-Arusha-

毎日警察に捕まるが、罰金を払わせてもらえない。
Arusha6泊目/タンザニア180718

  • キャンプ場:Masai Camp:45,600TZS:2,257円
  • Internet@ キャンプ場の無料Wi-Fi。車のなかまで感度良好

昨日に引き続き、今日も警察に捕まったとです。
「ゼブラの前で一時停止しなかっただろ、ごるぁ!」
ゼブラって、横断歩道です。
横断歩道の前で一時停止とは知りませんでしたが、違反とおっしゃるなら従いましょう。
叱られれば謝る、それが我が家の金玉頑丈……、じゃなくて金科玉条。
ところでおまわりさん、罰金は払いますから、手を繋がないでください。
恥ずかしいです、妻が見ています。
手が汗ばんでいて、気持ち悪いっす。
さっさと違反切符を切ってくれませんか。
銀行で振り込みますから。
ええ、現金は持っていません。
はい、小銭すら持ち歩いていません。
ビタ一文も。
この必殺技「無一文の主張」が効きまして、今日もまた釈放されました。
違反切符を切るマシンを見せびらかしながら、絶対に罰金を請求しない警察です。

 

路駐の料金はまちまちですが、パレスホテルの前で1日49円(1,000TSZ)。
地元民には高いかもしれませんが、ボクらにとっては良心的なお値段です。
ただ料金徴収係が、ジュースを強請るがうざい。
ついでにお友達感覚のタクシーの運転手も土産を要求してきて、これまたうざい。

 

軽自動車の滞在許可証(TIP)の延長。
段取り悪く車を調べた挙句、時期尚早とのことで後日の出頭となりました。
先に言ってよ、まったくもう。

 

旅行代理店へ。
Leopardというサファリ屋は、8月20日まで予約でいっぱい。
どんだけ儲かってんの?

 

タンザナイトの原石を見に、某石屋さんへ。
社長さんは同郷でした。
大統領が変わってから儲からないとのことです。

 

スーパーマーケットで悩める新婚さん(日本人)に会い、しばし立ち話。
我が家は、結婚20年になります。
世間ではよく飼い主に似るとか言いますが、長く住めば住むほど話題が食い違うようになりまして、似るどころか火星人のように心が通じません。
結婚する前はツーカーの仲だったと思うのですが、今ではああ言えばこう言われ、アレと言えばコレを出され、ソレと言えばアレになるわけで、一言えば十わかったのは昔のこと、今では十ほど言っても一すら伝わらず、たまに意見が一致したときはたいてい違う話題です。
一生を添い遂げるはそうとう困難なわけで、我慢するのもあと50年だね。

 

スーパーマーケットで見つけたのが↓

中身は↓

肝心のブツにピントがあっていないじゃん。目が死んでる。

 

晩飯のおかずに、マラウイの名物「ウシパ」を真似て、油で揚げてみました。
あれ、最高に美味かったから。
マラウイの味には及びませんでしたが、けっこうイケたです。
明日の晩飯もこれでいきます。
ついでに白菜の漬物も。

 

Big5というサファリ屋の「ンゴロンゴロとセレンゲティ」のグループツアーの料金は、
3泊4日:720US$
4泊5日:900US$
900US$を850US$にしてもらい、明後日出発します。
毎日がゴールデンウィークの我が家ですが、夏休みです。

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ 自炊:パン、卵焼き
  • 昼→ 外食:中華食堂:麻婆豆腐、白菜としいたけのオイスターソース、ご飯、コーラ:36,000TSZ
  • 夜→ 自炊:ご飯を炊いて、煮干しを揚げて、白菜の漬物、白菜のお吸い物

国、地域別 アフリカ タンザニア Arusha

トラックバック用URL

陽があたれば暑く、曇れば寒い。
Arusha7泊目/タンザニア180719

  • キャンプ場:Masai Camp:45,600TZS:2,257円
  • Internet@ キャンプ場の無料Wi-Fi。車のなかまで感度良好

オランダのER勤務だったドクターカップルが、自転車にまたがって旅立ち。

朝から仕事一直線。
陽があたれば暑く曇れば寒いキャンプ場のシャワーは、お湯がぬるい。
地味に辛いのである。

晩飯に、煮干しの田作りなるものを作ってみました。
まず、煮干しをカラカラに炒めるんですが、中国製の安物電気コンロが生意気にもサーモスタッドが付いてまして、カラカラに炒めきれないです。
放置したら、焦げてしまった。

 

これは非常食のインスタントラーメン。カレー味。美味いかどうかわからん。

 

これも非常食。スーパーマーケットで一番安かった、魚の缶詰。50円くらい。非常食なのに、今日食べてしまった。右側は鯖の水煮に似た味。

 

マラウイの紅茶「ムズズ」。普通に美味い。

 

同じく、マラウイの珈琲。あっさりタイプで好みです。毎朝飲んでます。

 

明日から、4泊5日のセレンゲティ&ンゴロンゴロサファリ。
ガッツのあるライオンとかカバを見たい。

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ 自炊:レーズンパン、卵焼き
  • 昼→ 自炊:インスタントラーメン:カレー味:白菜トッピング
  • 夜→ 自炊:タケルくんでご飯を炊き、白菜のお吸い物、白菜の漬物、煮干しの田作り

国、地域別 アフリカ タンザニア Arusha

トラックバック用URL

お便り

  • 日本は煮えるような蒸し暑さ
    お二人もお身体気をつけてー

    • すごい偶然なことに、ついさっきサマンサのことを考えてたんですよ〜
      なんだろ、もしかして繋がってる?

妻を娶らば、牛20頭。
セレンゲティ国立公園&ンゴロンゴロ&タランギレ国立公園→Arusha/タンザニア180724

  • キャンプ場:Masai Camp:45,600TZS:2,257円
  • Internet@ Internet@ キャンプ場の無料Wi-Fi。車のなかまで感度良好

ツアー最終日。

 

マサイ族の集合住宅を訪問。

集落はこの陰気な湖の近くです。

 

こんにちは、耳だけ派手なおばさん。

 

やあ、おぼっちゃん、たまには洗濯しようよ。

 

50円くらいの土産物を、千円単位で売りつける青年。欲で目が血走っている。

 

マサイは一夫多妻。結納は、奥さんひとりにつき牛20頭だから、金持ちじゃなきゃ結婚できません。

 

マサイ族の赤い伝統的毛布。毛布は化繊。たぶん中国製。マサイに化繊は作れないから、威張るほど伝統的ではない。

 

崩壊しかけた家の壁。土と牛の糞。胸いっぱいに匂いを嗅いだけれど、臭くないです。拙者の足のほうがよっぽど臭い。

 

丸い家を丸く並べ、粗末な塀で囲む。

 

奥さんひとりにつき、家一軒です。奥さんは若いんだか歳とっているんだかわからない。というか、性別も怪しいお顔。屋根の上に雑草。

 

デコ、広っ!

 

家にドアはありませんが、入り口は渦巻き状。なかで焚き火をしているので、暖かいです。煙いけど。よくみたら、煙を逃す煙突がないじゃん。

 

午後、「ンゴロンゴロ」へ移動。

ンゴロンゴロは、クレーターのなかに動物だけが住む楽園です。

 

ライオンの散歩に、現場は大混乱。

 

ライオンもサファリを眺める。

 

油断ならぬイボイノシシの目。

 

油断ならぬカバの目。

 

これが有名なヒッポ・プール。YOUTUBEなんか観ていると、ときどきワニが泳いで殺されています。

 

遠くに巨大なクロサイ。滅多にお目にかかれないというから、これが本日のハイライトです。

 

頑固者のシマウマ。

 

何か考え事をしているヌー。

 

以上で、サファリツアーはお終いです。
帰路、ガイド兼ドライバーのZiggyが居眠り運転寸前。
香港人のZiziとYukoが話しかけて、眠らせない作戦でしのぎました。

 

勝手知ったるキャンプ場へ戻り、小魚のフライ。
ちょいと揚げ過ぎてしまったので、カリカリのサクサク。
けど美味い。

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ 昼→ サファリツアーの食事
  • 昼→ 昼→ サファリツアーの食事
  • 夜→ 自炊:ご飯を炊いて、小魚を揚げる。

国、地域別 アフリカ タンザニア Arusha セレンゲティ国立公園 ンゴロンゴロ保全地域

トラックバック用URL

いつものごとく、キャンプ場はボクらだけ。
Arusha8泊目/タンザニア180725

  • キャンプ場:Masai Camp:45,600TZS:2,257円
  • Internet@ キャンプ場の無料Wi-Fiは、びんびん

霧雨は寂しい。
寒いのは悲しい。

車のなかで、背中を丸めて仕事。
昼飯に麻婆豆腐を食べる喜び。

 

車の税関書類「TIP」を延長するために、税関へ。
ひと月間の延長料金は、25US$。

 

夜、車の中でYOUTUBEを観る幸せ。

 

いつものごとく、キャンプ場はボクらだけ。

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ パンのみ
  • 昼→ 外食:中華:白菜炒めと麻婆豆腐とチャーハン:33,000TZS(1,606円)
  • 夜→ 昼飯を豪華にして、晩飯は食べない作戦

国、地域別 アフリカ タンザニア Arusha

トラックバック用URL

白菜の漬物がバリバリに美味い。
Arusha9泊目/タンザニア180726

  • キャンプ場:Masai Camp:45,600TZS:2,257円
  • Internet@ キャンプ場の無料Wi-Fiは、びんびん

LGBTじゃないけれど、生産性のない夫婦です。
軽自動車がオフィスでして、恐ろしく狭いぶん、ほんのりと暖かいです。

 

午後、白菜の漬物を仕込んでから、セントロの老舗カフェ「アフリカフェ」へ。
Yukoは、ひとりで宝石屋へ乗り込みます。
タンザナイト、グリーンガーネット、トルマリン、アメジストの仕入れ。
指輪のご注文はこちらへ→「Jaboo

 

SIMカードのTop Up(チャージ)。
2GBで15,000TZS(730円)。

 

隣のキャンパーの西洋人女性が、
「ここに洗濯物を干していい?」
脊髄反射的に Sure! って返事をしたけれど、どうして人ん家の食卓テーブルの前にブラジャーとかパンツを干すの?
キャンプ場は広いのに。
観てほしいの?
愛でて欲しいの?
自慢じゃないけど、下着には興味ないのです。

 

晩飯は、露天ローカル食堂の焼肉。
ビール飲んでジュース飲んで、ふたりで405円。
安っ!

 

白菜の漬物をバリバリ食いながら、車の中でYOUTUBE鑑賞。
幸せのひととき。

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ 自炊:アボカド、パン、卵焼き
  • 昼→ 自炊:トムヤムクン味のインスタントラーメンに白菜と卵焼きのトッピング
  • 夜→ 外食:1回しか行ったことのない馴染みの焼肉屋:8,300TSZ(405円)

国、地域別 アフリカ タンザニア Arusha

トラックバック用URL