも猫、こんなところに猫、あんなところに猫。

帰宅して、カップ麺にて朝食。
健康への悪影響が懸念される朝のカップ麺ですが、ひとつ69セント(69円)ですからね、腹がくちるには背に腹はかえられない腹づもりです。
窓のない閉塞感溢れる部屋のベッドの上で、壁にもたれて仕事。
乳として、遅々として捗らない仕事。

昼飯にプエルトリコのご当地サンドウィッチを食べ、旧市街を散歩してから、Cafeで仕事。
10分おきに「Everything is OK? 追加注文はありませんか?」と尋ねられて、うざいっす。

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ 自炊:NISSINカップ麺(BEEF味)。Yukoはパン。二人で一本のバナナ
  • 昼→ 外食:サンドウィッチ。US$15.10(1,514円)
  • 夜→ 自炊:スパゲティ。瓶詰めミートソース

国、地域別 中米、カリブ海 アメリカ プエルトリコ

トラックバック用URL

1943年にコロンブスに発見された島、プエルトリコにいます。
国じゃなくて、アメリカ自由連合州です。
1998年にアメリカの51番目の州昇格を狙った住民投票が否決され、2009年、知事は財政破綻を宣言しています。
それでですかね、目抜き通りに売り家が多いです。
首都サンファンのサンファンとは、スペイン語で「聖ヨハネ」のことです。
ヨハネは元漁師で、イエスの一番弟子。
著書は、「ヨハネによる福音書」。

散歩。
東からの攻撃を防ぐ、4,500基の大砲を擁するアメリカ最大(当時)のSan Cristobal(サン・クリストバル)要塞。
入場料US$3.5(350円)をケチって、外観だけ見物。

宿の引っ越し。
コロン広場の前のホステル「Posada San Francisco」。
コロンブスの像を見下ろす、見晴らし最高の宿です。
ただ一泊個室43.5US$(4,356円)は、足の小指を家具の角にぶつけたくらいに痛い。

宿の食堂で仕事をしていたら、ドイツ人男性のThomasに声をかけられ、ワインをご馳走になりました。
奥さんの仕事の都合で、毎年浅草のカプセルホテルに泊まるという、日本通です。
日通ではありません。
安い世界一周航空券「THE GREAT ESCAPE/他の周遊券との比較がわかりやすいサイト→」や安い航空券が一発でわかるサイト「ITA Software by Google」をご教授していただきまして、かたじけなく候。
ベルリンでアパートを経営してるというので、家賃はひと月いくらですか? と不躾に尋ねてところ、「満室だから」と逃げられました。
警戒されたみたいですわ。

今日、勉強した英語の例文↓モナよ、今度は二岡か。まあ、いずれにせよ、俺には関係ないけどな。
Mona, you again with Nioka! In any case, it has nothing to do with me, though.
行列のできる英語ブログより

上記のWEBサイト「行列のできる英語ブログ」って勉強になるんだけど、タイトル下に「はっきり言って、見ないと損する英語のブログになりました」ってご挨拶があるのは、どうもな〜って感じです。
ボクは実るほどに頭を垂れる系なもので、ただいつまでたっても何も実らない人生だっっちゅーのが、悩みの種です。

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ 自炊:NISSINカップ麺(クリーミーチキン味)。Yukoはバナナ一本
  • 昼→ 外食:「Carthage Express」のホームメードハンバーガーUS$17.1(1,712円)
  • 夜→ 自炊:チキンとトマトのスープ+パン

国、地域別 中米、カリブ海 アメリカ プエルトリコ

トラックバック用URL

今日11月19日は、クリストファー・コロンブスがプエルトリコに上陸した日です。
プエルトリコ側からすれば、とうとうヨーロッパ人に発見されちゃった記念日です。
コロンブスは元々奴隷商人だったので、体格のいい現地人をヨーロッパへ輸出。
彼の病気中に、スペイン人の部下たちが、盗むわ犯すわ殺すわ燃やすわ拷問しちゃうわのやりたい放題。
四版すべてベタ印刷の完全な黒歴史です。
ヨーロッパ側からすれば「コロンブス上陸祭り」のひとつでもあってしかるべきかもしれませんが、現場には微塵も気配がありません。
とはいえ、ボクらの宿の眼下には、堂々たるコロンブスの銅像。

プエルトリコとはまったく関係ないけれど、Michael Jacksonの「Tabloid Jankie」は、これを歌ったためにMichael Jacksonは殺されたとか、世界中で放送禁止になっているとか噂される、陰謀好きにはたまらない名曲です↓
その辺を踏まえながら、じっくり聴きたいものです。

メキシコ生活の癖で、おケツを拭いたトイレットペーパーをゴミ箱にポイポイ捨ててしまい、あぁそういえばここはプエルトリコといえどもアメリカじゃん、ってパンツを穿くときに気付いたわけです。
かといって、いまさらうんち紙をゴミ箱から拾うわけにもいかず、いかないよね? 放置するボクをお許し下さい。

ボクら二人とも、なんとなく体調が優れず、っていうか全身に気だるさがみなぎり、4時に昼寝。
そのまま晩飯すら食わず、翌朝まで寝てしまいました。
晩飯を食わずに寝るなんて、忍び寄る老いに、ぷるぷる震える陰嚢よ。
陰嚢は関係ないか。

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ 自炊:NISSINカップ麺(チキン味)。Yukoはパン
  • 昼→ 外食:チキンとご飯、マメスープ。Yukoはチキンとポテト(US$17/170円)
  • 夜→ 気だるくて、食わずに寝てしまった

国、地域別 中米、カリブ海 アメリカ プエルトリコ

トラックバック用URL

健康と観光を兼ねて、朝散歩。
略して「健観歩」。
あるいは「康光散」でもいいかもしれない。
石畳の狭い路地と、車の上で寝てる猫。
ご当地サンドイッチ屋「El Meson Sandwiches」で、朝飯。
うまいっ!ってほどではないけど、決して不味くはない。
高ぇ〜ってほどではないにしろ、決して安くない。
なんにしろ満腹になった。
それが大事。
プエルトリコ観光のMUSTです。

海沿いのツーリストインフォメーションで、無料のRUMをご馳走になり、軽く千鳥足でバスターミナルへ。
M2のバスに乗り、サグラドコラソン駅で乗り換え、プエルトリコで最大級のショッピングモール「Plaza Las Americas」へ。
バスの運転手に「Plaza Las Americas」へ行きたいと伝えていたけれど軽快に無視され、体重100kgを遥かに超えているであろう眼光鋭いガングロおばさんが、降りるべき停留所を教えてくれました。
ありがとう、人相の悪か人やと思ってましたが、優しかね。
ローカルの親切ほど、旅の隠し味になるものはございません。

前評判ほどには大きくないショッピングモールで、いい歳こいて熊のイラストが入ったTシャツを買いました。
ボクは、ナニキャラを目指しているのだろう。

暇なとき、じっくり観たいYouTube↓

ケネディ暗殺を肴に、落合信彦氏と飲んでみたいものです。

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ 外食:サンドイッチ屋US$11.78(1,180円)
  • 昼→ 外食:中華風レストランUS$10,59(1,060円)
  • 夜→ 自炊:チキンとピーマン、トマト、ニンニクをオーブンで焼きました。塩味

国、地域別 中米、カリブ海 アメリカ プエルトリコ

トラックバック用URL