ぼくらにしては珍しく、朝散歩。
「観光客なんだか、プエルトリコ人なんだか知らんけど、みんな乳がでかいっすねぇ…」
ほんまやねぇ〜

細い路地と石畳。
ここの石畳の石は、ブロックほどの大きさしかなく、世界史的に見ても(←世界は見てない)、驚くほど小さい。
プエルトリコ一番の観光地エル・モロ要塞から、海辺を散策。
猫、ここにも猫、あそこにも猫、あれも猫、あれらも猫、こんなところに猫、あんなところに猫。

帰宅して、カップ麺にて朝食。
健康への悪影響が懸念される朝のカップ麺ですが、ひとつ69セント(69円)ですからね、腹がくちるには背に腹はかえられない腹づもりです。
窓のない閉塞感溢れる部屋のベッドの上で、壁にもたれて仕事。
乳として、遅々として捗らない仕事。

昼飯にプエルトリコのご当地サンドウィッチを食べ、旧市街を散歩してから、Cafeで仕事。
10分おきに「Everything is OK? 追加注文はありませんか?」と尋ねられて、うざいっす。

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ 自炊:NISSINカップ麺(BEEF味)。Yukoはパン。二人で一本のバナナ
  • 昼→ 外食:サンドウィッチ。US$15.10(1,514円)
  • 夜→ 自炊:スパゲティ。瓶詰めミートソース

国、地域別 中米、カリブ海 アメリカ プエルトリコ

トラックバック用URL

お便りを投函。ポトン