「プエルトリコ→ドミニカ共和国行脚」の前戯の〆。
メキシコからプエルトリコなんてほとんど隣なのに、安い航空券を買ったため、二泊三日もかけています。
馬鹿なんですかね。

アトランタ空港のベンチにて、浅い眠りの不快な目覚め。
カフェの朝飯が先進国の価格設定で、第三国並みの経済力を誇るボクらは敗北感で胸一杯。
朝飯に900円は払えず、押し寄せる空腹感で腹一杯。
ボクらは食わねど高楊枝。

8時14分発の飛行機で、二時間15分。
機内で、無料のトマトジュースを二杯。
コロンブスが「美しか港じゃ(プエルト、リコ)」と叫んだら、それが名前になったプエルトリコ着。
プエルトリコ、ご存知ですかね、独立した国じゃないです、アメリカのナニです。
空港で、ツーリストインフォメーション探しに難儀。
ツーリストインフォメーションが到着ロビーじゃなくて出発側にありました。
逆じゃないですかね、普通。
旧市街(オールドサンファン)に宿をゲット。
個室一泊US$30(3,000円)は、許容範囲。腐ってもアメリカだし。
タクシーのUS$21(2,100円)をケチって、ローカルバス(75セント/75円)に一時間揺られる。
頑なに小銭しか受け付けないバスは、小銭を持っていない人は料金を払わないで乗車してるという理不尽さ。
なんかおかしくないっす?
新市街を彩るStarbucks、SUBWAY、Taco Bell、Domino’s Pizza、Burger King、McDonald’s。
城壁に囲まれた旧市街。
世界一周クルーズだかなんだか知りませんが、威圧的な巨大観光船が二艘も停泊中。
陽気で傍若無人なアメリカ人観光客。
右を見ても左を見ても巨乳という名のおデブさん。
負けるもんか!

夜、散歩。
Barの前に群がる酔客。
今晩は、祭らしい。
公園にオーケストラ。
PB173608
突然の雨。
月夜。
そして雨。
帰宅して速攻でNHKの原稿執筆、送稿。

トマトジュースを飲み過ぎたからか、クランベリージュースを飲んだからか、オレンジ色の小便が出た。

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ 空腹をこらえ、食べませんでした
  • 昼→ 外食:旧市街の人気店でステーキとスペインライス。Yukoはビーフシチューと焼いたバナナ。クランベリージュース。US$25.7(2,574円)
  • 夜→ 自炊:ふじっこ煮とピーマンのスパゲティ

未分類 国、地域別 中米、カリブ海 アメリカ プエルトリコ

トラックバック用URL

お便りを投函。ポトン